2013年02月

2013年02月27日

健康診断のことなど。

キナとタバのお子様パワーに、成犬チームはタジタジです。

そんな様子も近いうちにお見せしたいと思っていますが…。


もう募集を開始しているので、いまさらという感じもしますが
健康診断の様子を少し。

キナもタバも、病院を全然怖がることなく
静かにおとなしく診察を受けました。
タバキナ6__




































センターで駆中していただいているので、確認のために検便しましたが
もちろん2匹ともマイナスでしたよ。

タバキナ1__



































皮膚の状態を見ていただいたり、あちこち触診していただきましたが
気になる所見はナシでした!

先生にも看護師さんにも、
「2匹とも性格も申し分ないし、可愛くて本当にいい子ですね!」と
褒めていただきました。

キナは噛み合わせがちょっと受け口気味のようですが
先生のお話では、この程度ならよくあることで全く問題ナシとのことで安心しました。

よくよく見ないとわからない程度だし、美貌には全く影響ありません。



待合室でもいい子。

騒ぐことなく、あちこち匂いチェックをしつつ探検したり
タバキナ9__



































クンクン鳴いて、助っ人で一緒に来てくれたお兄に甘えたりしていました。
jpg-2

































気になること、というほどじゃないけれど…。

自宅からかかりつけの病院までは徒歩15分程度ですが
今回は2匹だし、2回目のワクチンがまだ済んでいないこともあり
クレートインして車で連れて行ったら…。

お二人さん、もしかしたら車に弱いのかも?
もしくは、どこへ連れて行かれるのかと怖かった?
あるいはその両方?

10分程度の車中でしたが
病院行きのクレートの中でウンをなさり。

怖いのかも?と思って
帰りはクレートに入れずにお兄が抱っこして車に乗り込みましたが
キナは吐いてしまい、タバはヨダレが出まくりでした。

センターから車でやってきて間もなくだったし
家に着いたと思ったらすぐにシャンプーされたり、ゴシゴシ拭かれたり
ドライヤーを当てられたり。

…と思ったら翌日すぐにまた車に乗せられたりでびっくりしたかもしれないので
本当に車酔いなのかどうかわかりません。


品川に行くときに、また様子を見ますが
たとえ車酔いだとしても、乗りなれれば成長するうちに克服できるのでは?と思います。

むー子も小さい時は、車に乗せると体調が悪くなって
翌日は食事が取れないくらいでしたが
今では車が大好きで、ドアを開けると勝手に乗り込みますし
「車で出かけるよ」なんて言うと、そそくさとやってきます。



少しずつ2階の居間で過ごす時間を持っていましたが
今日からほぼ2階フリーで生活し始めました。

その様子はまた今度。



hapnapmm at 14:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) キナとタバ 

2013年02月26日

おちびちゃんたちのトイレ事情

先週我が家に来たばかりの時は、
さすが仔犬様だけあって、ちょっとずつだけど年中排泄しているみたいでしたが
たった一週間で、随分リズムがついてきたように思います。

2人とも、基本は朝昼晩ごはんの後に、という感じで
あとは気の向いたときに(?)ちょこちょこと。

キナは、どうもタバより大分幼く見えるんですが
排泄の間隔はタバよりも長いようです。
ちゃんと膀胱に溜められるようになってきているのかな。



















そういえば2人とも、ここ3日くらいは夜中には出していないかも?
だんだん長い時間我慢できるようになってきているということですね。

面白いのは、お互いに自分のケージよりも相手のケージで排泄したがること。
自分の寝床は汚したくない、ということなんでしょうか。

それぞれのケージでごはんを食べたあと、
扉を解放すると、しばらく取っ組み合ったりして遊んでいますが
排泄したくなると相手のケージのトイレへ。


まだまだ、トイレ以外の場所で粗相をしてしまうこともありますが
8割はちゃんとトイレシーツの上でできます。
(はみ出してしまっても、それは成功のウチ!)

ベランダで遊んでいても、隅に設置したシートの上でなさいますよ♪


















今後、ケージは寝るだけのお部屋になっていくでしょうから
昼間は、2階の居間に設置したトイレでしてくれるよう
ぼちぼち練習しようと思っています。



我が家の成犬チームは室内ではほぼしません。
ばんは皆無。
むー子はどうしても我慢できないときだけ室内トイレを使ってくれます。
(それも小のみ。しかも月に1度、あるかないかですが^^;)

台風なんかの時にも外に散歩に連れ出さなくてはならないので
完全外派になってしまうと、ちょっと辛いです。

ウチはそう躾けたワケじゃないんだけど、
いつの間にやらそんな風になってしまったのですよね~。

まだお散歩というものを知らないキナタバが
今後どうなっていくのかわかりませんが
このまま室内でも問題なく排泄してくれるといいな、と思っています。


懸案は、品川いぬ親会で粗相をしないかな~、ということ。
環境が変わるとちょっと心配です。

hapnapmm at 15:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) キナとタバ 

2013年02月25日

品川いぬ親会に参加します

キナとタバ、今週末の品川いぬ親会にエントリーしました。
jpg-2



















キナ、タバにとってだけでなく、我が家にとっても初の品川いぬ親会。

キナとタバには、早く本当の家族を見つけてあげたいのです。
(ばんは今回はお休みです!)



2人ともまだまだ甘えたい盛りで、
いつも誰かにそばにいてほしい時期なんですよね。
誰かにかまってほしいし、誰かにくっついていたいし、誰かに撫でてもらいたい。

でも、我が家では2人それぞれに2人それぞれが満足するような
充分な時間をかけてあげることができません。
jpg-2

















躾をしやすい時期に差し掛かっていることもあるし
本当のご家族の元で、そのご家族のルールを学びつつ
自分だけに向けられるたくさんの愛情を感じながら
安心して成長してほしい!と思っています。

で、チャンスは最大限に活用しないと、と。



品川は室内開催なので、先住犬は必然的にお留守番。

それで今まで参加できずにいました。
隠れヤキモチ焼きのむー子は預かりっ子だけ連れてどこかへ行こうとすると
「家政婦は見た!」バリに、窓からじっとりとその様子を注視しているのですよ~。

でも、今度はばんとむー子が2人でお留守番できるから
むー子は要らんヤキモチを焼かなくて済むし、
2人のお留守番は慣れているしね。
jpg-2



















キナ、タバ。
どうも車に弱いみたいなので、
品川到着時にはちょっとクチャくなっているかもしれませんが^^;
ぜひぜひ多くの人に、可愛い盛りの2人を見て欲しいと思っています。

hapnapmm at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キナとタバ | いぬ親会

2013年02月23日

タバのプロフィールです♪

キナに続いて、タバのプロフィールです♪

キナ同様、近々 いつでも里親募集中 と ちばわんHP・仔犬ページに登場する予定です。
jpg-2























【愛称】 タバ
【犬種】 雑種
【性別】 メス
【年齢】 3ヶ月(2012/11頃生)
【毛色】 茶白
【体重】 6.9kg(2013/2現在)
【状態】 ワクチン済み、ノミダニ駆除済、駆虫済、検便(-)
【人馴】まったく問題ありません
【保護場所】 東京都江東区
【経緯】 千葉県動物愛護センター(本所)より引き取り
【性格・その他】
人が大好きで、いつも誰かに体のどこかを触っていてほしいという
面持ちでまとわりついてくる可愛い子です。
構わずにいると一人で遊んでいますが、
構ってもらえる時はとにかく人にくっついていたい人懐こい子です。


食欲は旺盛で驚く程のスピードで食べますが、
慌てて食べなくても誰にも取られないことがわかれば
落ち着いてくるのではないかと思います。

今のところトイレシーツできちんと排泄できています。
また使用済みのシートを丸めておくなどキレイ好きな一面もあります。
環境が変われば失敗もあるかと思いますが、覚えるのに時間はかからないと思います。
タバキナ3__



































人が姿を見せると大喜びでバタバタと大暴れしますが、
落ち着いている時でないと構ってもらえないということを理解して、
すぐにお座りして待てるようになりました。
とはいえ、まだまだ仔犬ですから仔犬なりの小さないたずらはありますし
(トイレシーツを破くなど)、一緒に暮らしている同じ月齢の仔犬には強く出ることがあります。
しつけもまだまだこれからです。

甘えたい盛りの月齢であることと、人に甘えたい性格なので、
できるだけお留守番のないご家庭で、しつけとスキンシップに
充分時間をとっていただける方にお願いしたいと思っています。
jpg-2




















手足が大きいことと今の月齢での体重などを考えると、
大きめの中型犬に成長することが予想されますので、
体重制限のあるお住まいのご家庭には向きません。


引き続き完全室内飼育で、生後半年時点までの不妊手術と定期的なワクチン接種、
フィラリア予防、検診などの健康管理に努めて下さること、
躾の必要を理解し努力してくださること、
また逸走・脱走に充分な注意を払うことをお約束していただける上、
終生家族の一員として大切にしていただける関東圏内にお住まいのご家族様からの
お問い合わせを心よりお待ちしております。

大変申し訳ありませんが、単身の方や同棲カップル、
主にお世話をなさるのがご高齢の方の場合は
お断りさせていただくことがありますのでご了承ください。



hapnapmm at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キナとタバ 

キナのプロフィールです♪

キナ、病院で診察を受け、
健康状態問題ナシ!だったので募集開始の手続きをしました。

近々 いつでも里親募集中 と ちばわんHP・仔犬ページに登場する予定です。

内容おんなじですが^^; こちらにもプロフィールを♪
jpg-2




























【愛称】 キナ
【犬種】 雑種
【性別】 メス
【年齢】 3ヶ月(2012/11頃生)
【毛色】 薄茶クリーム
【体重】 4.65kg(2013/2現在)
【状態】 ワクチン済み、ノミダニ駆除済、駆虫済、検便(-)
【人馴】まったく問題ありません
【保護場所】 東京都江東区
【経緯】 千葉県動物愛護センター(本所)より引き取り
【性格・その他】
人が大好きで、名前を呼ぶとパタパタと尻尾を振ってやってきて
しずしずと膝に手を載せて撫でてもらえるのを待っているような、
控えめで穏やかな性格の女の子です。
抱っこをするといつまでもおとなしく抱かれるままになっています。


食欲は旺盛で小さな体で驚く程のスピードで食べますが、
慌てて食べなくても誰にも取られないことがわかれば落ち着いてくるのではないかと思います。
キレイ好きなのか、
今のところトイレシーツ以外の場所で排泄することはありません。
環境が変われば失敗もあるかと思いますが、
覚えるのに時間はかからないと思います。
タバキナ7__



































最初は人恋しさに吠えていましたが、”吠えているときは構わない”ということを続けて、
静かに待てるようになりつつあります。
ひとしきり遊ぶと自分でケージに帰ってベッドに横になるなど、非常に落ち着いています。
とはいえ、まだまだ仔犬ですから仔犬なりの小さないたずらはありますし
(トイレシーツを破くなど)、しつけもまだまだこれからです。

甘えたい盛りの月齢であることと、人がそばにいれば安心できる子なので、
できるだけお留守番のないご家庭で、しつけとスキンシップに
充分な時間をとっていただける方にお願いしたいと思っています。

jpg-2





















引き続き完全室内飼育で、生後半年時点までの不妊手術と定期的なワクチン接種、
フィラリア予防、検診などの健康管理に努めて下さること、
躾の必要を理解し努力してくださること、
また逸走・脱走に充分な注意を払うことをお約束していただける上、
終生家族の一員として大切にしていただける関東圏内にお住まいのご家族様からの
お問い合わせを心よりお待ちしております。

大変申し訳ありませんが、単身の方や同棲カップル、
主にお世話をなさるのがご高齢の方の場合は
お断りさせていただくことがありますのでご了承ください。



hapnapmm at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キナとタバ 

2013年02月21日

キナとタバです♪

我が家の新人、お二人さん。
申請中だった名前に”OKです♪”とお返事をいただきました。

このクリーム色ベースの薄茶ちゃんが”キナ”。
BlogPaint




































このクッキリ茶白ちゃんが”タバ”。
jpg-2




























センターに収容されていたたくさんの仔犬たちのうちの
それぞれ2姉妹の片割れと、3姉妹のひとりです。

…ということは、キナもタバも女の子ですよ♪


センターで会ったキナは”すっごくおとなしくて、ビビリちゃん”な印象。
3頭同室でしたが、人が近くに来ると
ほかの2頭の後ろからこっそりこちらにやってきて。
でも、手を出すと逃げてしまう感じでした。

一方タバはお転婆風。
子犬舎の柵の最前線で「ワタシ、ワタシ!」って前に出てきてたし、
外に出したらそばにいたキナに「う~~~っ!」とすごい顔で唸って威嚇してたので
「これは一緒にしたら可哀想かも?」と
2匹は隔離して別々のクレートで我が家に来ました。



センターでは、子犬舎の隣同士のお部屋にいた二人ですが
あいだには丈夫なコンクリートの壁があるし、
お互いの存在は気配でしか知らなかったかもしれません。

もしかしたら、外に出たときはじめて会ったのかな?

jpg-2




















こんな風にお互いが見える場所で一晩過ごしたら
今日は同じケージに入れても穏やかに過ごせました。

これならすぐにでも一緒に遊べそう。


家に到着当日、予想に反してキナが結構高テンションで。

初日でコーフンしていたせいもあると思いますが
ちょこまか動き回るので大きなケージ、
意外やおとなしくなってしまったタバが小さいケージで過ごしました。



むー子さんは子犬が到着した直後から、
子犬部屋が気になって気になって気になって気になって仕方ない風でした。
(預かりっ子が来ると、いつもそうなんですが^^;)


ドアの前で延々スタンバっているので、仕方なくケージ越しに会わせたら、
ワチャワチャ動き回る子犬たちに”コラ!”と一喝。

一度対面したら安心したのか、あんまり気にしなくなりましたが
私が”あーーー!”とか”わーーーー!”とか言いながら
ウンチの処理などしていると、心配して駆けつけてくれます。


一方ばんは…!?

全然子犬部屋に関心を示しませんでした…というより、積極的に無視している風。
昨日、お散歩の前にリードをつけて子犬部屋に連れて行ったら
子犬の方には決して視線を向けず、
終始あさっての方角を見ているというか、視線が宙を泳いでるというか。

まさか、子犬ちゃんたちが怖いのか!!?

今朝はといえば…
jpg-2




















中から「ばん、おいで~」と呼んでも腰が引けてます^^;

jpg-2




















「呼ばれてるけど、行きたくない…」という感じで、
部屋の前を行きつ戻りつウロウロしたあと
隙を見て自分のクレートに逃げ込んでしまいました。

おっさんみたいな顔して^^
こういうところが可愛いんだよ、ばんペーた!



hapnapmm at 22:33|PermalinkComments(10)TrackBack(0) キナとタバ 

2013年02月20日

新人ちゃんチーム、来ました。

昨日、久しぶりに富里のセンターに行ってきました。

ちばわんの倉庫に寄って、必要なものを積み込んで
そこからはkorohanamamaさんと一緒だったのですが…。


一人で行く時は間違えたことがないのに
同乗者がいると、なんだか頼ってしまうワタクシ。

東関道へ行くべきところ、宮野木のジャンクションであわや京葉方面へ。
挙句の果てには富里のインターをうっかり通り越し
成田まで行ってしまう始末。


集合時間ピッタリに到着したので事なきを得ましたが
反省の多い道中でした~。


昨日連れて帰って来たのは…。

コチラの方と
jpg-2



















コチラの方。
jpg-2



















お二人とも、月齢約3ヶ月の仔犬様です。

センターで会った印象では、その場のボラ全員の意見一致で
薄茶のオチビさんが物静かなビビリちゃん。

茶白のちょっと大きめちゃんが、ハイパーでやんちゃな印象。


さて、実態は…!??

hapnapmm at 10:03|PermalinkComments(8)TrackBack(0) キナとタバ 

2013年02月17日

いぬ親会でした!!

いぬ親会でした!

BlogPaint

昨日のような強風だったら河川敷は相当な寒さだろうなぁと
恐る恐る出かけたのですが、嬉しいことにポカポカでした。
(厚着をしていったせいもあるかも?)


開始早々、ばんはルカイユの和田さんにマッサージをしていただき…
jpg-2

かなりリラッークス。

気持ちが良いのだろうなぁ、という表情でおとなしくコリをほぐしていただきました。
jpg-2


ワタシもワタシも、という目で見ていたむー子さん。

jpg-2 

ちゃっかりちょっぴりサービスしてもらっちゃいました。
ホントは預かりっ子だけの特典なのに、図々しくてスミマセンー!

jpg-2

あまりの気持ちの良さに、微動だにせず。
ジッとしてされるがままになっていました^^

ばんは腰のすぐ下あたり、むー子さんは左の肩が凝っているそうで
そのあたりを中心にほぐしてあげるといいらしいです。



お仲間を紹介します。
今回はあんまりたくさん写真を撮っていなくて、ちょっとだけ。

いつもお世話になっているモカママさん家のギブソンくん
jpg-2


リラックスした表情でモカママさんにもたれて甘えていましたが、
ギブソンくんの顔が影にならないように、とモカママさんが移動して下さったとたん…
jpg-2

不安げに、こんな風にコンパクトにまとまってしまいました^^
モカママさんを頼りにしているんですよねー。

男の子ですが、モカママさんの三歩後ろを歩く穏やかな可愛い子です。


同じテントだったmirumaniaさん家のお絹ちゃん
(写真を撮らずじまいで、9月にご一緒した時の写真でごめんなさいー!)
jpg-2

犬らしい魅力いっぱいの子です。
スリムな体型で、見目麗しい美人さん。
ときどきジッとmirumaniaさんを見つめる姿が印象的でした。

以前ご一緒したとき
mirumania家から巣立った”おうじくん”とばんが似ているって
ばんを撫でてくださって、
それから我が家はお絹ちゃんを応援してるのです。
お絹ちゃんは、ウチの最初の預かりっ子”はなび”に似てるような気がします。



こちらは
まりさん家のママ(マーちゃん)

jpg-2

マーちゃんもすっごい美人さん。
目力もあるし、全体のシルエットが美しいー!
犬よりも人が大好きなフレンドリーな女の子です。

キッチリ自分の子育てを終えて、我が子の幸せを見送って
今度は自分が幸せになる番だよ。マーちゃん。


こちらはくろくろとらママさん家のおんぷちゃん
jpg-2

はじめて会った私にも、すぐにお腹を見せてくれる天真爛漫系の乙女です。


じくくろくろとらママ家のゆなちゃん
jpg-2

我が家の息子が正面から近づいて行ったら
びっくりして、安心できるママさんとパパさんのあいだに入ってしまいました。

でも、ちゃんとこちらにお顔を向けてくれてます。

こちらも同じくくろくろとらママさん家の咲歩(さほ)ちゃん
jpg-2

穏やかだけれど、一本筋の通った大和撫子タイプなんじゃないかな。
咲歩ちゃんはそんな印象です。


こちらはtsunkoさん家のナーナちゃん
jpg-2

うわっ!なんてカッコイイ子なんだろう?って気になっていた女の子です。
お顔の印象から、ブログで見ていたときはもっと大きな子かと思っていたのですが
実物を見たら、思ったよりもずっと小柄で飼いやすそうなサイズでした。

ピットブルミックスっぽい?と思っていましたが
獣医さんのおはなしではワイマラナーミックスでは?とのこと。
そう言われれば、ほんとにそんな感じです。

この時は、お隣でプロレスしていたワンズに視線が釘付け。
犬同士もフレンドリーに遊べるし、人も大好きな子みたいですよ!



こちらは預かりっ子の回転の早いポン&ルー家のコロネちゃん
jpg-2

仔犬ちゃんだけど、手のかからないお利口さんらしく。

6ヶ月にして既に朝晩2回の散歩でトイレを済ませ
家では決してなさらないという規則正しい子なんですって。
コロネちゃんもきっとすぐお嫁に行ってしまうのだろうなぁ。

人懐こくて、初めての私にも臆せずペロペロしてくれる可愛い子でした。



これで写真は全部です~~
せっかくカメラを忘れずに持っていったのになぁ。


今回は、ばんに会いに来てくださった方がいました。
いつも閑古鳥が鳴いている、休業中みたいなばんですが
こうして会いに来てくださる方がいるととても嬉しいし、励みになります。

ありがとうございました!

毎度のことですが、運営ボラの皆さんにも本当にお世話になりました。
支援物資もいただき、ありがたいです!
預かりっ子のために大事に使わせていただきます。


公私共に(どれが”公”で、どれが”私”なんだかわかりませんが^^;)
来週はちょっと忙しくなりそうです。

ブログの更新がまた遠のきそうで心配ですが
皆様、見放さないでくださいね!

hapnapmm at 21:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ばん | いぬ親会

2013年02月16日

明日は篠崎いぬ親会です!

明日は第3日曜日。定例いぬ親会の日です!
jpg-2

我が家の可愛いばんぺーたも参加します♪

ガウガウ先住むー子も同行するので、
テントの後ろの方でこっそりひっそりしていると思いますが
ぜひぜひお声がけください。


他にもたくさんの犬たちが参加する予定。

参加犬はコチラから。


いつもより参加頭数は少なめですが、それでも60頭近くが揃います♪

d0027698_10313899
(1月のいぬ親会の様子。イベントブログからお借りしました)

いぬ親会に行ったからって、
「犬を押し付けられちゃうかも?」なんて思わないでくださいね!

一度は処分されるかもしれなかった預かりっ子たち。
残る犬生が幸せいっぱいのものになるよう、
お互いにゆっくりじっくり話し合った上でないと縁組とはなりません。

ふらりと、「どんな子がいるのかな~?」っていう気持ちで
まずは下見に来るようなつもりでいらしていただいて構いませんよ!

冷やかしだって大歓迎です♪


河川敷は寒~いことが予想されますので、ぜひ暖かくして遊びにいらしてくださいねー!





hapnapmm at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) いぬ親会 | ばん

2013年02月15日

「生体販売NO!」スローガンを募集しています。

生体販売NO!ポスターnoslogan

ちばわんのお仲間である「ペットケアショップBLOOM」さんが
face bookのイベントページに
「生体展示販売NO!」運動のスローガン募集記事をアップしています。

コチラ


先日、夫とアメリカの有名ドッグトレーナーの番組を見ていたら
「犬をどこから迎えるかを考えたとき
一般的なのは、愛護団体・シェルター・ブリーダーですが…」と話していました。

ペットショップという言葉は出てきませんでした。

ヨーロッパはもちろん、アメリカでもやはり
店頭でペットを販売することは一般的ではありません。

いわゆるペットショップで犬を”買う”のがあたりまえ、という国は
日本以外にありません。

日本中のペットショップに、なぜか常時たくさん陳列されている犬や猫たちは
ほとんどが愛情を持って繁殖しているとは思えないブリーダーから
まだ親を必要としているごくごく小さい時期に親兄弟と引き離され
多くの業者の集まる”競り”を経てやってくる子たちだそうです。

それはもはや”命”としての扱いではなく
工場で生産される商品と同じです。

犬を愛し、その犬種を愛して、愛情を持って育てているブリーダーも
もちろんたくさんいると思いますが
そういう良心的なブリーダーは親兄弟と一緒にある程度の月齢まで育てるので
ペットショップの仕入先である”競り”に出すことはないとか。


ペットショップにいる子たちは
本来、親兄弟と一緒に過ごしていろいろ学ぶ時期に
親兄弟と引き離されることで、”社会化”がうまくいかず
不安というストレスに晒され、
結果、買ってはきたものの「飼いにくい」として捨てられる…
という悪循環も生まれています。



なぜ常時、2~3ヶ月の月齢の犬たちがペットショップにいるのでしょう?
その後ろには、子どもを生むためだけに”生かされている”母犬たちがいるのです。


ペットショップで犬を”買う”、という行為が
とにかく月齢の若い仔犬を欲しがる、という風潮が
その後ろで苦しめられている母犬をさらに苦しめることになること、
多くの人に考えて欲しいと思います。

私も少し前までは、そんな背景に思いを至すことがありませんでした。
まずは知ることが大事だと痛感しています。


私もこの運動に参加します。
ぜひ多くの人がご賛同くださいますようにと願っています。



hapnapmm at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) いろいろ