2017年09月

2017年09月30日

☆★深まる秋、アケビの皮を食す

IMG_7358

<庭のアケビのつるに下がった実>


  雑草だらけ、手入れしないままのわが家の庭にもいいことがあります。

  小さな森のようになっているわけですが、野生のアケビが実るのです。

  庭の何か所かに繁茂して立木にからみついているのですが、薄紫色の実が実る時期になりました。


IMG_7359

<実に裂け目が入ったら収穫>


  アケビの実が熟してくると、実を縦に半分に分けるように裂け目が入ります。

  そんなときが収穫適期です。


IMG_6986

<アケビの「皮」の食べ方>


  裂け目の中にある甘い部分を食べてももちろんよいのですが、皮の部分が素晴しい食材なのです。

  ひき肉、たけのこ、キノコなどを味噌で和えながら炒めたものを、蒸かして柔らかくなった皮の中に詰め込んで、油を引いたフライパンの上で焼くのです。

  皮にほんのり焦げ目がつくぐらいが良いようです。

  ほろ苦さは大人の味。

  日本酒によく合います。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2017年09月29日

☆★「転車台」って知ってます?〜JR今泉駅にあった「お宝」!

IMG_7369

<JR今泉駅構内にある「転車台」>


  「転車台」ってご存知ですか?

  英語ではターン・テーブル(Turn Table)と言います。

  鉄道において、機関車の向きを変えるための大掛かりな回転台のことです。

  これが何と、長井市内にある唯一のJRの駅「今泉駅」構内に、人知れず(私が知らなかっただけ?)残されていたことをつい先日知りました!

  今長井市で、大正大学地域創生学部の学生7人が研修中です。

  彼らと一緒に、「地区公民館」を連日訪ねてお話しを伺っていますが、地元の私でも知らなかったお話しが聞けて、実に刺激的です。

  「豊田地区公民館」でお話しを伺い、その後フィールドに出て歩いて見てまわったその一つがこの「転車台」でした。

  「今泉駅」は、かつて国鉄米坂線と長井線の乗り換え駅でした。

  米坂線はJRとなり、長井線は第三セクターの「山形鉄道フラワー長井線」となりましたが、駅が乗り換え駅であることは変わっていません。

  変わったのはSLが走らなくなったこと。

  そのSLの向きを変えるために必要だったのがこの「転車台」なのです。


IMG_7368

<地元の方によって設置された説明版>


  近くに設置された説明板によれば、今から40年ほど前までは使われていたようです。

  学生たちとも話したのですが、これは鉄道ファンの方々から見ればまさに「お宝」ではないのでしょうか?

  転勤の多いJRの職員でさえ、この存在を知らないまままた次の任地へと移った人もいると聞きました。

  動力ではなく人力で動かす仕掛けだったそうですから、錆を落とせば、もしかしたらまたぐるりと回るかもしれないではありませんか!

  なんだかわくわくします。

  周囲が草ぼうぼうだったのに、この場所の刈り払いがなされていたことは嬉しいことでした。

  おりしも、日本の政治が「転車台」に乗ろうとしています。

  アベくんの嘘だらけの政治だけは終わりにし、その方向を変えたいものです。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。
 

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山形県・長井市内名所案内 

2017年09月28日

☆★近づく「木星音楽団長井公演」〜演奏曲目公表!

木星長井公演2017チラシ最終



  10月14日に長井市民文化会館で開催する「木星音楽団長井公演 広い河の岸辺コンサート」が近づいてきました。

  やぎりんの同級生ばかりでなく、多くの方々がこぞって実行委員に参集してくださって準備を進めてきました。

  長井市出身のやぎりん(八木倫明)とお隣白鷹町ご出身のソプラノ歌手・竹田恵子さんが、ふるさとの皆様に質の高い演奏を披露する晴れ舞台です。

  嬉しいことに、東京、新潟、仙台、福島などからもお客様がお見えになります。

  ここ長井ではまだそう知名度はないのですが、人の心に呼びかけるような「何か」が演奏の中にふくまれているのです、きっと。

  やぎりんから、当日の演奏曲目が公表されましたので、ここでもお知らせいたします。


   ◆プログラム

1.アメイジング・グレイス(英国賛美歌)

2.北飛行(小野美穂子・作曲)

3.月の沙漠幻想(佐々木すぐる作曲)

4.白鳥の停車場(藤平慎太郎・作曲)

5.初恋(石川啄木・作詞/越谷逹之助・作曲)★

6.落葉松[からまつ]
  (小林秀雄・作曲/野上彰・作詞)★

7.くじらの子守歌
  (小笠原育美・作曲/相馬邦子・編曲)

8.広い河の岸辺
  (スコットランド民謡/やぎりん訳詞)★★


********休憩15分**********


9.アルパ協奏曲《カスカーダ》[滝]
  (ディグノ・ガルシア作曲)

10. コンドルは飛んで行く(D.A.ロブレス作曲)

11. さくらんぼが実るころ
  (J.B.クレマン作詞/A.ルナール作曲/林光・訳詞)★

12. ありがとういのち
  (ビオレータ・パラ作詞作曲/高橋悠治・訳詞)★

13. つばめよ
 (N.S.セビージャ作詞作曲/やぎりん訳詞)★

14. 江差(三塚幸彦・作曲)

15. 少年時代(井上陽水/平井夏美・作曲)

16. 木星(グスターヴ・ホルスト作曲)



  
  今回私が特に楽しみにしているのは「つばめよ」です。

  やぎりんが、福島を離れて避難生活を送っている人々を思いながら作詞したと聞いています。

  「葉っぱ塾」では、長井市内に避難しておられる福島のみなさん5名をご招待しています。

  どんな演奏会になるか今から楽しみです。

  チケットのお申し込みは「葉っぱ塾」へ!

   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! | やぎりん、木星音楽団関連

2017年09月27日

☆★閉所直前の小野仮設住宅〜「感謝祭」用のもち米を運ぶ

IMG_7342

<9月30日に「感謝祭」の小野仮設住宅>


  東松島市の「小野仮設住宅」が、いよいよ閉所されることになり、この30日に「感謝祭」を開くと聞いていました。

  30日は「葉っぱ塾」の大朝日岳登山を予定しているために、26日にお伺いしてきました。

  ここに仮設住宅ができて6年。

  私がここに通い始めたのは東松島のKさんの紹介で、仮設開設まもなくのころでした。


IMG_7346

<山形から運んだもち米とリンゴ>


  「何か必要なものはありませんか?」とお尋ねしたところ、「感謝祭でお餅をつきたいからもち米を!」とのお申し出があり、この日は30キロのもち米と、白鷹町のリンゴを車に積んで伺ったのです。

  かつて仮設住宅が建ち並んでいたところは、今は一部のプレハブ住宅を残して「復興住宅」が建ち並んでいます。

  東松島市内の他の仮設も、今年中にはほぼ解消されるとのことです。

  震災から6年半。

  長かったのでしょうか? 短かったのでしょうか?

  人によって思いは様々なのかもしれません。


IMG_7343

<絶えないお客様と武田さんたち>


  「葉っぱ塾」では2011年5月から12年春ぐらいまでは、津波被災地の後片付けのお手伝いを行ってきました。

  その後この仮設住宅でソックス人形「おのくん」が作られるようになると、材料の靴下や綿の提供を続けてきました。

  さらにはたくさんの「おのくん」を山形に連れ帰り、多くの皆さんに里親になっていただきました。

  「支援」という言葉では正確には現すことができない親密な関係が出来上がり、この集会所に伺うたびに、古くからの知人に会うような不思議な感覚になるのでした。

  この集会所がなくなっても、小野駅前の「おのくんハウス」で「おのくん」の里親になることができるとのことです。

  これで東松島に通うことが終わるわけではありませんが、心の中では「一つの区切り」という感じです。


IMG_7348

<新しい野蒜の住宅街>


  帰り道は、新たな野蒜駅周辺に造成された住宅街の中を通ってみました。

  まだまだ建設途上の家も多いですが、すでに庭の手入れがなされているお宅もありました。

  仮設で作られた「一時的な」コミュニティが、それぞれの場所で今後どんなふうに変化して行くのか、みなさんの心の奥底までは知ることはできませんが、大災害を潜り抜けた強さでこれからの人生を歩んでいかれるはずです。


IMG_7355

<わが家で待機中の「おのくん」4人>


  今回は、4人の「おのくん」を連れ帰りました。

  わが家で皆さんからの里親のお申し出をお待ちしています。

  いずれも1000円で里親になることができます。

  ただし、写真の「金麦」は大きさの目安として置いたもので、「おのくん」に付属するものではありません。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:05|PermalinkComments(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

2017年09月26日

☆★紅葉見ごろを迎えた月山

IMG_7285

<標高1500m、リフト上駅周辺>


  好天の予報が出ていた25日、月山に行ってきました。

  前週末、月山に詳しい友人が「紅葉すごいよ!」とフェイスブックにアップしていたのです。

  リフト始発の午前8時に片道キップで乗車。

  標高約1500mのリフト上駅周辺からもう素晴しい紅葉の斜面が広がっていました!


IMG_7288

<姥が岳方向から草原の木道を見下ろす>


  姥沢の駐車場では快晴だった空が、姥が岳を過ぎたあたりから雲が湧き出しました。

  庄内平野から吹いてくる風が月山の西側斜面で上昇気流を作り、雲となるのです。

  しかし、完全に雲の中に入るというわけでもなく、青空がのぞいていました。


IMG_7294

<姥が岳西側斜面と湯殿山>


  姥か岳からは山シャツだけで行動。

  ちょうど姥が岳が風除けとなり、ほぼ無風の中を歩くことになるのです。


IMG_7311

<山頂への登りから見返した姥が岳>


  しかし、山頂が近づくと、さすがに気温も下がり、歩いていても体温が上がらなくなりました。

  もうこの季節、「耳の出ない帽子」もザックに入れておく必要があります。


IMG_7319

<山頂トイレの冬支度>


  山頂小屋は夏の営業が終わったとの掲示があり、その脇の山頂トイレでは、トイレの冬支度作業が行われていました。

  バイオトイレの維持管理にかかる経費は、入山口やトイレで払う募金によって賄われています。

  高所での作業、ほんとうにありがたいことです。


IMG_7322

<ヘリも出動しての荷下ろし作業>


  ヘリコプターが何度も往復しながら、山頂から荷下ろし作業をしていました。

  時折強い風が吹く中、見ているとハラハラしました。

  山頂周辺をしばらく散策し、冷えた体で下山にかかりました。

  そうしましたら、山頂への急斜面をたくさんの方々が列をなして登って来られます。

  すれ違うとき、顔見知りのガイド仲間にも何人か会いました。

  平日でしたのに、やはり紅葉の最盛期。

  ツアーがたくさん催行されていたようです。


IMG_7339

<四ツ谷川沿いのミネカエデ>


  下りはリフトに乗るのはもったいないと思います。

  途中から四ツ谷川に沿う道を歩いて下りると、月山山頂から南に向かって延びる尾根の西斜面を左手に見ながら下ることになります。

  この斜面の紅葉も素晴しいのです。

  近くで見ると、紅葉の主役はミネカエデやコミネカエデでした。


IMG_7300

<これってハクサンイチゲ?>


  この日、登る途中で不思議な花を見つけました。

  ハクサンイチゲだと思うのですが、花弁の先端部分が緑色なのです。

  本来であれば真っ白な花弁のはずですが、これはいったいどうしたことでしょう。

  山々の紅葉は少しずつ標高の低いほうへと移っています。

  「葉っぱ塾」では10月9日(祝)、福島の安達太良山への紅葉登山を計画しています。

  すでに催行が決まっています。

  ご一緒にいかがですか?




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:42|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2017年09月25日

☆★秋の気配感じながら森で遊ぶ〜「森の休日2017」第7回報告

IMG_7197

<恒例の「空気神社」参拝で始まった2日間>


  今年7回目(通算62回目)の「森の休日」を23日〜24日「Asahi自然観」で開催しました。

  福島からは4家族14名がおいでになりました。

  そのうちの3家族は、「森の休日」を開始した2012年からの参加者。

  最初に来たときに小学校2年生だったF君は、中学1年生になっていました!

  身長が170センチ近くなっていて、まるで別人に出会ったかのようでした!


IMG_7193

<たくさんの栗を拾った!>


  「Asahi自然観」敷地内にはあちこちにクリの木がありますが、ちょうど実が落ちる時期を迎えていて、子どもたちだけでなく、親御さんたちも一緒になってたくさんのクリを拾いました。

  その一部は2日目に小さな焚き火で焼いて食べてみましたよ。


IMG_7212

<調理スタッフ大車輪の活躍>


  しばらく「森の休日」から離れておられた調理スタッフのKさん、Uさんが、ベテランの腕前を発揮してくださって、夕食はごちそうが並びました!

  メインのいも煮もほぼ完食!


IMG_7219

<焚き火を囲む>


  夕方まで曇り空でしたが、夕食の頃から星が見え始めました。

  ナイトハイキングの後の焚き火は、炎の暖かさが嬉しいほどの気温の中で。

  サツマイモを焼いたり、炎を飛び越えたりと、普段はなかなかできないことをやりました。


IMG_7267

<みんなで遊ぶのが楽しい!>


  年代が比較的近い子どもたちが集まった今回は、一緒に遊ぶ時間が多くありました。

  テニスなのかサッカーなのか、見ているとわからないようなゲームを自分たちで編み出して遊ぶ場面もありました。


IMG_7248

<ミニチュア・ハットも作ったよ!>


  手作業が好きな女の子には、ミニチュア・ハットづくりの準備が役立ちました。

  学生スタッフが手伝っていましたが、3つ目を作るころには全部自分でできるようになっていました。

  お母さんたちも作っていましたよ。


IMG_7275

<竹馬で遊ぶ大人たち>


  子どもたちが楽しく遊んでいると、大人たちの表情が和みます。

  一人が竹馬を始めたら、次々と挑戦が始まりました。

  広がった青空の下で、心も開放されていたということでしょう。


IMG_7250

<最後にもらった素敵なクッキー>


  楽しい時間は瞬く間に過ぎてゆきます。

  「そろそろ終わりの会にするよ!」と声をかけたら、子どもたちはまだまだ遊んでいたい様子でした。

  宝塚のOさんが毎回届けてくださるお菓子を最後に渡しましたら、大事そうに持ち帰ってゆきました。

  今回はスタッフの人数はギリギリでしたが、分担をとてもうまくやってくれて、集団から離れて遊びたい子どもへの対応も、十分できたと感じました。

  スタッフ初参加の神奈川のHさんは、この夏は久米島での保養でボランティアをしていたそうです。

  久米島の保養は確か、映画監督の山田洋次さんや女優の吉永小百合さんが資金を提供しているものだったのではないでしょうか?

  名残おしそうに帰ってゆく福島の皆さんを見送り、スタッフは後片付けと振り返りの会をもちました。

  この「森の休日」の取り組みは、福島の子どもたちに思う存分外遊びを体験してもらい、親たちにもリフレッシュしてもらおうという取り組みです。

  経費は多くのみなさんからの募金でまかなっています。

  継続的なお力添えをお願いできましたら幸いです。


   【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 

2017年09月24日

☆★平日だって山はある!〜長井葉山平日登山のご案内

IMG_8787

<紅葉進む長井葉山(昨年)>



             平日だって山はある!

         葉っぱ塾 秋の月曜日の長井葉山へ!


  休日にお仕事がある方も多いですね。

  そこで平日に長井葉山への登山を計画してみました。

  この時期は中腹の紅葉が見ごろを迎えているはずです。

  長井市に長期研修で滞在している大正大学の大学生も誘ってみたいと考えています。

  あまり歩かれていない勧進代コースそして昭和堰をたどって晩秋の風景を楽しみませんか?


    【期  日】  2017年10月23日(月) ※悪天中止

    【参加費用】  一人¥2500(ナメコ汁付き)
                
    【募集人数】  10名程度

    【集  合】  長井市「勧進代南部公民館」前 午前7時30分
              長井市勧進代1732−2
            ※ご要望あれば現地までの地図をお送りします。

    【日  程】  
      7:30    公民館前集合・移動
      8:00    登山口出発
     11:30ごろ  葉山山頂
     15:30ごろ  公民館前帰着・解散(予定)
(勧進代口〜追分〜葉山山頂〜昭和堰〜勧進代尾根)

    【持ち物】   昼食、雨具、水(1ℓ)、防寒着、その他
        ※ 詳しくは参加申し込みされた方に御連絡いたします。

    【申し込み期限】  10月19日(木)締め切りです。
       (定員に達した場合その時点で締め切り)

【連絡先】  葉っぱ塾・八木文明
          日本山岳ガイド協会認定ガイド
          日本自然保護協会自然観察指導員 
        Tel 090-5230−8819
        Fax 0238-84-1537
        メール happa-fy★dewa.or.jp
      (送信の場合は★を@に変えてください。)

        


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2017年09月23日

☆★紅葉見ごろを迎える大朝日岳古寺ルート報告(9月22日)

IMG_7127

<古寺山から見た22日朝の大朝日岳>


  22日朝、3時過ぎに家を出て、古寺鉱泉駐車場4時半出発で大朝日岳に向かいました。

  8月4日に登って以来、1か月半ぶりです。

  来週末の「葉っぱ塾」の大朝日岳登山の下見を兼ねていました。

  古寺に向かう途中の国道の温度計が「8℃」を示していました。

  それでもジャケットは羽織らずに登り始めると、ほどよく体が温まってきました。

  頭上にはまだオリオン座が輝いていた時刻の出発でしたが、古寺山まで着くと、くっきりと晴れ上がり、以東岳までの大展望が広がっていました。

  大朝日岳の山頂付近が赤くなっているのがわかりました!


IMG_7136

<雪がなくなった「y字雪渓」を望む>


IMG_7155

<紅葉見ごろの大朝日小屋周辺>


  「銀玉水」上の急斜面を登りきり、山頂草原に出ると、そのあたりでは最盛期はまだといったところでしたが、大朝日小屋周辺はほどよく色づいていました。

IMG_7170

<中岳とその手前の斜面の紅葉>


IMG_7162

<山頂独り占め>


  山頂で写真を撮っていると、さすがにこのシャツ姿では寒さを感じるほどでした。

  下のほうから次々と登って来る人たちが見えました。


IMG_7174

<完成間近の「ペルシャ絨毯」>


  小屋番で入っておられたTさんと倒木などの情報交換をし、インスタントラーメンを食べてから下山にかかりました。

  「銀玉水」上の斜面から見下ろすと、北側の斜面の「ペルシャ絨毯」が間もなく完成といったところ。

  このあたりはどうやら、来週末に紅葉が見ごろを迎えそうな気がしました。


IMG_7189

<倒木の処理に向かう木村さん>


  この1週間で台風や低気圧の影響で強風が吹き、倒木が登山道をふさいでいる場所が3か所ありました。

  すでにその情報は地元山岳会に伝わっていたようで、古寺鉱泉の駐車場で、倒木処理に向かうという木村さんにお会いしました。

  チェーンソウを背負って足早に歩いてゆかれました。

  こうした方々のご尽力で登山道が保全されていること、忘れないようにしたいものです。

  古寺ルート上の3か所の水場はいずれも採水可能です。

  また、古寺鉱泉へのアクセスも、大井沢から、柳川から、木川ダムから、いずれも道は確保されています。

  大規模林道のブナ峠付近にカラマツの倒木があって、朝はその下をかいくぐるように通過したのですが、帰るときには処理が終わっていました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2017年09月22日

☆★風に揺れるオミナエシ〜はかない恋

IMG_7110

<通りがかりの畑に咲いていたオミナエシ>


  21日はあちこち騒ぎまわったという一日。

  長井 → 天童 → 山形 → 長井 → 朝日町 → 長井。

  朝は天童市にある運転免許センターへ免許の更新手続き。

  「初めて」ゴールド免許を取得しました。

  ということは、そういうことです。

  免許証の写真を撮るとき、できれば少しだけ笑顔で、などと思うのですが、受け取ってみるといつもへん顔。

  カメラが悪いのです、きっと。

  長井市内に戻って通りかかった畑にオミナエシが風に揺れていました。

  愛読している『誕生日の花と短歌365日』で、この花は9月19日の花として紹介されているのを、つい数日前に見たばかりでした。

  雑草だらけのわが家の庭にはない花です。

  この花言葉は「はかない恋」、「親切」とありました。

  本の写真には鳥海(とりのうみ)昭子さんの短歌が添えられていますが、この日の短歌は、


    儚(はかな)くて 深い思いの女郎花(おみなえし)

      花の黄色の揺れ止まぬなり



  半袖では肌寒いほどの風に揺れているその姿は、まさにこの短歌に詠まれている通りでした。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2017年09月21日

☆★地域創生!〜大正大学生の長期研修のお手伝い始まる

IMG_7087

<初日のオリエンテーションで>


  先日、大正大学の人間学部43名の学生の長井での研修のお手伝いをしたのですが、今度は同大学の地域創生学部の1年生7名が長井にやってきました。

  この学部は設置されてまだ2年目という新しい学部です。

  女子2名、男子5名の学生たちは、大学がセミナーハウスとして買い取った長井市郊外の建物に寝泊りしながら、10月末までの約40日間滞在し、学びを深めることになっています。

  その中のいくつかの場面で、「葉っぱ塾」のヤギおじさんもお手伝いすることになりました。

  初日は長井市についての簡単なオリエンテーションを私が行いました。

  自然、歴史、地理、産業、観光などの面からこの町をおおざっぱに捉えてもらいました。

  その後、今回の研修に関わるスタッフや市役所関係者も含めて、歓迎の夕食会が行われました。

  食事スタッフの方々が提供してくださった夕食を、「おいしいおいしい」と言いながら食べてくれました。


IMG_7095

<「致芳地区公民館」での説明を聞く>


  長井市には6つの地区があり、そのそれぞれに「地区公民館」があります。

  2日目午後はその最初となる「致芳(ちほう)地区公民館」への訪問があり、同行しました。

  私の役割は、公民館側のお話しを学生たちと一緒にお聞きし、それをしっかりと振り返り、研修の最終まとめに生かすためのアドバイスをしてゆくこと。

  館長さんや主事の方のお話しは、地域の歴史や現在を網羅し、なかなか刺激的でした。

  ずっと「致芳」という地区の名前の由来が気になっていましたが、今回の訪問で初めてその由来を知りました。

  明治39年7月から明治45年6月まで県知事を務めた馬渕鋭太郎氏が、この地に建てられる尋常小学校に「和致芳(和して芳しきを致す)」という言葉から「致芳小学校」という名を贈ったのがその始まりだとお聞きしました。


IMG_7104

<「大桑」の前で>


  私もこれまで朝のジョギングなどでこの地域をめぐっていますが、いつも関心させられるのが、地域の中の宝物のような場所や樹木に、標識が立てられていることです。

  公民館近くのこの「大桑」もその一つです。

  かつて大養蚕地帯だったこのあたりですが、上杉藩第十代藩主の「鷹山(ようざん)公」が贈った3本の桑の木の1本だと言うことです。

  今からおよそ250年ほど前のものということになります。


IMG_7106

<フラワー長井線「羽前成田駅」で>


  公民館からフラワー長井線の「羽前成田駅」まで歩いてみました。

  国鉄長井線が開通した当時から使われている駅舎がまだ残っています。

  もう90年以上経過していることになります。

  学生たちがホームに出ている間に上り列車が入ってきました!

  なんと言う幸運でしょうか!

  ここからセミナーハウスに戻り、夕食前のひとときを、この日の振り返りと、今後の5つの地区公民館訪問の作戦会議となりました。

  長井での滞在が彼らの成長につながるようにお手伝いしたいと考えています。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:34|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2017年09月20日

☆★色づき始めた葉山へ水汲みに

IMG_7081

<黄金色に染まる水田地帯>


  19日、久しぶりに葉山に水汲みに登りました。

  前日の台風で、途中の林道がどうなっているか心配していましたが、勧進代のゲートから入る林道は、大丈夫車が通れました。

  標高850mほどの「栃の木展望台」に着くと、朝霧でやや霞んだ水田地帯を見下ろすことができます。

  稲刈り前の水田は、黄金色に染まっていました。

  通いなれた登山道でいつもと違っていたのは、枝がたくさん落ちていたことでした。

  この前日、台風18号が日本海を通過してゆきました。

  その影響だと思います。

  枯れた枝だけでなく、葉が青々としているものもあって、風が強かったことを示していました。

  山頂の神社に参拝し、田んぼの実りが無事に迎えられるように願いました。

  山荘のノートの記載は、最後が7月30日になっていました。

  勧進代のみなさんが、ボランティアで道の刈り払いをしてくださったときのものでした。

  葉山から大朝日岳に向かう道が近年荒れてきているのを気遣っての作業には頭が下がります。

  冷たい「鉾立清水」をPETボトル5本汲んで家に戻ったのが午前9時ごろでした。

  きょう20日は新月で、「葉月ついたち」です。

  山は高いところから広葉樹の葉が色づき始めています。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:36|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2017年09月19日

☆★台風18号通過〜無事だった田んぼのイネたち

IMG_7076

<吹き返しの風で揺れるイネたち>


  台風18号が日本海側を足早に通過してゆきました。

  ここ長井市では18日午前5時過ぎから風が強まりました。

  反時計回りの台風の北側の空気の流れは東風となりますが、奥羽山脈fが風を遮ってくれたのか、このあたりでは比較的静穏でした。

  しかし、台風の中心が酒田沖に進むと、このあたりは台風の南側に入り、強い西寄りの風に変わりました。

  時折雨も降りましたが、このあたりは強い雨雲は通過しなかったようです。

  風は午前中は時折強く吹いていました。

  穂が垂れ始めた「葉っぱ塾の田んぼ」が気になって、見に行ってきました。

  西寄りの風に吹かれて稲穂は少し東側に傾いていましたが、倒伏は免れていました。

  稲刈りまであと3週間。

  何とか無事に収穫にこぎつけられますように!




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2017年09月18日

☆★里山歩きで地形図・コンパスの活用を学ぶ

IMG_7059

<コスモス咲く里山の道で>


  「安全登山入門編2017」の実践登山を16日に繰り上げたのでしたが、当初の予定だった17日に合わせて仕事のお休みを調整していた方もあったために、17日も実施することにしました。

  ただ、天候の悪化が懸念されたので、フィールドを南蔵王から上山の西山地域に変更し、皆さんには上山城近くの駐車場に集合していただきました。

  この5月に「上山西山六座めぐり」を実施したルートを逆周りし、その中でコンパスや地形図の活用を学んでいただきました。

  台風の影響で前日までの予報では朝から小雨とのことだったのですが、願いが通じてか、雨の降り始めが遅れ、結果的に、最後の1時間ほど、弱い雨に降られた程度で歩くことができました。


IMG_7061

<虚空蔵山頂で鐘をつく>


  最初のピークは「虚空蔵山(こくぞうさん)」。

  登り口と山頂の標高差が110mほど。

  「何分で登れるでしょうね?」と予想していただきました。

  山に慣れてくると、標高差と所要時間の関係が次第につかめるようになります。

  「何分歩いた(登った)から、今このあたりにいるはず」という予想もできるようになります。


IMG_7063

<あ! 山栗がたくさん!>


  山頂を歩き回っていたら、山栗がたくさん落ちているのを発見!

  みんなで秋の山の実りをいただいてきました。

  虚空蔵山を下って、「北堰」と呼ばれるかつての用水路沿いの道を歩きましたが、この道は地形図には示されていません。

  その場合、道の方向や周囲の地形に注意を払って現在地確認をする必要があります。

  地形図には描かれていない小さな橋の位置も、地形から推測できました!


IMG_7066

<「末広不動滝」に参拝>


  県道沿いの「末広不動滝」出ると、また現在地が確認しやすくなります。

  ご自宅がこの近くという参加者もあって、昔の様子などもお聞きすることができました。

  ここから経塚山の駐車場までは県道と林道歩き。

  駐車場に着いたのが午前11時半ぐらい。

  雨が降り出す前にと、ここで昼食としました。


IMG_7068

<経塚山の駐車場で>


  経塚山には遊歩道などが何本か整備されていて、あちこちに分岐もあります。

  それらを確認しながら、この日の最高到達点の山頂へ。

  ここから下る途中でぱらぱらと雨が降り始めました。

  山頂近くで姿の良いキノコを見つけました。

  キノコに詳しいKさんが自宅に持ち帰って調べたら「猛毒のフクロツルタケでした!」とお知らせがありました。

  見た目で決め付けてはいけないのは、人間もキノコも同じです。


2017年9月17日実践登山上山西山(菅野さん撮影)

<経塚山で自然観察(Kさん撮影)>


  最後のピーク秋葉山からは、北西方向に見える山が「石倉山!」とコンパスで確認し、上山温泉街へと下りました。

  二日続けて実践登山を実施し、合わせて21名のみなさんにご参加いただきました。

  その中には昨年の受講者もお二人入っています。

  来年もこの講座を開講するつもりでいます。

  お友達にぜひご紹介いただけたらと願っています。

  16日の南蔵王に参加くださったみなさんが、翌日の好天を祈ってくださったおかげもあって、まずまずのコンディションで山を歩くことができました。

  ありがとうございました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:03|PermalinkComments(0) 山旅の報告 | 葉っぱ塾行事レポート

2017年09月17日

☆★南蔵王へ「卒業登山」!〜コンパスと地形図に習熟する

IMG_7028

<朝のうちは見えていた大朝日岳>


  当初、17日に予定していた「安全登山入門編2017」の「卒業登山」は、天気予報を見て、直前に1日繰り上げて実施しました。

  14日の机上講座で「地形図とコンパス」をテーマにしましたが、その学びが冷めないうちに、実際に山で使ってみようということで計画したものです。

  気温10℃そこそこ。

  穏やかな秋空が広がる朝、遠く大朝日岳も見えていました。


IMG_7032

<紅葉し始めた南蔵王の稜線を歩くみなさん>


  お子さん連れの参加者もあって、参加者は13名。

  ガイド仲間のNさんにアシストをお願いして、南蔵王の屏風岳を目指しました。

  標高1600m〜1800mほどの南蔵王の稜線ではすでに紅葉が始まっています。

  また、オヤマリンドウがこれでもかこれでもかというほどに咲き乱れていました。

  紅葉は9月下旬には見ごろを迎えるのではないでしょうか。


IMG_7033

<コンパスと地形図、こうやって・・・>


  登山道を歩くとき、「今自分はここにいる!」と特定できる場所がいくつかあります。

  その場所を次々と確認しながら歩いてゆくことで、自分の位置を見失うことがないように歩く。

  そのために地形図とコンパスが必要です。


16

<あの山はなんと言う山?(Sさん撮影)>


  山に登って風景を眺めたときに、「あそこに見える山はなんと言う山だろう?」ということはしばしばあります。

  そんなときにもコンパスが威力を発揮します。

  「山座同定」というのですが、コンパスを使って、「どこから、何度の方向に見えたか」を測定しておけば、地図で確認することができます。


IMG_7048

<休憩中にも「課題」が出された!>


  休憩中にも「では次にこれをやってみましょう!」とNガイドが「課題」をだしてくださいました。

  しつこいぐらいにコンパスを使い、地形図をみることを繰り返す登山など、めったにないはずです。

  駐車場に戻り、みなさんから、この日の登山や5月からの講座の振り返りのコメントをお聞きしました。

  最初にカレンダーに講座の全日程に丸印をつけ、講座参加を最優先にお仕事をしてきましたと語ってくださった方がありました。

  遠く新庄市から欠かさずに参加してくださった二人組もいらっしゃいました。

  毎回講座が近づくとわくわくして待っていました、と語ってくださった方も。

  この日参加された中には6名の「皆勤賞」の方がいらっしゃいました。

  後日、写真と一緒に粗品をお送りしますとお約束し、解散となりました。

  これからも「葉っぱ塾」の活動にご参加くださること、心待ちにしています。

  ありがとうございました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 | 葉っぱ塾行事レポート

2017年09月16日

☆★長井葉山の総合ガイドブック『緑の断層崖』、最後の数冊か?!

IMG_7006

<わが家に残っている『緑の断層崖』>



   ☆4冊のご予約をいただきました!(残りは3冊。9月17日段階)



  先日、大正大学の学生たち向けにレジュメを作った際に引用、紹介した『緑の断層崖』。

  1995年に「葉山の自然を守る会」が作成した長井葉山のガイドブックです。

  単なる登山のガイドブックとは違います。

  葉山の歴史や地質、ブナの森のはたらき、葉山信仰のことなどが網羅されている総合ガイドブックです。

  今読んでも、その内容は斬新で、まったく古びてはいません。

  友人のUさんから残部を預かって、欲しい方に分けていたのですが、大正大学の先生も、帰る日に購入してくださいました。

  私の手元にはこれだけになってしまいました。

  手渡しの方は特別に500円で結構です(定価¥1000)。

  郵送の方は郵送料も含めて1000円にしますので、お声をかけてください。

  なくなり次第終了です。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(2) 本・CD・映画などのレビュー 

2017年09月15日

☆★マスターしたい地図とコンパスの活用〜「安全登山入門編2017」最終講座終わる

IMG_7026

<最終回の資料とコンパス>


  5月から毎月1回行ってきた「安全登山入門編2017」の机上講座は、14日が最終回でした。

  最終回のテーマは「地形図とコンパス」。

  山歩きには最重要のテーマでありながら、独学がなかなか難しいものだと私自身は感じています。

  たくさんの本がこのテーマで出されているのですが、多くの登山愛好者の方は、書店でどれを購入してよいのかもわからずに終わっているかもしれません。

  以前「葉っぱ塾」では、1泊2日でこのテーマに絞っての講習会を行ったこともありましたが、それだけマスターするのに時間をかける必要があるものです。

  そうではあっても、何とか2時間程度の時間で、少しでもスキルを身につけていただきたいと、毎年資料を少しずつ改善してみています。


IMG_7024

<進む方向はこっち!>


  山に出かけるときに、その山域の地形図を手に入れることが必要です。

  私は、まず自分の家が含まれる地形図を購入して、地形図に慣れることをお勧めしています。

  そこに「磁北線」を引いて、コンパスを使ってみることが習熟への近道だと思うのです。

  いつも人の後をついて歩くだけでは、このスキルは永遠に身につきません。

  16日は、南蔵王で実際に地形図とコンパスを使いながら歩いてみます。

  同じことを何度もフィールドで繰り返し、ようやく「あ! こういうことか!」とストンと落ちるときがくるはずです。

  私がこれまで最も役立った参考書は、『地図の読み方』(平塚晶人著 小学館)です。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:23|PermalinkComments(0) 山旅の報告 | 葉っぱ塾行事レポート

2017年09月14日

☆★大学生と「いも煮ランチ」!

IMG_6995

<「土偶広場」でくつろぐ学生たち>


  11日から長井に滞在中の大正大学生たちの3日目のお昼は、地元の食材を生かした「山形いも煮」を自分たちで作る体験でした。

  私もおよばれして行ってきました。

  会場は「縄文村」にある「体験交流センター」。

  「葉っぱ塾」では冬のスノーシュー・ハイキングのときにお借りする建物です。

  調理が一段落したときに、「縄文村」の中をちょっとだけ案内する時間がありました。

  「土偶広場」はやはり人気スポットでした!


IMG_6996

<地元の人たちの協力で作った「いも煮」>


  ぐるっとひとめぐりして交流センターに戻ると、ほぼいも煮は出来上がっていました。

  私は何か差し入れをと、近くの色摩さんの産直で求めた朝採りの枝豆をさっと茹でたものを一ザル持参しましたら、これが大人気!

  「枝豆はお湯を沸かしている間に畑に採りに行け」と昔の人は言ったそうです。

  つまり、畑から採ったらすぐに茹でなさいということですね。

  都会では決して味わえないものなんですね。


IMG_7001

<ブナの木陰でいも煮ランチ!>


  ブナの木陰にブルーシートを敷いて「いただきます!」。

  4つの鍋の微妙に違う「いも煮」を、お代わりしながら食べてくれました。

  いも煮の季節に長井を訪れたことが、味覚の記憶として刻まれることでしょう。


IMG_7003

<事故で出動のドクターヘリに遭遇!>


  昼食の途中、ヘリが頭上にやってきたかと思ったら広場に着陸。

  ドクターヘリとのことで緊張が走りました。

  ほどなく救急車でケガ人が運ばれてきました。

  地元の農家の方が車ごと道路から転落した事故があったとのことでした。

  命に別状がないことを祈りました。


IMG_7005

<地元の方に挨拶をする学生たち>


  楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

  後片付けを終えて、学生たちは次の研修会場へと移動してゆきました。

  14日は最終日。

  午前中、まとめの発表会があるそうですのでお邪魔してみます。

  初めての長井で、どんなことを感じたのでしょう。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など | 山形県・長井市内名所案内

2017年09月13日

☆★朝霧の中、イネの結実・成熟進む

IMG_6965

<11日、朝霧の中の「葉っぱ塾」のイネたち>


  9月に入り、好天の日が多くなっています。

  さすがに気温は30℃を超えたりしませんが、27、8度にはなっています。

  11日早朝、ジョギングを兼ねて「葉っぱ塾」の田んぼのイネたちに会いに行ってきました。

  盆地特有の秋の朝霧に包まれていました。

  朝昼の気温差が大きいこともおいしいお米につながるとも聞いていますので、期待が膨らみます。


IMG_6966

<頭もだいぶ垂れてきた!>


  イネたちは、穂が充実してきていて、やや頭を垂れ始めていました。

  立派な青年期の風情が漂っていました。

  遠藤さんに伺いましたら、まずは順調に育っているとのこと。

  稲刈りが10月8日と、これまでよりもやや遅めに設定されているのも、成熟にはよいでしょうということでした。

  「田んぼオーナー」のみなさん、3連休の中日という設定ですので、稲刈りへのご参加どうぞよろしくお願い申し上げます。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。



happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2017年09月12日

☆★歓迎! 大正大学のフィールドワーク始まる

IMG_6972

<公民館での顔合わせ>


  東京の大正大学から1年生の学生43名が長井市にやってきました。

  人間学部人間環境学科環境政策コースとのこと。

  この大学は以前から長井市をフィールドにして、学生たちが様々な観点から研修を積んでいますが、今年は私が、東京から着いたばかりの彼らに「長井市の水・土・自然」というテーマでお話しする機会をいただきました。

  1年生ですので、大学生になってまだ数か月しかたっていません。

  自分がこれからどんなテーマで学んでゆくのか模索中という学生も多かろうと思います。

  したがって私からは、長井市の地理、地学、歴史、産業などの概論ということでお話ししたのです。


IMG_6981

<長井市の位置から説明>


  この日の準備をするにあたって、私も「へえ! そうだったんだ。」という学びがありました。

  みなさんは、ご自分の町の「年平均気温」がどれぐらいかご存知ですか?

  毎時に測る気温を24回分平均したのが「日平均気温」、それを30日分平均して「月平均気温」。

  さらにそれを1月から12月まで集計し、平均したものが「年平均気温」です。

  ここ長井市は10.6℃(2016年)でした。

  東京が15.4℃、大阪17.7℃、札幌は9.3℃です。

  長井市の年間降水量は1854mm。

  このうち冬季間に降る分が606mmあって、ほぼ3分の1です。

  学生たちにスマホの電卓でこんなことを計算してもらいました。

  水田が貯水機能を持っているという話の中でのことです。

  「1平方キロメートルの水田に20cmの深さで入っている水ってどれぐらい?」

  1000m×1000m×0.2m=200,000(㎥)

  1㎥は1000ℓなので、これに1000をかけて、2億ℓ。

  1回のお風呂で使う水の量を200ℓとすれば、これを200で割って100万。

  お風呂100万回分の水!

  一日1回入るとして、100万÷365=2740。

  つまり、2740年間お風呂に入れる水量ということです。

  長井市にはこのおよそ30倍の水田があります。

  きょうはあいにくの雨ですが、最終日は晴れの予報です。

  充実した長井研修になるようにと願っています。




  
  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:05|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2017年09月11日

☆★『わくわくオーケストラ楽器物語』へ嬉しい感想届く!

IMG_6956

<サイン入り『わくわくオーケストラ楽器物語』>


  先週末上京した際に、弟のやぎりんと東京駅で待ち合わせをし、彼の新著『わくわくオーケストラ楽器物語』を受け取りました。

  制作費協力者に送られていたものはすでに在庫がなくなっていたのです。

  せっかく本人と会ったのだからと、駅構内の喫茶店に入り、一冊一冊にサインを入れてもらいました。

  今日の段階で7冊「葉っぱ塾」にありますので、ご依頼があればお届けすることができます。

  この本が初めてわが家に届いてまもなく、その中の一冊を、「森の休日」に参加してくれた子どもたちの中で、中学でブラスバンドに入ったと聞いていた女の子に送りました。

  数日してから、鉛筆書きの丁寧な感想が届きました。


    * * * * * * * * * * * *


   ヤギおじさんへ

  八木さんお元気ですか? 私は元気です。

  お手紙と音楽絵本ありがとうございます。

  自分の楽器や他の楽器についてたくさん知ることができて、とても勉強になり、ますます音楽に興味を持つことができました。

  私は9月21日に県下小中音楽祭をひかえています。

  演奏する曲が「NOVENA」という曲で、はじめに、ピッコロ、サックス、クラリネットのソロがあります。

  ピッコロを始めて1週間ぐらいで、音がカサカサなので、今必死に練習中です。

  やぎりんさんも中学時代にフルートとピッコロをやっていたのですね! びっくりしました。

  「森の休日」でのやぎりんさんたちのコンサートは今でもよくおぼえています。

  私は将来、音楽関係につくかはわかりませんが、今できることを一生懸命がんばろうと思っています。

  10月14日に「広い河の岸辺コンサート」があるんですね! 部活が休みだったら母と一緒に見に行こうと思っています。

  それから、またいつか「森の休日」に参加したいなと思います。

  その時は、スタッフとしてお手伝いできたらなとも思っています。

  これからどんどん寒くなると思いますが、お体に気をつけてくださいね。



  嬉しいお便りでした!

  やぎりんに早速伝えたら、彼も喜んで、自分のブログにアップしてくれていました。

  この絵本は、10月14日の「木星音楽団長井公演」でも販売されます。


☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)

  

 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) やぎりん、木星音楽団関連 | 週末保養「森の休日」

2017年09月10日

☆★新しいつながり始まった日

IMG_6951

<東京駅>


  9日、東京に行ってきました。

  この6月に次男が入籍したのですが、相手のご両親とはまだ顔合わせが済んでいませんでした。

  当初5月4日に設定してもらっていた顔合わせは、父の入院そしてその後の葬儀などもあって、延び延びになっていたのです。

  東京は山形よりは気温がやや高かったものの、それほど暑過ぎず、心地よい風が吹いていました。

  次男たちが予約してくれたお店は東京駅丸の内口のまん前にある「丸ビル」の中のお店。

  駅前で待ち合わせ、通りかかる人々の言葉を耳にすると、いろいろな国の言葉が聞こえてきました。


IMG_6952

<立派な前菜>


  緊張してお店に入ると、すでに先方のご両親はお着きになっていました。

  しかし、ほぼ同年代のご夫妻ということで会話もはずみ、前菜から始まって、和食料理のフルコースをいただいていましたら、あっという間に3時間が経過していました。

  披露宴の相談はこれからという若い二人に見送られて、私はネコたちが待つ山形へ。

  妻は娘のところに泊まって久々の一泊の旅。

  新しくつながった皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  暗くなって帰宅したわが家では、ネコたちが「いったいどこに行っていたんだ?!」とばかりにニャーニャーと擦り寄ってきました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:54|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2017年09月09日

☆★「森の休日」支える「無償の愛」

IMG_6813

<毎回提供されるジュース>


  2012年5月から取り組んできた「森の休日」。

  福島の子どもたちとその家族のための週末保養ですが、多くの皆さんからの募金や協力によって成り立っています。

  7月末の段階で第14次の中間まとめをしましたが、募金や物資提供でご協力いただいた方々は、264名の個人と、41の団体にのぼっています。

  写真のリンゴジュースとラフランスジュースは、千葉のOさんが「Asahi自然観」を介して毎回福島のご家族のお土産にと提供してくださっているものです。

  「森の休日」に取り組み始めて2年目ぐらいからの提供だったと記憶していますから、もう50回ほど続いていることになります。

  千葉のOさんは、山形県大江町のご出身で、千葉県内で会社を経営されているそうです。

  たまたま仕事で山形においでになられて「Asahi自然観」の支配人さんと会合で一緒になった際に私たちの取り組みを耳にし、ジュースの提供を申し出られたそうです。

  私はSさんのリンゴ園にお招きを受けたときに、一度だけお会いしたことがあります。

  もちろんこのことへの御礼を申し上げたわけですが、すずしい表情で聞いておられたことが印象に残っています。

  中間報告のたびごとに吉永小百合さんと並んでまっさきに宛名を書いて投函しています。

  遠くから見守ってくださるだけで、お電話やお手紙をいただいたりはしないのですが、「そちらが続けるうちはこちらも続ける!」という強いお気持ちがどこからともなく伝わってきます。

  先ごろ、某テレビ曲の夏の恒例特番があって、チャリティ番組に出演しているタレントたちに高額のギャラが支払われているという情報がツイッターで流れていました。

  それを思うと、「葉っぱ塾」の「森の休日」の取り組みは、多くのみなさんの「無償の愛」で成り立っていると言っても過言ではありません。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 

2017年09月08日

☆★小野仮設住宅いよいよ閉所〜30日感謝祭!

小野仮設住宅閉所チラシ

<小野仮設住宅閉所イベントのチラシ>


  7日午後、東松島のKさんから連絡が入りました。

  「小野仮設住宅」のお別れのイベントがこの30日に行われるとのことでした。

  この春桜を届けたときに尋ねた際、「秋ぐらいまでかな」と代表の武田さんがおっしゃっていました。

  高台などに新しい家が建てられ、それぞれそこで新しい生活が始まっていました。

  仮設住宅のいくつかが取り壊された跡に、復興住宅が建ち並んでいました。

  「仮設」住宅がいつまでも続くはずはないことはわかってはいたことですが、喜びとともに、少しの寂しさを感じています。


IMG_6389

<わが家に待機中の「おのくん」>


  そこに伺えば、いつも誰かが「お帰り!」などと声をかけてくださっていた場所。

  「おのくん」を介して、多くの人々がこの地で起こった大災害に心を寄せてきました。

  このチラシにある30日には私は伺うことができないので、その前に一度行ってみようと考えています。

  Kさん、お知らせありがとうございました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:18|PermalinkComments(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

2017年09月07日

☆★隠蔽された事実を抉じ開ける〜青山透子さんの新著を読んで

IMG_6652

<青山さんの新著のカバー>


  「あの事件をうまく隠ぺいした人は異例の昇進をし、それを追及した人は辞職を強要されたそうです。正直な人が辞めさせられて、ずるい人が残るとすると、本当にひどいですね。」


  冒頭のこの一文は、青山透子さんという方のブログにあったものです。

  この方は、元日本航空の客室乗務員だった方で、1985年8月12日に起こった123便の墜落「事故」で、ご自身の先輩にあたる女性乗務員の方々が犠牲になられています。

  「圧力隔壁の破損が事故の原因である」という「事故調査委員会」の結論に納得できず、ご自分の半生を賭けるようにして、真実を求めて調査・執筆活動をしておられ、先ごろ『日航123便 墜落の新事実〜目撃証言から真相に迫る』(河出書房新社)を出版されました。

  注文していたこの本が届くと、一気に読み終えたのですが、ここには、「事故調査委員会」の報告書には取り上げられなかった数多くの証言がていねいに盛り込まれ、それらの「断片」をつなぎ合わせてゆくと、あの墜落は「事故」ではなく、大きな「事件」であった可能性があることが冷静な筆致で示されています。

  この新著は、「事件」を「事故」に見せかけるために、様々な立場の人たちが隠蔽工作に手を染めた可能性についても言及するものとなっています。

  私たちが信じきっていた「事実」が、実は見せかけであったということであれば、これはある意味で恐ろしいことです。

  組織の中で、一人の人間として私たちがどのように振る舞うか、振る舞うべきなのかという問題提起が随所に散りばめられていました。

  この著書については、評論家の森永卓郎さんがラジオの番組で語っているYou Tube映像が公開されていますので、参照ください。


  ※この記事は私の「自分通信」である「LEAF」第186号という印刷物に8月下旬に書いたものの一部を抜粋したものです。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:58|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー 

2017年09月06日

☆★若いネイチャーゲーム・リーダー誕生!〜大学での養成講座をお手伝い

IMG_6857

<開講式の風景>


  私が非常勤講師を務めているT大学で、4日、5日と2日間かけて「ネイチャーゲーム・リーダー養成講座」が行われました。

  受講者の大部分が私の授業を受けてくれた学生ということもありましたので、二日間、講座のお手伝いをさせていただきました。

  受講者が17名ということでしたので、ときにはペアや3人組の一人として、学生たちと一緒に参加しました。


IMG_6880

<青空の下での屋外実習>


  この大学は今年度から「日本シェアリングネイチャー協会」課程認定校になりました。

  今回の講座が授業の一環として行われ、講座を修了すれば、単位の取得にもなるということです。

  教員養成系の学科の学生たちですから、今回の講座の受講が将来の仕事の中での強力なツールになってゆくはずです。


IMG_6886

<たくさんのネイチャーゲーム・アクティビティを体験>


  私がこの講座を受講したのは、「葉っぱ塾」の活動を始めた2000年でした。

  このころは講座は2泊3日の日程で行われており、「少年自然の家」に宿泊しての講座でした。

  今はそれが2日間の日中の中にぎっしりと詰め込まれた感じですので、朝は8時40分から、夕方の5時40分まで、かなりハードな日程でした。


IMG_6908

<講師を囲む真剣なまなざし>


  そんな二日間、若い彼らと一緒に過ごし、大いに刺激を受けてきました。

  大学側の担当者のS先生は、ご自身でもこの講座や「スクールインタープリター養成講座」も受講されていて、そのことが学生たちの意識の高まりにつながっているということも感じました。

  S先生も二日間、学生たちに付き添ってくださいました。


IMG_6924

<3人で取り組んだ「フォールド・ポエム>


  2日目の最後のほうで「フォールド・ポエム」という3人組の活動に加わりました。

  講座を振り返りながら、そこで感じたことを3人が一行ずつ分担します。

  直前の一行しか見ないで書くので、最後にならないと全体が見えないのです。

  それでも思いがつながって、ひとつのまとまりが出てくるこの活動は、「ふりかえり」の要素があって、なかなか楽しい活動です。


IMG_6932

<感性が発揮された「森の美術館」>


  白い額縁を思い思いの場所に置いて「作品」を展示する「森の美術館」も、感性が発揮される楽しい活動です。

  この作品には「小さい秋みつけた」というタイトルがつけられました。


IMG_6945

<検定試験は全員クリア!>


  最後に行われた検定試験は全員が合格!

  きっと前夜は遅くまで準備していたのに違いありません。

  今回の講座を受講しただけでは、なかなか実践ができるというところまではいきません。

  さまざまな場に積極的に出向いて実践し、力量を高めていってほしいものです。

  「葉っぱ塾」が取り組む「森の休日」の活動にボランティア参加してくれている学生も何人かいましたので、そこでやってもらってもいいかな?





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:44|PermalinkComments(0) シェアリングネイチャー 

2017年09月05日

☆★若者の新たなスタートに立ち会う〜「サンタムール」開店!

IMG_6855

<真新しい看板>


  先週末、「サンタムール」という新しいレストランの開店祝いの宴に招かれていて、「森の休日」から帰るとすぐに出かけました。

  わが家から歩いて5分ぐらいの至近距離にあって、ここは以前は小料理屋さんだったところです。

  3年前にこの長井市に「地域起こし協力隊」の一人としてやったきた佐藤大(まさる)さんが、ここで開業することになったのです。


IMG_6846

<挨拶する佐藤大さん>


  この制度が始まって、何人もの若者たちがやってきたのはちらちらと情報を得ていましたが、長井市に定住することになったのは、彼が初めてだそうです。

  彼は最初は伊佐沢地区に家を借りていて、時々食のイベントを企画して腕をふるっていましたが、シェフとしての腕前を磨き、ワイン提供のノウハウも身につけて、協力隊員の「年季明け」に合わせての開業となったのです。

  この一月にめでたく入籍されたという奥様もこの日はかいがいしく振舞っておられ、なかなか晴れがましい宴でした。


IMG_6848

<初めて見たシャンパンタワー>


  たくさんのグラスを重ねてシャンパンを上から注ぐ「シャンパンタワー」の妙技を見せてくださった佐藤さんは、この日終始にこやかでした。

  この日の案内をわが家に持参された10日ほど前、玄関先でこれからの抱負を語る彼の話の中には、この「葉っぱ塾」が思い描いていたことなどもちりばめられていて、将来が楽しみだと感じていました。

  もう人生の先行きがそう長くはない私と違って、数十年というスケールで物事を考えられる若者だからこそのやり方で、新しい自分の人生を切り開いていってほしいと願っています。




  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:32|PermalinkComments(0) 山形県・長井市内名所案内 | 日常生活の一コマ

2017年09月04日

☆★秋編スタート「森の休日2017」〜さわやかな好天に恵まれて

IMG_6788

<「Asahi自然観」敷地内のススキ>


  夏休みの間はお休みしていた「森の休日2017」は、9月2日〜3日、今年第6回目(通算61回目)を行いました。

  今回は福島からの参加者が3家族7名と少なかったのですが、山形市内に避難しているYさんご家族がスタッフを兼ねて4人で参加してくださって、子どもたちの数も5人(3日は6人)と賑やかになりました。

  会場の「Asahi自然観」では、日当たりのよい道路わきなどのススキの穂が出始めていて、秋の訪れを感じさせました。


IMG_6774

<好天の下、川遊び!>


  週間予報ではあまり良くない予報だったこの週末でしたが、台風が太平洋上の東寄りのコースをたどったためか、思いがけない好天に恵まれました。

  この日の最高気温は会場に近い大江町左沢(あてらざわ)で22℃ほどでしたから、「Asahi自然観」では20℃あったかどうかだったと思います。

  こんな気温では川遊びは無理かと思っていましたが、福島のお母さんたちからは「福島の川は除染されていないので、川遊びはさせられない」という声が上がりましたし、何より子どもたちが「川へ行く!」というものですから、朝日川の河川敷で遊ぶことになりました。

  「水にちょっと足を入れるだけ」などと言っていましたが、始まってしまえばそんな言葉は吹き飛びました。


IMG_6801

<夜は焚き火で遊ぶ>


  さすがにあの気温では2時間も遊ぶことはできませんでした。

  早めにみんなでお風呂に入り、冷えた体を温めました。

  山形いも煮での夕食では、体が芯から温まったのではないでしょうか?

  焚き火を準備していたので、ナイトハイクからそのままキャンプサイトへ。

  火のぬくもりが心地よいほどの冷たい空気に包まれた夜でした。

  夜は素晴しい星空となり、みんなで空を見上げながら、いくつもの人工衛星が通過してゆくのを見ました。


IMG_6812

<3日の日の出の風景>


  3日朝は、素晴しい日の出から始まりました。

  朝の気温は10℃ぐらいまで下がったでしょう。

  草はしっとりと朝露に濡れていました。

  子どもたちは少し眠そうな目をしながらも元気に起きて朝食を食べました。

  初めての参加で一日目は人見知りしていた子も、すっかりスタッフになじみました。


IMG_6825

<「朝日連峰ビュースポット」から大展望!>


  上天気のときに行くことにしている「朝日連峰ビュースポット」に朝食後一番に出かけてみました。

  山登りするしないに関わらず、ここからの大きな風景を見てほしいと思うからです。

  主峰の大朝日岳を中心とした大展望をしばし楽しみました。


IMG_6835

<山登りを終えて休憩中>


  前日は川遊びだったので、2日目は山へ!

  お母さんたちはその間、アロマトリートメントの提供を受け、のんびりまったりしていただきました。

  今回はボランティア・スタッフとして学生たちが多く参加してくれました。

  比較的子どもたちが少なかったので、学生たちが大いに雰囲気を盛り上げてくれました。

  社会人の中にも新聞を見て申し込んでくださった方があり、スタッフの底辺の拡大はほんとうにありがたいことでした。

  9月の始めのこの回は、毎年参加申し込みがあまり多くないのはきっと「夏休み疲れ」ということもあるのでしょう。

  しかし、川遊びするにはこの時期がラストチャンスということもあって、この時期に開催してきたねらいは、何とか達成できました。

  福島のみなさんのためにと多くの方々からさまざまなご支援をいただきながら、「森の休日2017」は11月上旬まであと4回の開催です。

  なお、この取り組みは、「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して展開しています。

  来年以降も継続開催できるよう、多くのみなさんからのご支援をお願いいたします。


    【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。



  また、ボランティア・スタッフも随時募集しています。

  下記にご連絡ください。

    【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。



happajuku at 05:01|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 

2017年09月03日

☆★木星音楽団長井公演チケット発売中!〜『広い河の岸辺』コンサートへぜひ!

木星長井公演2017チラシ最終

<木星音楽団長井公演チラシ>



      「木星音楽団♪」+竹田恵子 地球音楽会

広い河の岸辺コンサート 長井公演のご案内



  みなさま、お元気でお過ごしですか?

  私たち市民有志は、「木星音楽団」のコンサートをこの秋、長井市民文化会館で開催したいとサポーターを募り、各方面にご協力を求めて準備を進めて参りましたが、このたび皆様にご案内する運びとなりました。

  「木星音楽団」のメンバーの一人、八木倫明(演奏家名:やぎ りんめい、通称やぎりん)は、長井市の出身で、ケーナ奏者として幅広い演奏活動を全国各地で行っています。

  「木星音楽団」は、ケーナに加えて箏、尺八、アルパ(南米のハープ)による独創的な音楽ユニットで、今回はこれに白鷹町ご出身の竹田恵子さんが、ゲストとして歌でご参加くださいます。
  
  私たちサポーター一同は、この地に生まれ、全国で活躍する演奏家を故郷に招き、多くの皆さまにその演奏をお聴きいただけたらと願っています。

  今回のコンサートは、長井市および市教育委員会の格別のご高配により、小中高生は無料でご入場いただけることとなりました(ただし入場整理券が必要です)。

  多くの若いみなさんにもユニークなこのグループの演奏を楽しんでいただけたらと願っています。

  チケットはチラシにあります各プレイガイド等でお求めいただけるほか、下記事務局からチケットを郵送する方法もございます。

  この場合は、チケットと一緒にお送りする郵便振替用紙でお支払いいただくことになります。

  また、小中高生の入場整理券は、各プレイガイドから受け取っていただくか、大人用のチケットの申し込みの際に必要枚数をお知らせいただければ、お送りいたします。


やぎりんと壁



  母なる広い河、最上川の岸辺の会場で、やぎりん作詞の『広い河の岸辺』をみなさんとともに大合唱できることを楽しみにしております。

  会場で皆様にお目にかかれること、サポーター一同心よりお待ち申し上げます。

               
    「木星音楽団」長井公演実行委員会 実行委員長 工藤美知尋
                           サポーター一同

    ★実行委員会事務局(チケットなどのお問い合わせ)
      葉っぱ塾  八木文明 
     Tel. 090-5230-8819  Fax.0238-84-1537
      メール happa-fy★dewa.or.jp
      (送信の場合は★を@に変えてください。)



 


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! | やぎりん、木星音楽団関連

2017年09月02日

☆★きょうから再開「森の休日2017」!〜秋も出会いいっぱい!

IMG_5470

<「古寺の大カツラ」で>


  福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日2017」の今年後半の5回がきょうからスタートします。

  大震災と原発事故からすでに6年以上が経過し、少しずつ人々の記憶からこのことが消えつつあることを感じないわけにはいきません。

  それでも、「森の休日」に参加くださる福島のみなさんや、自分のことをさておいてもボランティア参加くださるスタッフの皆さんとお会いしますと、いろいろな意味で原発事故は現在進行中なのだということを感じます。

  先日、栃木県内で販売されていたキノコから、基準値を上回る放射能が検出されたという報道がありました。

  キノコの原産地は山形県の小国町だったそうです。

  キノコが放射性物質を集めやすい生き物であることを割り引いて考えても、事故が確実に影響を及ぼし続けていることを無視することはできません。

  「葉っぱ塾」が主催する週末保養「森の休日」は、厳密な意味での放射能対策ということにおいては、それほど効果があると思ってはいません。

  たかだか24時間の山形滞在の限界ということは当然あるでしょう。

  しかし、子どもたちが思う存分遊べることと、それを見守る親御さんたちの心のありようを考えてみると、それなりの「効果」はあるものだという確信が私にはあります。

  今回は、山形市に避難しておられるご家族が、スタッフを兼ねて参加くださいます。

  福島からおいでになる方々の中にも、避難の経験がある方たちが多くおられます。

  そういう状況を踏まえての交流や情報交換も、無意味ではないはずです。

  この秋は5回の「森の休日」に、あわせて22家族が参加予定です。

  なお、この取り組みは、「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して展開しています。

  来年以降も継続開催できるよう、多くのみなさんからのご支援をお願いいたします。


    【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。



  また、ボランティア・スタッフも随時募集しています。

  下記にご連絡ください。

    【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 

2017年09月01日

☆★紅葉のペルシャ絨毯を見に行こう!〜秋の大朝日岳参加者募集開始!

IMG_8148

<紅葉する大朝日岳(昨年)>



     紅葉のペルシャ絨毯を見に行こう!

          葉っぱ塾  紅葉の大朝日へ2017


             ※終了しました。


 
  朝日連峰の稜線の紅葉が見ごろになる時期を狙って、憧れの大朝日岳に挑戦してみませんか。

  夏山の花々も見事ですが、ペルシャ絨毯を敷き詰めたような紅葉も、ほんとうに素晴らしいものです。

  大朝日への最短コースを登りに1日、下りに1日かけて、ゆっくり歩きます。山頂で見る夕日や日の出、そして星空は最高です! 

【期  日】 9月30日(土)〜10月1日(日)
※ 悪天候の場合の中止や延期については参加者と相談します。
※ 「葉っぱ塾」への前泊についてはご相談ください。

【募集人員】 最低3名で催行(定員6名)
       ※最終9月24日締め切り
       ※ 定員に達し次第締め切ります。申し込みの場合は、保険の関係で、生年月日をお知らせください。山岳保険に既に加入の方はその旨お知らせください。

【ガイド料】  ¥14000
     (ただし山小屋使用料¥1500は含みません。)
       ※4名以上参加の場合は、¥12000
        ※1日目夕食、2日目朝食付き!


IMG_7278

<山頂でご来光を待つ登山者>


【日  程】 1日目
            6:30  長井発
            8:00  古寺鉱泉着(現地集合可)
            8:15  古寺鉱泉発
           15:30  大朝日岳山頂着(大朝日小屋泊)

       2日目
           6:30  大朝日小屋発
              ※余裕があれば鳥原山経由
           13:30  古寺鉱泉着(入浴可)
           13:30  現地解散
           15:00  長井着

☆ エスケープルート:古寺鉱泉→小朝日→鳥原小屋(泊)→古寺鉱泉

【持ち物】 食料(2食+行動食)、雨具(ゴアテックス素材のもの)、寝袋(3シーズン用のものがベター)、着替え、水(最低1ℓ)、食器、ヘッドランプ(懐中電灯)、持薬、その他必要と思われるもの (持っている場合コンロ)

【ガイド装備】 救急薬品、ロープ、カラビナ、ツエルト(簡易テント)、カメラ、無線機、コンロ、ガス、

☆ 古寺鉱泉の「朝陽館」に前泊希望の方はお早めに直接申し込んでください。
       「朝陽館」電話 090−4638−7260

【連絡先】 葉っぱ塾 八木文明(日本山岳ガイド協会認定ガイド)
       TEL 090-5230-8819   FAX 0238-84-1537
       メール happa-fy★dewa.or.jp
       (送信の場合は★を@に変えてください。)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画!