2015年09月23日

映画『犬に名前をつける日』

ちばわんと、犬猫みなしご救援隊の活動を4年にわたって追ってくださって
このたび完成した映画『犬に名前をつける日』
10月31日より、シネスイッチ銀座、他でいよいよ公開されます。

東京だけじゃなく、全国での公開ですよ!

詳細は公式HPをcheck !(バナークリックでHPに飛びます)

HPでは予告編がみられますよ♪

inu-namae_320x180

犬の幸せは、どんな人と出会うかで決まる。

犬に名前をつけることは、ひとつの命に責任を持つということ。

ホントにその通り!



昨年、NHKで放映されたドキュメンタリー「むっちゃんの幸せ」を手がけた
山田あかね監督の作品です。

「むっちゃんの幸せ」はすごく反響が大きくて、
私のまわりでも「あの番組、すごくよかったね」っていう感想を
たくさん聞きました。

あの番組を見て「ぜひ預かりボラに」と、
大きな一歩を踏み出してくださった方もいると聞きます。

「むっちゃんの幸せ」も、
山田監督による”ちばわん””犬猫みなしご救援隊”の一連の取材の中で生まれた作品。

「むっちゃん」は、いわば、この映画とは兄弟関係みたいなものじゃないかなと思います。
(番組の中の”むっちゃん”の声も、小林聡美さんが演じてくださっています)

こういう映画(って、ひとくくりにするのもナンだけど)で難しいな、って思うのは
こういう映画を「見よう!」と思ってくださる方って
既に犬猫の置かれている現状をご存知だったり、
そのために何かしたいと思っている人だったりが主なんですよね。

もちろん、どんな人にも見てほしい!
でも本当は、「何も知りません」「ただただ、犬猫が好き♪」
という人こそ見ていただいて
「ペット業界、そんなことでいいのか!?」というビッグウェーブになってほしいのに
なかなかそうはならないという
ジレンマみたいなものがいつもありました。

全①IMGP5135
(最近のセンターレポから)



でもでも!


今回は小林聡美さんや上川隆也さんという
一流の俳優さんが出演してくださっているということで
今まで犬猫の現状、ペット流通の裏事情を全くご存じなかったという人たちが
たくさん見てくださるのでは?と大いに期待しています!

「出演者のファンです!」という人がいっぱい見てくれればいいなー。



そして、もう一つ難しいなと思うのは
犬猫が好きだからこそ「可哀想で見られない」という声。

こういう声を聞くと、いつも本当に残念に思います。


先日、機会をいただいて試写会に行ってきました。

「一言では表現できない」というのが感想だし、いろんなことを思いました。
それはまた別の機会にどこかに書いておきたいなって思っているけど

一つ言えることは、「残酷で、見るに耐えないシーンはありません」ということ。

IMGP5027
(最近のセンターレポから)


もっと辛い、酷い状況もカメラには収められているかもしれないけど
だから、監督さん以下スタッフの皆さんは
当然そういう場面もご覧になっているかもしれないけど
そういうシーンはありません。

あえて、もっと別のやり方で
この現状を伝えようとなさっているんじゃないかな。

とにかく構成が柔らかく、ホッとする空気さえも流れているもの。


辛い、残酷なシーンはなくても、やっぱり見ていて涙が流れます。
会場でもあちこちですすり泣きが。

「楽しい現実」を撮っている映画じゃない以上、それは仕方がないこと。

…というか、そこで流れる涙をあなたはどうしますか?っていう映画だと思うのです。

IMGP5119
(最近のセンターレポから)


映画では、山田監督自身の役を小林聡美さんが演じています。
「ドキュメンタリーとドラマの融合」とされているこの作品ですが
事実をわかりやすくするためのドラマ部分…という意味があるとおもう。

だから、フィクションではありません。


私も、実際の取材に居合わせる機会がありましたが
小林聡美さんは、山田監督の代わりに
質問を発したり、驚いたり、戸惑ったり、胸が詰まるような思いをしたりしている。
それは演技じゃありませんでした。

そして、そこには山田監督と、小林聡美さんの二人の人格が
重なりあって、融けあって、「久野かなみ」(小林さんの役名)という人物がいるんです。




カメラが映し出しているのはドラマではなく、実際に起こっていることです。
こういうドキュメンタリーにありがちなお涙頂戴ではないし、
感動を押し付けるようなものじゃ、全然ありません。


「感動」とかいう言葉を安易に使うのも憚られる…というような。



さっきも言ったけど
「可哀想で見られない」という人にも、ぜひぜひ見てほしいです。

「見られない」「見たくない」と言う気持ちは本当によくわかる。
私も最初はそういうモノを避けていました。

でも「可哀想で見られない」と目を瞑っている私の後ろで
その「可哀想な現実」に晒されている犬たちはもっともっと過酷であるはず。

私たちは見なければ済むけれど、その子たちにとっては自分の命の問題だもの。
それはもしかしたら、今日、明日で終わってしまうかもしれない自分の命なんです。


だから、目を見開いて現実を見てくださる人が一人でも増えればいいな。
そうすることで、この現実は変わるかもしれません。

IMGP5230
(9月8日、夕方の最終部屋。この日、この時間、奇跡的に1頭も収容されていませんでした!
  こんなときが、たまたまではなく、毎日毎日続きますように。



見るだけでいいと思います。
そして、次は誰かに話すこと。

そうすれば、たとえ大きなことはできなくても
自分のできる範囲でできる、ちょっとしたアクションに繋がっていくと思います。

「そんなことが起こっているの?」
「それじゃ、ダメじゃん!」と考える人が少しずつでも増えることによって、
10年後の日本のペット業界はもちろん
動物と人との暮らしは変わっているかもしれません。



むっちゃんの声を演じたことで
山田監督が”保護犬猫の映画を作る”と聞いて、
ご自分から「何かお手伝いさせてください」って声をかけたという
小林聡美さん。

前から日本一大好きな女優さんだけど
(ホントですよ!私は金八世代だし、『かもめ食堂』は私だけじゃなく、息子ムスメも
 何度もリピートして見るほど大好き。
 エッセイだっておもしろくて、すごく文才のある方。
 「女優さん」ぽくなくい、フツーの、でもユニークな感性に惹かれます。
 数年前のムスメからのお誕生日のプレゼントは『私は最高にツイている』だったし^^
 パンは超熟しか食べない!っていうのはウソだけど^^;)

この映画を見て、もっともっと好きになりました。

上川隆也さんも、主題歌を歌っているトータス松本さんも
保護犬(トータス松本サンは保護猫も)と暮らしているそうです。

いいではないか!!

発信力のある人がそんな風に保護犬猫に目を向けてくれているというのは
ホントに嬉しいこと。
社会をリードする力のある人にはどんどん発信してほしいです。


試写は見たけど、公開されたらまた絶対に見ますよ!
家族分プラスアルファ、前売り買いました♪

この秋はこの映画を見に映画館へGO!!!!



*ちなみに、うちでお預かりしていた青(せい)ちゃん、ちょこっと登場させてくださっています♪
 映画では吠えてなかった!残念~(笑) 我が家にとっては、(多分いぬ親さんにとっても)よい記念になりました^^*






hapnapmm at 14:50│Comments(12)TrackBack(1) いろいろ | 動物愛護センター周辺

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『犬に名前をつける日』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年12月01日 06:55
□作品オフィシャルサイト 「犬に名前をつける日」□監督・脚本 山田あかね□キャスト 小林聡美、上川隆也、青山美郷、今村沙緒里、渋谷昶子■鑑賞日 11月18日(火)■劇 場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想

この記事へのコメント

1. Posted by みな   2015年09月23日 17:59
はじめまして。
桃ちゃんママのブログから来ました、先日のお散歩会に参加しましたみなと申します。はなこさんのブログは前から見せていただいていて、FBもフォローさせていただいています。
私もこの映画が多くの方の目に止まり、保護犬猫の理解が広く浸透することを願っています!
ぐぅた君家の次回のお散歩会でお会いできたら嬉しいです(*^^*)
2. Posted by はなこ   2015年09月24日 08:15
みなさん。

はじめまして♪
ブログ、見てくださっていたんですね。(FBのフォローというのが、アナログな私にはちょっとわからないのですが^^;)
ありがとうございます^^
コメントもとても嬉しいです!

この映画、淡々と描かれていますけど、
押し付けがましくなくて、静かで、感情的じゃなくて、とてもよかったです。
ホントに多くの人に見ていただきたいですよね!

ぐぅた家のお散歩会、ぜひぜひ参加したいです♪
お会いできるのを今から楽しみにしていますよー!
3. Posted by みな   2015年09月24日 11:21
はなこさん
略で書いてしまってごめんなさい>_<
フェイスブックの「ヨモギダイフク」にいいね!をさせて貰っていま〜す(*^^*)
4. Posted by はなこ   2015年09月24日 16:53
みなさん。

FBページにいいね!をしてくださってるのですね^^
今、FBページに行ってみたら、FB友以外でいいねを下さっている人の名前は開示されないことになってるみたい(?)
みなさんのページがわからず、残念でした。

あんまり更新のないFBページですが
ぜひぜひ今後も御贔屓に~♪

…というか、更新しろよっ!って感じですね><

5. Posted by みな   2015年09月24日 17:26
はなこさん

そうだったんですね〜。私は投稿は殆どしていなくて見る専門なんです(^^;;
これからもブログと併せて楽しみに見せていただきますね(*^^*)
私のブログにお散歩会の事を書いたので名前の所にURL入れさせていただきました。自己紹介代わりにお時間のある時にでも見ていただけたら嬉しいです。
6. Posted by はなこ   2015年09月24日 17:54
みなさん。

なんだかメールみたいですね^^
FBページ、あちこち見てみて仕組みがわかりました!(ホント??)

ページ自体にいいね!してくれた人は
FB上の友だち以外は表示されないようなんですが
それぞれの投稿にいいね!してくれた人はちゃんと見られるみたいです♪

で、この人がみなさんかなぁという人がいましたよ^^

ブログ、お邪魔しますね♪
7. Posted by みな   2015年09月24日 20:04
はなこさん

メール、ほんとですね(≧∇≦)
FBのことお調べくださってありがとうございます♪
波が巻き上がっているようなプロフィール写真であれば私です^ ^
○上○○子です。

今日は1日コメント欄ジャックしてしまいました(笑)でも楽しかったです♪
ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします(*^^*)
8. Posted by はなこ   2015年09月24日 22:08
みなさん。

こちらこそ、楽しかったです^^
これからもよろしくお願いします♪
9. Posted by まろ母   2015年09月25日 12:10
はなこさん
初めてコメントさせていただきます。

まろのことではいろいろ支えてくださって
ありがとうございました。
彼亡き後も、ブログに寄せてくださるコメントに力をいただいています。

『犬に名前をつける日』
いいタイトルですよね。
うちもチケットを購入し、楽しみにしています。

わたしも以前はかわいそうだから見られないと自分がつらくなるのを怖がって目を背けていました。

たくさんの人に観ていただきたいですね。
10. Posted by はなこ   2015年09月25日 22:29
まろ母さん。

コメント、とても嬉しいです!

そんな風に言っていただくと恐縮しちゃうけど、ありがたいです。
はじめは「まろ母さんとは面識がないのに、私がこんなコメントしていいのかな?」って、
結構勇気を振り絞って書き込んだから(笑)

まろ君、ホントに可愛くていい子で大好きだったけど、それだけじゃないの。
父さんと母さんがまろ君のことを心から愛して慈しんでいるのが伝わってきたので、
(ブログの字面じゃなくてこれもやっぱり思いのエネルギーだと思うんですけど)
頑張れって言わずにいられなかったんです。

「犬に名前をつける日」ホントに噛めば噛むほどいいタイトルですよね。
たくさんの思いがぎゅっと詰まってて、いろんな思いが込み上げて来て、
もー、タイトルだけで泣けてきます。

たくさんの人が見て下さるといいですね!
私もせっせと宣伝します!
11. Posted by rino   2015年09月30日 12:19
はなこ 様

こんにちは。
先日はご連絡ありがとうございました。

早速ちばわんさんにて、前売りを購入いたしました。
とても楽しみにしております。

ブログでもご紹介いたしましたので、
お時間ありましたら、ご覧いただけましたら嬉しいです。

たくさんの方に見ていただけますように。

12. Posted by はなこ   2015年10月02日 18:52
rinoさん。

先日試写を見せていただいて、
rinoさんにご連絡しなければと思ったんです。
早速前売りを買ってくださったのですね!

私は見逃してしまったけど、
みるくちゃん写っていたんですね。

あのお店の、あのケージの中にいたあの子と
rinoさんのみるくちゃんが同じ子だとは信じられないくらいですね。
かつては人間に虐げられた経験をしているのに、
セラピードッグとして人間に力を与えてくれているんだから、
犬って素晴らしいですね。

どんな子も幸せになる権利があるんだもの。
どんな子も幸せになってほしいと心から思います。

rinoさん、コメントありがとうございました。
とても嬉しかったです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字