2017年03月31日

お知らせ


<預かり日記はこの記事の下に綴っています>



ちばわん 愛護センターレポートは
収容されている犬猫の様子を、ちばわんメンバーが伝えるものです。


d0046821_11205760


動物愛護センターでは、常時50~60頭の犬や猫たちが
家族として、あるいは一時預かりとして、
一緒に暮らしてくれる家族を待っています。

ぜひ、ちばわん 愛護センターレポートをご覧ください。



--------------------------------------------------------------------------------------

古新聞紙を募集しています!

ただ今、古新聞紙が大変不足しています。
センターで頑張っている子たちのために、古新聞紙をお寄せ下さい。


夏の間は彼らの身の回りの清潔を保つため、寒い季節は保温のためにも使われます。
汚れても、サッと取り替えられる新聞紙は、彼らの衛生・健康管理になくてはならないものです。

各いぬ親会会場にお持ち下さい。(チラシ混入のないようにお願いいたします)

-------------------------------------------------------------------------------------

ただ今お預かり中!


ドラ・成犬メス (No.3257)

ビビリっ子。人馴れには時間がかかります。
<ドラの記事は、右の”カテゴリ別アーカイブ・ドラ”からまとめて見られます>


ちばわんHPの掲載はコチラ


Face book ページ「はじまりのヨモギダイフク」でも、
日々のちょっとしたことをアップしてます。

Face bookのアカウントがなくても見られますので
ぜひあわせてご覧下さい♪


image



*質問などございましたら
①コメントからお聞きいただくか
②右のメッセージ送信フォームからお問い合わせ下さい。
(お返事が必要な方は返信用のメールアドレスをお忘れなく!)

*正式にお見合いをご希望の方はコチラへアンケート(申込み)をお送り下さい。
(お見合い=譲渡ではありません。双方の思いが一致した場合のみ、トライアルへと進みます)


--------------------------------------------------------------------------------------

正式譲渡になりました!

オル・成犬メス(No.3061)

ビビリっ子。人馴れには時間がかかります。
<オルの記事は、右の”カテゴリ別アーカイブ・オル”からまとめて見られます>

オル募集掲載①


ただ今、幸せ生活満喫中!














hapnapmm at 23:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0) いろいろ | 迷子情報

緊急!迷子の「たれ」捜索にご協力下さい!

迷子の「たれ」の捜索にご協力ください!


8月5日 午前11時45分ごろ
千葉県習志野市大久保1丁目の動物病院駐車場から
ちばわん卒業の「たれ」ちゃん(女の子)が逸走してしまいました。

千葉県西部、東京東部で目撃情報がありますが
思うように情報が集まっておらず、足取りがつかめない状況です。


攻撃性は全くありませんが、とても怖がりで慎重な女の子です。

見かけたら、追いかけたり、声をかけたりせず
見かけた場所や向かった方角などを、ポスターの番号までお知らせ下さい。

時間を置かずにご連絡いただければありがたいです。

web_tare3


たれちゃん、ドラと同郷の、同じようにビビリな女の子。
心配でたまりません。

どうかどうか、早く無事に見つかりますように!


迷子捜索は目撃情報が頼りです。
ぜひぜひ、皆様のご協力をお願いいたします。



hapnapmm at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 迷子情報 

2017年03月08日

【番外編】カブの誤飲事件

これは備忘録です。
預かりっ子ドラの記事ではありません。
ダラダラと超長いですが、誤飲についてご興味のある方は読んでください。

------------------------------------------------------------------------
所用で家から小一時間の場所にいた昨日の11時ごろ
息子氏から「カブが保冷剤食べちゃった!」とLINEが。

文字を見たとたん一瞬頭が白くなって、
とにかくすぐに息子に電話して
「いますぐ病院に連れてって!」と叫びました。

かかりつけは生憎火曜日休診。
次点の動物病院は息子は行ったことがないので
場所を説明しなくちゃと思うんだけど、
こういうときってなんとも上手く言葉が出てこなくて
とんちんかんなわかりにくい説明しかできない><
結局上手く伝わらなかったけどスマホで調べて行ってくれて
よくよく考えたらそっちのほうが早いんだよね。
image

「保冷剤食べちゃったので、吐かせてくださいって頼んでね!」と念押ししてから
私もその病院にとりあえず電話して事情を説明する。

「私は行けないけど、息子が連れて行くので吐かせてください!」と何度も言って
とりあえず息子氏と連絡取りながら、私は私の用事を済ませた。

息子氏によれば、カブが息子のベッドで寝ていたのに
うっかりドアを閉めてリビングに下りてきてしまったとのこと。
40~50分して部屋に戻ったら、カブがゴミ箱を散らかしてもぐもぐしていたので
ゴミ箱を片付けていたら、食いちぎった跡のあるカラの保冷財をみつけて
慌ててLINEをくれたのだ。


連絡が来たのが11時だから、
カブが保冷剤を食べたのは10時半から11時の間くらいだろうと思う。

息子が部屋を出る時、カブは寝ていたのだし
ドアが閉まっていて出られなかったから、
退屈しのぎにゴミ箱を漁ったのだろう。

まだそんなに時間が経っていないし
すぐに吐けば、食べたものの多くは外に出てしまうはず。
 


そんなこんなを考えている間、息子はカブを病院に連れて行き、
催吐剤を飲ませていただいたこと、カブがいろいろ吐いたこと、
再度催吐剤を飲ませ、
夕方まで病院で様子を見ていただくことになったことを
LINEで聞いた。

11時23分に「全部吐いた」という連絡があって、ひとまずホッとした。

png-2

わたしは上手く行けば、12時37分に最寄駅に到着する。

そのまま自転車で病院に寄れば、午前中の診療時間中なので
先生にお話を聞けるしカブの様子も見られると思って、
早く早くと焦りながら電車を待った。

病院に着いて、担当の先生からいろいろお話を聞いたら
催吐剤を飲んですぐ、朝ごはんらしきものも吐き出したので
直近に食べたものは多分ほとんど出ているはず、とのこと。

2度目の催吐剤を投与したあと、少量のフードを与えたけれど
それはまだ吐いていない、とのことだった。

ただ、私は保冷剤のことしか頭になかったけど、
最初に出てきたものが
丸めたガムテープ(!!)とか、紙くずとか、
ビニールのカケラみたいなものだったらしく(涙)
そんなものまで!と愕然。

ゴミ箱の中に何が入っていたのかがわからないので
腸に詰まっちゃうようなものが
胃の中に残っていないとは言い切れない、と。

保冷剤の中に入っている可能性のある
エチレングリコールという不凍液なんかに使われるような物質は
肝臓で代謝されると犬の体にとって毒になるものが作られちゃって
肝臓に到達しちゃうと、
その毒による腎不全での致死の可能性が高いそう。

連絡をもらってすぐ「犬 誤飲 保冷剤」で検索したら
山のように怖い記述が出てきたから
とにかく吐かせなくちゃ!と思ったけど

それ以外にも、
腸閉塞を起こしかねないいろいろを食べていたことがわかって
かなり動揺した。

レントゲンも撮ってくださっていたのだけど、
ビニールやプラスチック、木片なんかは写らないそうで。

息子の部屋のゴミ箱にあった保冷剤が
コージーコーナーでもらったものだったので
コージーコーナーに問い合わせたら、
エチレングリコールは使っていないタイプの保冷剤だとわかって
それで命を落とすことはなさそうと少し安心したけど

カブのお腹の中に、
もしかしたら腸をつまらせるようなものが入ってるかもしれないと思うと
気が気じゃなかった。


夕方病院にカブを迎えに行ったときに
再度先生が今後考えられる症状などについて説明してくださり
「今後は腸閉塞の兆候のあるなしに注意してくださいね!」って。


(ただ驚いたのは、その時始めて先生が
 「さっき調べたら、保冷剤の中にはエチレングリコールと言う物質が…」って
 エチレングリコールのキケン性について、
 ついさっき始めて知ったという口ぶりだったこと。

 私は保冷剤誤飲という時点で、
 獣医さんは当然ご存知という先入観があったけど
 必ずしも知っているワケじゃないこと、
 今後、もし同じことがあったときは、
 自分から念押ししなくちゃならないんだな、ということを思いました。)



腸閉塞になると、当然腸が壊死しちゃうこともあるし、
その前に、何か詰まっていることがわかれば
取り出すためには開腹手術が必要になる。

切って治ればそれでOKじゃなくて、
お腹を一度開けるということは、
それ以降の内臓の状態は元のままじゃないってこと。

病気での手術なら仕方ないとしても、
今回は人間の側のミスなのだ。

image
(病院の受付に、リーラ捜索のポスターを掲示してくださっていました。ありがとうございます!)


普段なら、カブは家の中のものをイタズラしたりしない。
今まで一度もそんなことはなかったし、
預かりっ子のいる我が家では、
イタズラされそうなものをほとんど出しっぱなしにはしておかない。


普段犬が立ち入る場所のゴミ箱は蓋付きで倒れないようにしてあるし、
息子も犬が部屋に入る可能性のあるときは
ゴミ箱をクロゼットに入れたり、机の上に置いたりしていくのだ。

中に犬がいれば、ドアだって閉めたりしない。

…普段なら。



息子はとにかくカブが心配で、
カブにごめんね、ごめんねと言ってた。
カブはなんにも悪くない、自分が悪いんだって。
カブが居たのに部屋のドアを閉めたこと、ゴミ箱を床に置きっぱなしにしたこと、
ホントに後悔してたのだと思う。

3階の息子の部屋に行けるのはむーちゃんとカブだけで
(ばんとドラは怖くて3階に上がれない)
むーちゃんもカブも
息子の部屋でイタズラしたことなんかなかった。


でも、そういう想定外のことが起こってしまうことも考えなくちゃいけなかったのだ。
わたしだって。



カブは食欲はあるらしく、夕飯はペロッと食べた。
でも2時間後、ほとんど嘔吐。
その1時間後、さらに残りを嘔吐。

ただ、グッタリしているわけじゃない。
私が台所に立つと、何か欲しそうにやって来たりする。

先生のお話では、腸閉塞の兆候としては
とにかく食欲がなくなり、元気がなくなること、
お水を沢山飲むこと、呼吸が速くなることだそうで
繰り返す嘔吐はモチロン心配だけど、
嘔吐だけなら様子見で大丈夫らしい。


でも、夜中の1時に胃酸の匂いぷんぷんのどろりとした茶色の物体を吐いたし
3時過ぎには血性の粘液を吐いて、
「夜間救急に行こうか?どうしようか?」とオロオロした。
image



朝が来て、病院でいただいた薬を飲ませるために
お散歩前の6時に野菜スープをかけた少量のドライフードを食べさせた。

お散歩にも行きたがって、しっかり歩いたしウンチも出た。
(昨日のご飯じゃないけど)
帰宅後、午前8時の朝ごはんも、少な目ながら全部食べた。

前日も、食後2時間で嘔吐しているので、
ひとまず10時まで待って病院へ。
吐くなら病院で直接様子を見てもらったほうがいいと思って。


先生のお話では、
昨日のお昼に飲んだ催吐剤の影響で胃がムカムカして
その後に食べたものを吐いている可能性がある、
とのことだった。

夜中に出した血性の粘液は、
多分嘔吐を繰り返したことで食道が傷ついて食道から出てきたもので
嘔吐による嘔吐だろうとのこと。

私は腸閉塞が心配で心配で、
腸のレントゲンも撮ってもらったほうがいいんじゃないかと思ったけど

先生は、

「全身状態が悪くないし、食欲もある。
触診した感じでは腸が詰まっているようではない。
今後腸閉塞が絶対起こらないとは言えないけれど、
可能性としては高くない。
もしも今後元気がなくなってきたらいよいよ造影剤を入れて
異物がどこにあるかを特定しなければならないし
それはそうなってから考えればいいこと」

とおっしゃるので、私もハッとして我に返って
「そうだそうだ、ちゃんと様子を見ていればいいのだ」
と思い返して帰宅。

image


結局、2度の朝ごはんも、
お昼に食べさせた焼き芋も、
夕方のごはんも、夜のごはんも
今のところ吐いていない。
(ゴハンの1日分の総量は普段の7割程度で、
回数を小分けにするようにとの病院の指示アリ)

朝ごはんもお昼の焼き芋も、
いくらなんでもこの時間には既に消化され、
小腸、大腸と移動して、吸収されるものは吸収されているはず。

ひとまず腸閉塞の心配は、もうあまりしなくてもいいに違いない。



今回の誤飲騒動はホントにいろいろ反省した。
気をつけているつもりだったけど、まだまだ詰めが甘いんだな。
もっとしっかりしなければ。

何よりカブのことが心配で心配で気が気じゃなかった。

家族も同じ。

ムスメちゃんは今日まで期末試験で、
昨日の夜は勉強しなくちゃだったんだけど
部屋から出てきては「カブ、どう?」って心配して
勉強に集中できなかったんじゃないかしら。


もう家に保冷剤があること自体が怖いので、
エチレングリコールが入っていないタイプのものも
(カチカチに凍るものは入っていないようです)
ほとんど今日の燃えるごみに出してしまいました。


今回の誤飲事件、身もココロも疲れましたー。
カブ、ホントにホントにごめんね。

普通にご飯を食べて、ちゃんとウンチとして出てくる幸せ。
あたりまえのことの大事さをしっかり認識しなければ。

誤飲ってホントに怖いんだということを身を持って体験しました。
気をつけているつもりだったけど、これから更に気をつけます!


hapnapmm at 23:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0) カブ