2006年02月

2006年02月25日

早春の長井葉山へ(2月25日)

 寒さが長続きしなくなり、雪ではなく雨が降るようになりました。25日、「葉っぱ塾」の“春の長井葉山”の下見を兼ねて、早朝一人で葉山にでかけてきました。今朝は放射冷却で冷え込んだために、雪はしっかり固まっており、堅雪わたりができました。2週間前に比べてずいぶん積雪も減っていました。
 登り始めてまもなく、マンサクのツボミを見つけました。黄色い花びらが、生まれたての赤ちゃんのてのようにしっかりと閉じてはいましたが、黄色い色はわかりました。さすがに「まず咲く」ですね。
 空は紺碧でほとんど無風。快調に高度を上げて「大ブナ」のあたり(標高1100m)で稜線に出ると、表面に新しい雪がうっすらと積もっていました。前日の未明までの雨は山では雪だったのですね。山頂の小屋に3時間弱で到着。月山、大朝日、小朝日、祝瓶山、飯豊、栂峰、吾妻、磐梯山、蔵王、船形山、くっきりと見えていました。勝手に「とっておきのピーク」と名づけたところからの大展望です。
 雪面がキラキラするので膝まづいてみると、雪の六角形の結晶がそのままなのでした。さすがに山頂付近は気温が低いからですね。六角形でありながらみんな違う形。一つとして同じ形はないのですね。
 ウサギやカモシカの足跡と自分の足跡が交錯するのを楽しみながら、下ってきました。

happajuku at 14:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2006年02月19日

読図講習会をやってみました(2月19日)

 「葉っぱ塾」の行事に何度も参加してくださっているHさん
が企画・準備してくださった「読図講習」の講師をつとめまし
た。2万5000分の1の地形図は、山歩きには必携です。また、
コンパス(方位磁石)の使い方も、知ると知らないとでは、生
死にかかわることがあります。山形市の盃山周辺を歩きながら、
現在地の確認や、進むべき方向の決定の仕方などを実地で研修
できました。好天に恵まれ、眺望を楽しみ、研修後は「ひっぱ
りうどん」をみんなで味わってきました。日にやけたせいか、
顔がひりひりします。
 

happajuku at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2006年02月14日

冬峠は越えたかな?

 12月中旬からおよそ2ヶ月続いた厳しい寒波も、長続きはしなくなってきました。2月10日は雨になり、もしかしたらこれが春への分岐点だったかもしれません。雪はまだまだ多いですが、日も長くなってきています。少しずつ春の気配でしょうか?
 「葉っぱ塾」も春の行事になってゆきます。ぜひおいでください!

happajuku at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2006年02月11日

雪の山入門編(2月11日)

 今日は、「葉っぱ塾」の“初めての雪の山”という企画で、3名の方をご案内して、長井葉山の中腹までスノーシューで登りました。未明からの湿った雪が枝や幹にびっしりと付いて、さながら霧氷のように見える「白い森」でした。風もほとんどなく穏やか。さすがにあの寒波も峠を越えたような気がしました。日差しにかすかな春の気配が感じられました。
 地形図の読み方の練習をしながら、ゆっくりと大好きな「大場さんのブナ(冒険家・大場満郎さんにちなんで勝手につけた)」のところまで登りました。積雪は290センチありました。そこからもうひと登りして展望を楽しんで、「大場さんのブナ」に戻ってみんなで昼食。少しだけ青空と太陽が顔を出してくれました。リスやウサギの足跡もたくさんあったし、鳥もいろいろにぎやかでした。動物達も春を感じはじめたのでしょうか。
 強い日差しではなかったのに、家に戻ってから顔がほてっています。春の紫外線は意外に強いのですね。

happajuku at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2006年02月09日

スノーランタン&スノーシュー(1/28〜29)参加者の感想

☆週末は本当にお世話になりました。
 スノーランタンにともる蜜ろうそくの光。一生忘れ
 られない思い出になりそうです。初体験のスノーシ
 ューも、そり滑りもシート滑りも、子どものように
 はしゃいでしまいました。
 人間が自然の一部であることを、久しぶりにしみじ
 みと心地よく感じています。
 「葉っぱ塾」の催しには「やみつき」状態です。ま
 た参加させていただくことになると思います。
                (埼玉・Kさん)

■今回のスノーランタン&スノーシューでは、たいへ
 んお世話になりました。「大人も子どもも森で遊べ」
 の言葉どおり、幼児から大人まで十分に遊ばせてい
 ただきました。天候に恵まれたこともあり、さらに
 楽しい時間となりました。
 ブルーシート滑りはたいへん盛り上がりましたね。
 イベントになるのではないかと思いました。身近に
 あるもので工夫すれば十分楽しむことができるとあ
 らためて思いました。
                (川西町・Fさん) 
 


happajuku at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 参加者からのお便り 

2006年02月05日

第2回縄文村スノーシュー・ハイキング

 立春を迎えたというのに、この3日間かなりの降雪があって、5日も朝から断続的に雪が降り続いていました。6歳の女の子を含む4名の参加者で出発しました。この3日で積もった雪は1メートル近くあり、スノーシューをはいても膝までもぐるほどでした。出発直後積雪を測ってみると、約230センチ!
 当初の予定を少し変えて、短いコースに。どこに春があるのかわからないような中でしたが、植物のつぼみたちはしっかり春の到来に備えていました。昼過ぎて、少し太陽が顔を出してくれました。

happajuku at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2006年02月01日

雪山登り初詣で 思い新たに(06年2月1日掲載)

cb45ed3e.JPG



 「葉山の自然を守る会」の仲間に
誘われて元日に長井葉山に初詣で登
山をするようになって、今回がちょ
うど10回目であった。

 一日一日は同じように繰り返され
ているだけなのに、元日となるとい
つもと違った思いが満ちてくるよう
な気がする。

 寒波が連続して大雪になったため、
もしかしたら今年は山頂まで行けな
いのではないかと気掛かりだった。

 大みそかの朝のドカ雪の除雪で痛め
た腰をさすりながら、元日の明け方、
登山口へと向かった。今回の参加者
は4人。いつものメンバーの他に、
南国宮崎出身の若者が初めて加わっ
てくれた。

 農道は除雪されないために、いつ
もよりずっと下の県道から歩き出す。
暮れの29日に途中までつけた踏み跡
は、その後の降雪でほとんどわから
ないほどだった。

 杉の植林地では、雪の重みに耐え
かねて折れてしまったものがたくさ
ん見られた。天気予報では「一日曇
り」であったが、あたりに立ち込め
る霧が晴れてゆくにつれて青空が見
えだした。

 風もほとんどなかった。雪の上に
顔を出している木々の枝先に、針の
ような霧氷がびっしりと付いてきら
きら輝いていた。標高千メートルを
超えたあたりで積雪を測ってみると、
3メートル余り。里の雪の多さから
想像していたほどではなかった。こ
の冬は“里雪型”なのだろうか。

 途中までかと思って登り始めたの
に、思いのほか雪が締まっていたの
と、先頭を交代しながら体力を温存
できたことで、私たちは5時間半か
かって山頂に登りつめた。青空をバ
ックにした大朝日岳の真っ白な大ピ
ラミッドが出迎えてくれた。

 北西から吹いてくる風はさすがに
冷たく、衣服の隙間から入り込んで
きた。秋に登ったときに山荘の中に
置いていったペットボトルの水は、
完全に凍結していた。そんな寒さの
中での昼食の楽しみは、もうもうと
湯気を立てながら煮るインスタント
ラーメンだ。餅や野菜をどっさり入
れて、ふうふういいながら食べるの
である。

 帰り道、眺望の開けたところから
見渡すと、山頂部が真っ白な蔵王連
峰、ごつごつした飯豊の山々、そし
て遠く会津磐梯山までも見ることが
できた。「今年はいい年にしたいね」
としみじみ語った仲間の横顔を午後
の太陽が照らしていた。
     (ブナの森から吹く風)


happajuku at 05:32|PermalinkComments(1) 朝日新聞山形版掲載エッセイ