2017年08月

2017年08月31日

☆★雨多かった8月、ツユクサとアサガオの青、冴える

IMG_6747

<わが家の畑のツユクサ>


  8月が今日で終わります。

  今朝も雨が降っています。

  気温は15℃前後。

  雨の多かった今月を象徴するかのような朝です。

  半袖や短パンでいると寒さを感じ、先ほどはきかえました。

  雑草生い茂るわが家の庭を、山仕事帰りの伊佐沢のYさんが、2日続けて、夕仕事に草を刈ってくださっています。

  それでもまだ終わりません。

  雑草の中に混じってツユクサが咲いています。

  植えたものがなかなか育たないのに、植えもしないこの花がけなげに咲いています。

  この青が好きです。

  自然界にはなかなかない青です。

  『誕生日の花と短歌365日』では9月17日の花として紹介されています。

  「尊敬、懐かしい関係」などの花言葉があるようです。


IMG_6746

<よそ様の家のアサガオ>


  アサガオのように丹精しなければならない花は、わが家には咲きません。

  3日前のジョギングのときに見た、よさ様の庭先に、見事なアサガオが咲いていました。

  先の本ではこれは8月1日の花です。

  花言葉は「愛情の絆」。

  何かに絡みつかなければ伸びてゆけない茎が、大きな花を支えています。

  気象台から「低温注意報」が出ています。

  イネの生育に影響が出ないか心配なここ数日の予報です。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2017年08月30日

☆★天使の歌声、梅津碧ソプラノ・リサイタルを聴いて

IMG_6606

<梅津碧さんリサイタルのチラシ>


  8月25日、長井市民文化会館で行われた梅津碧さんのソプラノリサイタルを聴いてきました。

  天使の声は聴いたことがありませんが、もしかしたら、あれが天使の声だったか、と思わせるような歌声にすっかり魅了されてきました。

  オペラで主役を演ずる活躍をしておられる碧さんですが、この日の前半は日本の歌で始まりました。

  そのことが、私のような音楽無知な人間には入り込みやすかったのだと思います。

  3曲目はなんと、中島みゆきの『糸』!

  大好きな曲です。

  碧さんは、たくさんの人との出会いに恵まれてきたので、そのことへの感謝をこめてこの曲を選びました、と語っておられました。

  You Tube 影像でもこの『糸』は多くのシンガーによって歌われていますが、ソプラノ歌手が歌うのはあまりないのではないでしょうか?

  それ以降は、ご自身がこれまで出演したオペラから、解説と字幕つきで、ハイライトで歌われました。

  「オペラ入門編」というようなご配慮があって、とてもありがたい構成でした。


IMG_6676

<当日、開演前のステージ>


  ピアノ伴奏の齋藤友佳さんの演奏も素晴しいものでした。

  歌い手を引き立たせる謙虚さと、支える力強さのバランスとでもいうのでしょうか。

  また、「おらんだラジオ」でクラシックの番組を持たれているだけあって、解説も落ち着いて聞きやすいことも効果があったのではないでしょうか。

  長井市の出身者で、世界で活躍する若手の演奏家がいる!

  これは市民にとって素晴しい財産でもあります。

  You Tube で「梅津碧」で検索すると、いくつもの映像が出てきますので、みなさんもお試しください。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。
  

happajuku at 04:44|PermalinkComments(0) ソプラノ梅津碧さん 

2017年08月29日

☆★小さな田んぼから考えるサスティナブルな社会

IMG_6743

<穂が出揃った「葉っぱ塾の田んぼ」>


  28日、山形市からの帰り道、「葉っぱ塾の田んぼ」のイネたちに会ってきました。

  すっかり穂が出揃っていました。

  わずかですが「頭を垂れて」いるものもありました。

  周囲の田んぼは田植えも早かった分、頭を垂れているものが多くなっていますが、「葉っぱ塾の田んぼ」のイネたちは、晩成型です。

  家に帰ってしばらくすると配達された郵便の中に、『かがり火』という雑誌の176号がありました。

  毎号、編集長・菅原歓一さんの送り状が入っているのですが、今回の号の文章は心にひっかかりました。


IMG_6744

<近づいて見た稲穂>


  この春の伊是名島で、サトウキビの収穫作業を、哲学者の内山節さんがご覧になったときの話です。

  家族総出で手作業で刈り取るのと、コンバインで一気に刈り取るのを比較され、「そろそろ私たちはどちらのほうを支持するのか決めなければいけないような気がします。」とおっしゃったそうです。

  それを受けて菅原さんは次のように述べておられます。



   私たちは家族の連帯感を大切にしたいと思う一方で、作業の効率も求めているようです。つまり、絶対的に両立しないものの両方を同時に求めているのです。

   例えば開放的な日本家屋に憧れながら、気密性の高いマンションニ暮らしを願っていたり、田舎暮らしをしたいと思っていながら、虫の一匹も飛んでくることを拒否したり、到底両立できそうもないようなことを追い求めているような気がするのです。(中略)

   しかし、絶対的矛盾を容認し続けることで、私たちの暮らしの基盤が不安定になっているように思うのです。(中略)

  私たちはサスティナブルな社会を望むならば、インフレ率2%の目標の是非を考える前に私たちの暮らしのあり方を根底から考えなければならないような気がしています。



  「葉っぱ塾田んぼオーナー」は、田植えと稲刈りとを手作業で行うという小さな取り組みですが、オーナーの皆さんには、どんな社会のあり方を望まれるのか考えるとっかかりになってほしい、という願いも、私にはあるのです。

  稲刈りは10月8日。

  もう1か月半です!





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:12|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2017年08月28日

☆★夏から秋へと変化する南蔵王縦走路へ

IMG_6685

<朝日が反射する太平洋>


  27日は、週間予報に予報が出始めてからずっと好天の予報が出ていました。

  雨ばかり続いて、山に出かける気にもなりませんでしたが、この日は9月に予定している山の講座の実践登山の下見を兼ねて、蔵王エコーラインを車で駆け上がりました。

  南蔵王登山口近くにある駐車スペースが、午前6時半過ぎに着いたときにはかなりの車がとめられていました。

  好天を待ちわびた人が多かったということでしょう。

  エコーライン最高点付近からは朝日が反射する太平洋が見えました!


IMG_6694

<澄んだ青空>


  家を出るときの市内の県道の温度計が15℃を示していましたが、標高1600近い登山口ではジャケットがないと寒いほどの気温でした。

  乾いた空気を持つ大陸育ちの高気圧が、東北地方の真上に来ていたのです。


IMG_6698

<池塘にも青空が!>


  湿原の池塘(ちとう)にも青空が映っていました。

  湿原の草が少しだけ秋色に色を変えていました。


IMG_6688

<ゴゼンタチバナの赤い実>


  この時期の登山道沿いには、アキノキリンソウやオヤマリンドウ、ウメバチソウなどの花も咲いていましたが、目だったのは赤い実です。

  ゴゼンタチバナ、オオカメノキ、ナルコユリ、タケシマラン、アカモノなどが花ではなく、赤い実で存在を主張していました。


IMG_6714

<この日の目的地、不忘山>


  講座では屏風岳までと予定していますが、この日は一人でしたから、不忘山まで足を伸ばしました。

  南蔵王登山口から不忘山までは、前山、杉ヶ峰、屏風岳、南屏風岳とピークを越えますが、出発点が標高1580mほど、この日の最高点の屏風岳が1820mほどですので、穏やかな稜線歩きを楽しめます。

  不忘山付近はもう少し早ければ素晴しいお花畑だったはずです。

  まだハクサンフウロが咲いていました。


IMG_6736

<近寄って見たヤマハハコの花>


  ふだんあまり気に留めないヤマハハコの花に、近寄って見てみたらちょっとびくり。

  ミルフィオリのようではありませんか!


  不忘山に向かうときにはそれほど多くの登山者はいなかったのですが、復路では、次々と登山者とすれ違いました。

  この日出会った最年少は生後2か月の赤ちゃん!

  お母さんに抱っこされ、家族で登山して来られたのとすれ違いました。

  まだ首もすわらないのによく連れてきたものだと驚きました。

  登山口に次第に近づき、正面に「お釜」に登る有料道路が見えてくると、観光客の車が渋滞していました。

  さすがに、登山道のほうは、渋滞はありませんでした。

  山は夏から秋へと急速に変化し始めています。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:47|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2017年08月27日

☆★実行委員の思い届け!〜ダイレクトメール発送作業終える

IMG_6678

<広い会議室でDM発送作業>


  10月14日の「木星音楽団長井公演」まで2か月を切りました。

  26日は2回目の実行委員会を、メンバーのSさんの会社の会議室をお借りして開催しました。

  この日のメインは、およそ1000通にもなるダイレクトメール(DM)の発送作業でした。

  情報を、できるだけ直接お届けしたいという思いから、「葉っぱ塾」が関わる行事ではこの手法を大切にしてきました。

  これまでの「葉っぱ塾」のネットワークには入っておられなかった方へは、実行委員長の工藤さんや、やぎりんの母校長井高校の吹奏楽部OB会の協力で、新たな名簿から住所シールを作成することができました。


IMG_6682

<発送準備整った1009通のDM>


  「葉っぱ塾主催」ということになると、ほとんど自分ひとりで宛名を手書きしたりしていたものが、シール形式で打ち出せるようになり、しかも1000通以上も出せる。

  12名も集まると、この作業が3時間あまりで終わることに驚きました!

  どうかこのDMに反応がありますようにと祈るような気持ちで封入作業を進めました。

  Mさんの娘さん、晶(あき)ちゃんは小学校4年生。

  ほとんど大人と同じ作業をこなしてくれました!

  すでに東京、福島、仙台から申し込みが届いています。

  長井市民文化会館のホールが満席になることを願っています。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) やぎりん、木星音楽団関連 

2017年08月26日

☆★やぎりん著、音楽絵本『わくわくオーケストラ楽器物語』完成!

IMG_6665

<『わくわくオーケストラ楽器物語』表紙>


  弟で、ケーナ奏者・作詞家のやぎりんこと八木倫明(りんめい)が、このたび音楽絵本『わくわくオーケストラ楽器物語』(ポトス出版 ¥1800+税)を出版しました。


    ※読んだ人の反応、「やぎりんブログ」から

  この絵本のもとになったのは、やぎりんが昨年、「朝日小学生新聞」に半年間連載していた記事です。

  文章以上に楽しいのが漫画家・小澤一雄さんによる作曲家たちの似顔絵!

  絵本ですから絵も主役であることは間違いありません。

  この連載の企画を担当したのが、私の娘だったものですから、私にとってもこうして絵本になったことは感慨深いものがあります。

  オーケストラや吹奏楽団で使われる様々な楽器がそれぞれ一つの記事として紹介されています。

  楽器の歴史、楽器の名前の由来などはもちろんのこと、それにまつわるたくさんのエピソードが紹介されています。

  この絵本は、お金のないやぎりんが、これまでのCD制作のときのように、事前に資金協力をお願いし、それに応えてくださった多くの皆様のご好意で出来上がったものです。

  音符も読めない私ですが、この絵本は楽しく読むことができました。

  それぞれの楽器が活躍する曲が紹介されているのもありがたいです。

  この絵本は、一般の書店でも注文購入が可能です。

  「葉っぱ塾」にも何冊か届いておりますので、手渡しできる方はお声をかけてください。


    ※やぎりんブログを参照ください。






  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) やぎりん、木星音楽団関連 | 本・CD・映画などのレビュー

2017年08月25日

☆★雨多い8月下旬、山の講座も終盤へ

IMG_6667

<24日朝の青空>


  このところ、雨が降らない日はないというぐらいに天候が思わしくありませんが、24日の朝は、青空が広がりました。

  しばらくぶりに広がった青空の下をジョギングするのは気持ちのよいものです。

  空に浮かぶ雲にはどこかしら秋の気配が感じられました。

  今朝も雷とともに雨が降っていますが、明日以降は晴れのマークの予報も出ています。

  好天の週末になるのではないでしょうか?


IMG_6672

<山の講座第5回目の風景>


  5月に開講した「安全登山入門編2017」は、実践登山を含めて24日が5回目の講座となりました。

  ご夫妻で参加くださっているSさんは、小学3年生の娘さんと、「山の日」に富士山に登ってこられたとお聞きし、そのご報告をみなさんにしていただきました。

  娘さんが一番元気だったこと、ご主人が高山病になられたこと、驚くような軽装の登山者(?)がいたことなどをお聞きしました。

  この日のテーマは「山の天気」がメイン。

  予報の中でも天気図に関心を持つようにして、自分なりの天気予報をやってみよう、などとお話ししたところです。

  終盤に入ったこの講座ですが、嬉しいことにまた新たな参加者が加わりました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:37|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート | 体験活動、講演、講義など

2017年08月24日

☆★シスターさんたちの研修会雨降らず終了

IMG_6656

<23日の「ふるさと展望台」からの眺め>


  「日本カトリック総長管区長会 生涯養成運営委員会 長井市レインボープラン体験学習」というのが正式の名称である研修のお手伝いを23日にお受けしていました。

  おいでになったのは全国のカトリック教会のシスターさんたちの中でも、指導者の立場にある方々のようでした。

  最終日が「葉っぱ塾」の担当。

  女性ばかり16名のみなさんを最初にご案内した場所は、お隣飯豊町にある「ふるさと展望台」。

  2日間長井市の中を見てくださったみなさんに、ぜひ長井市を俯瞰していただきたかったのです。


IMG_6658

<「古代の丘資料館」で>


  「野川まなび館」に移動し、長井の四季の風景を写真で見ていただきながら、長井の自然の特徴や、水とのたたかいの歴史などもお話ししました。

  「縄文村」にある「古代の丘資料館」では、皆さん熱心に展示物を見てくださっていました。

  南米にも縄文土器と似たようなものがあるのはどうしてか、という質問を受けました。

  これについては、写真家星野道夫さんのエッセイを読んでいたことが役立ちました。

  「あ、そのことは『地球交響曲』にも出てきましたね!」という声もあって、なんだか嬉しくなりました。


IMG_6659

<「土偶広場」で>


  土偶広場はどんな人でも心が解放される場所です。

  強化プラスチック製のレプリカではあっても、表情の豊かさが、人の気持ちを和ませるのです。

  おにぎりの昼食の前に、みなさんで賛美歌を歌い、「アーメン」と声をそろえられました。

  これがクリスチャンの方の「いただきます」なのですね。


IMG_6661

<「おせきの碑」を訪ねる>


  「羽前成田駅」に向かう途中で、「おせきの碑」に立ち寄りました。

  「栃の木堰」という用水路を掘削し、整備するにあたって人柱に立てられた若い娘「おせきさん」を偲ぶ記念碑です。

  成田駅の待合室では、「とちの木ぜき」という紙芝居をみなさんに披露しました。

  私は読むのに手一杯で気づきませんでしたが、涙ぐんで聞いてくださったシスターさんもいらっしゃったそうです。


IMG_6663

<羽前成田駅で長井線の列車を見る>


  紙芝居が終わるのを待っていたかのように、フラワー長井線の下り列車が入線してきました。

  錆びかかった線路をご覧になって「列車が走っているのですか?」とお尋ねのシスターさんにも、走っていることを証明できました。


IMG_6664

<「川のみなと長井」に展示されている獅子頭>


  最終日とあって、最後は道の駅「川のみなと長井」にご案内。

  今は、伊佐沢の渋谷さんが作られた巨大な獅子頭も展示されています。

  野川の洪水と黒獅子舞のことなどもお話ししましたので、ちょうどよいタイミングでした。

  買い物を終えて出てこられた方々とお話しをしていましたら、長崎、広島、宝塚、横浜、東京、南相馬、岩手などから今回の研修においでになっておられたのでした!

  そうそう、ペルーご出身のシスターさんもいらっしゃいました!

  弟がケーナ奏者であることや、『コンドルは飛んでゆく』の話題で盛り上がりました。

  全国から集まられたみなさんに、「葉っぱ塾」のことをちょっとだけ宣伝。

  これからどんなふうにつながってゆくのか楽しみです。

  朝方まで降っていた雨も、結局は終了までは降ることなく、青空さえも顔をのぞかせました。

  長井においでくださってありがとうございました!





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など | 山形県・長井市内名所案内

2017年08月23日

☆★国見町植樹地の現状を見る〜日本熊森協会森山会長一行と

IMG_6640

<クマ剥ぎを観察する森山会長とスタッフ>


  22日朝、東北自動車道の国見インター近くで待ち合わせたのは、日本熊森協会の森山会長さんと若いスタッフ2名。

  この前日仙台入りした3人の3泊4日の東北視察の二日目に合流したのです。

  お会いしてすぐに、七ヶ宿街道の小坂峠から林道を4キロほど入った山林に向かいました。

  福島県国見町と宮城県白石市にまたがるこのあたりには、国見町の森林組合が管理している山林があります。

  国見町の前町長さんのご理解を得て、私たちの協会員の手でこの山林の一部に植樹をしたのは、2009年、10年のことでした。

  アカマツの林だったところを伐採した「馬頭山」の山頂周辺は、標高が600mあまり。

  そこに、ブナ、クリ、トチ、ミズナラなどの広葉樹の苗を、2年間でおよそ500本ほど植えたのです。

  途中の杉林で、クマ剥ぎの跡を見つけ、しばらく観察しました。

  このあたりはクマが棲む豊かな森が広がっているということです。


IMG_6645

<植樹地に立つスタッフ>


  森山会長さんは、2009年の植樹のとき以来7年ぶりにおいでになりました。

  私は一昨年の秋に、一人で訪ねています。

  植樹した当時は、重機が入っての作業跡があってほとんど裸地状態でしたから、林道から植樹地まではスムーズに歩くことができたのですが、今では笹や樹木が生い茂って、まったくの藪こぎとなりました。

  目印用のピンクのビニールテープを持参したから良かったようなものの、もし何もなければ、行った道を引き返すのも至難の業でした。

  植樹地だったところは、もうどこに植樹したのか探すこともできないほどに笹や若い樹木が生育していました。

  冬はかなりの積雪と強い季節風に見舞われるこの場所に、こうして何とか植生が回復しつつあります。

  会長さんのお話しで印象に残ったのは、西日本の山林ではこのような下草がほとんど生えていないということでした。

  シカが多数生息しているということが関係しているのでしょうか。

  植物が生育しなければ虫たちもいないとのことで、こちらの森林の様子があまりにも違うと驚かれていました。


IMG_6650

<線量が高い場所もある植樹地(0.49μSv/h)>


  2年続けた植樹活動を断念せざるを得なかったのは、2011年の東日本大震災のためでした。

  国見町は町役場が大変な損傷を受けるほどの被害があり、この植樹地に至る林道の損壊もありましたし、なにより放射線量が高いということで、多くのみなさんに呼びかけての作業はできない状況になってしまったのです。

  この日持参した線量計のスイッチを入れたままに歩き回り、時折その数値をチェックしましたが、線量が0.50μSv/hを超える場所もあり、まだまだ安心できるほどのレベルには下がっていませんでした。

  人家周辺の「除染」ができたとしても、こうした山林の「除染」などは不可能であることを、つくづく感じました。

  2時間あまりみなさんをご案内し、宮城、岩手へと向かわれる3人を見送りました。

  クマの気配のある森の豊かさということを改めて考えたこの日でした。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:05|PermalinkComments(0) 日本熊森協会関連 

2017年08月22日

☆★今月号の『山渓』は付録もあるぞ!〜奥深い地形図の世界へ

IMG_6613

<『山と渓谷』2017年9月号とその付録>


  子どもの頃にむさぼるように読んでいた月刊の少年雑誌には、付録として薄っぺらな漫画本がついてきたものでした。

  本誌も別冊付録も、隅から隅まで読んでいたことを覚えています。

  そんな昔のことを思い出したのは、定期購読している山の雑誌『山と渓谷』9月号に、付録がついてきたからです。

  今月号の大特集は「読図」。

  それに関するワークブックが付録としてついています。

  毎年1回はこのテーマでの特集が組まれますが、この特集を隅から隅まで呼んで、地形図の読図やコンパスの使い方を独学でマスターできる人はそうはいないと私は思います。

  それほどに、読図やコンパスの使い方は奥が深いテーマです。

  しかしながら、今回の『山と渓谷』の特集は一読に値します。

  単行本として出版されているものをいくつも買い込んで私が何を考えているかといえば、どのようにしたらわかりやすく初心者に伝えられるだろうか、ということです。

  なかなか「これ!」といったいい方法は見つかっていません。

  「安全登山入門編2017」の8月、9月の机上講座では、天気のことと、地形図の読図のことがテーマです。

  これから参加したいという方が先日お電話をくださいました。

  学びたいと思う気持ちがある人にとって、遅すぎるということはありません。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 | 只今募集中の企画!

2017年08月21日

☆★朝焼けで始まる父の四十九日〜祖父、母の法事も滞りなく

IMG_6632

<21日の朝焼け(羽前成田駅付近で)>


  今朝(21日)、東の空が赤く染まる気配があったので、見通しのよい場所を探しながら朝焼けの空の写真を撮ってみました。

  夏至から2か月もたっていますので、4時半を過ぎてもまだ太陽は顔を出しません。

  日の出前の2,30分前が良いのは山でも平地でも同じです。

  この写真の下のほうに写っている杉木立は、「羽前成田駅」の防風林です。

  「朝焼けは雨」といわれますが、今日の予報は「曇り」です。


IMG_6614

<法事の日の朝の仏前>


  昨日は、父の四十九日の法要と納骨、加えて祖父の五十回忌と母の二十七回忌の法事をまとめて行いました。

  正式には今日21日が四十九日です。

  和尚様をあわせても9名というこじんまりとしたものでしたが、いろいろな方々のお力添えもあって無事に終了。

  喪主としてはほっと一段落です。

  一生に何度もないこうした仏事というのは、どのように進めたらよいのか、なかなかわからないものです。

  今後残るのは土地や家屋の相続の手続きですが、これは行政書士さんに頼ることで何とか乗り切りたいと考えています。


IMG_6618

<「中央会館」さんのお座敷の掛け軸>


  昨日印象的だったのは、法事の後の会席をお願いしていた「中央会館」さんのお座敷の掛け軸が、仏様の絵柄のものだったこと。

  これはきっと、会合の内容に合わせてくださったものだと推察しています。

  おいしい料理と、行き届いた対応をしてくださって、ありがとうございました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


happajuku at 05:45|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2017年08月20日

☆★お母さんを思って作ったペンダント

9(武田さん撮影)

<子どもたちと作った作品(武田えり子さん撮影)>


  先日の「福島っ子キャンプ」で、二人の男の子たちと作ったアクセサリーは、武田えり子さんのご好意で、12日に受け取ってきていました。

  大至急で仕上げてくださって、完成直後の写真を送ってくださいました。

  両側の大き目のものが、男の子たちが作った作品です。

  なかなか素敵でしょう?

  子どもたちには「お母さんへのプレゼントだよ」ということで作ったものでした。

  彼らの手元に届き、お母さんに見せるまでは内緒だったものですから、ご紹介がちょっと遅れました。


IMG_6531

<製作途中の作品はこちらです>


  ミルフィオリというガラス製の金太郎飴みたいな小さな断片から、いろいろな大きさや色合いのものを選び、丹念にペンダントの型の中に並べてゆきます。

  子どもたちは、お母さんの色の好みとか、着ている服の色などを思い浮かべながら選んでいたのではないでしょうか?

  またそのうちに武田さんにお願いして体験会をセットしたいと思います。

  お母さんたちはどんな表情で受け取ったでしょうか?

  子どもたちも袋を開けるときにドキドキしたかな?





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート | 体験活動、講演、講義など

2017年08月19日

☆★穂が出始めた葉っぱ塾のイネたち!

IMG_6609

<穂が出始めた!>


  ここ長井市では、8月に入って最高気温が30℃を超えたのがわずか5日だけ。

  10日に31.5℃を記録して以降は、ずっと20℃台の気温が続いています。

  17日の朝、ジョギングを兼ねて「葉っぱ塾の田んぼ」まで行ってきました。

  周囲の他の田んぼはすでに穂が出揃っていましたが、「葉っぱ塾の田んぼ」のイネたちは、ようやく穂が出始めたところでした!

  この前のご報告のときには、遠藤さんが「15日ごろ出穂か」とおっしゃっていたことをお伝えしましたから、ほぼその通りです。

  人間に例えればさながら「成人式」を迎えたというところでしょうか。


IMG_6610

<17日の田んぼの様子>


  週間予報を見ますと、最高気温が30℃を超えるのは23日以降となっています。

  晴れのマークがないので、日照の不足も心配になります。

  なかなか青空がのぞかないので、山に行きたい気分にもならないこのごろです。

  みなさんの地域はいかがなんでしょうか?





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:04|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2017年08月18日

☆★梅津碧さんリサイタル、長井市民文化会館で!〜長井高校の「大後輩」活躍!

IMG_6606

<梅津碧さんリサイタルのチラシ>


  梅津碧(みどり)さんのお名前は数年前からお聞きしていました。

  母校長井高校の「大後輩」にあたります。

  25日(金)、長井市民文化会館において、彼女のソプラノ・リサイタルが開かれます。

  16日、リハーサルを行うときに会館にお邪魔して、初めて直接お会いしてきました。

  リハーサル風景も少しの間見学させていただきましたが、素晴しい声の持ち主でいらっしゃることがすぐに伝わってきました。

  私たちが、母校に戻ってきたスタィンウエイのピアノを活用して3年に一度のコンサートを開くようになった最初の回に、現役の高校生としてそのコンサートを聴いてくださっていました。

  その時点では声楽のほうに進むということは考えてはおられなかったそうです。

  高校卒業後彼女は、青山学院大学の文学部英米文学科に進まれます。

  在学中に長井市で開催されたオペラを観劇したことがきっかけで声楽の道に進むことを決意され、青山学院卒業後に東京音楽大学に入りなおされるのです。

  しかもそこを首席で卒業されたという逸材です。

  今はウィーンに拠点を置いてご活躍中です。

  地元出身の素晴しいアーティストの演奏、ぜひ多くのみなさんに聴いていただきたいと願っています。

  こうした機会を実際に体験することで、彼女のように、その後の人生が大きく動き出すということもあるかもしれません。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:14|PermalinkComments(0) ソプラノ梅津碧さん | イベントの紹介

2017年08月17日

☆★多彩なガラス工芸作品を見る楽しみ

IMG_6605

<日常でも使いたくなる器も多い>


  上山市内の旅館「名月荘」の「蔵のギャラリー」で開かれているガラス作家展示会に行ってきました。

  出展者のお一人、ガラス工房「遥空」の関口大介さんからご案内をいただいていたものです。

  お盆の期間中はなかなか家を空けられないということもありましたが、この日は朝のうちに仏様をお見送りしました。

  昼前から雨が降り始め、途中の県道の温度表示は「20℃」を示し、半袖では寒いほどの空の下を向かったのです。

  小さなアクセサリーから、大きな花びんなどまで、サイズ、色、デザインの多彩さは、何人ものガラス作家合同での出品ですからなおさらです。

  先日ちょっとの間だけ福島の子どもたちと訪ねた際に気になっていたビア・マグは、すでにどなたかが購入され、なくなっていました。

  日常生活のなかで使えるような作品に興味がいきます。


IMG_6604

<関口さんの作品コーナー>


  関口さんの作品はサンドブラストといって、ガラスに砂を吹き付けて表面を削り込んでゆくものです。

  「子どもキャンプ」などで何度かお邪魔して体験させてもらいましたが、自分だけのグラスが出来上がる楽しみは、なかなかのものです。

  自分で作ってみると、関口さんの作品がいかにすごいものであるのかがわかります。

  この展示会は20日までとのことでした。

  きっと心豊かな時間を過ごすことができると思いますよ。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:01|PermalinkComments(0) イベントの紹介 | 日常生活の一コマ

2017年08月16日

☆★「あゆーむ」で開催中の「野生動物写真展 生(ライフ)」

IMG_6594

<チラシと松本紀生著『原野行』>


  15日、弟のやぎりんと一緒に白鷹町の「あゆーむ」に、10月のコンサートのチラシやチケットを預けに行きました。

  そこでたまたま「野生動物写真展 生(ライフ)」が開催されていることを知り、見学してきました。

  鍵井靖章、前川貴行、松本紀生、山形豪4氏の合同の作品展でした。

  以前から知っていたのは松本さんのお名前だけでしたが、機会あればこの方の作品を見たいと思っていましたので、ラッキーでした。

  松本さんがアラスカでの撮影を志したのは、星野道夫さんの影響があったと聞いていました。

  そのことがお名前を記憶することにつながっていたのです。

  素晴しい写真展がこんな近くで開催されています!

  夏休み中の子どもたちにもぜひ見てほしいものです。

  遠くの世界を知る、自然の中での人間という動物について考える。

  今すぐ何かの役には立たないかもしれませんが、きっと記憶に残る体験ができるはずです。

  写真展は8月20日まで開催されています。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:35|PermalinkComments(0) イベントの紹介 | 星野道夫さん関連

2017年08月15日

☆★千利庵〜田んぼアート〜古代の丘

IMG_6585

<「千利庵」のお蕎麦>


  お盆で帰省していた長男が「蕎麦を食べたい」というので、彼がまだ行ったことがないという白鷹町の「千利庵」に、弟も一緒に案内しました。

  蕎麦の実の芯の部分を使うというここの蕎麦は、細くて白っぽく、それでいてしっかり腰のあるお蕎麦です。

  お盆の期間中とあって、大賑わいで、受け付けしてから中に入るまで30分ほど待ちましたが、待った甲斐があったと思わせる味と香りは素晴しいものでした。

  中で迎えてくれた店員さんのお一人が何と弟の同級生!

  それがご縁で、10月の弟たちの長井でのコンサートのチラシを置いていただけることになりました。


IMG_6587

<蚕桑地内にある田んぼアート>


  帰り道に、白鷹町蚕桑駅近くにある「田んぼアート」に寄ってみました。

  ここは、河岸段丘となっている場所で、段丘崖の下にある田んぼを、段丘面から見下ろせるようになっています。

  今年は6月上旬に田植えをしたそうですが、この時期、葉っぱの色が異なる何種類かの稲がほどよく育ち、「お蚕姫とカメ」の絵柄が見事に現れていました。


IMG_6593

<「古代の丘」にあるやぎりん似の土偶>


  長井市内に戻りながら、「古代の丘」へも寄ってみました。

  長男は小さいころにキャンプで来ていますが、もうその記憶は薄れていたようですし、弟は初めてだったそうです。

  「土偶広場」は、強化プラスチック製の土偶が置かれて、見るだけで楽しいところですが、たいてい誰かと似ている土偶があるから不思議です。

  キャンプ場ではどこかのグループがキャンプをしていましたが、緑豊かな「古代の丘」は、人影も少なく、静かでした。

  子どもたちを連れてきて遊ぶには素晴しいところだと常々思っています。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」




  

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山形県・長井市内名所案内 

2017年08月14日

☆★父の新盆

IMG_6581

<遍照寺(へんじょうじ)のサルスベリの花>


  ここ長井では、8月にお盆の行事を行います。

  11日の「山の日」あたりから、市内を走る県外ナンバーの車が多くなっていました。

  今年は先月父が亡くなったので「新盆」ということになります。

  まだ納骨を済ませていませんので、父を除く他のご先祖様を迎えるための墓参りということになりました。

  3人の子どもたちの中で今回は長男が彼女を連れて帰省し、賑やかです。

  弟が13日に帰ってきましたが、きょう高校時代のブラスバンド部の創立50周年祝賀会があるということでした。

  この祝賀会に関わっている人たちからも、10月の弟たちのコンサートへの大きなご支援をいただいています。

  遍照寺は、妻の実家の墓がある古刹です。

  毎年この時期、境内のサルスベリが見事な花を咲かせます。

  気温がそれほど上がらないまま、8月も後半に入ろうとしています。





  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  

  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:31|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2017年08月13日

☆★地形図とコンパスを使いこなそう!〜屏風岳実践登山参加者募集!

IMG_2160

<南蔵王縦走路から振り返った刈田岳>




       地形図とコンパスを使いこなそう!

     葉っぱ塾 安全登山入門編2017・実践屏風岳へ!

 
  5月から実施している「葉っぱ塾安全登山入門編」の2回目の実践登山です。

  講座参加者はもちろんですが、一般の方のでもご参加いただけます。

  講座で学んだ地図とコンパスの使い方を実践に移してみましょう。

  秋めいた稜線や山頂からの大展望も楽しみましょう。

  講座の「卒業登山」でもあります。

  なお、9月14日に、「安全登山入門編2017」の第6回講座を「山形市総合福祉センター」で18時30分開講で行います。

  この回のテーマが「地形図とコンパス」ですので、こちらへの参加があれば、実践登山もわかりやすいと思います。

  ご連絡お待ちしています。


【期   日】  2017年9月17日(日)    悪天中止
       
【参加費用】  ¥2500  (保険料・写真代等含む)

【募集人員】  25名程度(講座受講者優先) 

【集合・受付】  蔵王エコーライン 刈田岳リフト乗り場駐車場
             (公衆トイレ付近)
 ※車乗り合わせて縦走路入口付近へ移動

【日  程】   7:30    集合
          8:00    南蔵王縦走路入り口発
        11:00ごろ  山頂着・昼食
        12:00ごろ  山頂発
        14:30ごろ  縦走路入り口戻り
        15:00ごろ  駐車場着、解散
              
【持ち物】 雨具、水(最低1.5リットル)、タオル、帽子、昼食、非常食、手袋、敷物、ヘッドランプ、ストック(使用する人)、ボールペン、コンパス
 ※地形図はこちらで準備します。

 ※帰りに蔵王温泉などに立ち寄る人は入浴用具・着替え持参

【連絡先】     葉っぱ塾・八木文明
            日本山岳ガイド協会認定ガイド
            日本自然保護協会自然観察指導員
            FAX 0238-84-1537
            携帯 090-5230−8819
            E-mail: happa-fy★dewa.or.jp
             (送信の際は★を@に変えてください。)




  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  

  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:13|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2017年08月12日

☆★霧雨、曇り、一時青空〜「山の日」月山登山報告

IMG_6545

<姥が岳で休憩中>


  8月11日が「山の日」という国民の祝日になって2回目。

  この祝日の最初の案は12日だったそうです。

  しかし、この日は1985年8月12日に起きたあの日航機墜落事故の日。

  「それと同じ日では・・・」ということで、11日になったのだと聞いています。

  「葉っぱ塾」が「山の日」に山の行事を始めて今年が3回目。

  最初は2015年にプレイベントとして行ったのです。

  今年のこの日は月山でした。

  天候不安な中で、一度は延期を考えたのですが、結果的に実施してよかったと振り返っています。


IMG_6548

<霧雨に濡れたハクサンフウロ>


  姥沢の駐車場に上る車道では時折渋滞が起こるほどの車は、これまで経験がありませんでした。

  子どもたちを連れたグループや大人の団体などもあって、にぎわっていました。

  雨具を着るか着ないか迷う程度の霧雨が降ったり止んだり。

  そんな中を、姥が岳経由でゆっくりと山頂を目指しました。

  今回の参加者は9人。

  今年、そして過年度の山の講座の受講生に加え、初めて「葉っぱ塾」参加の方が2名おられました。

  雨は大降りになることはなく、時折霧雨がうるさい程度。

  風はほとんどなかったのは幸いでした。


IMG_6556

<霧が晴れて姿を見せた月山神社>


  賑わう月山山頂で、昨年の山の講座の受講者Wさんから声をかけられました。

  この日はモンベルの月山ツアーも催行されており、それに参加なさっておられたのでした。

  また、この4日に予定されていた大朝日岳へのツアーに添乗してくださることになっていたモンベルのFさんとも、初めてお会いできました。

  そんな出会いも楽しんでいるうちに、空が明るくなって青空ものぞき始めました。

  展望が開けるほどにはなりませんでしたが、私たちはアサギマダラも舞う山頂でゆっくりとランチを楽しみました。


IMG_6566

<雪解けの斜面にショウジョウバカマ>


  帰り道は「牛首」の分岐から下に向かい、リフトを使わずに沢沿いに下るルート。

  登山道の雪は完全になくなっていましたが、残雪のすぐ脇を通るあたりでは、春の花ショウジョウバカマやコシジオウレンが咲いていました。

  私がお伝えする花の名前を全てメモ帖に記録してくださる方もあって、張り合いがありました。

  この日見た花を列挙してみます。


  アオノツガザクラ、イワイチョウ、イワオトギリ、イワカガミ、イワショウブ、ウゴアザミ、ウサギギク、ウメバチソウ、ウラジロヨウラク、エゾシオガマ、オタカラコウ(雄宝香)、オニシモツケ、オヤマリンドウ、オンタデ、キオン、キンコウカ、クロヅル、コシジオウレン(ミツバノバイカオウレン)、ゴゼンタチバナ、ショウジョウバカマ、シロバナトウウチソウ、ズダヤクシュ、タテヤマウツボグサ、チングルマ、ナナカマド(ウラジロナナカマド?)、ナンブタカネアザミ、ニッコウキスゲ、バイケイソウ、ハクサンイチゲ、ハクサンシャジン、ハクサンフウロ、ハクサンボウフウ、ハナニガナ(白花・黄花)、ヒナウスユキソウ(ミヤマウスユキソウ)、ヒナザクラ、ベニバナイチゴ、マルバシモツケ、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマコウゾリナ、ミヤマダイモンジソウ、ミヤマホツツジ、ミヤマリンドウ、モミジカラマツ、ヤマハハコ、ヨツバシオガマ、ヨツバヒヨドリ


  ナンブタカネアザミではないもう一つのアザミが気になっていましたが、山頂でお会いした月山朝日ガイド協会のSさんから、「これはウゴアザミ(羽後薊)」と教えていただきました。

  行者たちの食用に植えられたものが増えたのだとのことでした。


IMG_6567

<展望が開け上がる歓声>


  下りの途中のベンチで休憩していましたら、山頂が望めるほどに霧が晴れた瞬間がありました。

  やはり山の風景は広く見えるにこしたことはありません。

  リフトを使わずに下る四ツ谷川沿いの道には、豊富な湧水があります。

  出発前に、「湧水の水を汲んで、下山後にみなさんでコーヒーを味わいましょう!」とお伝えしていました。


IMG_6574

<月山湧水でコーヒータイム>


  ほぼ予定通りの午後3時過ぎに駐車場まで戻り、すぐにお湯を沸かしました。

  汲みたての水で淹れたコーヒーの味わいの素晴しいこと!

  Yさんが持参してくださったキュウリのカラシ漬けと、私が用意していた伊佐沢のスイカも味わいながらのまったりタイムでした。

  コーヒーがなくなるのを見計らっていたかのように雨脚が強まり、解散としました。

  ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。





  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  

  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:29|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2017年08月11日

☆★シスターさんたちの研修の準備始める

IMG_4990

<「ふるさと展望台」からの朝の風景(今年5月)>


  8月21日から、ここ長井市にカトリック教会のシスターさんたちが十数名やってきます。

  毎年ここ長井市で研修をされているのだそうですが、今年はその最終日に「葉っぱ塾」に出番が回ってくることになりました。

  「葉っぱ塾」ならではの視点からみなさんをご案内したいと思っていましたが、昨日、受け入れ事務局の方と相談し、およそのルートと時間設定をしてみました。

  最初にご案内する場所は、飯豊町の「ふるさと展望台」と考えました。

  5月の早朝に見られるような風景というわけにはいきませんが、穂が出始めるころの青々とした水田の風景を俯瞰していただくことで、この地域の特徴が伝わると思うのです。

  私としては「水、森、山」をテーマにご案内してみようと計画を練り始めたところです。

  天気がよいことを願っています。

  ところで今日8月11日は2回目の「山の日」です。

  「葉っぱ塾」では月山に出かけますが、ちょっと雨が心配な予報です。





  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  

  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) グリーンツーリズム 

2017年08月10日

☆★他の誰かのために思いを込める〜ナガサキの日にキャンプ最終日

IMG_6529

<秘密の体験に取り組むリョウくん>


  キャンプ最終日は、山形市内にあるガラスの工房に体験活動のご指導をお願いしていました。

  誰のために何を作るのかは、今回の作品が完成し、自宅に送るまで秘密ということにしておりますので、ここでは触れません。

  様々な方にお世話になって過ごす時間の中に、他の誰かのために、という思いを込めるものがあるのは大切なことだと私は常々思っています。

  工房をあとにして車で上山市に向かうとき、ラジオからは長崎の平和記念式典の様子がライブで放送されていました。

  被爆者を代表しての深堀良敏さんの言葉が流れていました。

  「平和と核廃絶に微力を尽くす」という言葉には、他者を思う究極の願いがこもっているように感じられました。


  ☆長崎市長による「長崎平和宣言2017」


IMG_6534

<「蔵のギャラリー」で見た手回し蓄音機>


  山形県内や青森在住のガラス工芸作家たちの展示会が上山市の「名月荘」の「蔵のギャラリー」で開催されるとのご案内をいただいていましたので、子どもたちと一緒にそちらに立ち寄ってみました。

  展示品とは関係がないのですが、面白いものを見せていただきました。

  およそ100年ぐらいも前の手回し蓄音機です。

  音が記録されているのは「円盤」ではなく、「円筒」でした!

  もういちどゆっくり訪ねてみたいと思います。

  20日までの開催ということです。


IMG_6540

<いざ福島へ!>


  4日間の日程で行ってきたキャンプも、最終日。

  予定が大幅に変更になってしまいましたが、何とか帰りの新幹線自由席に二人並んで座ることができました。

  親でもない、学校の教員でもない、いわば「第三の大人」の中で何日間を過ごすという体験は、子どもたちにとっては成長の踏み台になると私は思っています。

  家族と離れて過ごすことで、家族との何気ない日常のありがたさに気づくということもあるでしょう。

  新しい人との出会いや初めての体験などによって、新しい自分に気づくという側面もあるかもしれません。

  ご家族の方からは、「いい表情で帰ってきました」とお電話をいただきました。

  秋の「森の休日」での再会を楽しみにしています。





  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  

  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:31|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2017年08月09日

☆★クライミングと木工体験〜キャンプ3日目

IMG_6508

<飯豊町の体育館でクライミング>


  心配された台風5号は、日本海側を通過しましたが、長井市には大きな影響はありませんでした。

  8日は朝方雨が降りましたが、その後日中は曇り空。

  風も強くは吹きませんでした。

  キャンプ3日目のこの日は、午前中はお隣、飯豊町体育館のクライミングウォールへ。

  彼らは福島でも何度か経験があったようですが、二人で貸切のここの壁でおよそ2時間過ごしました。

  少しずつ高い場所にロープを架け替えながら、何度かは失敗し、またチャレンジ。

  体力だけではないところが、クライミングの面白さです。


IMG_6512

<わが家の立ち木にたくさんのセミ!>


  体育館からわが家に帰るときに、庭の立ち木をみましたら、夥しい数のアブラゼミがブナやホウノキに張り付いていました。

  子どもたちが喜ぶかと思ったら、二人ともセミは大嫌いだというのです。

  セミやトンボを捕まえることなどは、子どもたちの専売特許みたいに思っていた私は、なんだか拍子抜けしました。


IMG_6523

<午後の木工体験>


  近くのラーメン屋さんで昼食をとった後向かったのは、前日の月山に同行してくださったYさんの工房。

  Yさんは、大工さんなのです。

  この日の午後、二人のために時間を空けて待っていてくださいました。

  工房にある端材の中から好きなものを選んで製作にかかりました。

  構想を練って、電動糸鋸を駆使して切断し、紙ヤスリをかけ、最後は米ぬかワックスを塗って、彼らなりのジグソウパズルを完成させました。


IMG_6522

<プロの仕事>


  子どもたちの指導の合間にYさんが、前日月山に一緒に上った3人それぞれの名前入りにコースターを作ってくださいました。

  「世界に一つしかないコースター」ということになります。

  前日だけ参加のはるせ君には、写真と一緒にお送りします。


IMG_6521

<ヤギおじさん作の鍋敷き>


  私も何かをと思い立って、「葉っぱ塾記念日」に因んで葉っぱの形の鍋敷きを作ってみました。

  「胡桃閑荘」ででも使っていただくことにしましょう。

  夕方Yさんの工房をあとにして帰宅する際の彼らの言葉。

  「なんだか時間が短く感た」とのことでしたが、3時間半、集中して取り組んでいたのです。

  貴重な体験の時間をお仕事の合間に提供してくださったYさん、ありがとうございました。

  最終日の朝は、まだ雨が降っていますが、朝食後、山形市に向かいます。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:42|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2017年08月08日

☆★立秋の月山山頂に立つ!〜キャンプ2日目

IMG_6467

<リフト乗り場へと登るメンバー>


  大朝日岳に登る予定だったキャンプ2日目。

  天気予報では8日に影響が出るとのことでしたので、予定を変更し、7日は日帰りで月山への登山となりました。

  「森の休日」で木工を指導してくださるYさんがアシストしてくださることになっていて、天童市のはるせ君も参加。

  姥沢の駐車場を出たのが8時過ぎのことでした。

  登山リフトの下にはヨツバヒヨドリの花が咲いていて、そこにアサギマダラという蝶が蜜を求めてやってきていました。

  この蝶は何千キロも旅する蝶として知られています。


IMG_6472

<姥が岳山頂で最初の休憩>


  姥が岳に登る斜面は、29日ガイドで来たときにはまだ雪がずいぶん残っていましたが、9日間でほとんどなくなっていました。

  私たちは雲の中を歩いており、風もかなり吹いていて、姥が岳から先しばらくは、子どもたちは長袖を上に羽織るほどでした。

  これでは山頂はどんなに強い風かと心配したのですが、3時間ほどかかって着いた山頂は、風はあるものの、吹き飛ばされてしまうほどではありませんでした。

  が、雲の中でした。


IMG_6478

<月山山頂神社に参拝の後で>


  1400年以上も前に開山されたという月山神社は、月山の最も高い場所に建てられています。

  夏の間、その最高点に入るには、参拝料を払い、お払いとご祈祷を受けることになります。

  この日は子どもたちと一緒に中に入り、キャンプの無事を願ってきました。

  子どもたちは、何を願ったのでしょうか。


IMG_6484

<一瞬見えた庄内平野!>


  視界が晴れず、東からの風も止まない山頂での昼食はせず、すぐに下山にかかりました。

  雲が目まぐるしく動いていましたが、200mほど下ったところで、一瞬雲が切れて、庄内平野が見えてきました。

  東風が月山を越えて庄内平野に吹き降ろし、気温が高くなっていたかもしれません。

  気象台の記録を見ると、7日の鶴岡市の最高気温は34℃を超えていました。


IMG_6489

<大量に残る雪の前で>


  「牛首」の分岐を左に下るとまもなく、登山道脇に大量の雪が残っていました。

  登山道からは雪はほとんどなくなっており、アイゼンがいらなくなっていました。

  雪が解けたばかりのところは草花がようやく芽吹き始めたばかり。

  この日は「立秋」でしたが、月山では春も夏も同居しているのです。


IMG_6490

<残雪で練習に励むスキーヤーたち>


  登山道から少し離れた雪の斜面では、地元のスポ少でもあるのでしょうか、スキーの練習をしていました。

  空気が雪面で冷やされて小さな水滴になり、まるで湯気のように立ち込めていました。

  雲が時々切れて下界が見えるようになりましたが、振り返る山頂はなかなか見えませんでした。


IMG_6500

<月山の湧水で乾杯!>


  下りはリフトには乗らず、木道をひたすら下ります。

  このルートの途中にある月山の湧水を子どもたちに味わわせたかったのです。

  ほとばしる水に手を浸せば、痛くなるほどの冷たい水です。

  私は、朝のコーヒー用に、2リットルの水を汲んできました。


IMG_6506

<温泉後は揃いのTシャツで>


  下りに要した時間は2時間半ほど。

  姥沢駐車場から車で30分ほどの道の駅にある「水沢温泉」で汗を流しました。

  駐車場に戻ったとき3人の子どもたちには、登頂がんばったね、ということでTシャツをプレゼントしていました。

  入浴後はみんなでそれを着て記念撮影しました。

  予定していた大朝日岳1泊登山はできなかったのですが、体力的にはちょうどよかったのかもしれません。

  「登りたい!」という意思が最も大切であることは、大人も子どもも同じです。

  月山山頂神社でいただいたお守りと登拝証明書、大事にしてくださいね!





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:01|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2017年08月07日

☆★昨日から始まった「福島っ子夏キャンプ」〜台風で予定変更

IMG_6459

<南陽市の「熊野大社」で>


  週末保養「森の休日」をお休みする長期の休みに開催してきた「子どもキャンプ」。

  今年は「福島っ子大朝日キャンプ」ということで呼びかけましたら、男の子2名が来てくれました!

  せっかく時間をかけて山に荷揚げもしてきたのですが、台風5号が接近していることもあって、大幅な計画変更を迫られました。

  赤湯駅に降り立った二人を、南陽市宮内の「熊野大社」に案内しました。

  こちらの意図としては、これからの4日間を無事に過ごせますようにとのお願いをしたいと思ってのことでした。

  彼らを迎えにゆく途中の県道の温度表示は「35℃」を示していました。

  台風の影響を考慮して、目的地を大朝日岳から月山に変更して、これから出発します!




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2017年08月06日

☆★田植えから2か月の「中学生」イネたち

IMG_6448

<田植えから2か月経った「葉っぱ塾」の田んぼ>


  前回の報告から少し間が空いてしまいましたが、8月4日、「葉っぱ塾」の田んぼのイネたちに会いに行ってきました。

  梅雨明けが遅れ、気温の上がり下がりも大きかったので、生育が順調なのかどうか、気になっていました。

  田植えから2か月の田んぼのイネたちは、人間でいえば、中学生の感じまで育っていました!

  田んぼから遠藤さんに電話してみました。

  「状況はどうなんでしょう?」と質問しましたら、「まずは順調です」とのことで安心しました。

  「15日頃穂が出るかと予想しています。」とも。


IMG_6451

<風通しのよい株間隔>


IMG_6449

<比較のためのお隣の田んぼ>


  「葉っぱ塾」の田んぼのイネは、株間隔が広いのが、上の2つの写真の比較でおわかりになるでしょうか?

  これからの時期で最も心配なのは台風です。

  いま台風5号が西日本に大きな被害をもたらしながら東北も窺っていますが、この影響がどうなるのかが、当面の気がかりです。

  オーナーのみなさんも台風の動きを注視してください。

  大きな被害がないことを願っています。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2017年08月05日

☆★大雲海を眺めながら大朝日岳へ

IMG_6393

<古寺山が近づくと、眼下に大雲海が!>


  6日に福島の子どもたちが2人やってきて、7日、8日と大朝日岳に登る予定にしています。

  当日の荷物を少しでも減らそうと、4日は朝3時に家を出て、古寺鉱泉から大朝日小屋を往復して食料などをデポしてきました。

  駐車場では何と霧雨!

  雨具を着るほどではなかったものの、好天のはずが予想外の空。

  しかし、午前6時ごろ古寺山へ続く稜線に出ると、雲を突き抜けていました!

  見渡す限りの大雲海です。


IMG_6397

<巨大な矢印は「まつたけ雪渓」>


  古寺山に着いたときには、大朝日岳にはまだ雲がかかっていましたが、上空は青空でした!

  小朝日岳の巻道の途中まで進むと、雲は切れかかっていました。

  「銀玉水」脇の雪渓は「まつたけ雪渓」の呼び名があるのですが、今年はまつたけというよりは巨大な矢印です。

  しかもその先が大朝日岳山頂を指しているではありませんか!


IMG_6406

<雲が切れてy字雪渓くっきり!>


  私が「y字雪渓展望台」と呼んでいる場所までゆくと、すでに雲はまったくなくなって、「y字雪渓」がくっきりと見えていました。

  8月に入ってこの太さの「y」は、珍しいかもしれません。


IMG_6421

<大朝日小屋前は見事なお花畑>


  「熊越」から「銀玉水」までの穏やかな尾根筋では、タカネマツムシソウ、コキンレイカ(ハクサンオミナエシ)、ミヤマクルマバナなど、夏の盛りから終わりごろの花々が咲いていました。

  大朝日小屋前までゆくと、素晴しいお花畑になっていました。

  クルマユリ、タカネナデシコ、ハクサンフウロ、ミヤマトウキなどが一面に咲いていました。

  小屋番のTさんから聞いたのですが、30年近く前、小屋の周辺はセイヨウタンポポが侵入し、かなり勢いを持っていたそうです。

  人間の体や靴に種子が付着して運ばれてきたのでしょう。

  それを、少しずつ引き抜いて、数年がかりで復元し、その後本来の植生が回復してきたのだそうです。

  美しいお花畑の裏側の、地道なご努力に、感謝感謝です。


IMG_6436

<雲海が両側から迫る小朝日岳>


  小一時間休憩し、下りにかかると、雲海はまだ続いていました。

  銀玉水から小朝日岳へと続く尾根の両側が雲という光景はなかなか珍しいかもしれません。


IMG_6435

<下山途中でようやく見えてきた月山>


  登る途中では月山は雲の中でした。

  月山の周辺で、雲が一段と高く盛り上がり、月山を隠していたのです。

  下山を始めてようやく姿が見えてきました。

  古寺山から少し下ると再び雲の中へ。

  日当たりのよい尾根歩きよりはかえって涼しいのでした。


IMG_6447

<林道沿いにはヤマユリ満開!>


  大規模林道から木川ダムを経由する車道沿いには、たくさんのヤマユリが咲いていました。

  朝はまだ暗くてよく見えなかったために気づかなかったのです。

  ヤマユリの花言葉は「荘厳」。

  こんな大輪の花が、「自然に」咲くということに驚かないわけにはいきません。

  さあ、あとは7日、8日の好天を祈るばかりです。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2017年08月04日

☆★「森の休日」9月再開!〜ボランティア・サポーター募集中!

IMG_6189

<体育館に集まった子どもたちとスタッフ>




    「森の休日2017」サポーターの募集!



  “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、県内外のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、福島の子どもたちのための短期保養プログラム「森の休日」を、朝日町の宿泊施設「Asahi自然観」で継続的に実施(2012年10回、13年12回、14年12回、15年11回、16年10回)実施してきました。

  この取り組みを2017年も継続して開催しています。

  「森の休日」は、放射線量の高い地域に住む子どもたちや家族の心のストレスを少しでも解消し、リフレッシュしていただきたいという目的で行なっているものです。

  このプログラムを実施するには、現地で子どもたちやその家族の皆様のサポートをするスタッフが必要になります。

  具体的には、野外活動の付き添い、子どもたちの遊び相手、お父さん、お母さんたちの話し相手、一緒に夕食づくり、その他の体験活動の提供などです。

  夏休みの間はお休みしている「森の休日」を、9月第一週から再開いたします。

  2日間の連続でなくても、日帰りやパートタイム参加でもけっこうです。お子さんとご一緒の参加も歓迎です。

  あなたも「森さぽ」の仲間になりませんか?

  


【当面の開催期日】  ※参加可能な日をお知らせください。

Α。昂遏。夏(土)〜 3日(日)  
А。昂遑横各(土)〜24日(日)    
┌隠扱遑横影(土)〜22日(日)
10月28日(土)〜29日(日)  
11月 3日(祝)〜 4日(土)

  ※1日目の集合は午前11時30分、
    2日目の集合は午前8時30分。いずれも「Asahi自然観」です。


IMG_7769

<川で思いっきり水遊び(昨年)>


  参加者、とりわけ子どもたちは、短い時間を目一杯使って、生き生きと活動してくれるのがとても印象的です。

  サポーターは山形県民にかぎりません。福島の方や、山形に避難しておられる方など、福島の方々の心がわかる方大歓迎です。

  「森の休日」に参加されたお母さんのお一人からは次のような感想をいただいております。


★ 自然の中の学びをさせたいと常々思っています。 また、様々な体験をさせることで子どもの世界を広げてあげたいです。さらに、同年齢の子どもばかりではなく、異年齢の集団でコミュニケーション力も育てることができたらという思いもあります。

 「森の休日」は、この全てが備わっていて、とても楽しむことができ、有意義な時間となりました。回数を重ねることができたら、親も子も成長できるのではないかと思いました。大変お世話になりました。ありがとうございました。                                                       (福島市在住Mさん)


 
  この活動へのサポーターとして登録していただき、ぜひ福島の子どもたちと共に歩む活動の一翼を担っていただけたらありがたいです。

  開催日が近づきましたら手を挙げてくださった方々に参加確認のご連絡をします。

  参加についての経費はかかりませんが、都道府県または市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」に加入の上、お申し込みください。


  ☆「森の休日」サポーター参加申し込み用紙のダウンロード
              (PDFファイル)
  

 【申し込み・お問い合わせ】 
  葉っぱ塾 八木文明 090-5230−8819 
     メール happa-fy★dewa.or.jp
      (送信の際は★を@に変えてください。)
   ※お名前、年齢、ご住所、携帯電話番号、メールアドレスをお知らせください。

    .:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.

☆この「森の休日」の経費は「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用しています。

  取り組みを長く継続できるように、募金へのご支援あるいは呼びかけにもご協力ください。


  【葉っぱ塾ボランティア支援募金】
   ■郵便振替口座   02420−5− 19722
   ■加入者名      八木文明
    ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 | 只今募集中の企画!

2017年08月03日

☆★「おのくん」が里親探しています!〜早い者勝ち!

IMG_6389

<我が家で里親待機中の「おのくん」たち>


  先日、久しぶりで東松島の小野仮設住宅に伺ってきました。

  その際に引き取ってきた「おのくん」が二人、我が家で里親さんを待っています。

  写真の手前のほうに置いた金麦の缶は、大きさの比較のためのもので、これは付属しているものではありません。

  「おのくん」は大きさにかかわらず1000円です。

  里親になりたいという方、ご連絡をお待ちします。

  現地に行けば、集会所の棚においてある「おのくん」はよりどりで里子にできますが、電話やファクシミリでの注文ですと、半年から1年待ちとのことです。

  ご連絡お待ちしています。

  お送りする場合は、送料はもちろん里親さんにご負担いただくことになります。

  近いところであれば、お届けも可能です。


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 東日本大地震関連 

2017年08月02日

☆★やぎりんの新たな本が近々出版!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  私の弟でケーナ奏者のやぎりんが、近々新しい本を出版します。

  これは昨年、朝日小学生新聞に連載されていたものに加え、新たに書き下ろした作品も含めた音楽エッセイ集ということになります。

  上の写真は表紙の未定稿ということなので、最終的には変更があるかもしれません。

  お金のない弟は、このエッセイ集を出版するにあたり、その資金を「クラウド・ファウンディング」によって多くの皆様からご支援をいただいていました。

  8月下旬には「葉っぱ塾」にも届くことになっておりますので、こちらから購入することも可能になります。

  やぎりんのブログも参照ください。


    ◆バイオリンのルーツはモンゴル


   ◆わくわくオーケストラ楽器物語 編集佳境♪





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) やぎりん、木星音楽団関連 | 本・CD・映画などのレビュー