2019年06月

2019年06月30日

☆★「この国の民主主義は形だけでいいんだ。」〜映画『新聞記者』ぜひ多くの人に!

IMG_1843
<『新聞記者』パンフレット表紙>


  今、私たちの国の政権の内部がどうなっているのか。

  日々腐臭を放ち続けるこの国の政治に不安と危惧とを覚える国民は多いはず。

  近づく国政選挙では何とかこの国の政治の在り方に一石を投じなければと願っている私たちに、タイムリーな映画が届けられました!

  一昨年角川新書から出版された『新聞記者』(望月衣塑子著)を原案として制作された映画、『新聞記者』が28日全国で封切られました。


   ☆映画『新聞記者』公式サイト


  この映画をぜひ多くの人に観ていただきたい。

  切にそう思いました。

  権力の内側にある人々が「真剣に」人を陥れ、「事件」をでっち上げ、都合のよい方向に世論を動かそうとしている。

  しかもそれが、「公務員」としての仕事として日々行われている。

  そのことの「凄さ」がひたひたと伝わってきました。


IMG_1842
<好演のダブル主役>


  主役の二人がそれぞれの良さを出し切って好演しています。

  かたや記者だった父を持つ女性新聞記者。

  かたや官僚機構の中で、家族への愛と仕事への使命感のはざまで追い込まれる若い官僚。

  それを押しつぶそうとする「上」からの圧力。

  見る側にもその緊迫感が伝わってきます。

  私はかつての教員時代だった頃経験した、「自分が自分でいられない」状況を思い出し、涙が止まりませんでした。

  映画の最終盤で、その若い官僚に向かって上司の「内閣参事官」が放った言葉。

  「この国の民主主義は形だけでいいんだ。」

  この一言が、観終わっても、頭の中で何度も何度もエコーしています。

  ラストシーン。

  交差点を挟んで彼は、向こう側の記者に何を言おうとしたのか・・・・。

  ツイッターにこんなツイートがありました。


   「小説、映画ではあるが、想像していたこの国の暗部と    100%同じ。

   場面は見慣れた国会前、内閣府、記者会館。

   日本国民みなこれを見て選挙やったら自公は10議席    とれるだろうか?」



  選挙前にぜひ!




  ☆はが道也公式サイト


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー 

2019年06月29日

☆★「やまがた百名山」探訪マップ新版完成!

IMG_1837
<左:昨年版、右:最新版>


  「やまがた百名山」の新しいパンフレットができました。

  山形県の「みどり自然課」が事務局となって作成しているもので、なかなかの力作です。

  昨年のものと比べてみますと、表紙の写真は全て新しいものと入れ替わっています。

  また、「やまがた百名山」の各山の写真も一部入れ替えがあるようです。

  県庁ロビー、総合支庁窓口、市町村、道の駅、スポーツ用品店などで手にすることができるとのことです。

  山の位置だけでなく、体力や技術のレベルなどもわかるようになっています。

  登山の励みに活用なさってはいかがですか?

  昨年もらいそこねた、などという方はお早めに入手ください。

  「葉っぱ塾」の「安全登山入門編2019」を受講しておられる方で希望される方にはお渡しできるよう準備しています。



  ☆はが道也公式サイト


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 | 本・CD・映画などのレビュー

2019年06月28日

☆★投票率アップで変えられる!〜消費増税、年金は「庶民の争点」

最近の投票率と自民票
<投票率が上がれば変わる!>


  26日に国会が閉会しました。

  そして7月21日投票の参議院議員選挙に向けて世の中が動き始めています。

  首相は「争点は憲法」と言っているらしいのですが、庶民からみれば、「年金」や「消費税」ではないでしょうか?

  昨日、インターネットの情報で、昨年まで安倍内閣の官房参与を務めていた藤井聡氏が「消費増税に警鐘」という記事を見つけました。

  経済のことにはうとい私にも、その内容がわかりやすく伝わってきましたのでご紹介します。

  本文から主な部分をかいつまんで箇条書きにしておきます。



  ◆14年の消費増税により、わずか3年で約9%もの消費が落ち込んでいる。

  ◆2度の消費増税時には、消費は一旦落ち込むだけでなく、その後も消費はそれ以前よりも低い伸び率になってしまっている。消費増税は一時的なものではなく、恒常的な措置。そのため経済への悪影響が大きく、長期間にわたってしまう。

  ◆日本は消費税を上げる一方で、所得税の累進性を下げ、法人税を下げてきた。これで潤うのは一部の富裕層や大企業だけで、消費を支える多くの国民は疲弊してしまった。逆に、いま消費税を5%に戻して法人税を高めるなり、累進性を導入するだけで、景気は激しく回復するでしょう。

  ◆もし消費税を10%に上げれば、日本は恐慌状態になります。安倍令和恐慌になるわけです。

  ◆この消費増税をめぐる決断は日本の政治が復活できるかどうかが問われているのです。




  ご存知のように、消費税は所得の低い人ほどその負担割合が大きいものです。

  その一方で、高所得者や大企業の税率が引き下げられてきました。

  来るべき選挙で何とか投票率が上がってほしいと願っています。

  冒頭の写真の資料にあるように、今の政権は全有権者の2割にも満たない得票で、議席の6割以上を占めています。

  投票率が10%上がれば、この状況を変えることができるのです。

  「どうせ変わらない」という私たちの思いの積み重ねがこの結果を引き起こしていました。

  変えましょう!

  私たちの投票で。 




  ☆はが道也公式サイト


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:02|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年06月27日

☆★山原のニッコウキスゲ空に映え〜雄国沼を訪ねる

IMG_1816
<青空に映えるニッコウキスゲ>


  ガイド仲間のNさんに誘われて、26日、福島県裏磐梯の雄国山(おぐにやま)と、雄国沼に行ってきました。

  この時期、雄国沼はニッコウキスゲが見頃を迎えていますから、平日にも関わらず、雄子沢登山口の駐車場は満車状態でした。

  気温が上がるとの予想のこの日でしたが、朝のうちのブナの森の中の道は心地よい涼風が吹いていました。


IMG_1814
<雄国沼の一面のニッコウキスゲ>


  雄国沼は標高1100mほどのところにある火山性の湖です。

  長い間に少しずつ埋め立てられてきた沼の一部は高層湿原となっており、そこには木道が設置されています。

  カメラ抱えた写真愛好家の方がたくさん来ておられました。

  鳥海(とりのうみ)昭子さんの『誕生日の花と短歌365日』の中に、7月24日の誕生花として載っているニッコウキスゲ。

  花言葉には「日々あらたに」、「心安らぐ人」というのがあるそうです。

  添えられている鳥海さんの短歌は


   山原のニッコウキスゲ空に映え

          日々あたらしく夏深めゆく



  一日花であるこの花が次々と咲いて夏が過ぎてゆく風景に、人の一生にもそんな時期があるのではないかという思いが重なっています。


IMG_1804
<磐梯山も顔を出す>


  この日は雄国沼に行く前に、雄国山に登りました。

  登る途中で、手前の山の陰から磐梯山が見えていました。


IMG_1802
<雄国山山頂>


  標高1271mの雄国山山頂には展望台が設置され、飯豊連峰や喜多方市内の眺望があります。

  普段山形県側から見ている飯豊とは全く異なる方向から見ることになり、どこがどのピークなのかわかりませんでした。


IMG_1800
<見下ろす雄国沼>


  涼しい高原を後にして喜多方市内まで来ると、国道の温度計は31℃を示していました。

  「葉っぱ塾」でも来年、みなさんに呼びかけて訪ねてみようかな。



  ☆はが道也公式サイト


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:09|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年06月26日

☆★田植えから3週間余りの葉っぱ塾のイネたち

IMG_1783
<朝日を反射する田んぼ(25日)>


  「葉っぱ塾の田んぼ」は6月2日の田植えから3週間余りが過ぎました。

  梅雨入りがあり、中旬には強風が吹き、気温がそれほど高くない日もありましたが、イネたちは何とか元気に育っています。


IMG_1787
<15センチぐらいに成長したイネ>


  背丈は15センチぐらいでしょうか。

  500mlのPETボトルぐらいです。

  お隣の田んぼのイネと比べてみると、毎年のことですが葉っぱの緑色が淡いのが特徴です。

  秋の収穫時期が近づく直前に、色が濃くなるようです。

  この夏は冷夏の予報が出ているのですが、はたしてどうなるのでしょうか?

  また7月下旬ごろにご報告します。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2019年06月25日

☆★サクランボの出荷、最盛期!〜全国シェア75%!

IMG_1779
<「なごみ庵」のサクランボ>


  山形はサクランボの季節の真っ只中です。

  サクランボを栽培している農家では、この時期に何人か人を頼み、摘み取り、サイズ分け、箱詰めなどの作業におおわらわです。

  24日、朝から雨が降る中を、発送伝票を持って「なごみ庵」の菅野さんのところにお邪魔しました。

  「今年の作柄はどうですか?」とお尋ねしましたら、「日が差す時間が足りなかったが、まあまあです」とのこと。

  写真は、大きさごとにサイズ分けされた「佐藤錦」というサクランボです。

  山形県人の多くは、あちこちの親戚や知り合いに送ることになっているのではないでしょうか?

  サクランボの生産量の山形県の全国シェアは75%を超えるそうです。

  2位の北海道が8%とのことですから、圧倒的ですね。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年06月24日

☆★学びの白鷹山登山楽しく終了!〜「安全登山入門編2019」実践登山

IMG_1764
<嶽原ルートは植物の宝庫!>


  23日、「安全登山入門編2019」の実践登山を白鷹山で行いました。

  残念なことに、今年の受講者の参加が半数に満たなかったのですが、一昨年の受講者のご参加があって、全体では15名の参加をいただきました。

  集合の後で下山口に車を前もって回送しに行ったときに急な雨に降られたのですが、その雨は登山口のほうでは降っていないという局地的なものだったことは幸いでした。

  結果的に私たちはこの日、雨に降られることなく歩くことができました。

  第1回目の実践登山に白鷹山を選んでいるのはいろいろな理由があります。

  登山口からの標高差が小さく、途中で立ち止まりながら解説などを加えても、時間的な余裕があることが最大の理由です。

  地図を手にしながら現在地の確認がどんな場所で行えるのか、繰り返し説明をしながら登りました。

  15名のみなさん全員に説明が行き届くように話すことは、屋外ではなかなか大変なことで、下山する頃には声が枯れそうになりましたが、皆さんから下山後に書いていただいたアンケートには、「こんなに地図を見ながら歩いたことがなかった」という声も多くあって、報われる思いでした。

  前回の机上講座で山の事故の最大の原因が毎年「道迷い」であることを説明したのですが、迷わないためには、地図を持つだけではなく、「どんなところで現在地確認ができるのか」を知っておくことは道迷いを防ぐ上で最重要なことです。

  嶽原登山口からのルートの植物が実に豊富なことも歩いて楽しい理由です。

  山菜の仲間のアカミズ(ウワバミソウ)やアイコ(ミヤマイラクサ)、園芸で珍重されるクジャクシダ、そして山野草もさまざま見つかります。

  山の植物は、登山のときの最大の楽しみという方は多いのではないでしょうか。


IMG_1768
<レーダー下でみんなでランチ>


  標高994mの白鷹山山頂は展望がそれほどよいというわけではありませんが、そこから尾根伝いに20分ほど歩いた国交省のレーダー施設がある場所は、一等三角点があり、またパラグライダーのテイクオフ・ポイントにもなっていて、素晴しい眺望があることも、山を登る人たちには見逃せない魅力です。

  この日は雲がかかっていて、残念ながら大朝日岳や月山を見ることはできませんでしたが、白鷹町や最上川の流域、そして山形市の町並みなどを俯瞰することができました。

  雄大な風景も、山のランチのごちそうになります。

  持参した食べ物にもみなさんの工夫があって、そうしたことも山の知識の豊かさにつながってゆきます。


IMG_1776
<マザーツリーの下で皆さんと>


  下りは大平への尾根沿いの道です。

  植物の様子が嶽原ルートとはがらりと変わります。

  ブナやミズナラの二次林の緑がずいぶん濃くなってきていました。

  このルートの途中に、白鷹山のマザーツリーとでも呼べるようなブナの大木があって、毎回ここでみなさんと記念撮影しています。

  「樹齢400年ぐらいでしょうか?」との声も聞かれましたが、だとすれば、それは関が原の合戦前後ということになります。

  白鷹山周辺には「奥羽の関が原」の古戦場がいくつも知られています。

  「白鷹山が古い火山だったことはご存知ですか?」と尋ねてみましたら、皆さん驚いておられました。

  白鷹山の北東側に点在する湖沼群は、かつてのカルデラの名残りなのです。

  下山後に書いていただいたアンケートを読みますと、やはり「地図の読み方」が不得手とか、もっと学びたいというご意見が多くありました。

  本格的な「地図読み講習会」も考えるべきなのかもしれません。

  ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

  また次回の講座で学びあいましょう。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:15|PermalinkComments(0) 山旅の報告 | 体験活動、講演、講義など

2019年06月23日

☆★同窓会総会でスタインウェイのピアノによるコンサートへの協力要請

IMG_1757
<長井高校同窓会総会>


  私の母校、県立長井高校の同窓会の総会が22日、市内のホテルで行われました。

  教員を「中退」してもう11年。

  出かけるときにひさびさにネクタイをしようとしたら、長さの調節がなかなかうまくゆかずに苦労しました。

  履いてでかける靴も、山の靴は何足もあるのに、「あれ? これだけ?」という感じ。

  アウトドアが主の生活の身にとっては、なかなか不似合いな場に出たのは、3年に1回開催されるスタインウェイのピアノを使ってのコンサートへの協力を呼びかけるためでした。

  1923年にドイツのハンブルグから日本に向けて送り出されたピアノの一台が、東北の小さな町の女学校に届けられたストーリーだけでも素晴しいものがあります。

  しかし、2002年にそのピアノが廃棄されようとしていた状況から、奇跡の復活を遂げるまでの展開も、とても感動的です。

  その価値にぜひ同窓生にも気づいてほしいとの思いでのきょうのスピーチでした。

  9月20日に開催する6回目のコンサートの準備を、関係者で相談しながら少しずつ進めてきましたが、いよいよチケットも発売です。


   ※これまでのスタインウェイのコンサート



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 長井高校スタィンウエイ・ピアノ 

2019年06月22日

☆★白鷹山へ下見登山〜雄大な朝日連峰大展望!

IMG_1745
<白鷹山レーダーから見た大朝日岳>


  きょう6月22日は、「二十四節気」の一つ「夏至」ですね。

  長井市は梅雨らしいどんよりした曇りの朝を迎えています。

  明日、「安全登山入門編2019」の実践登山を白鷹山で行うのですが、21日はその下見を兼ねて一人、白鷹山を歩いてきました。

  午前中は青空が広がっていました。

  その青空にたくさんの飛行機雲が見えたのは、上空に寒気が入っていたからかもしれません。

  国交省のレーダー前からは朝日連峰の展望が広がります。

  少し霞んでいましたが、残雪の大朝日岳が見えました。


IMG_1750
<大平からの登山道の大ブナ>


  嶽原登山口から入ると沢沿いのルート。

  そして大平への道を下るのは尾根沿いのルート。

  植生が明らかに異なっているのが何とも興味深いことです。

  標高700〜800mぐらいの場所でも、深山の趣があります。

  大平への道を下る途中に、ブナの巨木があります。

  いつ見ても堂々として、見る者の心を励ましてくれているようです。

  明日の実践登山が学びの多いものになるよう、きょうは最終の準備です。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:43|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年06月21日

☆★いざという時のために備えを万全に〜山の危険と安全管理を学ぶ

IMG_1730
<講座でメモをとるみなさん>


  「安全登山入門編2019」は20日、第2回目の講座を行いました。

  この日のテーマは「山での危険と安全管理」ということでした。

  登山にも、他のスポーツと同様に様々な危険が潜んでいるわけですが、いざ何か起こってしまうと、救急車をすぐに呼ぶこともできませんし、スタッフや手当ての用具などが十分にあるとはいえません。

  ですから、まずは事故を起こさないための対策を十分に行う必要があります。

  毎年警察庁から山の事故の統計が発表されますが、変わることなく第一位を占める事故原因は「道迷い」です。

  事前調査や地形図の携行、最新の山の情報の入手などを心がけ、余裕をもって行動することが大切です。


IMG_1733
<応急手当の実習>


  そうはいっても、山で何らかの事故に巻き込まれてしまう可能性はけっして低くはありません。

  軽微なものでは擦り傷、切り傷。

  さらには手足の捻挫や骨折。

  そうしたことが起こった場合、適切な応急処置を行うことで、事態の悪化を最小限にとどめつつ、速やかに医療機関に送り届けることが必要となります。

  この日の講座では、手首の骨折の疑いがある仲間に応急処置を施す実習を体験していただきました。

  大きな救急バッグを各自がいつも携行することはなかなかできないことですが、三角巾、滅菌ガーゼ、カットバン、テーピングテープなどで、各自の体験を踏まえてオリジナルの救急袋を準備してみてくださいと提案しました。

  「準備していたけれど使わなかった」が最良であることはいうまでもありません。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:20|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2019年06月20日

☆★「y字雪渓」まだ太字!〜春から初夏の花々楽しめる大朝日岳古寺ルート

IMG_1669
<がっしり太い「y字雪渓」>



 ※18日夜10時過ぎの地震の被害はわが家では被害は何もありませんでした。ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。特に山形県の日本海側や新潟県内で被害が出ているようです。被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。



  18日は久々の大朝日岳でした。

  といっても、この日の大朝日岳は山頂が雲に覆われていましたので、大朝日小屋までで帰りましたが・・・。

  「y字雪渓」はまだがっしり太い「y」でした。


IMG_1658
<16日の強風でちぎれ飛んだ青葉>


  16日の山開きの日は天候が悪く、長井市内でも風速20m/sを越える強風だったのですが、この日の残雪の上に、ちぎれた葉っぱが大量に落ちていました。

  秋の紅葉のときならまだしも、芽吹いてまもない若葉がこんなふうに粉々ともいえるほどちぎれているのは初めてみました。

  いかに風が強かったかということです。

  大朝日小屋近くのチングルマも、花びらが飛んでしまっているものがほとんどでした。


IMG_1687
<水滴ついたエーデルワイス>


  やはり大朝日小屋付近のエーデルワイス(ヒナウスユキソウ)は、背丈が低いので、何とか風を避けられたのでしょうか。

  近づいてみると、たくさんの水滴をつけていました。

  表面に細かな毛が生えていることで水をキャッチしようとしているのでしょうか?


IMG_1722
<ブナの赤ちゃん>


  昨年秋は県内どの山でもブナの実がたくさん実りました。

  その翌春には、落ちた種子が一斉に芽を出します。

  地面に目を近づけないと気づきませんが、ブナの赤ちゃんたちがたくさんいました!

  写真の下のほうに最初に出てきた「双葉」が見えます。

  その間から本葉が2枚出て、これで秋まで過ごします。

  数百年後に大木になっているのは「何十万分の一」という厳しい競争が始まっていました。

  18日にチェックした花々は以下の通りです。

  アオノツガザクラ、アカモノ、イワカガミ、イワナシ、イワハタザオ(大朝日小屋前に一面)、ウラジロヨウラク、エンレイソウ、オオカメノキ、オオバキスミレ、カタクリ、ギンリョウソウ、コメバツガザクラ、サラサドウダン、サンカヨウ、ズダヤクシュ、ショウジョウバカマ、シラネアオイ、タニウツギ、タムシバ、チングルマ、ツガザクラ、ツクバネソウ、ツマトリソウ、ナナカマド、ニッコウキスゲ、ノウゴウイチゴ、ハクサンチドリ、ハナニガナ(白花)、ヒナウスユキソウ(エーデルワイス)、ヒメイチゲ、ヒメサユリ(「熊越」付近)、マイヅルソウ、ミツバオウレン、ミヤマスミレ、ムラサキヤシオ、ヤマオダマキ、リュウキンカ(「一服清水」前)。

   ※18日段階の登山道、アクセス道路状況




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年06月19日

☆★大朝日岳、古寺ルートの登山道とアクセス道路状況報告

IMG_1699
<「熊越」付近のヒメサユリ>



 ※昨夜10時過ぎの地震の被害はわが家では被害は何もありませんでした。ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。どこでも起こりうる災害です。十分気をつけましょう。



  いつもの年より遅くなってしまいましたが、18日、今年初めて大朝日岳に行ってきました。

  きょうは登山道の状況や、アクセス道路のことなどをまとめます。

  ヒメサユリ、咲き始めていました!

  古寺山を越えて、雪解け早い鞍部に2輪。

  「熊越」付近は花が開いたものがかなりありました。

   それでもまだ2分咲きといったところです。


   ※18日段階の花の状況


IMG_1654
<小朝日の巻き道(古寺山から)>


  小朝日岳の巻き道は、先日、地元の山岳会の方から「22日までは通過しないほうがよい」と聞いていました。

  古寺山から見ると、最も急傾斜のあたりに雪が張り付いていました。

  アイゼン、ピッケル持参の上級者ならともかく、一般の方は通らないほうがよいと思います。


IMG_1670
<「銀玉水」はまだ雪の下>


  古寺鉱泉ルートの水場3か所のうち、採水できるのは「一服清水」のみです。

  「銀玉水」は、雪の下に隙間ができ始めていましたから、まもなくでしょうか?

  大朝日小屋から下っての「金玉水」も雪の下ですから、小屋泊まりの方には「銀玉水」のオープンが待たれますね。


   ※22日の最新情報で、「銀玉水」が汲めるようになったとのことです!


IMG_1690
<雪渓は軽アイゼンでは効き目なし>


  「銀玉水」上の雪渓は、「銀玉水」という標識の上30mぐらいから始まり、およそ300m近い長さがありました。

  16日に雨が降って、表面の柔らかい雪が解けたせいでしょうか、しっかりと堅い雪でした。

  私の先行者が一人おられて、足跡を見ると4本爪の軽アイゼンだったようですが、特に下りではほとんど効いておらず、滑った足跡がついていました。

  ガンガラ沢方面に滑ってしまうと、谷底まで滑落してしまいます。

  下るときに小屋に向かう2グループとすれ違いましたが、2人組のほうはアイゼンなしだとのこと。

  こういう人たちの中から毎年のように滑落者が出ます。

  アイゼンの携行は必須です。


IMG_1726
<古寺鉱泉への電線設置作業による規制>


  古寺鉱泉までのアクセスですが、木川ダム経由の道路は普通に通行できます。

  古寺集落から鉱泉までの3km区間で、現在電線の設置に伴う木の伐採作業が進められています。

  その関係で、平日に工事が行われ、規制がありますが、作業区間の両端に交通整理員の方がおられて誘導してくれます。

  まったく通れず何時間も待つ、などということはないようです。

  土日祝日は工事もお休みです。


IMG_1724
<「古寺案内センター」建築中>


  古寺鉱泉の「朝陽館」に帰りに寄ってきましたが、あの由緒ある建物での営業は今年秋までだそうです。

  秋までの間に泊まりにいかなくては!

  あの建物、解体するにしても、重機が入れない所です。

  どうするのか、大問題です。

  


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年06月18日

☆★折り紙で作った葉っぱ、活躍しそう!

IMG_1638
<「県民の森」に折り紙葉っぱ!>


  先日しばらくぶりに「県民の森」に伺いました。

  23日に予定されている「葉っぱ塾」の「安全登山入門編2019」で、実践登山で白鷹山に登ることや、7月に大学の実習でお邪魔することなどの打ち合わせでした。

  雨が降ったりしたら、研修室をお借りしなければなりませんから。

  平日の「県民の森」はがらんとしていましたが、近くにある山形市少年自然の家での宿泊研修に来ている小学生たちが2グループ通り過ぎてゆきました。

  地図を頼りに敷地内のハイキングをしているようでした。

  事務室のKさんは、一昨年、「スクールインタープリター養成講座」を受講してくださった方で、「県民の森」のベテラン職員です。

  事務室のカウンターに折り紙の葉っぱがたくさん置いてあったので、織り方を教えていただきました。

  こういうちょっとした小物に工夫を凝らすことで、子どもたちの関心が一気に高まることがあります。

  人に教えられるようになるには、何度も練習が必要ですね。

  ボケ防止になるかもしれません。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:00|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2019年06月17日

☆★「LCC登山」で47都道府県最高峰へ!〜半田久さんから著書届く

IMG_1642
<『誰でも登れる47サミッツ』カバー>


  16日は頭殿山のガイドの予定でしたが、風雨強いとの予報が出ていたため、前日の段階でキャンセルとなりました。

  朝日連峰の山開きにもなっていた日曜日でしたが、その神事に参加してきた人の報告を読むと、かなりの大雨だったようです。

  ここ長井市内では午前10時過ぎから風が強まり、最大瞬間風速は14時59分に20.3m/sを記録していました。

  こんな日に山に登っても全く楽しくありません。

  それではデスクワークと読書ということにしました。

  先日『誰でも登れる47サミッツ』という本が山と渓谷社から出版されました。

  日本百名山にこだわる山登り志向が強まっていますが、この本は、全国47都道府県の最高峰にこだわっての登山ガイドブックです。


IMG_1643
<著者、半田さんのサイン入り>


  著者の半田久さんとのそもそもの出会いは、東日本大震災直後の「アウトドア義援隊」の活動を展開していた天童市でのことでした。

  モンベルの社員だった半田さんは、天童市に置かれた「アウトドア義援隊」本部に会社から派遣されてリーダーとして活動していた方でした。

  ご退職なさって、ご自分の活動をときどきフェイスブックにも載せておられたのを垣間見てはいたのですが、登山がこのような目的を持っていたことは、存じ上げませんでした。

  この本のユニークさは、日本百名山にはこだわらないこともそうですが、「LCC」という面白い概念を導入し、それに徹していることです。

  「LCC」とは “Low Calorie Climbing” すなわち「省体力登山」のことです。

  つまり、できるだけ楽をして都道府県の最高峰に登ろうという方針のもとでの山のガイドブックとなっているのです。

  ページをめくっていると、たった15分や20分で山頂、という山などもあって、さすがにLCC登山だと納得。

  山のルートガイドにとどまらず、周辺の観光スポットや、山の歴史にも踏み込んだ記述があって、読んでいると「お! この山に登って、ついでにここも訪ねてみようかな」と誘われます。

  山の楽しみ方っていろいろあるんだなあということをつくづく感じさせてくれる本です。

  ちなみに、山形県の最高峰は鳥海山の2236m。

  今年7月に予定している「葉っぱ塾」の鳥海山登山は、まさに「LCCルート」です!



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:30|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー 

2019年06月16日

☆★物言わぬままの国民であってはならない〜香港の市民運動に学ぶ

IMG_1628
<好天の日の朝日連峰(大江町内から)>


  「老後は蓄えが2000万円以上ないと暮らしてゆけない」という有識者会議からの提言が話題に上るやいなや、政権に不都合とみてのことでしょうが、それを否定し、あげくのはてにはその報告書は「なかった」とまで言う腐った政治が私たちの頭上を暗雲のように覆っています。

  現在の年金制度が、制度設立当初の社会状況を踏まえたものであるのに、それが根本から違ってきていることは誰の目にも明らかでした。

  だからこそ政府は有識者会議を招集し、新たな方向性を見出すきっかけを示さねばなりませんでした。

  大企業が優遇され、1機116億円もするポンコツ戦闘機を100機以上もアメリカから買うことを約束するなど、そのままにされてよいはずはないのです。

  原発事故の問題、沖縄の問題、「森友」問題、「加計学園」問題などで明らかになったのは、大企業や「お友だち」への利益誘導です。

  一部の国民だけが潤い、大多数は犠牲にされている。

  こうした政府のやり方にもかかわらず、国民から大きな声が上がらないのはどうしてなのか。

  香港で起こっている、中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」に反対する市民の大きな反対運動のニュースを見聞きするにつけ、この「静かな」日本社会のありようは、かえって異様です。


IMG_1639
<残雪の月山(白鷹町中山地内から)>


  1970年代の後半から30年あまり教員を務めてきた私には、かすかに思い当たることが一つあります。

  それは、主権者としての政治教育が十分に行われてこなかったことです。


   ※「教育基本法」より
     (政治教育) 第十四条 良識ある公民として必要      な政治的教養は、教育上尊重されなければならな      い。



  学校で若者たちを前に政治のことを語ることはタブー視され、生徒たちの自治活動も様々な制約のもとに矮小化されてゆきました。

  上からの指示や命令に従順に従うことが組織のために大事だとされ、個人よりも組織という考え方が浸透してきていたと思うのです。

  息苦しさに耐え切れずそこから「はみ出る」者は生徒であれ教員であれ、「異端者」として扱われてきたのです。

  数十年間にわたる貧しい政治教育の「成果」が、多くの物言わぬ国民を育てたのかもしれません。

  心の片隅に「とげ」が刺さったような痛みがあります。

  しかし、そうした状況の中にあっても、香港の市民の運動に連帯する日本の若者たちの動きが出てきています。

  芽はあるのです。

  その芽をどう育てるのか。

  人生の夕暮れ時を迎えた私たちが真剣に考えなければばらないことです。

  今朝(16日)の新聞では、香港の状況を「審議を延期、撤回は否定」と伝え、市民側は「撤回まで闘う」との考えを表明しているとのこと。

  いつまでも「物言わぬ国民」であってはなりません。

  そろそろ私たちも目を覚まさないといけないのではありませんか?



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:31|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年06月15日

☆★南蔵王、きょう(15日)は中止〜29日に再度計画

IMG_1611
<コバイケイソウの葉っぱ(芝草平で)>


  きょう15日は「葉っぱ塾」で南蔵王へのトレッキングを予定していました。

  しかし予報が良くなかったので昨日の段階で「中止」を決めて、参加予定者に連絡をしました。

  朝5時の段階でまだ雨は降り始めていませんが、空はどんより重たい雲で覆われています。

  低気圧が接近してくると、風雨が強まるかもしれません。

  6月29日に改めて実施する計画を立てました。

  梅雨どきですからどうなるかはわかりませんが、リベンジです。

  参加をお考えの方には要項をお送りできますので、ご連絡ください。


   ※12日の下見の様子はこちら


   【連絡先】   葉っぱ塾・八木文明
     日本山岳ガイド協会認定ガイド
     日本自然保護協会自然観察指導員
     Tel 090-5230−8819 
     メール happa-fy★dewa.or.jp 
      (送信の際は★を@に変えてください。) 



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:10|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2019年06月14日

☆★「二十四節気」、「七十二候」に親しむ〜ネイチャーゲーム「私の暦」

IMG_1632
<小学生たちの「作品」>


  13日、「朝日少年自然の家」で寒河江市内の小学校の宿泊研修の1コマをお手伝いしてきました。

  1泊2日の研修の中に、「ネイチャーゲーム」の体験を取り入れる学校が毎年あるのです。

  それを私たち「山形村山ネイチャーゲームの会」が受けて、対応するというわけです。

  この日は5年生の2クラスを私ともう一人の会員で1クラスずつ担当。

  時間が50分ほどど短かったので、私が準備したのは「私の暦」という活動だけに絞っていました。


IMG_1625
<大江町から見えたこの日の月山>


  昔の人々は、「二十四節気」や「七十二候」のように、季節を細分化し、わずかな変化にも敏感に生活していたのでしょう。

  「二十四節気」で言えば、この日は「芒種」と「夏至」の間にあります。

  また、「七十二候」では6月13日は「腐草為蛍」(ふそうほたるとなる)の中の一日でした。

  ネイチャーゲームの「私の暦」は、日本古来のこの季節のとらえ方を踏まえ、「今日という日に自分だけの季節の名前をつけてみよう」という活動です。

  5年生ともなれば、漢字や歴史についての知識も増えてきています。

  私が準備していった国語辞典の引き方も学んでいます。

  15分ほど時間をとって、その後みんなで発表会を持って作品の分かち合いを行いました。

  爽やかな「皐月晴れ」に恵まれた二日間を過ごした彼らの「作品」には、緑、青空、風などの文字が多く見受けられました。

  季節の移り変わりに心が動き、異なる季節にもまた取り組んでくれたら嬉しいのですが。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:45|PermalinkComments(0) シェアリングネイチャー | 体験活動、講演、講義など

2019年06月13日

☆★雨に濡れ瑞々しい稜線の花々〜南蔵王縦走路下見山行

IMG_1610
<瑞々しいイワイチョウの葉>


  15日に南蔵王へのトレッキングを予定しており、その下見を兼ねて12日朝、エコーラインの南蔵王縦走路入り口から芝草平まで往復してきました。

  蔵王ライザスキー場の上部までは曇りだったのに、標高1500mを越えたあたりから小雨となっていて、駐車場で1時間ほど天候の回復を待ちました。

  小雨が霧に変わってきた頃を見計らい、歩き始めたのです。

  展望はききませんでしたが、雨に濡れた花や葉っぱのなんと瑞々しいことでしょう!


IMG_1606
<咲き始めたチングルマ>


  気温は10℃を下回り、雨具を着て手袋をしてちょうどよいぐらいの気温でした。

  縦走路入り口から少し下ったあたりでチングルマが見頃を迎えようとしていましたが、芝草平ではようやく咲き始めでした。

  途中で登山道が雪に覆われているところもあり、その周辺では季節はまだ春を迎えだばかりでした。


IMG_1608ミネズオウ
<小さな花はミネズオウ>


  芝草平で木道が分岐しているところでは、ミネズオウの小さな花が咲いていました。

  チングルマと同様に、背丈は小さいですが、これも樹木です。

  漢字では「峰蘇芳」と書きます。


IMG_1620
<コヨウラクツツジの小さな赤い花>


  芝草平から引き返す頃になって、空が明るくなり、青空がのぞき始めました。

  登山道のぬかるみに注意しながらゆっくりと戻りました。

  行きの道では気づかなかったコヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)の小さな赤い花を見つけました。

  この日道々見かけた花は以下の通りです。

  イワカガミ、エンレイソウ(白花)、オオカメノキ、コヨウラクツツジ、コメバツガザクラ、ショウジョウバカマ、タカネザクラ、チングルマ、ハクサンチドリ、ヒナザクラ、ベニバナイチゴ、ミネズオウ、ミツバオウレン、ミヤマスミレ、ミヤマハンショウヅル、ムラサキヤシオ。

  雪解けの早い遅いに応じて、春の花から夏の花まで見られるようになっています。

  15日の予報は良くありません。

  「葉っぱ塾」では天候が悪ければ中止することが多いです。

  どうなるでしょうか、明日(14日)判断します。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:06|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年06月12日

☆★屋根は広いな大きいな〜葺き替え作業進行中

IMG_1589
<家の周りに組まれた足場>


  いま、わが家の屋根の葺き替え工事が進んでいます。

  5月30日に足場を組む作業が一日がかりで行われたのですが、10日から吹き替え業者の作業員のみなさんがおいでになって作業が進められています。


IMG_1582
<作業する業者さん>


  今のわが家は確か父が定年退職をする1年前ぐらいに建てられたものでしたから、すでに35年近くになるはずです。

  私はまだ酒田に勤務していた時でしたから、その建築作業の過程をほとんど見ていません。

  屋根の上がどうなっているかも見ることなく過ぎていました。

  屋根の塗り替えを行ったのが2回ほどあったという記憶があります。

  この家を建ててくださった大工さんもこの間代替わりしていますが、変わらずにいろいろお世話になっています。

  その大工さんにお願いして、吹き替えの段取りをしてもらったのです。


IMG_1591
<屋根の上に登ってみる>


  最近建てられている組み立て式の住宅と違って、太い柱や梁がある今の住居の骨組みは、まだまだしっかりしています。

  しかし屋根はずいぶん傷みが進んでいるようでした。

  見積もりの段階で大工さんに言われたのは、わが家の屋根の広さが、今の普通の住宅のおよそ3倍ぐらいあるということでした。

  私が高校時代に建てられた部分と結合する形で新たな住居を建てたということもありますが、大事業です。

  子どもたちのリクエストもあって、屋根の色はこれまでのものに近い深い緑色です。

  梅雨の晴れ間をぬうようにしての作業、あと何日かかるでしょうか。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:46|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年06月11日

☆★図形の中から漢字探し〜どんな漢字が見つかるかな?

IMG_1587
<ここにどんな漢字が隠れているかな?>


  大学の授業で毎回外でのアイスブレイク的な活動を行っているのですが、10日は室内でできるものをやってみました。

  その一つが、写真のような図形の中に隠れている漢字探しです。

  最初は一人で取り組んでもらい、数分したら周りの人たちと見せ合い、教え合ってよいことにしました。

  一人だと15〜20個ぐらいがせいぜいでしたが、わいわい話し合いを始めると、どんどん増えてゆきました。

  線の長さや「はね」などは全く考慮せず、とにかく「読める」ということで考えてみます。

  「一」、「二」、「三」、「田」などは誰でもすぐに見つかります。

  さてみなさんはどれぐらい見つけられますか?

  大学生たちはなんと60以上も見つけたのです。

  だから助け合うって素晴しい!



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:45|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2019年06月10日

☆★雨のち青空、体当たりで遊んだ子どもたち〜「森の休日2019」第3回報告

IMG_1529
<雨の「空気神社」付近のブナの森>


  6月8日(土)〜9日(日)の日程で、「森の休日2019」第3回(通算78回目)を開催しました。

  福島からは4家族12名のみなさんがおいでくださいました。

  8日は梅雨入り直後の雨が朝から降っていました。

  雨はいやだなと思いがちですが、雨のときのブナの森は、緑の色が断然鮮やかです。

  恒例の「空気神社」参拝では、体の色が緑色に染まるかと思われるほどでした。


IMG_1535
<体育館で遊んだ後に>


  その後子どもたちは旧立木小学校体育館へ。

  雨の時に備えて借りていただいていたのが役立ちました。

  まずはフロアに落ちていたたくさんのカメムシの掃除から始まりましたが、それも遊びになるところが楽しいのです。

  スタッフ初参加の大学生や中学生以来6年ぶりにスタッフ参加した人もありました。

  6年ぶりのSさんは、社会人3年目!

  若者たちもこうした時間の経過の中で大きく成長しています。


IMG_1546
<一時的に広がった青空>


  体育館で1時間余り遊んでいたら、雨が止みました。

  それなら外で遊ぼうということで、「Asahi自然観」に戻りました。

  元気な男の子たちはスタッフを相手に、本気でドッジボールに熱中しました。


IMG_1557
<夜は焚き火を囲む>


  夜はナイトハイキングと焚き火です。

  夏至が近づき、夜8時になっても空に明るさが残っていましたが、それでも子どもたちにとってはドキドキ、ハラハラのハイキングとなります。

  子どもたちに真の暗闇を体験させたいと考えて行っています。

  星や月や人工衛星などを見ることを通じて、宇宙への思いも育ってほしいとの願いもあります。


IMG_1572
<サクランボがテーブルに!>


  1日目の夕方、私が朝日連峰でお世話になっている地元のKさんがたくさんのサクランボを持って訪ねて来てくださいました。

  福島から参加のSさんがずっと交流しているご縁で、それに合わせて訪問してくださったのです。

  また、東京のCさんが送ってくださったくるみボタンの髪留めも好評で、Cさんの思いをお伝えしながら紹介すると、お母さんたちが興味を持って選んでくださっていました。

  この「森の休日」の取り組みが実にたくさんの方々のご好意に支えられていることを感じずにはおれません。


IMG_1581
<morino kyujitu クッキー!>


  2日目の早朝、一人起き出して耳を澄ませていると、近くの森からはアカショウビンの鳴き声が聞えてきました。

  朝食後、子どもたちは元気に外に飛び出してゆきました。

  お母さんたちはアロマトリートメントと産直への買い物にご案内しました。

  アロマを担当してくださったスタッフからは、お母さんたちの首筋や肩がガチガチでした、と報告がありました。

  様々なストレスの中で暮らしておられるということだったでしょうか?

  アンケートや、アロマの際の会話の中に、原発事故発生直後、事実を知らされなかったことで初期被爆をしてしまったのではないかという後悔や不安をずっと持ち続けておられることが垣間見えてきました。

  終わってみればあっという間の二日間ではありましたが、「肩が軽くなりました」と笑顔で帰ってゆかれる福島のみなさんを見送ると、何とかこの取り組みをこれから先も継続させたいと強く思いました。

  この取り組みは「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して継続開催しています。

  皆様のお力添えをどうぞお願いいたします。



   【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:18|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 

2019年06月09日

☆★周回遅れのトップランナー

IMG_1521
<修理サービスはもうない!>


  11年前に教員を「中退」したときに、ひとさまよりはずいぶん遅れて携帯電話を持ちました。

  山のガイドの装備としての必携品となっていたことが最大の理由でした。

  最も安く、余計な機能が付いていないのは、お年寄り向けの「らくらくホン」でした。

  当初はこれでもツイッターやフェイスブック、それに自分のブログの更新もできていたのです。

  最近はそうしたことができなくなっていたことは承知していましたが、先日NTTから送られてきたチラシで、この機種の修理サービスが5年も前に終わっていたことを知りました。

  いつも「葉っぱ塾」や私は世の中の周回遅れという自覚はありましたが、スマホ全盛時代の中で、いつのまにか3周も4周も遅れていたようです。

  でも、周回遅れでも、一見トップランナーに見えることがありますね。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年06月08日

☆★梅雨入りのニゲラの花の不屈さよ

IMG_1490ニゲラ
<ニゲラの花>


  昨日(6月7日)、朝から小雨がぱらつきました。

  大江町でのネイチャーゲーム体験指導を終えて帰る車の中で、東北地方南部が梅雨入りしたとのニュースを聞きました。

  例年より早いような気がしますが、来週後半には梅雨の中休み、いわゆる「皐月晴れ」の予報も出ています。

  「さつき晴れ」を「五月晴れ」と思っている人が多いかもしれませんが、本来は陰暦皐月、梅雨のころに時折訪れる気持ちの良い晴天のことです。

  「葉っぱ塾」が企画した登山やガイド依頼も入っているので、「皐月晴れ」はありがたいことこの上もありません。

  先日、大学の授業を学生たちと食堂の前庭で行っていたとき、おや、と思って撮影した花は、調べてみると、ニゲラという花でした。

  これは江戸時代末期に日本に持ち込まれた帰化植物とのことでした。

  花の名の語源が、ラテン語で「黒」を意味する Niger からきているそうです。
  
  「黒種草」という日本名があるのですね。

  写真の花は白ですが、白以外に青、紫、ピンクなど多様な色があるせいか、花言葉もたくさんありました。

  とまどい、 困惑、当惑、ひそかな喜び、夢で会いましょう、夢の中の恋、夢路の愛情、未来、夢を抱く、不屈の精神、叶わぬ恋、深い愛、本当の私。

  こんなにたくさんの花言葉があると、この花を誰かに贈るのはなかなかたいへんそうです。

  私なら、不屈の精神、叶わぬ恋あたりに一票といったところです。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:51|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年06月07日

☆★「壁を壊そう!」と「壁」を作る〜二人の首相のあまりの落差

IMG_1514
<頭殿山山頂近くのブナの森で>


  ドイツのメルケル首相のスピーチが話題になっています。

  5月30日にアメリカのハーバード大学の卒業式に招かれた際の祝辞として述べられたものの全訳を読んで、その内容の深さ、重さに驚嘆しました。

  彼女はドイツが東西に分断されていたときに、「東」に住んでいた一人でした。

  一人の物理学者として生活しながら、いつも壁の向こうの世界のことを考えていたのです。

  ドイツ統一後、政界に身を投じ、2005年から首相を務めています。

  アメリカは今、大統領がメキシコ国境に壁の建設を進めようと躍起になっている中で、メルケルさんは「壁を壊そう!」と呼びかけました。

  おそらく彼女のスピーチはトランプ氏を批判するというような意図ではなく、若者たちに、新しい世界を作り出すために心の壁を乗り越えようと語りかけたものだと思います。

  先月末、アメリカ大統領が来日したときのわが国の首相が、まるで飼い主にしっぽを振り続ける犬のように振舞っていたのがまだ記憶に新しいものですから、それとの対比が鮮やかに感じられました。

  6月4日の「毎日新聞」は、首相と省庁幹部が打ち合わせした際の面談記録が作成されていないという驚くべき事実をスクープしました。


   ※6月5日付けの社説


  情報開示を求めても「不存在」と返されるとのこと。

  これでは官邸内部での「打ち合わせ」が、国民に知られてはならない悪事そのものであることを、自ら示しているとしか思えません。

  この二人の首相に関する報道を比べてみると、私たちの国がいかに政治家に恵まれていないかがわかろうというものです。

  国民との間に高い「壁」を築こうとする政治に早く終止符を打たねばなりません。



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:54|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年06月06日

☆★「芒種」、「端午の節句」、「入梅」〜玄関脇に「和音」咲く季節

IMG_1376
<玄関脇に咲く「和音」>


  きょう6月6日は二十四節季の一つ「芒種」です。

  稲や麦などの種を蒔く時期ということですが、実用面では田植えの目安とされていたそうです。

  田植えが機械で行われるようになって、今ではこれよりもずいぶん早く田植えが終わってしまいます。

  あすは「皐月五日」で、端午の節句です。

  この伝統のもとは中国にあって、奇数を「陽」の数と考え、それが重なる「三月三日」、「五月五日」、「七月七日」、「九月九日」などをめでたい日としたのだそうです。

  新暦が導入されてからは、もともとの季節感とは離れてしまったようですね。

  「入梅」が6月11日となっています。

  このあたりが「梅雨入りした」との発表は聞いていませんが、昨日(5日)夕方は、突然の雷雨に一時は雹が混じって降ってきました。

  大陸の高気圧と太平洋の高気圧とがせめぎ合い、そこに時折寒気が南下して、大気の状態が不安定になるのです。

  わが家の玄関脇に植えた「和音」というバラがたくさん花をつけています。

  埼玉の方から送っていただいて植えたものが、手入れもしないのに、こうして毎年元気に花を咲かせてくれます。

  花の写真を添えて、お便りを出そうと思います。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:45|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年06月05日

☆★大朝日岳の大展望台、頭殿山下見山行レポート

IMG_1507
<頭殿山山頂からの残雪の大朝日岳>


  6月中旬に予定されている仙台C社の頭殿山(とうどのさん)ツアーの下見を兼ねて、4日早朝出発し、朝日鉱泉近くの登山口から頭殿山に登ってきました。

  頭殿山も「やまがた百名山」の一座に数えられています。

  これまで2回は秋の登山だったので、残雪の時期に登りたいと思っていました。

  この山の標高は1203mと、さほど高いわけではありませんが、大朝日岳からほぼ真東、直線距離およそ10kmのところに位置していますから、大朝日岳の優れた展望台の一つと言えるのではないでしょうか。

  上の写真では真ん中の大朝日岳を挟んで左の台形の山が長井市の最高点でもある平岩山、右側が小朝日岳です。

  翼を大きく広げたイヌワシのようなこの方向からの大朝日岳、いつの季節も見とれます。


IMG_1495
<山頂手前は春の花タムシバ>


  登山口は「朝日鉱泉ナチュラリストの家」の手前400m付近のヘアピンカーブのところです。

  登山口の標識がありました。

  不整地ではありますが、駐車スペースもありました。

  この場所の標高が530mあまりありますので、山頂までの標高差は670mほど。

  それほどきついとは感じません。

  私は朝早く、午前7時前には登り始めたこともありますが、午前中は日が当たらない頭殿山の西側斜面を登りますので、ブナの森の中を拭きぬける風は涼しく感じられました。


IMG_1494
<標高1100m付近のブナの新緑>


  残雪があるかどうか気になっていましたが、この日、ルート上に雪は全くありませんでした。

  ただ、冬の間の雪の重みで倒れた木が数本ありましたので、通過には注意が必要です。

  「わらび野」という鞍部を過ぎると、山頂手前まで、巨木のブナの森の中を歩きます。

  新緑が目にしみるような中を歩くことができました。


IMG_1515
<山頂直下の大朝日岳眺望ポイントから>


  登るときは背中側になる大朝日岳の眺望を楽しむ余裕がないかもしれませんが、下り始めると、何か所か、木立の間から大朝日岳が見える場所があります。

  頭殿山の方角から眺める大朝日岳は尖がった山体に見えますし、かなり下のほうまで見えるので、姿が堂々としています。


IMG_1517
<「朝日鉱泉」テラスから望む大朝日岳>


  下山後、近くの「朝日鉱泉」に立ち寄ってみました。

  若いご主人の西澤さんが部屋の清掃中にお邪魔しました。

  頭殿山の登山道の整備をしてくださっているのはこの西澤さんなのです。

  道の状況や倒木のことなどをお伝えしました。

  この登山道で一つ注意が必要なのは、「わらび野」で稜線に出るまでの道がほとんど斜面を横切る道だということです。

  急傾斜の斜面を横切るということは、足を滑らせると、斜面を滑り落ちる危険性もあるということです。

  道が細い部分もあるので、ご注意ください。

  それから、クマに対する注意を怠らないでください。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:46|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年06月04日

☆★12年目の「田んぼオーナー」、賑やかに田植え終了

IMG_1464
<「移動式線条機」を使う>


  「葉っぱ塾田んぼオーナー」の、12回目の田植えを6月2日に行いました。

  自分たちが食べるものへの関心を高め、口に入るまでの様々な人の関わりを、とりわけ子どもたちの目に焼き付けておきたい。

  そんな思いから始めた取り組みでした。

  今年は欠員になっていたオーナー枠の最後の一つに新たな加入者が現れ、久々に12オーナーが埋まりました。

  ここ数年、田んぼに苗を植える目印の方眼を引くのにこんな道具を使っています。

  「ムカデ」とも呼ぶと聞きましたが、それは通称で、この道具に「移動式線条機」との表示がありました。


IMG_1466
<みんなで田植えの風景>


  途中まで「線条機」で縦横に線を引き、並行して手分けして植え付けの作業が始まります。

  苗5本を目安に植えてゆくことに約束していましたが、中には10本もあるような株もありました。

  作業を始める前に、お世話くださる遠藤さんから「苗は人の手のぬくもりを忘れずに育つ」という言葉を聞いたことが、子どもたちにはどう伝わったでしょうか?


IMG_1470
<ドローン現る>


  この前日、遠藤さんから「ドローンで田植え風景を撮影したいとの申し出がある」と聞いていました。

  勧進代で行われているわらじ作りのことを映像に残す取り組みが進行中で、その一場面に田植えの風景を撮影したいとのことでした。

  今は田植え機械が入るので、田んぼにこんなに人が集まって作業することは、ほとんど見られなくなりました。

  撮影したデータをいただけるとのことでしたので、機会があれば公開できるかもしれません。


IMG_1474
<2時間ほどで田植え完了!>


  好天の下で、作業は順調に進み、およそ2時間ほどで12アールの水田にコシヒカリを植え終わりました。

  千葉や埼玉からの参加者もいらっしゃるので、私たちは「草取り」ができません。

  そのため、除草剤を1回だけ撒いていただきますが、それ以外の農薬は使わない「低農薬特別栽培米コシヒカリ」が育ってゆきます。

  この取り組みの初期にまだ小学生だったKさんファミリーの息子さんがしばらくぶりに、山形大学生になって現れたのには一堂びっくりしました。

  もう社会人になっている人もいます。

  自分はたいして変わっていないつもりでも、12年というのは子どもたちの成長に目を見張るには十分すぎる時間でした。


IMG_1477
<葉山をバックに記念撮影>


  この田んぼの水は、今では長井ダム経由で朝日連峰から流れてくる水が使われています。

  イネたちは、日々葉山を見上げながらこれから4か月ほど成長して刈り取りを待ちます。

  長期予報では、この夏は冷夏になるかもしれないとのことでしたが、はたしてどうなるでしょうか。

  長雨、高温、低温、台風、強風、旱魃、病気・・・。

  自然任せのイネの栽培には人の手が及ばないものがあります。

  秋の収穫を心待ちにしています。

  田植えにご参加くださった皆様、ありがとうございました。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:42|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2019年06月03日

☆★「日本の紅(あか)をつくる」白鷹町で紅花染め体験

IMG_1422
<手入れの行き届いたベニバナ畑>


  きょう6月3日は「月の暦」では「皐月ついたち」です。

  卯月の最後の二日間、「葉っぱ塾」はいろいろなお客様をお迎えし、賑やかな週末となりました。

  6月1日の土曜日は、白鷹町の今野正明さんの工房「紅花の館(はなのやかた)」にベニバナ染め体験に伺いました。

  この日一緒に伺ったのは、翌日の田植えに参加くださる千葉のSさんご夫妻と、前回の「森の休日」に参加くださった福島のNさん母子、市役所職員のYさん、それに東京の旅行社「あうたび」のスタッフでした。

  午後2時ごろ伺って早速、工房周辺のベニバナの畑を見せていただきました。

  時期を少しずらして蒔いたベニバナの早いものは花芽ができかかっていました。

  7月上旬の「半夏生(はんげしょう)」の時期に最初の花が咲くそうで、「半夏一つ咲き」と呼ぶとお聞きしました。


IMG_1438
<ご指導いただいた今野さん>


  今回は「学び」を深めていただく機会と考えていました。

  今野さんは、説明のための資料をパワーポイントでまとめておられました。

  私は何度もお邪魔しているのですが、そのたびに新たな学びがあって、紅花栽培や染めの文化の奥深さにいつも驚嘆しています。

  説明に飽きてしまったNさんのお子さんの相手は私が務めることにして、Nさんにもゆっくりと体験していただくことができました。


IMG_1441
<完成したみなさんの作品>


  最高級の「もがみベニバナ」をふんだんに使っての染めは、それぞれの個性が溢れる作品に仕上がりました。

  染色液に手を浸し、液の中で布を動かしたり、液をかき混ぜたりすることが、斑(むら)のない染めにつながってゆきます。

  昔、一反の絹布を真っ赤に染め上げるまでに、4人が入れ替わりで4昼夜も作業をしたものだそうです。

  完成した作品のそれぞれに、製作者の思いが込められていました。

  この夜は、「あうたび」のスタッフを交えて、今後のツアーの可能性を話し合う交流会となりました。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:30|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート 

2019年06月02日

☆★県道252号線、祝瓶山荘まで開通〜林道区間は悪路注意

IMG_1409
<木地山ダム湖畔から見る祝瓶山>


  長井市内から木地山ダムを経て祝瓶山(いわいがめやま)登山口に向かう県道252号線が5月24日に通行止めが解除されたとの情報を聞いて、31日早朝、祝瓶山荘まで行ってきました。

  昨年は、「葉っぱ塾」が計画していた祝瓶山への登山の直前の6月21日から、落石の危険ありとのことで通行止めとなり、結局そのまま冬季通行止めに入っていたものですから、11か月ぶりの開通ということになりました。

  木地山ダム湖の最上流部の県道区間は、開通前にある程度整備もなされたようでしたが、山荘手前3.2kmの林道は、相変わらずの悪路でした。

  「山岳観光を盛んにしたい」と長井市の関係者は口ではいうものの、アクセス道路が車の腹をこするような悪路では、絵に描いた餅でしょう。

  お客様をお連れして行くのはどうも気が引けてしまいます。


IMG_1412
<「不伐の森」付近から見る大朝日岳>


  帰り道、「21世紀不伐の森」の広場付近で車を止めました。

  ここは祝瓶山と大朝日岳をつなぐ稜線が望めるところです。

  大朝日岳の残雪もしだいに縮小し、雪が溶けて黒く見える部分が多くなっています。

  ここで驚いたのは、アカショウビンの鳴き声が周囲の森のあちこちから聞えたことです。

  夏の間だけ日本の深い森のあるところで過ごすというこの鳥は、姿を見ることはなかなかできませんが、鳴き声はとても特徴的です。

  バードリスニングにはなかなか良い場所かもしれません。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:51|PermalinkComments(0) 山形県・長井市内名所案内 

2019年06月01日

☆★『広い河の岸辺コンサート』第3回、チケット発売開始しました!

8.31長井公演チラシ表面
<『広い河の岸辺コンサート』第3回チラシ>


  8月31日に長井市内で開催される『広い河の岸辺コンサート』第3回のチケット発売の準備が整いました!

  今回のコンサートには白鷹町ご出身のソプラノ歌手、文屋小百合さんの出演が決まっています。

  チケットはチラシにあるプレイガイドでお求めになれるほか、事務局を担当する「葉っぱ塾」からはチケットの郵送サービス(代金は郵便振替)も承ります。

  当日は会場の皆様と文屋さん、たかこ&やぎりんバンドと一緒に『広い河の岸辺』をみなさんで歌う場も準備しております。


   ※やぎりん出演、東京文化会館公演映像


  ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。

  土曜日の午後の開演ですので、遠方からのご来場にも好都合かと思っております。

  宿泊を希望される方には「タスパークホテル」の割引宿泊が可能です。

  この点については「葉っぱ塾」ご相談ください。


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:53|PermalinkComments(0) やぎりん、木星音楽団関連 | 只今募集中の企画!