2006年07月31日

梅雨明け直前の長井葉山

92bc00d1.JPG 昨日(30日)、関東までが梅雨明けし、東北はおあずけになっていました。秋のように涼しかった今朝、長井葉山の鉾立(ほこだて)清水を汲みに、一人で登ってきました。本当は昨日と今日は「葉っぱ塾・あこがれの大朝日」だったのですが、中止にしてしまい、ぽっかりと日程が空いていたのです。
 勧進代尾根に向かう林道を歩き始めると、ヤマユリがあちこちに咲いていました。また、ヨツバヒヨドリやサワヒヨドリの細やかな花も法面をおおうように咲いていました。稜線は霧がかかっていて、汗をかいた肌には風が「寒く」感じられるほどでした。ウグイスがあちこちで鳴き交わしていました。鳴き声にも個性があるのですね。「ホー、ホケキョウ」とよく言いますが、ホーの長さも様々でしたし、「ホーホー、ホケキョウ」というものもありました。
 一人で山に入るときは、さすがに緊張します。今年はクマさんの出没情報があちこちで相次いでいましたので、「すず」を付けて行きました。結果的には出会いはしませんでしたが、森の向こうでじっとこちらの気配をうかがっているような気がしました。
 誰もいない山頂から少し下って鉾立清水へ。雨が多かったせいか水量は今の時期にしては珍しいほどに豊富でした。ペットボトルはすぐに満水です。8本汲みました。ズシリと重くなったザックを背負って足早に下山しました。驚いたことに、ナナカマドの葉が赤くなっているものがありました。夏の本番はこれからだというのに、密かに秋が始まろうとしているのでした。
 林道にまで戻ると、朝とはうって変わって気温も上がり、たくさんのチョウが舞っていました。とりわけ目立ったのがヒョウモンチョウの仲間です。図鑑がないので種の特定ができませんが、まさに「ヒョウモン」です。短い夏を精一杯に生きようとしていることが伝わってきました。
 振り返ると、葉山の上に夏の青空が、雲間からのぞいていました。

happajuku at 14:09│Comments(0)TrackBack(0) ブナの森の四季 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔