2019年07月

2019年07月31日

☆★大朝日岳、移り変わる花々を愛でながら、荷揚げ!

IMG_2330
<朝日嶽神社と鳥原小屋>


  30日は午前2時過ぎに起きて、3時前に家を出発し古寺鉱泉に向かいました。

  8月にある2つの山の行事の食料を荷揚げすることにしていたのです。

  4時過ぎ、まだヘッドランプが必要な中、鉱泉駐車場からまずは鳥原小屋へ向かいました。

  小屋の管理人として入っておられる鈴木さんにご挨拶。

  もちろん朝日嶽神社への参拝も。

  2つのツアーの無事を願いました。


IMG_2328
<鳥原小屋のポチ>


  鈴木さんの愛犬ポチは、人懐っこい犬です。

  平日はそれほど登山者も多くはないでしょうから、人が訪ねてくるのを待ち焦がれていた感じでした。

  そうそう、鳥原小屋限定販売の新しいTシャツが出来上がっていました!

  素敵な空色のものを1着購入してきました。


IMG_2331
<鳥原湿原のキンコウカ>

  
  鈴木さんに食料を託し、小朝日岳へと向かいます。
  
  鳥原湿原ではキンコウカが咲き始めていました。

  緑色の湿原植生の中で、小さな黄色い星型の花はまるで線香花火のようです。


IMG_2343
<咲き始めたコキンレイカ>


  鳥原山からの展望はこの日は「なし」。

  標高1500m以上は雲の中でした。

  それでも雲の中は雨ではなく、歩くには心地よい涼風が吹いて体を冷やしてくれました。

  下山して知ったのですが、山形気象台は「30日、東北南部は梅雨明けしたと見られる」と発表したそうです。

  山の天気はそんな感じではありませんでしたが・・・。

  さて、「熊越」と「銀玉水」の間で咲き残りのヒメサユリがありました!

  8月に登ってヒメサユリだったら、超ラッキーです!

  「銀玉水」手前の砂礫地にはコキンレイカが咲き始めています。

  ハクサンオミナエシという名前もありますが、私は「小金鈴花」のほうが好きです。

  古寺ルートではこのあたりのごく狭い場所に成育しています。


IMG_2348
<大朝日小屋前のクルマユリ>


  霧の中の大朝日小屋に着くと、小屋の前はクルマユリ、ハクサンフウロ、ムカゴトラノオ、ミヤマトウキなどのお花畑でした。

  私が朝日に登り始めて25年ほどになりますが、小屋周辺の植生がずいぶん復活してきています。

  関係者の保全のための取り組みが功を奏しているのだと思います。

  ツアーの食料を預けて下山です。


IMG_2351
<秋を感じる頃に咲くタカネマツムシソウ>


  この花が咲くと、秋の気配を感ずる花の一つがタカネマツムシソウです。

  小屋に泊まるときに、夕陽の中で撮影してみたい花でもあります。


IMG_2352
<シソ科のミヤマクルマバナ>


  この花は、あまり名前を知られていないかもしれません。

  シソ科のミヤマクルマバナ。

  夏山になったなあ、と思う頃に見かけるようになります。

  小さな赤紫色の花が、上から見ると放射状に咲くことから「クルマバナ」なのでしょう。


IMG_2361
<古寺鉱泉に近い尾根のヒトツバカエデ>


  下りの古寺鉱泉へのルートは、いつも通いなれた道です。

  先週末地元山岳会のみなさんが、登山道の刈り払い作業を行ってくださって、心地よい道になっていました。

  草刈り機で刈るときに、大切な高山植物を切らないようにという配慮が目に見えて、頭が下がりました。

  ガイドで歩くときは、地元のみなさんのご苦労のことを必ずお客様に伝えるようにしています。

  古寺鉱泉近くまで下りてくると、ヒトツバカエデが目立つところがあります。

  知らなければ、誰もカエデの仲間などとは思わないでしょう。

  こんなカエデ、好きだなあ!

  古寺ルートの3か所の水場はいずれも水が取れます。

  きのうは「銀玉水」を3リットルほど持ち帰りましたので、しばらくはこの水で朝のコーヒーです!





  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:57|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年07月30日

☆★「自己肯定感」のある人間を育てよう!〜ヤギおじさんから最後のメッセージ

IMG_2324
<学生が持っていたテキスト>


  29日は、私が非常勤講師を務めている大学の最後の授業日でした。

  4月から始まった授業は全15コマ。

  二十歳前後の若者たちとの4か月間は、終わってみればあっと言う間でしたが、「葉っぱ塾」のヤギおじさんとしても学びの多い貴重な時間でした。

  子ども教育学科で保育士や幼稚園教諭を目指す学生は必修、小学校教員志望の学生は選択ということでした。

  私自身は幼保関係の知識を学んできたわけではなく、暗中模索で「葉っぱ塾」の活動の中で得てきた体験を、様々な形で授業に反映させてきました。


IMG_2325
<レポート記入中の学生たち>


  私が担当している科目の名前は「環境供廚箸いΔ里任垢、最後の授業では、子どもたちを取り巻く「環境」にも、小は家族環境から、大は社会環境、政治環境、地球環境まであって、全てが子どもたちの成長に反映されていることを伝えました。

  ですから、子どもたちの成長に寄り添うには、日々の体験活動のスキルを研くことにとどまらず、この社会の中で、今の政治の中で、温暖化が進むと言われるこの地球環境の中で、目の前の子どもたちにどんなふうに成長していってほしいのかのビジョンをもたなければならない、ということを伝えたかったのです。

  「自己肯定感のある人間を育てたい」。

  これは最も大切な柱です。

  そのために、私たちがしっかりと「自己肯定感」を持たねばならない。

  そんなメッセージを、強く発信したつもりです。

  彼らの中の何人かが「森の休日」のスタッフとして参加し始めています。

  これは私が授業に出ている副産物といったところですが、子どもについて学んでいる学生たちの持っている力に、とても助けられています。

  短い間でしたが、ありがとうございました。

  彼らの最終回レポートについてはまた別の機会に触れたいと思っています。




  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:00|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2019年07月29日

☆★鳥海山、途中撤退も、楽しんだ山と海!

IMG_2243
<好天の鳥海湖を背景に(27日)>


  27日〜28日、「葉っぱ塾」としては初めての鳥海山ツアーを行いました。

  これまでの山の講座の参加者など9名のご参加をいただきました。

  山形県の内陸部からだと日帰りは日程的に厳しいということで、標高1700m地点にある御浜小屋に1泊しての余裕をもった日程を組んでいました。

  1日目の27日は、「曇り」の予報が、それを覆す好天となりました。


IMG_2289
<夕方の海を眺める登山者たち>


  初日の行程は登りが3時間ほど。

  気温が高くだいぶ汗をしぼられましたが、無事に小屋に到着しました。

  食事と毛布が提供されるので、荷物が少なくできて、こうした小屋の存在はありがたいものです。

  食事を終えても日没まではたっぷり時間がありました。

  小屋の外からは、夕暮れの日本海とそこに浮かぶ飛島、遠くには男鹿半島の先端部まで見ることができました。


IMG_2278
<鳥海山の上に虹の大アーチ>


  それとは反対方向の鳥海山の方角を見ると、心配な雲がかかっていました。

  しかし、そんな雲のおかげで、鳥海山の上に架かる虹の大アーチと、ブロッケン現象を見ることができました。


IMG_2307
<雨と霧の中を歩いた二日目>


  小屋は8時消灯。

  消灯前に下の町での花火大会の光を見た方もいらっしゃいました。

  夜は雨音がすることもなく、私はぐっすり眠りました。

  初めての小屋泊まり体験の方もいらっしゃって、翌朝は「眠りが浅かった」という方もおられました。

  二日目の朝は、濃い霧でした。

  それでも雨でなければ霧は晴れるのではないかと思って午前6時過ぎに小屋を出発。

  しかし、私たちの期待に反して断続的な雨となりました。

  前日山頂に泊まって下山する人たちから聞くと、山頂では風雨が中腹以上に強いとのことでした。

  小雨のお花畑の中を1時間あまり登って、標高1830mあたりで、私たちは引き返す決断をしました。

  ガイドとしては一番厳しい判断でしたが、参加者の皆さんが「また来ましょう!」と快く賛同してくださったことが何より嬉しいことでした。

  下山する前に、秘密の場所のチョウカイフスマを見ていただきました。


IMG_2313
<白花のハクサンシャジン!>


  帰り道でも花、花、花でした!

  霧の中で、白いハクサンシャジンを見つけました!

  これは通常薄紫色の花を咲かせるのです。


IMG_2318
<初めて見たオオバタケシマラン>


  小屋に戻り、預けた荷物をパッキングし直し、さらに下ります。

  相変わらず雨は降ったり止んだり。

  止んだと思って雨具を脱ぐとまた降り出す意地悪な雨でした。

  二日間でみなさんと確認した花々を列挙しておきます。

  アオノツガザクラ、アオヤギソウ、イワイチョウ、イワオトギリ、イワカガミ、イワブクロ、ウサギギク、ウラジロヨウラク、オオバキスミレ、オオバタケシマラン、キバナノコマノツメ、クガイソウ、クルマユリ、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ、コメバツガザクラ、シロバナトウウチソウ、チョウカイアザミ、チョウカイフスマ、チングルマ、ツマトリソウ、ツルアリドオシ、トウゲブキ、ナナカマド、ニッコウキスゲ、ノギラン、ノリウツギ、ハクサンイチゲ、ハクサンシャクナゲ、ハクサンシャジン(白花も!)、ハクサンフウロ、、ハクサンボウフウ、ハナニガナ(白花・黄花)、ヒトツバヨモギ、ヒナザクラ、ベニバナイチゴ、ホソバイワベンケイ、マイヅルソウ、マルバシモツケ、ミツバオウレン、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマカラマツ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマコウゾリナ、ミヤマダイモンジソウ、ミヤマツボスミレ、ミヤマトウキ、ミヤマホツツジ、ミヤマリンドウ、モミジカラマツ、ヤマハハコ、ヤマブキショウマ、ヨツバシオガマ、ヨツバヒヨドリ。


IMG_2320
<海辺の産直で食べた特大岩ガキ>


  途中で引き返した分、予定よりも早く、午前11時ごろには「鉾立」の駐車場に全員無事に下山しました。

  標高1050mの「鉾立」も時折降る雨と濃い霧の中でした。

  私たちは海辺の温泉に直行!

  汗を流してさっぱりしたら、誰からともなく「海の幸を食べたい!」との声があがりました。

  もちろん異存あるはずもなく、国道沿いの海産物の産直に入りました。

  内陸の私たちには野菜や果物の産直は珍しくありませんが、海の幸の産直は興味津々です。

  私は迷わずLサイズの岩ガキを注文。

  レモンを絞ってつるりといただきました。

  今回は途中撤退ではありましたが、私も皆さんも、山と海を存分に楽しみ、味わった二日間だったのではないでしょうか。

  来年またこの時期に計画しようと思います。

  ご参加くださった皆様、そして送り出してくださったご家族の皆様、ありがとうございました。




  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:24|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年07月28日

☆★「さよなら朝陽館、紅葉登山」を計画します!

IMG_3148
<紅葉に包まれた古寺鉱泉「朝陽館」>


  朝日連峰の古寺鉱泉登山口で、現在大規模な整備事業が進められています。

  200台もの車をとめることができる大きな駐車場と、その脇に大きな建物が建設されています。

  この建物の完成に伴い、これまで登山口で営業していた旅館「朝陽館」が味のある建物での営業を今シーズン限りで終えると聞きました。

  ツアーのガイドの前泊などで何度もお世話になった木造の建物です。

  今年のうちに何とか泊りに行きたいものだと自分のスケジュールと旅館の予約状況を見比べていましたが、10月20日(日)に宿泊の確保ができました。

  前日は「朝日山岳会」の納会ですでに予約されていました。

  この時期は紅葉前線が鉱泉付近まで下りてきます。


IMG_5911
<「朝陽館」の夕食一例>


  20日(日)に「やまがた百名山」の一座鳥原山に登り、下山後汗を流して交流会。

  翌21日(月)は近くのやはり「やまがた百名山」の一座でもある、大頭森山にハイキング。

  どちらの山も、朝日連峰の優れた展望台でもあります。

  「さよなら朝陽館紅葉登山」にぜひご参加ください。

  要項ができましたらお送りすることが可能です。

  ご連絡お待ちしています。


    【連絡先】   葉っぱ塾・八木文明
     日本山岳ガイド協会認定ガイド
      日本自然保護協会自然観察指導員
     Tel 090-5230−8819 
     メール happa-fy★dewa.or.jp 
      (送信の際は★を@に変えてください。)




  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 只今募集中の企画! 

2019年07月27日

☆★庭のオトギリソウとヤマウド

IMG_2206オトギリソウ
<庭に咲いたオトギリソウ>


  いつもの夏なら草が生い茂ってしまうわが家の庭ですが、今年は、先日購入した除草機のおかげで、「ここは空き家?」と思われることのない程度に、庭の状況が保たれています。

  オトギリソウが数本咲いていたのは、刈ってしまわないように注意しました。

  オトギリソウはハーブの一種だそうですね。

  そういえば、母がオトギリソウの葉っぱを焼酎につけておいたものを切り傷によいと、使っていました。

  このあたりの山ではイワオトギリという高山植物がありますが、庭に咲くものと比べ背丈が低いようです。


IMG_2210ウドの花
<ウドの「線香花火」>


  庭のあちこちに増えてきたヤマウドを、そのままにしておいたら、文字通り「ウドの大木」になってきました。

  花が咲こうとしています。

  やがてそこに果実がなっていきます。

  果実が熟したら、そこらにばら撒こうと思っています。

  近づいて見るとまるで線香花火のようにも見えます。

  この部分を天ぷらにして食べてもおいしいとインターネットの記事で見つけました。

  週間予報を見ますと、30日から晴れのマークが続いています。

  その頃梅雨明けでしょうか?

  数日前からセミも鳴き始めています。




  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年07月26日

☆★「中学生」ぐらいに育った田んぼのコシヒカリたち

IMG_2224
<葉っぱの「窓」がある!>


  「葉っぱ塾田んぼオーナー」の田んぼに立てている看板が傷んできたので、新しいものと交換したいと思っていました。

  「森の休日」でもお世話になっている大工のYさんにお願いしていましたら、先日届けに来てくださいました。

  板の隅に葉っぱの形の「窓」がくり抜いてありました!

  電動糸鋸を使ってていねいに作業してくださったのですね。


IMG_2222
<「中学生」ぐらいに育ったイネ>


  6月は低温傾向で心配されたイネの生育でしたが、ここ数日は日中の気温が30℃を超えるようになり、日差しも出てきています。

  6月2日に田植えしてから50日あまりのコシヒカリたちは、「中学生」ぐらいの感じまで成長しました。

  お盆の頃、花を咲かせるはずです。

  間もなく梅雨明けの気配が見えてきました。

  今後台風が来ないことを願っています。




  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:12|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾田んぼオーナー 

2019年07月25日

☆★低投票率、メディアの劣化、選挙制度のあり方を考えた

IMG_2212
<当選を決めた夜のテレビ映像から>


  参議院議員選挙から数日たちました。

  投票日の翌日が大学での授業の日でしたので、学生たちに「投票に行きましたか?」と聞いてみました。

  2クラス全体ではおよそ半数ぐらい、あるいはそれを下回っていたかもしれません。

  学生の中には自宅を離れてアパート暮らししている人もいますが、住民票を移さないままにしていることも多いようです。

  それでも手続きすれば郵送での不在者投票ができるはずなのですが。

  全国的には18歳、19歳の投票率は30%前後だったということでしたから、若者たちの中に、権利としての投票という意識があまりないことは明白のようです。

  それでも山形県は、投票率が60.74%で、全国一だったそうです。


参院選2019自民得票と議席
<選挙区選挙の得票と議席>


  今回自民党は全体での得票数を200万票ほど減らしたそうですが、それでも選挙区の74議席中38議席を確保したのですね。

  民意が十分に反映されるような制度になっていないということが大きいような気がします。

  比例区では14万票ほどで議席を得た人もいるかと思えば、100万票近く取った山本太郎さんが議席なし。

  これもなんだか釈然としません。

  こうした選挙制度のあり方を、国会議員自身が決めていることも大きな問題でしょう。

  投票日前にテレビは連日芸能人ネタを放送していたそうですが、投票が終わったとたんに「れいわ旋風」などと放送を始めていたようです。

  メディアがその役割を十分に果たせていないこの国のあり方が一層深刻化していることも問題です。

  昨日(24日)、山形から当選した芳賀道也さんには当選証書が渡されたそうです。

  山形県民の代表として、しっかりと活動してくださることを心から願っています。




  ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:06|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年07月24日

☆★96歳のピアノでコンサート!〜梅津碧さん、齋藤友佳さんご出演

IMG_4078
<ピアノ内部の製造番号> 


  私が県立長井高校に在学していたとき、木造の音楽教室に置かれていたピアノは、ピアノの世界的なメーカーであるスタインウェイ社のものだったことを、私は全く知りませんでした。

  21世紀に入ってまもなく、壊れたまま同窓会館の片隅に置かれていたそのピアノが廃棄されようとしていたときに、当時の音楽教員のSさんがそのことに心を痛め、スタインウェイ・ジャパン社に相談の電話を入れたことから、このピアノの奇跡的な復活のドラマが始まりました。

  「ピアノの内部に製造番号があるはずです」との言葉通り、内部には「217170」という番号が記されていました。

  ス社は直ちにそれを手がかりに、社に残っていた記録を探り、そのピアノが1923(大正12)年にドイツのハンブルグから日本に向けて出荷された数台のピアノの中の一台だったことが判明しました。

  今から96年前のことです。

  記録が「廃棄」も「改竄」もされずに残っていたのです!

  ピアノはドイツに空輸され、ほぼ1年かけてオーバーホールされ、まったく新品のピアノのようになって日本に戻ってきました。

  このピアノはス社のご配慮のもと、長井高校に戻ることになりましたが、その背後で多くの方々が動いてくださいました。

  同窓会では「ピアノ委員会」を設置しこのピアノの活用を検討してきましたが、3年に一度、長井市内でコンサートを開催し、広く地域の皆様にもこの音色をきいていただく取り組みを続けてきました。

  私は「ピアノ委員会」の設立時からのメンバーとしてそのコンサートに携わってきましたが、今年は6回目のコンサートの年にあたっています。


2019コンサートチラシ(縮小版)
<スタインウェイ復活記念コンサートチラシ>


  先月末の同窓会総会に間に合わせるべくコンサート準備が進められてきましたが、すでにチケットの発売が始まっています。

  これまで5回のコンサートはこのピアノを「主役」として開催してきましたが、今回は「脇役」に徹することになりました。

  ソプラノの梅津碧さんの歌声を、齋藤友佳さんがこのピアノで伴奏してくださいます。

  お二人とも長井市のご出身です。

  とくに梅津さんは、長井高校在学中にこのピアノ復活の最初のコンサートのときに在学しておられた方です。

  若々しいお二人の協演で素晴しい演奏会になるのではないかと今から楽しみにしています。

  同窓生の一人が古い新聞記事を国会図書館で探し出してくれたのですが、1925(大正14)年10月30日の山形新聞に、「長井高等女学校けふ落成式」という記事が出ていて、その翌年にピアノを使ってのコンサートが開催されたとありました。

  当時のお金で4600円したそうですが、普通の家なら4,5軒は建つほどの金額だったということです。

  地方の小さな町に高価なピアノが運ばれ、大切にされてきたことの重みを感じながら準備を進めています。

  チケットは「葉っぱ塾」でも取り扱っていますので、ご連絡ください。


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)




※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:26|PermalinkComments(0) 長井高校スタィンウエイ・ピアノ 

2019年07月23日

☆★山で何を食べる? 水はどれぐらい?〜「安全登山入門編2019」第3回

IMG_2173
<インスタントのカレーを「調理」する>


  「葉っぱ塾」が主催している「安全登山入門編2019」は7月18日が3回目となりました。

  この回のテーマは「山での食事と給水」でした。

  大きなエネルギー消費と発汗を伴う登山は、日帰りの登山であっても、運動の継続は数時間に及びます。

  何を食べるのか、どれぐらい水を持ってゆくのかなどは、命に関わる重要なテーマです。


IMG_2172
<こちらは白ごはん>


  この日は、準備したプリントで講義をした後、アウトドア用品の店で販売されている何種類かの食品をみなさんで試食してみました。

  日帰り登山の場合は荷物もそれほど多くはありませんから、こうしたインスタント食品に頼る必要はないのですが、これらは災害対策でも活用できるので、取り扱いに慣れていることも必要です。

  お湯を注ぐだけでカレーができたりご飯が「炊き上がったり」します。


IMG_2171
<みんなで試食会>


  最近はこうした食品を作っているメーカーも増えてきましたし、種類も豊富になってきています。

  「思った以上においしい!」などという声もあり、にぎやかな試食会となりました。

  ご自分でいろいろ工夫なさっていることの紹介などもあって、私にとってもとても参考になりました。

  いきなり山に持参する前に、一度お家で試してみるのがよいかもしれません。

  山での食べ物や飲み物がおいしく感じられるのは、「疲労」という調味料があるからではないかと私は思っています。



   ※はがちゃんの応援に感謝!




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾行事レポート | 体験活動、講演、講義など

2019年07月22日

☆★はがちゃんと共に広い河に小舟を漕ぎ出す!

IMG_2202
<ベニバナは「山形県の花」>


  21日の参議院選挙の結果を待っていて、珍しく日付が変わるまで眠い目をこすりながら起きていました。

  その甲斐あって、見事に「ベニバナの花」が咲くのをこの目で見ました!

  応援してきた無所属の新人、はが道也さんが、自民党の現職を破って見事に初当選を果たしました。

  心から


「はがちゃん、おめでとうございます!!」

  長井高校を卒業したはがさんは、私の弟と同級生。

  今回の選挙では、多くの同級生の皆さんが、わが事のように選挙の応援に携わりました。

  それはもちろん同級生だからということもありましょうが、今の日本の政治に何とか風穴を開けたいとの強い思いがあったはずです。

  相手方には党の「大物」や著名人が次々と応援に入っていましたが、きっとそれは危機感の裏返しだったのでしょう。

  今朝の新聞を見てみますと、東北は前回に続き、6県中4県(山形、秋田、岩手、宮城)で野党統一候補が議席を獲得しています。

  「まつろわぬ民」の底力を見せたということでしょうか。


はが道也イラスト
<当選したはがちゃんこと芳賀道也さん>


  長井市では有効投票数14034票のうち、はがさんの得票は8092票(57.66%)。

  自民候補には2394票もの差をつけました。

  「はがちゃんを勝手に応援する会」を呼びかけてきた者としては、その結果は嬉しいものです。

  無所属で当選をしたはがさん、今後大きな困難にも向き合うことになります。

  今の自公政治がこんなにひどいものであっても、相手候補は47.28%の得票率でした。

  すがるような思いで相手候補に投票した県民の気持ちをも汲みながら議員活動を進めて行かなければならないでしょう。

  激しい流れの広い河に小舟で漕ぎ出したようなものです。

  この小舟とともに、私たちもそれぞれ小舟を漕ぎ出すことにしましょう!

  最後に、今回の当選の陰に、共産党が、予定していた候補者を取り下げて野党統一候補が実現したことが大きいことは言うまでもありません。

  共産党の英断にエールを送ります。

  「葉っぱ塾」の呼びかけに応えてはがさんを応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:47|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年07月21日

☆★上に向かって花を咲かせるネジバナに心寄せて

IMG_2162
<中庭のネジバナ>


  20日、初めて草刈機を購入しました。

  広い庭に生い茂る雑草に苦慮し、時々人を頼んでいましたが、少しは自分でできるようになりました。

  草刈りしながら気づいたのですが、庭のあちこちにネジバナが育っていました。

  ラン科の植物で、小さいけれど鮮やかな濃いピンクの花をらせん状につけます。

  らせん状に上に上にと花を咲かせてゆく姿は、未来に向かって向上してゆくようなイメージがあります。

  今の私たちの国が、ネジバナのように発展してゆくには、政治の状況を大きく変えないといけません。

  国民一人ひとりの命が守られ、安全と安心の中で希望を語ることができる社会の実現を一日も早く達成したい!

  きょうは参議院議員選挙の投票日です!

  ぜひ投票所に足を運んでください。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:15|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年07月20日

☆★雨の月山で「令和の鐘」鳴らす〜意外な場所にキヌガサソウ!

IMG_2184
<小雨の中、雪渓を下るみなさん>


  19日は新宿C社の月山ツアーのガイドを務めました。

  初心者向けのツアーということで、この前日、ゲストのみなさんは蔵王を歩いて来られました。

  「お釜は見えましたか?」とお尋ねしましたら、雨には降られず、お釜が見えたとのこと。

  でもこの日の月山は朝から小雨でした。

  リフトを使って標高を上げてゆくと、風もやや強く吹いていて、展望もほとんどなく、厳しい条件での登山となりました。


IMG_2180タテヤマウツボグサ
<タテヤマウツボグサの鮮やかな紫>


  それでも幸いだったのは、どしゃ降りの雨にはならなかったことと、雷がなかったことです。

  登山を始めたばかりという方もおられましたし、まだ服装や装備が万全ではない方もいらっしゃいました。

  こうした天候の中では、装備の不十分なところが顕著になるものです。

  夏の山でも手袋が必要だというこも実感いただけたのではないでしょうか。

  今年の月山は、雪解けが遅れているように思われます。

  標高1700m地点の「牛首」の分岐下にはまだかなり大きな雪渓が残っています。

  ゲストのみなさんには軽アイゼンの携行をお願いしていたのは大正解でした。


IMG_2189キヌガサソウ
<意外なところで見つけたキヌガサソウ>


  この日みなさんと見た花を列挙しておきます。

  図鑑などでご確認ください。  

  アオノツガザクラ、アオヤギソウ(タカネアオヤギソウ?)、アカモノ、イワイチョウ、イワカガミ、ウサギギク、ウラジロヨウラク、オオバキスミレ、キヌガサソウ、キバナノコマノツメ、コシジオウレン(バイカノミツバオウレン)、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ、ズダヤクシュ、ショウジョウバカマ、タテヤマウツボグサ、タニウツギ、チシマギキョウ、チングルマ、ナナカマド、ニッコウキスゲ、ハクサンイチゲ、ハクサンシャクナゲ、ハクサンチドリ、ハクサンハタザオ、ハクサンボウフウ、ヒナウスユキソウ(エーデルワイス)、ヒナザクラ、ベニバナイチゴ、マイヅルソウ、マルバシモツケ、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマホツツジ、モミジカラマツ、ヤマガラシ、ヨツバシオガマ、ヨツバヒヨドリ。


IMG_2190
<今年設置された「令和の鐘」>


  午後3時ごろ、私たちはリフト上駅まで降りてきました。

  体力の限界に近かったという方もおられましたが、全員が無事に山頂を極められ、月山神社参拝を果たしてくださったことは、ガイドとしての何よりの喜びです。

  リフト上駅前の広場に、新たに「令和の鐘」が設置されていました。

  かなり遠くからこの鐘の音が聞えました。

  ゲストのみなさま、山形においでいただきありがとうございました。

  またいつかお目にかかれることを楽しみにしております。

  今度は「葉っぱ塾」のお客様として。



IMG_2199
<19日夜、はがちゃんの長井での街頭演説>

  ☆はが道也公式サイト


  ☆やぎりんブログから




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:40|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年07月19日

☆★闇に向かって落ちてゆく日本社会でよい?

IMG_5533
<楯山公園から見た最上川>



  7月18日午前、京都市内のアニメ会社で、放火によって33人もの方が亡くなられるという痛ましい事件が発生しました。

  犠牲になられた皆様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

  かけがえのない肉親を突然に奪われたご遺族の悲しみは想像を絶するものがあります。

  今回のように、他者を巻き込んでの事件は、ここ何年かで再三起こっています。

  人の心を絶望の淵に追い込むような「何か」が、今の社会に満ちているとしか思えません。

  また、まったく別の「事件」ですが、選挙の応援演説の際に、ヤジを飛ばした市民が警察によってその場から排除されるということが北海道や滋賀で立て続けに起こりました。

  憲法がないがしろにされ、市民の自由が奪われることは許されないことです。

  日本という国が深い闇の中に向かって突き進んでゆくようで、寒々とした思いでニュースを聞きました。

  希望や夢を語り合うことができない社会は、ほんとうの民主主義社会とは言えません。



  
  はが道也政策バナー5

  ☆はが道也公式サイト


  ☆やぎりんブログから




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:35|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ | 戦争や平和の問題

2019年07月18日

☆★小寺卓矢さんと訪ねた「空気神社」〜和やかな森の時間

IMG_9858
<『森のいのち』表紙>


  写真家そして写真絵本作家の小寺卓矢さんのお名前を知ったのは、3年前のことでした。

  飯豊町で開催したやぎりんたちのコンサートに、元NHKアナウンサー村上信夫さんが司会や朗読で参加くださったのです。

  ステージで朗読してくださった一冊が小寺さんの著書『森のいのち』でした。


    ※小寺卓矢 森の写真館HP


  人間の生命の時間よりはるかに大きなスケールで遷移してゆく森の中で、たくさんの生命が繋がり合っていることを、素晴しい写真と文で伝えてくれる作品です。

  その後、フェイスブックで繋がっている札幌在住の高校時代の同級生の「友達」の中に小寺さんがおられたことで、昨年3月、初めてメッセージを差し上げました。

  また今年の6月に、弟たちの演奏会が札幌で開かれるにあたって、広報のお願いなどを図々しくお願いした経緯もありました。


IMG_2163
<「空気神社」に参拝する小寺さん>


  その小寺さんから「7月中旬首都圏に仕事で行きます。」とご連絡があり、その仕事を終えられて北海道に帰る途中で山形に寄ってくださることになったのです。

  おりしも「葉っぱ塾」の「森の休日」を終えたばかりで、アメリカからボランティアでおいでくださったKさんファミリーをお見送りしたのと入れ替わりで、小寺さんが16日の昼ごろ、わが家に到着されました。

  初めてお会いしたのに、初めてじゃないような感じ。

  これは、私が二十数年前に葉祥明さんと出会ったときの感覚と同種のものでした。

  長井市内のお蕎麦屋さんで一緒に昼食した後で、小寺さんを「森の休日」の取り組みを行っている「Asahi自然観」と「空気神社」にご案内しました。


IMG_2167
<サインが入った『森のいのち』>


  いつか、小寺さんを山形にお招きしてワークショップが開催できたらと、二人でいろいろ話し合いました。

  また、わが家にある小寺さんの著書にサインを入れていただきました。

  今回のお仕事では2000キロぐらいは走ったという帯広ナンバーの軽ワゴン車を、夕方お見送りしました。

  その日の夜、新潟港から小樽に向けてフェリーでお帰りになりました。

  わざわざ山形に立ち寄っていただきほんとうにありがとうございました。



はが道也政策バナー4

  ☆はが道也公式サイト


  ☆やぎりんブログから




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:08|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ | 本・CD・映画などのレビュー

2019年07月17日

☆★山形で迎えた十七歳の誕生日を祝った朝

IMG_2157
<みんなで「森の休日」のDVDを見る>


  7月14日~15日の「森の休日」には、アメリカ在住の日本人Kさんのご家族と、そのお友だちのAさん母子がボランティアで参加してくださいました。

  Kさんは一昨年、インターネットのボランティア情報の中からこの「森の休日」のことを見つけ出し、夏休みを利用しての里帰りの期間中に山形までおいでくださったのです。

  一昨年はボランティアを終えてすぐに神奈川に向かわれたのですが、今回は、「森の休日」を終えたみなさんにわが家に1泊していただきました。

  少し早いのですが、せっかくだからと山形の「いも煮」を作ってみんなでにぎやかな夕食となりました。

  夕食が一段落してから、昨年、一昨年の「森の休日」総集編のDVDをみんなで鑑賞しました。

  一昨年のご自分たちの姿も映像の中に見つけたりすると、思わず声があがりました。

  年に一度あるかないかの里帰りの貴重な時間をボランティアに使われるって、なかなか素敵です! 


IMG_2159
<16日はマヤさんの誕生日!>


  明けて16日は、Kさんの娘さん、マヤさんの17歳のお誕生日でした。

  一昨年は「森の休日」の二日目だったことから、みんなでお祝いする場をつくったのでしたが、今年は小さなケーキを準備してお祝いしました。

  ふだんの生活の場から何千キロも離れたこの地でたまたま誕生日を迎える。

  何か少しでも記憶にとどまるようであればと思ったところです。

  Kさん、Aさんご一行の5人は、山形から函館に向かって旅立ってゆかれました。




はが道也政策バナー3

  ☆はが道也公式サイト


  ☆やぎりんブログから

  



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:56|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ | 週末保養「森の休日」

2019年07月16日

☆★ナイトハイク、川遊び、オカリナ、サクランボ!〜「森の休日2019」第4回報告

IMG_2091
<緑深まるブナの森で>


  福島から4家族をお迎えしての「森の休日2019」第4回目(通算79回目)を、14日〜15日に、「Asahi自然観」で行いました。

  今回は福島からの参加は15名だったのに対し、スタッフが20人以上も参加してくださって、とても賑やかな二日間となりました。

  4家族のみなさんは全て初参加でしたので、最初の顔合わせのときの子どもたちの表情は、少し緊張気味でしたが、「空気神社」にお参りした後は表情も穏やかになり、スタッフに体をぶつけるようにして遊び始めました。


IMG_2104
<カレー何杯食べるの!>


  1日目はどんよりした曇り空で気温が上がらず、予定していた川遊びができなかったのは残念でしたが、お腹がペコペコになるまで遊びました。

  夕食の後は弱い雨が降り出したのですが、傘を差してナイトハイキングにも出かけました。

  雲の上には十二夜の月があったせいか、完全な暗闇にはなりませんでしたが、子どもたちはドキドキしながら、スタッフの手を強く握り締めて歩いていたようです。


IMG_2119
<朝飯前の木工体験>


  「ヤギおじさんは朝5時には起きているよ」と前夜に伝えていました。

  しかし、起きたのは5時10分。

  若いスタッフたちと日付が変わるまで語り合っていたので、出遅れました。

  男の子たち3人が、ベースの建物の前でもう待ち構えていました。

  大工さんのYさんが準備してくれた電動糸ノコを使っての木工体験は、朝飯前のことでした。


IMG_2140
<川遊びできた!>


  2日目は、朝から青空がのぞく穏やかな天候になり、気温も上がり始めました。

  待望の川遊びです!

  車に分乗して朝日川の河川公園へ。

  この時期はアブもいなくて快適です。

  魚を捕まえたり、互いに水を掛け合ったり、思う存分遊ぶことができました。

  この間、お母さんたちはアロマトリートメントや産直へのお買い物でまったりした時間を過ごしていただきました。


IMG_2144
<「空気神社」でオカリナコンサート>


  お昼少し前、長井市在住のオカリナ奏者金子さんが、お仲間を連れて演奏に来てくださいました。

  「空気神社」は息を吹き込む楽器を演奏する人にとっては聖地のような場所でもあります。

  ブナの森に流れるオカリナの音色を、子どもたちもスタッフも楽しませていただきました。

  その後最後のランチには、参加できなかったスタッフが送ってくださっていたサクランボが食卓に出されました!

  子どもたちは目を輝かせて食べていました。


IMG_2154
<名残惜しいおわかれの時>


  福島のみなさんをお見送りするときはいつも切ない気持ちになります。

  一緒にいたのはわずか24時間ほどでしかないのに、交流した時間の「深さ」は計り知れないものがあります。

  スタッフとハグして別れを惜しむ姿がありました。

  帰る車の中で目を真っ赤にしている子どももいました。

  あるお母さんから、「一日目の夜は布団に入って10秒で眠りに就きました」というお話しを聞きました。

  思う存分遊べたのも、若いスタッフたちがまさに体当たりで遊んでくれたからですね。

  今回の「森の休日」のスタッフには、いつも「葉っぱ塾」を応援くださっている宝塚市のOさんもおいでくださいましたし、アメリカ在住の日本人Kさんファミリーも、お友達と一緒に5人で参加くださいました。

  「葉っぱ塾」の取り組みが「国際的」になってきたってことでしょうか?

  「森の休日2019」は夏休みの間はお休みで、9月以降4回の実施を予定しています。

  多様な方々のボランティア参加をお待ちしています。

  日程は以下の通りです。


   ァ。昂遏。憩(土)〜 8日(日)  
   Α。昂遑横夏(日)〜23日(祝) 
   В隠扱遑隠夏(土)〜13日(日)
   ┌隠鰻遏。夏(土)〜 3日(日)
     ※Δ脇〜月となっています。)





  ☆はが道也公式サイト


  ☆やぎりんブログから

  



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:27|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 

2019年07月15日

☆★若い人たちこそ投票所へ!

最近の投票率と自民票


  選挙まであと1週間を切りました。

  みなさんぜひ投票所に足を運んでください。

  ご存知でしたか?

  投票率が低いことが、今の与党が少ない得票で多くの議席を得ることにつながっています。


棄権は白紙委任だよ!


  選挙に行かないことは、今の政治を追認することにつながります。


   ※棄権することは年間13万5000円/人の損失!


  今の政治は金持ち優遇の政治であることは目に見えています。

  一つでも「これは変えたい!」と思うものがおありでしたら、ぜひ野党の候補に一票を投じてください。


選挙に行かないから変わらないチラシ


  大学で若い学生たちと接していると、とても穏やかな人柄の人が多いですね。

  政治に対して思いをぶつけるなどということはあまりないようです。

  アルバイトに追われて、それどころではないですか?

  奨学金を借りている人がほとんどでしょう?

  卒業後も生活が大変なんじゃないかなと気になっています。

  実はそういうことにも政治が影響していることを考えてほしい。


消費税アップしたけれど


  消費税を10%にするというのが与党の考え。

  消費税導入のときの「福祉目的」なんてウソでした。

  ほんとうに「福祉目的」だったら、今のような社会にはなっていなかった。

  憲法を変えたいとも語っています。

  憲法変えたら、権力側の都合のよいような暗黒政治が行われることは、すでにその兆候が見えています。

  彼らは徴兵制だって視野に入れています。
 
  
   ※参照 映画『新聞記者』のこと


  若い人たちこそ、これから長く政治の影響を受けてゆくのです。

  もう一度お願いします。

  ぜひ投票所に足を運んでください!




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年07月14日

☆★イチヤクソウ、ヨツバヒヨドリ咲く「Asahi自然観」〜きょうから「森の休日」

IMG_2079イチヤクソウ
<「Asahi自然観」でみつけたイチヤクソウ>


  きょう14日から明日にかけて、福島の子どもたちとその家族を招いての週末保養「森の休日」を行います。

  13日はその準備や荷物の搬入で「Asahi自然観」に行ってきました。

  3連休の1日目とあって、「Asahi自然観」は賑やかでした。

  青空ものぞいていて、外でバーベキューを楽しむ人たちがあちこちにテーブルを出していました。

  厨房の物品や冷蔵庫の中などを確認し、不足のものをチェック。

  今朝はこれから新鮮野菜などを買い込んで現地に向かいます。

  私たちの拠点となる建物の奥に小さな森があるのですが、遊歩道を歩いて一回りしてみましたら、これまでここでは見たことのなかったイチヤクソウが咲いているのを見つけました。

  下向きにいくつかの花が咲く姿は個性的です。

  「恥じらい」という花言葉は、この花の様子から付けられたものに違いないでしょう。


IMG_2080ヨツバヒヨドリ
<咲き始めたヨツバヒヨドリ>


  森の入り口の空き地には、ヨツバヒヨドリの花も咲き始めていました。

  キク科の花ですが、一つひとつの花が小さく、たくさん寄り添いあって咲いています。

  渡りをするチョウとして有名なアサギマダラがこの花を好むのですが、これまで「Asahi自然観」では見たことがありません。

  そろそろ渡って来ているはずですので、見られたら、子どもたちが喜びそうです。

  「森の休日」は今回が通算で79回目となります。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 | ブナの森の四季

2019年07月13日

☆★お酒飲んで支援になる!〜加藤嘉八郎酒造からお酒届く

IMG_1918
<加藤嘉八郎酒造から届いたお酒>


  6月18日の夜、山形県沖を震源とする地震がありました。

  あの地震では、私が住む山形県内陸部では大きな被害もなかったのですが、震源に近かった鶴岡市では、被害が出ました。

  鶴岡市大山にある加藤嘉八郎酒造から、SNSを介しての支援要請があったのは、地震後間もなくでした。

  地震の揺れで、出荷待ちの1万本もの酒瓶が破損したとのことで、無事だった製品の購入が呼びかけられたのです。

  お酒を買ってそれが支援になるならと早速申し込んでいたものが、先日届きました。

  一日も早く完全復旧することを心から願っています。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年07月12日

☆★2回目の『新聞記者』、人の心の襞の奥を垣間見る

IMG_1994
<日本海に沈む太陽(9日夕方)>


  話題の映画『新聞記者』、2回目。

  一度見てストーリーは分かっているけれど、だからこそ登場人物の心の襞の奥底を垣間見ることもできるのでしょうか。

  1回目のときには聞き逃していた、あるいは心にひっかからなかった言葉がいくつかありました。

  その一つが「若いときの自分の言葉にしかられる」です。

  主人公杉原が、外務省の先輩神崎と久しぶりに会い、酒を酌み交わすシーンです。

  「仕事は国民のことを第一に考えてするものだと教えていただきました」と杉原が語った言葉への神崎の答です。

  多くの公務員の心に、「国民のために働く」という理想はあったはずです。

  それがいつしか変質し、自己保身へと走ってゆく。


IMG_1844
<『新聞記者』パンフ表紙>


  「真実を知りたいとは思わないのですか?」という女性記者吉岡の質問に、「私は国側の人間です。」と逃げ口上を言う若い官僚杉原。

  「そんな理由で自分を納得させられるんですか?」と詰め寄られる場面でも、まだ良心のうずきがあって、心が揺らいでいました。

  1回目でとても気になった、主人公官僚の最後の唇の動きは・・・。

  もしかして「ごめん・・・」だったのか?

  山形ではフォーラム山形、イオンシネマ天童、イオンシネマ米沢で今日以降も継続上映されます。

  まだの方は、できれば選挙前にご覧になることをお勧めします。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー 

2019年07月11日

☆★花の鳥海山、下見山行報告

IMG_1990
<9日夕方の鳥海山>


  月末に予定している「葉っぱ塾」の鳥海山登山の下見で、急遽10日に登ってきました。

  9日午後、山形市内で開催された県の会合を終えてそのまま鳥海山登山口の「鉾立」に移動し、車中泊。

  素晴しい星空を見ながらシュラフにもぐりこんだのです。


IMG_2005
<「賽の河原」手前の雪>


  10日朝は4時20分過ぎに駐車場を出発。

  同じように車中泊して、私よりも早く出た人も何人かおられました。

  風も穏やかで、上々の天候でした。

  「賽の河原」手前で最初の雪渓に出ますが、緩やかで距離も短いので難なく通過できます。


IMG_2019
<「千蛇谷」雪渓と山頂>


  登りは「七五三掛(しめかけ)」から「千蛇谷」経由です。

  念のためにアイゼンを背負っていきましたが、3か所あった雪渓も、アイゼン使うほどのことはなく通過できました。

  雪の上は目印のロープが張ってありましたから、雲がかかって視界が悪いときでも迷うようなことはないと思われます。


IMG_2029
<新山山頂、2236m!>


  昨年7月にガイドで登って以来、久々の新山山頂でした。

  遠くの山々で確認できたのは、岩手山、早池峰山、栗駒山、そしてうっすらと蔵王連峰まで見ることができました。

  月山は主な山の中では最も近くに見える山です。

  朝日連峰は月山の右奥に見えるのですが、その方向は雲が湧きあがっていて、くっきりと見ることはできませんでした。


IMG_2035
<新山東側斜面の雪>


  新山の東側に下りるときの斜面にはまだ大量の雪が残っていました。

  上の写真に登山者が3人いるのがわかるでしょうか?

  ここは注意が必要です。

  真っ直ぐ雪の斜面を下ろうとすると、かなりの急斜面です。

  岩が露出している斜面左側(写真に向かって)に回り込んで下るのがよいようです。


IMG_2051チョウカイフスマ
<外輪山に咲くチョウカイフスマ>


  登りの「千蛇谷」ルートでも花はいろいろ見ましたが、外輪山も花の宝庫です。

  鳥海山固有の種の一つチョウカイフスマも見ることができました。


IMG_2062ハクサンイチゲ
<「鳥海湖」とハクサンイチゲ>


  登るときにはまだ光が差し込んでいなかった「鳥海湖」は、下山の途中はすっかり明るくなっていました。

  今年はコバイケイソウがあまり咲いていませんが、それでもこのあたりはハクサンイチゲやチングルマの群生が素晴しい!

  この日確認できた花を列挙しておきます。

  アオノツガザクラ、イワイチョウ、イワウメ、イワオトギリ、イワカガミ、イワギキョウ、イワブクロ、オオバキスミレ、カラマツソウ、クガイソウ、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ、コメバツガザクラ、サンカヨウ、ショウジョウバカマ、ズダヤクシュ、タカネザクラ、チョウカイアザミ、チョウカイフスマ、チングルマ、ツガザクラ、ツマトリソウ、ナナカマド、ニッコウキスゲ、バイカノミツバオウレン(コシジオウレン)、ハクサンイチゲ、ハクサンシャクナゲ、ハクサンチドリ、ハクサンフウロ、、ハクサンボウフウ、ハナニガナ(白花・黄花)、ヒトツバヨモギ、ヒナザクラ、ベニバナイチゴ、ホソバイワベンケイ、マイヅルソウ、マルバシモツケ、ミツバオウレン、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマツボスミレ、ミヤマリンドウ、ヨツバシオガマ、ヨツバヒヨドリ。

  月末の本番のときも天候に恵まれますように。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:33|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年07月10日

☆★大盛況! はがちゃん応援長井の集い〜アベ暴政に歯止めを!

IMG_1978
<決意を語るはがちゃん>


  7月8日夕方、長井市内の「タスパークホテル」で、はがちゃんの応援集会が開かれました。

  大ホールとそれにつながる小ホールをぶち抜いた会場におよそ600脚の椅子が並べられていましたが、なんとこれが足りなくなり、百名近い人たちが立ち見となる大盛況!

  6年前の参院選のときは自民党候補を応援していたという県議が挨拶に立ちました。

  ウソを言うことと、農業を大事にしない政策では地方が浮かばれないとの思いが伝わってきました。

  はがちゃんの声は、5日目にして枯れ始めていましたが、力強い決意を語ってくれました。


   ※はが道也公式サイト


IMG_1968
<会場は満席、立ち見も!>


  はがちゃんは中学校までは山形市内在住でしたが、お父様が長井高校の校長だったこともあって、高校は長井高校へ。

  したがって、長井市やその周辺には高校時代の同級生が多く住んでいます。

  この日もたくさんの同級生が会場に駆けつけてくださっていました。

  同級生のお二人が、壇上から応援スピーチ。

  お一人はわざわざさいたま市からこの日のために駆けつけてくれたTさんでした。

  演劇部でも一緒だったTさんから、はがちゃんは高校時代から「なんとがさんなね!」と行動することが多かったと語られました。


IMG_1981
<やぎりんも登壇し『広い河の岸辺』!>


  弟のやぎりんも前週の「勝手に応援する集い」に続いて東京からやってきました。

  会場に着いたときに急なことでしたが、集会の最後に『広い河の岸辺』をみんなで歌うことを依頼され、壇上に。

  会場を後にするはがちゃんという小舟を、『広い河の岸辺』で送り出しました。

  選対本部長の舟山参議院議員のスピーチにも、はがちゃんのスピーチにも、今のアベ政治では庶民の生活がどんどん壊されて行くという危機感が溢れていました。

  9日の朝刊には10月に消費税が上がれば、郵便料金も上がると出ていました。

  年に何千通ものお便りを出している「葉っぱ塾」には痛打となります。

  何とかしてこの暴政に歯止めをかけたいものです。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:30|PermalinkComments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

2019年07月09日

☆★エゾアジサイ咲く長井葉山勧進代登山道〜「鉾立清水」水汲み登山

IMG_1947
<勧進代林道入り口のエゾアジサイ>


  7月8日、起き出してまもなく、およそ2か月ぶりに葉山に向かいました。

  残雪はもうすっかり解け、山肌は緑一色。

  ザックには、空のPETボトルを8本詰め込んでいました。

  今年初めての「鉾立清水」への水汲み登山でした。

  勧進代林道の入り口のゲート付近にはエゾアジサイの群落が見事な青い花を咲かせていました。


IMG_1948
<霧が漂うブナの森>


  この日は朝のうち雲が低く、登山口から登り始めて間もなく、雲の中に入りました。

  時折風が吹いて、木々の葉に溜まっていた水滴がばらばらと落ちてきました。

  湿度ほぼ100%のしっとりとしたブナの森の中を登りました。


IMG_1952ルリミノウシコロシ
<ルリミノウシコロシの花>


  春先に目を楽しませてくれた花々はもう花期を終えていました。

  稜線ではルリミノウシコロシという低木に白い花が咲いていました。

  秋には鮮やかな瑠璃色の実をつける低木です。

  山荘に寄って、葉山神社に参拝。

  いつもは無心でお参りするのですが、この日は選挙に出ている候補者の当選を祈願しました。


IMG_1956
<気の早いナナカマドの紅葉>


  山頂から少し白兎登山道を下ると「鉾立清水」です。

  遠くから水音が聞えてくるほどに水の勢いがありました。

  手が切れるような水をボトルに汲み、ずしりと重くなったザックを背負って来た道を駆け下りてきました。

  「葉っぱ塾」の田んぼでお世話になったTさんとKさんのお宅に寄って、ボトルを1本ずつお届けしてきました。

  ご高齢で、もう山には登れないでしょから。

  きょうからまた年末ぐらいまで、「鉾立清水」の水で毎朝のコーヒーを飲むことができます。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年07月08日

☆★学生たちと「県民の森へ」〜授業も大詰め、野外実習

IMG_1927
<グループごとの活動>


  T大学の非常勤講師の仕事も、大詰めとなった7日、「県民の森」で野外実習を行いました。

  7月上旬から下旬にかけての毎年のこの実習は、気温が高いことが多いのですが、この日は20℃にも満たない肌寒い曇り空でした。

  将来、保育士、幼稚園や小学校の先生を目指す学生たちに、ふだんの授業の時から「子どもたちが自然と触れ合う大切さ」について伝えています。

  白鷹山の中腹にある「県民の森」に行って、子どもたちをそこに連れてくることを想定した活動を実際に体験してもらうのが目的です。


IMG_1935
<動物たちの痕跡>


  最初は、下見に来たという前提での危険予知トレーニング。

  その後、「まつたけ山」を一巡りして、自然観察。

  花や木について学びながら、ビンゴカードを使って周囲に目配りをしてゆきます。

  落ちているクルミの殻やマツボックリを注意して見ると、そこには森の動物たちの活動の痕跡が残されています。

  初めて見た「森のエビフライ」に興奮気味の学生もいました。

  その感動を、子どもたちと分け合いたいものですね。


IMG_1928
<活動案作成中>


  最後の活動は、子どもたちをここ「県民の森」に連れてきたときに、どんな活動ができるか、グループごとに活動案を作成することです。

  出来上がった活動案は、あとでみんなで共有して、学生たちの財産の一つになってゆきます。

  早朝、私が物品搬入に訪れたときには霧雨が降っていたのですが、午前、午後2グループに分かれての活動の間、結局一粒の雨も降りませんでした。

  授業も残すところあと2回となりました。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:17|PermalinkComments(0) 体験活動、講演、講義など 

2019年07月07日

☆★『広い河の岸辺コンサート』へ向け、チラシ仕分け、DM封入作業終える

8.31長井公演チラシ表面
<8月の長井公演チラシ>


  8月31日に長井市の「タスパークホテル」で開催することになっている文屋小百合さんと、たかこ&やぎりんバンドのコンサートの準備を、6日に行いました。

  長井市及び長井市教育委員会の共催を得て、近々市内の全世帯に配布される「長井市報」と一緒に配布していただくために、チラシの仕分け作業を行ったのです。

  小さな街とはいえ、長井市の全世帯数はおよそ9500あまり。

  それらの世帯が139の地区に分かれていますので、それぞれの世帯数に応じて仕分けする作業が必要だったというわけです。


IMG_1916
<作業中の風景>


  人手がないと大変な作業です。
  
  休日の午前中からの作業であったにもかかわらず、12名のみなさんがおいでくださいました。

  サポーターのMさんが経営する学習塾の教室をお借りしできたのは、これまたありがたいことでした。

  Mさんのお子さんたちも、朝のピアノレッスンを終えてから手伝いに来てくれました。

  子どもたちが、こうした作業を手伝ってくれることには特別な意味を感じます。

  小さなことの積み上げが、コンサート当日の盛り上がりにつながってゆくことを、彼らはきっと肌で感じ取るはずです。

  チラシの仕分けだけのつもりだったのですが、人手があったおかげで、およそ450通のダイレクトメールの封入作業まで終えることができました。

  すでにチケットの販売は開始しており、これまでになく好調なスタートを切っているといえます。

  今回ご出演のソプラノ歌手、文屋小百合さんの人気もきっとあることでしょう。

  お申し込みいただけましたら、長井市内はお届けに伺いますし、チケットの郵送も承ります。

  ご連絡をお待ちします。


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
         電話090-5230-8819
         happa-fy★dewa.or.jp
      (送信の際は★を@に変えてください。)





  ☆はが道也公式サイト



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) やぎりん、木星音楽団関連 

2019年07月06日

☆★ベニバナ咲く季節到来〜来週は白鷹町で「紅花祭り」

IMG_1910
<咲き始めたベニバナ>


  ベニバナの花は「半夏生(はんげしょう)」の頃に咲き始めると言われています。

  今年は7月2日がその「半夏生」でした。

  一日遅れの3日に、白鷹町の友人Kさんのベニバナ畑に立ち寄ってみましたら、やはり数輪咲き始めていました。

  彼が山形のベニバナの復活のために動き始めてから30年近くになりますが、今では白鷹町は「日本の紅(あか)をつくる町」として名前が知られています。

  来週末13日〜14日は、白鷹町内各所で「紅花祭り」のイベントが開かれるとのことです。

  「葉っぱ塾」ではときどき、お客様をご案内してKさんの工房に「ベニバナ染め体験」に伺っていますが、毎回ベニバナの歴史や染めの伝統の奥深さに感嘆します。

  わが家の畑に植えたベニバナは播種が遅かったので、花はもう少し先になりそうです。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山形県・長井市内名所案内 | グリーンツーリズム

2019年07月05日

☆★クロユリ咲く残雪の月山へ

IMG_1903
<姥ケ岳をバックにセルフィー>


  「水無月ついたち」に当たっていた7月3日、今年初めて月山に行ってきました。

  九州などは梅雨前線が停滞してひどい大雨に見舞われていましたが、このあたりはまずまずの好天となりました。


IMG_1872
<姥ケ岳への登りはまだ雪の急斜面>


  リフト運行開始直後にリフトで上がり、一人黙々と歩きました。

  雪解けまもないところには春一番に咲くショウジョウバカマがあったかと思えば、夏の終わりごろに咲くミヤマリンドウも見られたりするところが、月山の面白さです。

  姥ケ岳への登りはまだ雪の急斜面。

  めんどうがらずにアイゼンを履くのがよいですね。


IMG_1879
<雄大な風景の中では小さな人間>


  「牛首」の分岐部分は顔を出していましたが、その周辺はまだだいぶ雪があります。

  視界の悪いときには、雪の上の案内ロープや赤いペイントなどを目印にゆっくり歩くのがよいでしょう。


IMG_1890クロユリ
<山頂一帯で見られるクロユリ>


  山頂一帯ではクロユリを始めとして、様々なお花が楽しめます。

  夏スキーを楽しむ人たちもずいぶん滑っていました。

  今のところ夏の月山は2回のガイド予定がありますが、天候どうなるでしょうか。

  この日月山で確認した花は以下の通りです。

  アオノツガザクラ、アカモノ、イワイチョウ、イワカガミ、ウサギギク、ウラジロヨウラク、オオカメノキ、オオバキスミレ、キジムシロ、キバナノコマノツメ、クロユリ、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ、ズダヤクシュ、ショウジョウバカマ、タカネザクラ、タニウツギ、タムシバ、チングルマ、ツガザクラ、ツマトリソウ、ナナカマド、ニッコウキスゲ、バイカノミツバオウレン、ハクサンイチゲ、ハクサンチドリ、ハクサンハタザオ、ハクサンボウフウ、ハナニガナ(白花)、ヒナウスユキソウ(エーデルワイス)、ヒナザクラ、マイヅルソウ、マルバシモツケ、ミヤマカラマツ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマシオガマ、ミヤマスミレ、ミヤマリンドウ、ムラサキヤシオ、ヤマガラシ、ヨツバヒヨドリ。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 山旅の報告 

2019年07月04日

☆★父の命日アジサイの季節〜参議院選挙きょう公示!

IMG_1839
<鮮やかなガクアジサイの青>


  きょう7月4日は父の命日です。

  2年前に亡くなりましたが、葬儀の翌年は1回忌、そしてそれ以降は「数え年」になりますから今年は3回忌。

  少し早めに先月末に法事を終えました。

  朝、ジョギングをしていると、あちこちにアジサイの花を目にする季節です。

  アジサイの花の色は土壌の酸性度によって変化するというのですが、この写真のガクアジサイは、通りがかったお宅の庭先で、鮮やかな青い色でした。

  九州や四国に大雨をもたらしていた雨雲がようやく東に抜けたようです。

  被害に遭われた皆様にはお見舞いを申し上げます。

  きょうは「水無月ふつか」ですが、梅雨前線の様子を見ると、雨の季節はもう少し続くようです。

  また、きょうは参議院議員選挙の公示日でもありますね。

  今の悪政をただしてくれる候補者がたくさん当選するようにと願っています。




  ☆はが道也公式サイト


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 日常生活の一コマ 

2019年07月03日

☆★週末保養「森の休日」ボランティア・スタッフ募集中!〜秋の「Asahi自然観」で

IMG_8250
<紅葉の「Asahi自然観」コテージ村>


  福島の子どもたちと家族のための週末保養プログラム


   「森の休日2019秋」サポーターの募集!


  “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、福島の子どもたちとそのご家族のための週末保養プログラム「森の休日」を、2019年も継続して開催しています。

  この取り組みは、県内外のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、朝日町の宿泊施設「Asahi自然観」で継続的に実施しています。

  8年目のこの取り組みは、2019年7月までにすでに79回を数えています。

  「森の休日」は、福島の子どもたちがブナの森で思う存分遊び、また家族の皆さんの心のストレスを少しでも解消し、リフレッシュしていただきたいという目的で行なっているものです。

  このプログラムを実施するには、現地で子どもたちやその家族の皆様のサポートをするスタッフが必要になります。

  具体的には、野外活動の付き添い、子どもたちの遊び相手、お父さん、お母さんたちの話し相手、一緒に夕食づくり、その他の体験活動の提供などです。

  2日間の連続でなくても、日帰りやパートタイム参加でけっこうです。お子さんとご一緒の参加も歓迎です。


【当面の開催期日】 ※参加可能な日をお知らせください。
ァ。昂遏。憩(土)〜 8日(日)  
Α。昂遑横夏(日)〜23日(祝) 
В隠扱遑隠夏(土)〜13日(日)
┌隠鰻遏。夏(土)〜 3日(日)

 ※Δ脇〜月となっています。)


  参加者、とりわけ子どもたちは、短い時間を目一杯使って、生き生きと活動してくれるのがとても印象的です。

  サポーターは山形県民にかぎりません。

  福島の方や、山形に避難しておられる方など、福島の方々の心がわかる方大歓迎です。

  「森の休日」に参加されたお母さんのお一人からは次のような感想をいただいております。


   ★本来なら国でやるべきことを、「葉っぱ塾」のみなさんや学生さんたちにしていただき、しかも長く続けてくださっていること、ほんとうにありがたく、感謝しています。学生ボランティアのみなさんが子どもたちに寄り添って本気で遊んでくださり、子どもたちが生き生きしていて、見ていて嬉しくなりました。放射能に無知だったために震災後すぐに避難せず福島にいたことがずっと気になり、後悔しています。子どもたちがこのまま健康に、元気に育ってくれることを願っています。二日間、身も心もリフレッシュすることができました。                   (福島市在住 Sさん)


  この活動へのサポーターとして登録していただき、福島の子どもたちと共に歩む活動の一翼を担っていただけたらありがたいです。

  開催日が近づきましたら手を挙げてくださった方々にご連絡し、参加の可否をお伺いいたします。

  県市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」に加入の上、お申し込みください。


 【申し込み・お問い合わせ】 
     葉っぱ塾 八木文明
     090-5230−8819  
     メール  happa-fy★dewa.or.jp
 (送信の場合は★を@に変えてください。)
   ※お名前、年齢、ご住所、携帯電話番号、メールアドレ    スをお知らせください。



happajuku at 04:00|PermalinkComments(0) 週末保養「森の休日」 | 只今募集中の企画!

2019年07月02日

☆★映画『新聞記者』、もの凄い反響!〜選挙前にぜひ!

IMG_1866
<7月1日の朝焼けの空>


  6月28日に全国150館あまりの映画館で封切りとなった映画『新聞記者』の反響はすさまじいものがあります。

  ツイッターには映画を観た人の言葉が溢れています。

  ネタバレしない範囲のツィートをほんの一部ですが引用しておきます。

  ぜひお近くの映画館で、できれば選挙前にご覧ください。


   ◆山井和則   @yamanoikazunori  10時間

   映画『新聞記者』を、先日、観ました。政権を批判すると、時には身辺調査をされ、左遷や失脚させられる。それにより、不祥事をもみ消し、政権を維持させる。この映画は、フィクションでなく、ノンフィクションではないか?


   ◆盛田隆二   @product1954  6月30日

   映画『新聞記者』河村光庸プロデューサーの同調圧力に抗う覚悟に拍手。「参院選前を狙った。単館上映でやると潰されかねないので、全国150館規模で公開する。テレビ業界で干されるかも、と断ってきた独立プロが何社もあった。エンドロールに名前を載せないでという声もあった」


   ◆m TAKANO   @mt3678mt  6月29日

   参院選投票前に有権者が見るべき映画が2本。この『新聞記者』と『主戦場』である。取り分け、日ごろ政治には関心がないという人たちに見てもらいたい。この2本の映画を見て、それでも自公政権を維持させたいと思う人は、ごく少数のはずだ。


   ◆菅 直人 (Naoto Kan)  @NaotoKan 11時間

   映画「新聞記者」を見ました。原作者の望月衣塑子さん似の女性記者が内調を中心とした官邸の権力に逆らって真実を報道しようと奮闘。官邸側は人事権を使って官僚に責任を押し付け、都合の悪いニュースをつぶそうとする。安倍政権そのものです。報道の自由を回復するには安倍政権の退陣しかありません。


   ◆中野昌宏   @nakano0316  6月30日

   #新聞記者 はいい映画です。相当がんばってる。見てください。後世に残る映画が世に出たことで、安倍政権というこの世の地獄が歴史に刻まれたとも言える。でも、これで満足してる場合じゃない。映画の外でわれわれが巨悪を倒す努力を続ける必要があります。ラストシーンはスクリーンの外で!


   ◆澤田愛子   @aiko33151709  6月30日

   映画「新聞記者」に出て来るセリフで、映画では内閣参事官の多田が自分の部下である内閣情報調査室の杉原に言う最後のセリフが強烈だ。「この国では民主主義は形だけでいいんだ」。あまりに現実的で、ぜひ参院選前に多くの方に見ていただきたいです。


   ◆望月衣塑子   @ISOKO_MOCHIZUKI  6月29日

   映画「 #新聞記者 」 #松坂桃李 さん「新聞記者のHPがきのうパンク、皆さんの感想多くて。それくらい熱量のある作品なんだなと」
   #藤井道人 監督「この国に生きる人間として何で避けて来たのかと。自分たちの話なのに無視してきたのは何でなんだ。映画に携わり再認識した」


   ◆氏治じゃ   @tenan_oda  6月30日

   まず映画の冒頭でネット動画に出てきたのが望月記者と前川さんご本人だったことに腰を抜かし、この映画の覚悟の程が理解できてスクリーンに入り込めた。この映画、参院選前に公開されたことにもの凄く大きな意味がある。


   ◆南 彰(新聞労連委員長) @MINAMIAKIRA55 6月29日

   映画「#新聞記者」のなかでは、意に沿わない報道や記者を「誤報」「捏造記者」といって脅し、「あったもの」を「なかったこと」にしようとする権力の姿が描かれている。現在進行中の現象の核心をこれほどリアルに、大胆に描き出した作品があっただろうか。





  ☆はが道也公式サイト


  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!

8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0) 本・CD・映画などのレビュー