2018年12月

2018年12月31日

☆★古いスタィンウエイのピアノ〜コンサートへの歩み始まる

IMG_9144
<会食前のテーブル>


  コンサートに出演する人はその道のプロ、「演奏家」と言われる芸術家たちです。

  しかし、コンサートを開くにはそのための準備を一つひとつ重ねてゆく必要があります。

  12月25日の夜、長井市内のレストランで、小さな集まりが開かれました。

  私が卒業した長井高校に今は保管され使われているスタィンウエイの古いピアノを使っての、3年に一度のコンサートが来年開かれることになっています。

  その出演者として打診していた方とそのご両親を交えての最初の打ち合わせを、この日行ったのでした。

  コンサートへの実質的な第一歩でした。


IMG_4078
<ピアノ内部に刻印された製造番号>


  このピアノは、その製造番号をスタィンウエイ社に問い合わせた結果、ドイツのハンブルグで1923年に製造され、横浜に向けて出荷されたものの一台だということがわかっています。

  1925年、当時の長井高等女学校に納められ、記念のコンサートが開かれたことが古い新聞記事に残っていました。

  造られてから95年の古いこのピアノは、廃棄寸前のところをスタィンウエイ社のご好意によってドイツでオーバーホールされ、生まれ変わって長井に戻ってきたのです。

  現在置かれている長井高校の生徒たち全員が、在校中に一度は聞けるようにと、2004年から3年に1回のコンサートを、同窓会が主催して行ってきました。

  来年はその6回目となります。

  秋のコンサートになりそうです。
  
  詳しいことが決まりましたらお知らせいたします。



   ※これまでのスタィンウエイ・コンサート





  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 長井高校スタィンウエイ・ピアノ 

2018年12月30日

☆★年末年始にこの1冊〜相澤冬樹著『安倍官邸 vs NHK』

IMG_9131
<相澤さんの著書カバー>


  元NHKの記者をされていた相澤冬樹さんの『安倍官邸 vs NHK』を読みました。
  
  相澤さんは、2016年、森友問題が明るみに出て以来、ずっとこの問題を追いかけていたのですが、重要なニュースをNHKが放送しなかったこと、さらには、人事異動によって記者をはずされることになるのを契機にNHKを退職し、現在は大阪日日新聞社の論説委員として、森友問題の追及を続けておられます。

  昔、不本意な異動を経験したことのある私には、そのことだけでも読みたい気持ちがあふれていました。

  相澤さんのことは様々なメディアでも報道されていましたから、ご存知の方もおられることと思います。

  この著書では、記者がどのようにして取材を重ね、問題の本質に迫ろうとしているのかが、とても生々しく描かれています。

  世間の目は、ユニークな教育方針のもとに幼稚園を経営していた籠池さんに行き勝ちですが、それにも増して重要なことは、相澤さんが指摘する「森友問題」の本質です。

  相澤さんは次の2点が重要であると書いておられます。

   々颪国有地を安値で叩き売ったこと、しかも分割払い    で。

   大阪府が、経営基盤の定かでない小学校を無理に認可    しようとしたこと。

  この本質は、国会ではまだまだ明らかになっていません。

  この問題に関わっていた財務官僚の一人が自死されたことはみなさんの記憶にもおありのことでしょう。

  なぜに首相はこの問題が国会で追及され始めてまもなく、「自分が関わっていたなら国会議員も辞める」とまで答弁したのか。

  その不自然なまでの明快な答弁の真意は何だったのか。

  これからの更なる真相究明が待たれます。

  ぜひみなさんにもお読みいただけたらと願っています。





  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー 

2018年12月29日

☆★「縄文村スノーシュー・ハイキング」参加者募集中

IMG_9485
<真っ白な雪の「古代の丘」へ>



        冬の里山、ふかふかの雪!
  葉っぱ塾 縄文村スノーシュー・ハイキング2019


  スノーシューは、北米で発達した「雪面を歩く」用具です。

  日本の「かんじき」にあたるものといえばわかりやすいかもしれません。

  初めての方でも特別な技術は必要なく、楽しく雪の上の散歩を楽しむことができます。

  冬の縄文村は厚い雪に覆われひっそりしていますが、そこは野生の動物たちの遊び場でもあります。

  足跡をたどって動物たちに出会えたらいいですね。

  また、冬の植物はどんなふうに寒さに耐えているのか、じっくり観察してみましょう。



【開催期日】
1回目  1月20日(日)  ※1月17日締め切り
2回目   1月27日(日)  ※1月24日締め切り
3回目  2月 3日(日)   ※1月31日締め切り
(各回 大人8名まで 子ども8名まで)
       ※最少催行人数 3名

【参加費用】大人¥2500 子ども(5歳以上)¥1500
  (スノーシューレンタル料含む)
※大人1人と子ども2人一緒に申し込みの場合は¥4500

【集  合】午前10時 長井市「縄文村・古代の丘資料館」前
993-0063 長井市草岡2768−1 電話 0238-88-9978
※必要な方には地図をお送りいたしますのでご連絡ください。

【日  程】
   10:00  古代の丘資料館前集合
    11:30ごろ 昼食(縄文村内の「体験交流センター」)
   14:00ごろ 古代の丘資料館前解散

【持ち物】帽子(耳の出ないもの)、手袋(2つ以上)、しっかりした防寒具(スキーウェア可)、昼食、おやつ(非常食兼ねる)、スパッツ(靴に雪が入らないように)、ストック(スキーのときのものでよい)、水筒
※下着はできれば化繊やウールのものを。木綿のものの場合は必ず着替えを持参してください。

【連絡先 葉っぱ塾・八木文明  
   日本山岳ガイド協会認定ガイド
   日本自然保護協会自然観察指導員
    TEL 090-5230−8819
    メール happa-fy★dewa.or.jp
   (送信の場合は★を@に変えてください。)




  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:47|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2018年12月28日

☆★高校の「ダイバーシティ講座」で出前講座

IMG_9148
<校門脇の看板>


  12月26日、米沢興譲館高校にお伺いしてきました。

  この地域の中では一、二を争う進学校です。

  一年生の生徒を対象に、様々な分野で活動している社会人が、その取り組みについてお話しをする「ダイバーシティー講座」という企画でした。



    (※ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。)


  高校で学ぶのは大学に入るための試験に必要な知識を身につけることが大部分になってしまっていることは、それはそれでしかたのないことです。

  しかし人生はその先に延々と続くわけです。

  何のために学ぶのか、自分は何をしたいのか。

  様々な社会人の話を聞く機会は、そんな問いに自分自身がどう答えを出してゆくのかの手がかりとしては確かに大切なことです。

  そんな企画に「葉っぱ塾主宰者」として招いていただいたのは嬉しいことでした。


IMG_9156
<「遊んでいられる平和が大事」>


  およそ1時間ずつ、2回のプレゼンテーションを、合わせて35人の生徒たちが聞きにきてくれました。

  10の分科会がある中で、どんな理由で私の分科会に参加してくれたのかの情報がなかったのは残念でしたが、生徒たちは実に真剣な表情で聞いてくれました。

  「葉っぱ塾」の日常の取り組みや、東日本大震災以降のボランティアのこと、福島の子どもたちのための週末保養「森の休日」のことなどを写真を見てもらいながら説明をしたのですが、最も伝えたかったのは、「葉っぱ塾」の裏側のメッセージでした。

  “おとなも子どもも森で遊べ” が表側のメッセージであるのに対して、文字で書いてはいませんが、「遊んでいられる平和が大事」というのが、「葉っぱ塾」の開始当初から大切にしている裏側のメッセージです。


IMG_9175
<生徒の代表からのお礼の挨拶>


  高校1年生の若者たちには、これから船出してゆく厳しい世界情勢の中で、自分と世界とがどのように関わりあっているのかを常に意識しながら学んでいってほしいと願っています。

  いつか私の話が「ああ、こういうことなのか」とストンと落ちる日が来たら嬉しいことです。

  いますぐ何か行動に移してほしいなどとは、さらさら思ってはいません。

  最後に代表の生徒さんがお礼の言葉を述べてくれました。

  お招きありがとうございました。




  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2018年12月27日

☆★「図説17都県放射能測定マップ+読み解き集」発行される!

「図説17都県 放射能測定マップ+読み解き集」表紙
<「放射能測定マップ+読み解き集」表紙>


  福島原発由来の放射能をめぐる様々な問題に献身的な貢献をしている団体「みんなのデータサイト」から、「図説17都県放射能測定マップ+読み解き集」が発行されました。

  「葉っぱ塾」では、2012年以来福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」を実施してきましたので、こうした資料が出るのを待ち望んでいました。

  みなさまからご協力いただいている「ボランティア支援募金」を使って2部購入し、1部は「森の休日」で活用し、もう1部は山形市に避難しているお母さんたちのグループの代表者の方にお送りしました。


IMG_9110
<山形県の汚染状況>


  まだ全部のページに目を通してはいませんが、かゆいところに手が届くような解説が印象的です。

  震災のあった3月11日以降、福島の原発から放出された放射能にはいくつかの放出のピークがあったわけですが、この地図には、それが何日のものであったのかがはっきり示されています。

  山形県は無傷と思っている方がおられたら、それは違います。

  汚染はやはり山形にもあるのです。

  放射能の全てが奥羽山脈で遮られたわけではないのです。


IMG_9111
<福島県の汚染状況>


  福島県内の汚染はご覧のような状況です。

  これが、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京にまで広がっている様子もはっきりと示されています。

  この資料集は当初、注文した人への発送ということでしたが、あまりの売れ行きに増刷を重ね、ついに、一般の書店でも取り扱うことになったそうです。

  関心のある方は書店にお問合せください。




  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 | 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連

2018年12月26日

☆★朝焼けに染まったクリスマスの朝の山々〜素敵なサンタ・ミッションの記事に出会う

IMG_9132
<25日、朝焼けに染まる飯豊連峰>


  25日クリスマスの朝、サンタさんの足跡など残っていないか探しがてら、ジョギングに出ました。

  思ったほどには雪は降っておらず、ほんとうにうっすらとした新雪でした。

  帰り道で夜明けとなりました。

  長井市内を流れる最上川にかかる「さくら大橋」を渡る頃に朝焼けとなりました。

  雪雲がかかっていれば見えないはずの飯豊連峰が見えていました。

  山頂部だけは雲に隠れていましたけれど。


IMG_9135
<山頂部が染まった葉山>


  葉山は、中腹に雲がかかって、山頂部が雲の上に浮かんだように見えていました。

  こんな素晴しい風景が私にとってのクリスマス・プレゼントだったかもしれません。

  クリスマスの日にふさわしいネットの記事を見つけましたので、ぜひご一読ください。

  日付を見ると昨年の12月24日のアップのようですが、子どもたちにサンタクロースのことをどんなふうに伝えてゆけばよいのか、十分に練られたストーリーは感動ものです。

   ※サンタ・ミッション

  大人になっても夢やファンタジーの心を忘れることなく子どもたちと接してゆきたいものです。

  みなさんのところにサンタさんは来たのでしょうか?




  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2018年12月25日

☆★「名月荘」で聴く加登萌々子、近藤阿由良クリスマスコンサート

IMG_9121
<コンサート開演前>


  24日は上山市の「名月荘」で、ヴァイオリニスト・加登萌々子さんとピアニストの近藤阿由良さんの待ちに待ったコンサートでした。

  加登さんと初めてお会いしたのが2年半ほど前ですから、まだそんなに時間は経過していないのですが、長井に何度もおいでくださったり、わが家のはなれを宿舎に利用してくださったりと、濃い時間だったせいか、古くからのお友だちみたいな気がしています。

  名月荘では2年前のこの時期に、弟たちがお招きを受けてコンサートをさせていただいています。

   ※2016年12月のコンサート

  様々なご縁が巡り巡って、この日お二人のコンサートになったのです。


IMG_9129
<“Emotions” 4部作>


  クリスマスの曲を5曲挟んで、私たち素人にはなじみの薄い曲にはわかりやすい解説もしてくださって、最後はヴァイオリンの名曲にして超難度のツィゴイネルワイゼンで締めるというワクワクするような構成でした。

  一緒に聴いてくださった「葉っぱ塾」のお客様Sさんは、「一番前でヴァイオリンの演奏を聴けて感激!」と喜んでくださいました。

  生の演奏は体にびしびしと振動が伝わってきますからね。

  帰り際、お二人がこの3月にリリースしたCD集「喜怒哀楽」を購入してきました。


IMG_9119
<クリスマスバージョンのランチメニュー>


  コンサートに先立って、名月荘の広間でランチをいただきました。

  お腹がびっくりするような上品なお料理が次々と運ばれてきました。


IMG_9120
<これがデザートだ!>


  デザートがまた素晴しかった!

  ケーキにイチゴにシャインマスカットにアイスクリームにラフランスのゼリー。

  こんな素晴しいお料理にコンサート付きで1万円なんて、絶対お得だと思います。


IMG_9126
<ショップの中もクリスマス!>


  終演後、「名月荘」の中にあるショップも見学。

  厳選された品物が並んでいて、見ているだけで楽しくなりました。

  またお会いできる日を楽しみにしています!





  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) ヴァイオリニスト加登萌々子さん | 山形県・長井市内名所案内

2018年12月24日

☆★サンタさんから「くるみボタン」届く!

IMG_9113
<届けていただいた「くるみボタン」>


  今日24日はクリスマス前日。

  「葉っぱ塾」にはそれに先立って素敵なプレゼントが届きました!

  先日「ボランティア支援募金」に送金してくださった「くるみボタンプロジェクト」のCさんが、「くるみボタン」の実物を送ってくださったのです。

  正確には「くるみボタン」にゴムの輪をつけた髪留めですね。

  一つ一つに個性があって、とても素敵です。

  Cさん、サンタさん、ありがとうございました。

  まさか、私がつけるわけにもいきませんが、「森の休日」に参加する子どもたちにあげたら喜ばれるかもしれないなどと考えています。

  今夜はクリマスイヴ。

  山形は昨日から降っている雨が昼過ぎから雪に変わるとの予報です。

  先日You Tubeで偶然見つけ、すっかり魅了されてしまったノルウェーの女性シンガー、Sisselさんの透明な歌声をアップしておきます。

  みなさんにもサンタさんが来ますように。






  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(2) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 | 日常生活の一コマ

2018年12月23日

☆★できた! 世界にただひとつだけのマイ・グラス〜ガラス彫刻体験

       辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
        (ホワイトハウス宛請願署名)



IMG_9098
<説明を聞く真剣なまなざし>


  「世界にたった一つだけのマイ・グラスを作りましょう!」と呼びかけていたガラス彫刻体験を、22日、「冬至」の午前中に行いました。

  会場は山形市成安地内にある「サンドブラスト工房遥空(SORA)」さんです。

  「葉っぱ塾」ではこれまでにも何度も訪れてご指導いただいていましたし、2015年秋の「森の休日同窓会」のときには、オーナーの関口さんに「Asahi自然観」まで出張していただいたこともありました。

  私以外は、この体験は初めての方ばかり。

  最年少は、小学校1年生のひはなちゃんでした。

  この日のために、自宅でデザインの準備をして来られた方もいらっしゃいました。

  思い思いにグラスを選ぶのですが、このときに、そのグラスで何を飲むのかをイメージすることが大切かもしれません。


IMG_9102
<完成したみなさんの作品>


  透明なガラスでできた器にシールを貼ったり、その周囲を型抜きしたりします。

  特殊なカッターナイフを使うのですが、これは細かな作業です。

  規制のシールを貼るだけですと比較的簡単に「下絵」が完成します。

  そうしたら、研磨機の中で器に酸化アルミの砂を吹き付けてガラスを削っていただきます。

  ガラスの「素肌」が露出している部分は削られて曇りガラスに、シールで覆われている部分は素ガラスのまま残り、コントラストができるわけです。


IMG_9105
<最年少ひはなちゃんの作品!>


  みなさん、独創的なマイ・グラスを完成させました!

  「きょうはこれでいっぱい飲みます」とにこやかでした。

  また機会がありましたら体験会をお願いしようと思っております。





  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2018年12月22日

☆★穏やかな「冬至」にクジラのことを思う

       辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
        (ホワイトハウス宛請願署名)




IMG_9095
<21日朝の葉山>


  きょう22日は「冬至」です。

  山形市の日の出は6時51分、日の入りは16時22分。

  日の出から日の入りまでは9時間31分ということになります。

  きのう21日から比較的穏やかな天候となっていて、ここ長井市では街中の積雪はほとんど0になりました。

  予報では24日から寒波がやってくるとのことで、身構えています。

  昨日のニュースで、日本が「国際捕鯨委員会」から脱退する方向であると流れていました(官房長官は「何も考えていない」と21日答弁)。

  私はふと、戦前のニュース映像で見た記憶がある「国際連盟脱退」(1933年)のシーンを思い出してしまいました。

  日本が中国との戦争にのめり込み、やがて太平洋戦争に全国民を引きずり込むことになった一つの節目の出来事だったかもしれません。

  日本にも昔から鯨漁の伝統があったそうです。

  しかし、現在日本が「調査捕鯨」として行っているものは、それとは全く異なる現代的な大規模捕鯨です。

  ある人はSNSで、「鳥獣保護区に出かけていって捕った鳥を焼き鳥にして食べるようなもの」と表現していました。

  私の世代は缶詰の鯨肉を食べていたのですが、今何としても食べなければならないというものでもない気がするのです。

  5000tもの鯨肉の備蓄があるとも聞きました。

  「鯨が捕れなくなる」と国際的に孤立する道を選ぶよりも、「軍備を廃棄します!」と世界に宣言し(憲法にはそう書いてある!)、孤高の道を歩んでほしいものです。





  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:23|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ | ブナの森の四季

2018年12月21日

☆★「オーロラクラブ」から活動終了の知らせ〜27年間のご苦労に感謝

       辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
        (ホワイトハウス宛請願署名)



IMG_9086
<届いた来年の「星野道夫カレンダー」>


  12月20日、宅配メール便で「オーロラクラブ」から、来年の卓上カレンダーが届きました。

  使い終われば一枚一枚がポストカードになるこのカレンダーを、大切な方々へのお便りのときに使っています。

  「オーロラクラブ」は、アラスカを撮り続けた写真家、星野道夫さんとその友人たちが1991年に立ち上げ、毎年のように3月に日本の若者たちをアラスカに送り出してきた団体です。

  今回のカレンダーに添えられたお便りには、今年で活動を終えることが書かれていました。

  星野さん亡き後も、ずっとこの会の代表を務めておられた新開さんが今年亡くなられたと聞いていましたから、こうしたことになることは私の心の中では予想はしていたことでした。

  始まりがあれば必ず終わりがある。

  どんなことにも共通する物事の道理です。

  終わることを悲しむのではなく、30年近くこの活動を続けてこられた関係者の皆様のご苦労を心からねぎらいたい思いでおります。

  ありがとうございました。


IMG_1622
<エッセイ集『旅をする木』


  この会が活動を終えたとしても、アラスカ・キャンプに参加し、アラスカの風景の中でかけがえのない体験をした、けっして少なくない若者たちが、星野さんの思いを受け継いでいるはずです。

  また、私のように、星野さんの写真集やエッセイから大きな刺激を受け、それらを人生の羅針盤のように感じている人は数多いはずです。

  改めて星野さん、新開さんのご冥福をお祈りいたします。

  いつかこの「オーロラクラブ」の取り組みが形を変えて姿を現す日がくるかもしれないと、楽しみに待つことにします。





  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 星野道夫さん関連 

2018年12月20日

☆★山形になお2000人を超える避難者の方々が〜許されない自主避難者の切り捨て

       辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
        (ホワイトハウス宛請願署名)



IMG_9075
<「第80回支援者の集い」>


  12月17日午後、山形市内で「第80回支援者の集い」が開かれ、久しぶりに参加してきました。

  「葉っぱ塾」からは、「森の休日2018」のまとめを報告することで、資料を準備してゆきました。

  この日はゲストとして、東北文教大学のボランティア部の学生5人が参加していました。

  そのうちの4人が「森の休日」にスタッフとして参加してくれた学生たちでした!

  ボランティア活動の中心になっているのは現在3年生のYさんです。

  熊本や岡山などの災害にも連れ立ってボランティア活動に赴いたり、学生たちをバスで宮城・岩手の津波被災地へと連れていったりと、かなり多彩な活動を展開している様子を報告してくれました。

  「森の休日」への参加もかなり重要なウエイトを占めている様子でした。


IMG_9078
<山形県内の避難者数>


  山形県の避難者支援室の方からは、県内の最新の避難者数の報告がありましたが、12月6日の段階で2000名を超えるみなさんが山形県内に避難しておられます。

  多くの方々がいわゆる「自主避難」の方々です。

  国や福島県は、こうした「自主避難者」への住宅支援などを次々と打ち切ってきました。

  12月18日の「河北新報」に、福島県知事が「自主避難者の実態調査は不要」という県としての対応を発表していると報道されていましたが、これはまさに避難者の切り捨てに他ならないと思います。

  避難者を切り捨てての真の復興などありえないのではないでしょうか。





  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

2018年12月19日

☆★辺野古埋め立て待って!〜10万筆超えたホワイトハウスへの請願署名

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


ホワイトハウス辺野古署名ページ

(請願の名称の日本語訳:沖縄県民投票 がなされるまで、         辺野古、大浦湾 埋め立て作業の停止を)



  数日前に知ったのですが、ハワイ在住の日系4世の若者、ロバート・梶原さんが、辺野古埋め立てに関して、ホワイトハウスへの請願署名を呼びかけ始めました。

  この制度は、オバマ前大統領のときに作られた制度だと聞きました。

  東京新聞は12月17日付けの朝刊の第1面でこの呼びかけのことを紹介しているそうです。

  1か月間で10万筆の電子署名が集まれば、ホワイトハウスはその請願に対して何らかの対応をしなければならない、ということになっているそうです。

  私も署名に参加したのですが、それからわずか3日しか経っていない12月18日午後3時過ぎに、署名が10万筆を超えていました!

  沖縄の問題に対して何かできることはないかと考えていた人がいかに多かったのかということでしょう。

  署名が10万筆を超えたからそれで終わりではまったくありませんが、日米の大きな問題を、自分に引き寄せて考える一つのステップにしたいと私は考えています。

  署名まだの方はぜひ!

    ※ホワイトハウスへの請願署名


  ご注意いただきたいのは、署名の完了は、自分のアドレスに先方から送られてくるメールに「確認」の返信をする必要がある点です。

  署名の前にこちらのサイトを参照ください。






  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2018年12月18日

☆★吉永小百合さん、くるみボタンプロジェクトさんから暖かな風!

       辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
        (ホワイトハウス宛請願署名)



IMG_8979
<吉永小百合さんからのメッセージ>


  冬本番を迎え、寒い日が続いていますが、「葉っぱ塾」には暖かな風が吹き込んでいます。

  「葉っぱ塾ボランティア支援募金」に、12月前半、大きな後押しが2件ありました。

  一つ目は女優の吉永小百合さんから。

  吉永さんは、私が震災直後から被災地支援に奔走していた時から何度も応援の手を差し伸べてくださっていました。

  東北の片隅の、こんな小さな活動にも目を向けてくださることに、ほんとうに励まされます。

  ご自身も様々な形で福島の応援をしておられる吉永さんのお気持ちを、ありがたく受け止めました。


くるみボタンプロジェクト
<プロジェクトのチラシ(Cさん提供)>


  もうひとつは「くるみボタンプロジェクト」の東京のCさんから。

  きっかけは、「葉っぱ塾」が浪江町から二本松に避難しておられた仮設住宅の女性たちの応援で、何度か布地を届けたことでした。

  鎌倉在住のUさんが、そこで作られた手芸品をハワイにまで販売してくださったのですが、Cさんは、ハワイから届いた布地の切れ端でくるみボタンを作って販売し、被災地支援に役立ててこられたのです。

  集まったお金を、今回は「葉っぱ塾」にと送ってくださいました。

  山形、浪江、鎌倉、ハワイ、東京そしてまた山形と線がつながりました!

  今年11月に「森の休日2018」の10回目を終えた段階では、この取り組みを来年も継続できるのかがまだ不確かな財政状況でした。

  しかし、今回の2件以外にも、多くの皆様からの募金が集まり続けており、とりあえず来年の4月から7月までの各月1回の「森の休日2019」の開催を決めました。

  2012年から数えて8年目に入ることになります。

  助成金に頼らず、皆様からの募金だけで継続してきた「葉っぱ塾」の取り組みを、ぜひ応援してくださるようお願い申し上げます。



   【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。






   ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 | 吉永小百合さん関連

2018年12月17日

☆★長倉洋海写真展、ギャラリー・トークに参加〜白鷹町「あゆーむ」で

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_9074
<『獅子よ瞑れ』の表紙>


  16日は、白鷹町の「文化交流センターあゆーむ」で、フォト・ジャーナリスト長倉洋海さんのギャラリー・トークが開催されました。

  13日に会場に行ったときには私一人だけだったのですが、16日は、長倉さんのお話しを聞こうと、50人以上の方々がおいでになっていました。

  「葉っぱ塾」の活動を通じてお世話になっている方も何人かお見えでした。

  はじめ40分ほどはギャラリーの写真の前で、そしてその後1時間近くは、研修室に場所を移動して、長倉さんのお話しがありました。

  子どもたちのこと、アフガニスタンのこと、アマゾンの人々のこと、グリーンランドのこと・・・・・。

  尽きることなく流れ出る湧水のように、世界60数カ国を回られてのお話しが続きました。

  とりわけ印象に残っているのはアフガニスタンの小さな学校のことです。

  子どもたちが「大学で学んだら故郷に帰って〇〇になりたい!」と口をそろえるのだとのこと。

  写真の中の子どもたちの瞳がきらきらと輝いていました。
 

IMG_9073
<いただいた長倉さんのサイン>


  先日会場で求めた写真集に加えて、私はこの日、2003年に買い求めていた長倉さんの写真集『獅子よ瞑れ』を持参しました。

  講演の後で、希望する人にサインを入れてくださったのですが、全てに短い一言を添えてくださいました。

  「マスードの魂は 生きている “愛”」。

  長倉さんは、マスードと共に行動して取材をした際に訪れた小さな村の学校の支援を続けておられます。


   「アフガニスタン山の学校の会」


  子どもたちをしっかりと育てることは、その国の未来を育てること。

  マスードも長倉さんも、その点で思いが重なっていたのでしょう。

  翻って、日本はどうでしょう?

  長倉さんの写真展示は、年明け1月14日までです。

  ぜひお出かけください。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:17|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ | イベントの紹介

2018年12月16日

☆★冷え込んだ朝、熊野山で迎えた夜明け

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」



IMG_9037
<熊野山山頂から見る黎明の飯豊本山>


  14日夕方から空が晴れ、15日は放射冷却で、長井市は最低気温がー8.6℃まで下がりました。

  15日の予報が良いとのことだったので、前日から山行きの準備をし、15日は5時前に家を出て、熊野山に向かいました。

  市営スキー場の駐車場からスノーシューを履いて、満天の星空の下を登りました。

  前日どなたか登った方がおられたようで、足跡があるのはありがたいことでした。

  熊野山の山頂には日の出少し前に着くことができました。

  まだ木が立ち上がっていて、飯豊連峰の眺めはいまひとつですが、朝日に染まってゆく飯豊本山が見事でした。


IMG_9043
<散居集落の夜明け>


  山頂の南東側は、散居集落の眺めが良いところです。

  この時期の日の出はだいぶ南に寄っていますので、ここで待っているとちょうど正面から太陽が出てきました。

  ふと足元を見ると、雪が一面に金色に輝いていました!


IMG_9052
<朱鷺色に染まる祝瓶山>


  急いで第二展望台まで下りてくると、ここからは祝瓶山を展望することができます。

  すっかり雪化粧した祝瓶山に朝日があたり、朱鷺色に染まっていました。

  残念なことに、山頂にかかった雲がなかなか取れてくれませんでした。


IMG_9072
<スキー場上部から見た葉山>


  スキー場まで下りてくるとすっかり朝の光は白っぽくなっていました。

  長井の市街地はまだ霧の海の下に沈んでいました。

  この日、スキー場まで車で入れるのかわかりませんでしたので、「野川まなび館」前に車を置いて歩きましたが、除雪車はスキー場まで入っていました。

  熊野神社から山頂にかけての積雪は50センチを超えていました。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 09:07|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2018年12月15日

☆★犯罪的な政府の行為を許せない!〜辺野古埋め立てに異議有り!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_1599
<霜が降りた赤い葉>


  きのう(12月14日)、多くの沖縄県民の気持ちを逆なでするように、辺野古の海に土砂の投入が行われました。

  沖縄の人たちに申し訳ない思いが募り、居ても立ってもいられなくなって、自分にできることと考え、山形県選出の国会議員宛にファクシミリやメールでメッセージを送りました。


  ◆沖縄、ひどいですね。

   民意が何度も「NO!」と言っているのに。

   これがもし山形だったらどうでしょう。

   「日本は法治国家」と首相や官房長官は

   よく口にしますが、

   やり方は全く矛盾しています。

   埋め立て中止の声を届けてください。

                八木文明




  参議院議員、舟山康江さんから、まもなくご返信をいただきました。


   ◇こんにちは。

   朝、小学校、中学校の娘たちも

   「なんでこんなひどいのに、安倍総理はまだ支持されているのかわからない」と言っていました。

   私も声を出していきます。



  沖縄タイムスがHPで、玉城知事の声明を全文掲載しています。

  ぜひご一読ください。

  国のやり方は、まさに犯罪だと私は考えます。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(4) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2018年12月14日

☆★白鷹町「あゆーむ」で、長倉洋海写真展開催中!〜中高生に見てほしい!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」



IMG_9021
<会場で求めた長倉さんの作品>


  いま白鷹町の「文化交流センターあゆーむ」で、フォト・ジャーナリスト、長倉洋海(ながくら ひろみ)さんの写真展が開かれています。

  11月24日から始まっており、年明け1月14日までの開催です。

  12月13日午前、会場に足を運んでみました。

  こんな小さな田舎町で長倉さんの写真展が開催されるというのは、考えてみればすごいことです。

  長倉さんは私とほぼ同年代。

  星野道夫さんとは同い年なんですね!

  フリーのフォトジャーナリストになったのが1980年とのことです。

  主な取材先は、エルサルバドル、アフガニスタン、コソボなど、世界各地に及んでいます。

  紛争の中で翻弄される庶民、とりわけ子どもたちに、温かい眼差しを注いだ作品が目につきます。

  誰もいない展示室で写真と向き合いキャプションを読んでいると、胸が詰まって涙がこみあげてきました。

  真っ先に思ったことは、多感な中学生や高校生たちに見てほしいなあということでした。


IMG_9022
<長倉さんのことを書いた「LEAF」71号>


  私は長倉さんの写真との出会いのことを、自分通信「LEAF」第71号に書いていました。

  2003年1月のことです。

  長倉さんの写真集『獅子よ眠れ』を買い求め、仙台で開催された写真展に行ったことなどを書いています。

  拙文の最後に、マスードの言葉を4つ引用してありましたが、その最後の一つは「自分たちのパンや寝床のことより、人々の面倒を見てあげなさい。我々はお腹を満たすために戦っているわけではない。」というのがありました。

  今の日本の政治家たちにも聞かせたい言葉です。

  この写真集に収められていたアフガニスタンの英雄マスードの写真も会場には展示されていました。


IMG_9017
<ギャラリー入り口の風景>

  
  わが家にはすでに何冊もの長倉さんの著書がありますが、この日も長倉さんの写真集やポストカードをいくつか買い求めてきました。

  12月16日(日)午後2時〜4時までは、長倉さんご自身が会場においでになって、ギャラリートークが予定されています。

  直接お話しをお聞きできることを楽しみにしています。

  会期中、ぜひ子どもさんを連れて会場に足を運んでみてください。

  写真を見た子どもたちの心への小さな種まきになるかもしれません。







  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山形県・長井市内名所案内 | イベントの紹介

2018年12月13日

☆★ちょこっとチョコ募金〜イラクや福島の子どもたちのために

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_8783
<缶入りのチョコレートと絵葉書>


  「特定非営利活動法人 JIM−NET(日本イラク医療支援ネットワーク)」という団体があります。

  イラク戦争のとき、アメリカ軍が使用した劣化ウラン弾に含まれていた放射能で被爆し、医療支援が必要な子どもたちのために活動しています。

  また、活動の一つには福島の支援も含まれています。

  代表を務めておられるのは『がんばらない』という著書でも有名な、医師の鎌田實さんです。

  この団体が毎年この時期に、チョコレートや絵葉書を介しての募金を呼びかけています。

  六花亭のチョコレートが中に入った小さな缶や絵葉書の絵は、イラクの子どもたちが描いたものです。

  近づくクリスマスに、あるいはまた来年の2月の特別な日に、気の利いた贈りものにもなるのではありませんか?

 「葉っぱ塾」で年末に呼びかけてきたのは葉祥明さんのカレンダーを介しての募金でしたが、こうして何か品物が介在することで、支援が継続的なものになる可能性が膨らむような気がします。

  チョコレートは4缶入りが¥2200、絵葉書は3枚入りが¥300です。


  ◆お申し込みはこちらから!





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2018年12月12日

☆★新しい記念切手〜シール切手はありがたいな!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_9014
<新しい記念切手2種>


  そろそろ今年最後の自分通信「LEAF」を発送する時期が近づき、先日送金に郵便局に行った際に、新しい切手が出ていないか尋ねてみました。

  楽しいシール切手が2種類出ていました!

  1つは、11月30日発行の「絵本の世界シリーズ 第2集」で、エリック・カールの名作『はらぺこあおむし』切手シート。

  10枚の切手以外の周囲のイラストも小さなシールとして使えるようになっていました。

  もう一つは12月6日発行の「楽器シリーズ 第1集」です。

  オーケストラで使われる楽器だけがこれから続くのでしょうか?

  あるいは日本の楽器なども出るのでしょうか?

  ケーナはどうかな?

  季節感のある記念切手もいいですが、季節を問わず出せるのもいいですね。

  「葉っぱ塾」は年間で2000通以上の郵便を出しているので、シール切手は特にありがたいです。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2018年12月11日

☆★熊野神社からの雪の散居集落の眺め

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_9001
<熊野神社(熊野山)からの雪の散居集落>


  9日からの雪が10日朝には小康状態となり、空に明るさが戻ってきたのをみて、急いで準備して熊野山に向かいました。

  熊野山は、長井市に3座ある「やまがた百名山」の一つです。

  長井市の西山の入り口付近にある「道照寺平スキー場」から登るのですが、車でスキー場に向かうと、やはり積雪量が違いました。

  県道からスキー場に入るところに車を置いて登り始めたのですが、ゲレンデを登りは始めてまもなく、スノーシューの出番となりました。

  つぼ足でも大丈夫だろうとは思いながら念のために背負って行ったのが幸いでした。

  熊野神社付近では積雪は30cmを超えていました。

  この日は熊野山山頂までは行かず、少し手前の熊野神社まで。

  雪の散居集落の風景は、空が晴れた夜明けに見たらどんな風に見えるでしょうか?


IMG_9009
<ウスタビガの繭>


  下り始めてまもなく、枝先に鮮やかな黄緑色の繭を見つけました。

  春先の色あせたものを見たことはありますが、こんなに鮮やかなものは初めてです。

  ウスタビガというカイコの仲間の繭のようです。

  もうこの時期には羽化して中は空らしいのですが、こんな繭がたくさんあって、それから糸を紡いだらどんなにか美しいことでしょうか。

  熊野神社までは、スキー場の駐車場からですと標高差がおよそ300m。

  ジョギング代わりの朝トレになりそうです。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2018年12月10日

☆★雪のある風景の楽しみ

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_8990
<雪を被った致芳公民館前の柿の木>


  二十四節季の一つ「大雪」だった12月7日は、朝のうち気温が12℃台だったものが、その後寒気の流入に伴って急激に下がってゆきました。

  8日は最高気温が3℃台、そして9日未明からの雪。

  風はそれほど強くはありませんでしたが、9日は、最高気温が1.2℃という寒い一日になりました。

  今の時期、雪が降って楽しみな風景があります。

  収穫されずに残っている柿の木が雪を被っているのです。

  秋の間にあちこちで見かけていましたが、中でも致芳地区公民館前の畑に立っているこの柿の木は、まるで盆栽のような姿を毎年見せてくれます。


IMG_8994
<「なごみ庵」のケヤキ林>


  そこから家に向かう途中、いつもお世話になっている「なごみ庵」さんの前を通りかかりましたら、お庭のケヤキ林がまた見事に雪化粧していました。

  ちょうど1か月前、味噌受け取りのときに、集まった子どもたちと落葉で遊んだのでしたが、今はまるで雪の花が咲いたようです。

  水墨画のような風景の中のわずかな色彩や、時折のぞく冬の青空を楽しみにしながら、冬を過ごすことにしましょう。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:29|PermalinkComments(2) 日常生活の一コマ 

2018年12月09日

☆★この冬初めての積雪に〜長井市「霜月三日」の朝

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」



IMG_8981
<庭のブナとホウノキ>


  8日午後から降っていた冷たい雨が、深夜には雪に変わり、今朝起きてみたらこの冬初めての積雪となっていました。

  11月23日の初雪はちらちら降った程度でしたが、あれから2週間余り、いよいよ本格的な冬の到来です。

  長井市の9日午前6時段階では気温ー1.4℃、小雪、積雪13cmです。

  風はほとんどありません。

  わが家の前を通る道路の消雪散水がこの冬初めて稼動しています。

  降雪への備えはほぼ終わっていましたが、畑のハクサイの収穫がまだ半分残っていました。

  雪があまり深くならないうちに収穫を急がなければなりません。

  車で移動される方はどうぞご注意ください。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 07:05|PermalinkComments(0) ブナの森の四季 | 日常生活の一コマ

2018年12月08日

☆★落葉した庭を背に鮮やかに咲くシクラメン

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」



IMG_8865
<縁側に置いたシクラメン>


  いよいよ雪が降るとの予報が出ているこの週末です。

  8日夜明け前の段階では雪も雨も降っていませんが、気温は1℃台。

  前日の同じ頃には12℃あったことを考えると、急激な気温低下です。

  庭の木々もすっかり落葉し、その片付けも何とか終えました。

  春からつい先日までは、窓から見る庭は、様々な色で目を楽しませてくれましたが、この時期はほとんど色彩のない風景に変わります。

  先月、次男のお嫁さんのご実家のご両親から、鉢植えのシクラメンをお送りいただきました。

  箱を開けてみると、花びらや葉っぱが縮れている珍しい品種のものでした。

  縁側にその一鉢を置いただけで窓からの風景に色彩感が出てきます。

  雪が積もればいっそう単調な風景になる中で、この色合いは嬉しいものです。

  ありがとうございました。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2018年12月07日

☆★朝日連峰の大展望を眺めに〜モンベルのスノーシュー・イベントをガイドします!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_8776
<モンベルクラブ会報とイベントスケジュール>


  少し時間が経ってしまいましたが、先月末にモンベルクラブ会報『OUTWARD』(第81号)と、冬のイベントスケジュールが届きました。

  このイベントスケジュールの中に、私がガイドを務めることになっているスノーシュー・イベントのことも、小さく掲載されています。

  3月17日(日)に開催予定のもので、「Asahi自然観」に集合していただき、朝日連峰の展望スポット、サイヅチ峰を目指そうというものです。


IMG_0186
<2018年3月のイベントの写真>


  里では少し春の気配が感じられる頃ですが、「Asahi自然観」周辺はまだかなりの積雪がある時期です。

  しかし雪がだいぶ締まってきて歩きやすくなる時期でもあります。

  ぜひ一緒に朝日連峰の冬の姿を見に行ってみませんか?

  モンベルのHPからアクセスしてお申し込みください。

   ※ご案内ページはこちらです。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2018年12月06日

☆★月と金星と賛美歌404番

   ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_8958
<12月3日朝の月と金星>


IMG_8975
<12月5日朝の金星と月>


  12月3日は「神無月二十六日」でした。

  早朝の月は二十五夜の残月でしたが、その左下に金星が光っていました。

  「明日はもっと近づきそうだな」と思っていたら4日は雨で空が見えませんでした。

  一日置いて5日は、今度は二十七夜の月の右上に金星と、位置が変化していました。

  金星の位置変化に対して、月の位置の変化は大きいので、このようになるのですね。

  4日にどれだけ近づいたのか見られなかったのはなんとも残念でした。

  その4日の夕方、たまたまYou Tubeをチェックしていたら、「賛美歌404番 山路越えて」を見つけました。





  27年前の10月に母が亡くなったその葬儀のときに、母が好きだったこの賛美歌のテープを流したことを思い出していました。

  そして、「ああ、きょう(12月4日)は母の誕生日だったのだなあ」と不肖の息子は気付きました。

  生きていれば89歳になっていました。





  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2018年12月05日

☆★私たちは月の満ち欠けに影響されながら生きている〜「月と季節の暦」をぜひ!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」



IMG_8969
<「月と季節の暦」表紙>


  きょうは「元日」の2か月前。

  などと書くと、驚かれますか?

  「月暦(太陰暦)」では、「元日」が2019年の2月5日になっています。

  それまではまだ2か月あるということです。

  もう20年近く愛用している「月と季節の暦」の新版が先日届きました。

  これは、「月と太陽の暦制作室」の志賀勝さんが作っておられるものです。

  月の満ち欠けだけのカレンダーはいろいろありますが、これほど内容豊かなものはめったにないのでは?


IMG_8970
<季節や日本の伝統的な行事などの豊富な解説>


  「葉っぱ塾」では、田んぼでの米作り、自然体験など、季節の移ろいに様々な影響を受けながらの活動が多くあります。

  昔から受け継がれてきた季節と人々の暮らしの関係性は、現代生活の中では見失われがちですが、「大寒」、「立春」、「穀雨」などの「二十四節季」は、実にタイムリーに季節感を伝えてくれるように感じます。

  「葉っぱ塾」では毎年春、長井葉山への「ムーンライト登山」を計画していますが、それはこのカレンダーで月の満ち欠けを確認し、満月にできるだけ近い4月の週末にと考えてきました。

  今年は4月20日(土)深夜出発、21日の日の出前に山頂に登り、ご来光を眺めたいと計画しています。


   ※2018年のムーンライト登山


  4月20日は、月の暦では「弥生十六日」にあたっており、月は十六夜。

  ほぼ満月に近い月が残雪を照らす中を登るのです。


IMG_8971
<月の満ち欠けカレンダー>


  みなさんにもこのカレンダーのご購入をお勧めします。

  送料込みで¥2160です。

  お申し込みは、「月と太陽の暦制作室」宛てに直接お願いいたします。


  【ご注文の方法】

   「月と太陽の暦制作室」に直接お申し込みください。

   ファクスかEメールで表題に「月と季節の暦2019年版注文」と明記の上、

    ●郵便番号
    ●ご住所
    ●電話番号
    ●お名前
    ●ご注文冊数

   を下記「月と太陽の暦制作室」にお知らせください。
 
    ファクス 03−5246−5589
    Eメール tsuki★globe.ocn.ne.jp
   (送信の場合は★を@に変えてください。)

   ご入金(後払い)は、同封の郵便振替票にて最寄りの郵便局でお支払いください。





  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー 

2018年12月04日

☆★クリスマス企画〜サンドブラストガラス彫刻体験会!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_1137
<世界に一つだけのオリジナル作品!>



          一緒につくりませんか?
     世界でたったひとつのマイ・グラス!
  
 葉っぱ塾 サンドブラスト・ガラス彫刻クリスマス体験会


  クリスマス直前に、「サンドブラスト ガラス彫刻」の体験会を計画しました。

  サンドブラストは、ガラスに「砂」を吹き付けてガラスを削り、素ガラスと曇りガラスのコントラストで模様を出してゆくというものです。

  山形市にあるガラス彫刻工房「遥空(そら)」さんの工房にお邪魔します。

  世界にたった一つだけの「マイ・グラス」を作ってみませんか? 

  クリスマス直前でもありますので、どなたかへのプレゼントでもいいかもしれませんね。

  小学生のお子さんでも大丈夫です。

  未就学児の場合は、保護者の方と一緒に一作品ということでよいのではないでしょうか。

   ※以前の体験会の様子


  ◆期日 12月22日(土)
    午前8時45分〜11時15分
   ※集合場所については参加者にお知らせします。HPを    見て、現地に直接行っていただいてもかまいません。

  ◆場所 ガラス彫刻工房「遥空(SORA)」
       990-0891 山形市成安567−2 
      (高速道山形ジャンクション近く)
      TEL:0120-023-611

  ◆募集人数  最大15名程度


  ◆参加費  一人¥1600       

  ◆申し込み 「葉っぱ塾」八木まで
          090−5230−8819
          happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)

  ◆締切  12月20日(木) 
     ※ただし、いっぱいになった時点で締め切ります。





  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2018年12月03日

☆★こんな小春日和は山でしょう!〜萩野口から白鷹山へ

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_8933
<大朝日岳と頭殿山の山頂がピタリ!>


  山形に行き来するときに通る国道348号線の細野集落のあたりで「白鷹山細野登山口」という立派な標識が立っているのを見つけていました。

  2日は前日から好天との予報でしたので、ここから白鷹山に登ってみようと計画していました。

  予報どおり、絵に描いたような小春日和になりました。

  放射冷却で冷え込んだ朝、早速国道のその標識から歩いてみると、地形図に描いてある道とはどうも違っていて、描いていない林道があったり。

  いちばん「それらしい道」を登っていったら行き止まり。

  それで、方針を変えて萩野登山口から登ってみました。

  登る途中で大朝日岳と頭殿山の山頂がピタリと重なるポイントを見つけました!

  今の時期だから展望がききますが、夏場ならたぶん見えないでしょう。


IMG_8929
<萩野登山口の看板>


  県道17号線の萩野集落から東に伸びる道を入り、旧萩野小学校の跡地脇を通り過ぎて1.7キロほど進むと、二車線の広域農道に出ます。そこを横切って林道を700m余り登ると、立派な看板が立っていました。

  私は道がどうなるのか不確かでしたので、広域農道に車を置いて歩いて登ってゆきましたが、車はこの看板まで入れそうでした。

  「山頂まで40分」と書いてありますが、小さな字で「で登る人もいる。」とありました!


IMG_8930
<「うがい」ってこう書くんだ!>


  林道が終わってしばらくゆくと、「嗽場」という標識のところに湧き水がありました。

  「うがい」を漢字で見たのは初めてかもしれません。

  一口すくって飲んでみると、なかなかいい水でした。

  そこから尾根に出ると、滝野集落に続くと標識に書いてある道との分岐に出ました。

  この道を下ってゆけば、この朝登ろうとした細野(その先が滝野)の集落のどこかに出るはずと見当をつけました。


IMG_8939
<レーダー脇からの月山と鳥海山!>


  山頂は別ルートから登ってきた先客がおられました。

  水溜りは表面に氷が張っていました。

  そこから一歩きして国交省レーダーのピークへ。

  この日は月山の右奥に鳥海山が見えていました!

  何だか得をした気分です。


IMG_8941
<レーダー前からの大朝日岳>


  レーダー前からの大朝日岳の眺めはなかなか素晴しい!

  このあたりから見ると、頭殿山のピークは大朝日岳のピークの左下に見えるようになっています。


IMG_8945
<やや霞む飯豊連峰>


  飯豊の眺めもなかなか良かったのですが、北の方角に比べると南の方角は霞が強いようでした。


IMG_8954
<パラグライダー、テイクオフ!>


  レーダー前の斜面では、パラグライダーを楽しむ人たちが集まって準備をしていました。

  少し待っていましたら、次々と南向きの斜面からテイク・オフ!

  空の上はかなり寒いでしょうね。

  無線の交信の声を聞いていましたら、どうやら上空からは日本海が見えるようでした。

  高所恐怖症の私には別世界の話です。


IMG_8924
<帰り道で見つけたふるい石標>


  山頂の避難小屋ではまた別のグループが火を焚いてにぎやかに昼食をしていました。

  来た道を戻り、林道を下っていましたら、登るときには気がつかなかった石の標石をみつけました。

  なにやら字が書いてあるので近づいてみましたら、「右 こくろた 左 やま」と書いてありました。

  「こくろた」は「小黒田」でしょうか?

  場所の名前かもしれません。

  「やま」は白鷹山でしょう。

  萩野ルートが古くから歩かれていた道だったことがわかります。


IMG_8955
<萩野集落の大きな柿の木>


  麓の萩野集落に、全く収穫されない大きな柿の木がありました。

  たまたま通りかかったご年配の女性に「萩野小学校の跡地はこのあたりですか?」と尋ねましたら、「そこです」と教えてくださいました。

  今は校舎も取り壊されていました。

  山辺町側の嶽原や大平登山口と比べると、標高差がややありますが、なかなか楽しいルートでした。

  白鷹山山頂にあるバイオトイレは、冬季閉鎖になっていましたのでご注意ください。





  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2018年12月02日

☆★初冬の上山西山を巡る

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


IMG_8884
<上山城駐車場脇のイロハモミジ>


  11月最後の一日は、午後から天候が良くなるとの予報でしたので、それを信じて上山市の西山巡りに出かけました。

  上山城の駐車場に車を止めてふと見やると、駐車場の脇の斜面のイロハモミジが、まだ見事な紅葉を散らさずに残していました。


IMG_8893
<西山から見えた蔵王温泉スキー場>


  武家屋敷を通り抜けて最初は秋葉山へ。

  以前はこの山の名前を全く気にしていませんでしたが、南陽市の秋葉山をガイドするにあたっていろいろ調べたり尋ねたりしたところ、全国に秋葉神社信仰が広がっていたことを知りました。

  木造建築と萱葺き、藁葺き屋根の時代には火伏せ信仰は生活の切実な祈りとつながったのでしょう。

  温泉地を見下ろすこの山も、人々の願いを込めて神社が建立されたに違いありません。

  みなさんのお近くにも秋葉山や秋葉神社があるかもしれません。

  振り返って見ると、蔵王の峰々は山頂部が雪雲に隠れ、中腹の蔵王温泉スキー場のゲレンデが白くなっていました。


IMG_8897
<「北堰」沿いで見たキバナイカリソウの紅葉>


  白禿山、高新山、孫市山、経塚山と歩き、いったん県道に出てから虚空蔵山へと向かいました。

  ここは、地形図にはない「北堰」というかつての用水路に沿う道があります。

  春は山野草がいろいろ咲いていたのを昨年見ていますが、この日はキバナイカリソウの紅葉した葉があちこちに見られました。


IMG_8901
<石垣を這う紅葉したツタ>


  虚空蔵山の麓まで来たときに、まさかの雨。

  朝の段階でも「晴れ」の予報でしたのに、残念。

  そのまま上山温泉へと戻りました。

  今は営業していない旅館の建物を取り巻く石垣に、紅葉したツタが這っていました。

  実はこの日巡った西山も高戸屋山と同様に、地形図の読図講習の候補地としています。

  ただ、登山道を兼ねた遊歩道がすばらしく整備されているのに、それらの道のいくつかが、地形図には表示されていないという点が、残念なところです。

  アップダウンが多いので、標高差の割には、ぐるっと一回りしたときの疲労感は想像以上のものがあります。





  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告