マイケル・ボルダックの成功テクノロジー

ただ頑張っても人生はうまくいきません!単なる成功哲学ではなく、マイケル・ボルダックのすぐに使える「人生を変える」実践的なスキルを身につけることができます。

「明日でいいや!」の明日は来ない

毎日がつまらない
そんな面白くもない日々を過ごしていると
人生、今のままじゃ「嫌だ」と思っています。



そんな状態から抜け出すには
行動しなければいけないとも思っています。



でも、行動しない限り
人生が変わらないと知っているんです。



知っているはずなのに
「明日でいいや!」と行動することを
引き延ばしたりするのは何故でしょうか?



それは、先が見えない未知のことなので
不安になるんですね。
まだ経験していない未知への恐怖
といったところでしょうか?



過去にチャレンジしたけど失敗したことから
「また失敗するんじゃないか」という恐怖ですね。



このような不安や恐怖の力に支配されて
意識がその場に立ち止まってしまうからで
行動できなくなってしまっているんですね。



誰でもまだ経験していない未知のものには
恐怖を感じてしまいます。



行動したくても、過去の失敗を思い出して
一歩踏み出せない



行動すれば実現するのに
「明日からやろう!」
「明日でいいや!」と
行動しなくてもよい理由を探しているんですね。



つまり、先が見えない恐怖に耐えられなくなって
結局は行動できずに、
何も変わらない面白くない日々を過ごすことになってしまうんですね。



ま、行動することを諦めれば
不安や恐怖も感じないから楽かもしれません(笑)



でも、代わりに何年か経った後に「後悔」という2文字が
自分を苦しめることになるんですね。



「明日でいいや」の明日なんて来ません!



後悔したくなければ、行動するしかないんです。
そして、行動するための不安や恐怖を
克服するスキルを身につければ鬼に金棒ですね♪
→ あらゆる「恐怖」を「未来への力」に変える方法




対人恐怖で


誰でも一度や二度ならず、人間関係で悩みます。



職場、異性との交際、近所づきあい
また外出したときの知らない人たちとの接触。



簡単にコミュニケーションをとれる人は多いですが
僕のように人見知りな人間には大変なことです。



本当はコミュニケーションしたいのですが
それが、どうしても躊躇してしまい
上手くいきません!



どうしてでしょうか?それは
これらには恐怖が潜んでいるんですね。
いわゆる対人恐怖です。



職場では、上司から怒られる恐怖
また同僚や周りの人間にバカにされるんじゃないか
という恐怖


過去に異性にフラれた恐怖で苦手意識があり
どうしても声をかけるのに躊躇してしまうし
その異性から軽蔑の眼差しで
見られるんじゃないかという恐怖



近所の人にも、自分は暗い性格だから相手にされない
あいさつしても無視されるんじゃないかという恐怖
無視されるというのは、本当につらいですからね。



だから人前で話すなんてとんでもない!
大勢の人を目の前にすると
世界がグルグルと回って
何も話せなくなってしまい、
大恥をかいてしまうという恐怖



人と接するって、けっこうな恐怖があるんです。



人見知りの人は、このような対人恐怖で
うまくコミュニケーションが取れず
人との接触を避けるように引きこもってしまいます。



引きこもっているから
当然、人と接することなんてありません。



だから、どんどん対人恐怖が
膨らんでいってしまうんですね。



外に出ると楽しいことがたくさんあるし
このまま引きこもったまま生きていくなんて
土台無理があります。



誰とも会話もせず
コミュニケーションをとらないという
そんな希望のない人生を歩むのですか?



当然、そんなことを思っているわけではないですよね。



本当はたくさんの人とコミュニケーションをとりたいんです。
好きで引きこもっているわけではありません。



人と接する恐怖が大きく
一歩を踏み出せない状態なんですね。



対人恐怖がなくなれば・・・・・
そんな思いがあるかと思います。



でも、対人に限らず、恐怖心って
誰でも持っていて、失くすことって難しいですよね。



でも、あなたの「恐怖や不安」を
人生成功のエネルギーに変えられる方法があるとしたら
どうしますか?
→ あらゆる「恐怖」を「未来への力」に変える方法




一生トラウマの人生を歩むんですか?

やりたいことや目標が頭に思い浮かび
さて行動しようか!と思います。



でも、行動しようとしても
過去の失敗した出来事を思い出してしまい
なかなか一歩が踏み出せないです。



なぜでしょうか?



それは「また失敗するんじゃないか」という
忘れていた「恐怖」が心の中に浮かんできて
その恐怖に支配されることで萎縮してしまっているから
一歩が踏み出せないんですね。



つまり、過去に失敗した経験が
トラウマとして残ってしまっているんです。

※トラウマとは
精神的な外傷。後遺症として残るような心理的なショックや体験



トラウマって忘れていたようでも
実は潜在意識の中に残っていて



普段は意識していないトラウマが
再び同じような状況に陥ったとき
突如として蘇ってきます。



そして行動が抑制されたり
人を信用できなくなったり
恐怖心を抱いたり、自信を失ったりして途端に
周りの環境の居心地が悪くなってきます。



そんなことを繰り返していると
「自分は仕事ができない」と思い込み
何事にも自信がなくなり
行動に移せなくなってしまうんですね。



表現が適当でないかもしれませんが
過去のトラウマをずっと引きずってしまっているんですね。



トラウマを引きずっていると
いざという時に、本当に行動できませんよね。



「また失敗する!」
「また悪いことが起きる!」
トラウマはそのような「恐怖」の元なんです。



高所恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症・・・・・
自分が持っている恐怖症を並べましたけど(笑)
このようにいろいろな恐怖がありますが



普段、自分では意識していない恐怖もあります。
それがトラウマですね。



行動してもまた「失敗するんじゃないか」
という未来への恐怖が心の中に浮かび
行動を抑制してしまい
自分自身をどんどんネガティブにしていくんですね。



恐怖に支配されていると行動が消極的になります。
行動しないということは何も得られないわけです。



自分がやりたいこと
自分が欲しいと思うことを手に入れること
幸福などなど



欲しいと思うものが自分の元へは
やってきません!



ここで自分自身に質問してみてください。
このままトラウマを引きずって
何も得られないまま生きていくんですか?



それで人生が楽しいんですか?



違いますよね?



誰でも好きなことができる自由な時間
そして自分で自由となる収入が欲しい
と思っているし、幸福になることを願っています。



そのためには行動しなければいけないとも
わかっているんですね。



だから行動するためには
恐怖を克服する必要があるわけです。



その恐怖を克服するのが成功法則となるんです。
→ あらゆる「恐怖」を「未来への力」に変える方法





Fear into Power
マイケル・ボルダックDVD『Fear into Power』
あらゆる「恐怖」を「未来への力」に変える方法





⇒ 公式サイト
最新コメント
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ