2006年09月20日

本格的な秋の訪れ

 台風13号が日本海を北上してゆきました。西日本に大きな被害をもたらしととのニュースに心が痛みます。台風が日本海の西部を通ったために、このあたりは強風域には入ることなく、雨もさほどではありませんでした。
 台風は大きな熱帯低気圧ですが、太陽からのエネルギーをたくさん受け取る熱帯地域と、あまり受け取ることのできない高緯度地域の熱較差(エネルギーの不均衡)を解消しようとするものです。これによって熱が運ばれているというわけです。
 台風が来る前の10日間ほどは北の高気圧圏内で寒いほどの気温でした。セミの声もいつしか聞かれなくなっていましたが、台風の北上に伴って南の暖かい空気が持ち込まれてきました。そして昨日はしばらくぶりに太陽が姿を現しました。そして、ふと気がついてみると、街中でも桜の葉の一部が赤や黄色に変わり始めているのです。いよいよ本格的な秋の訪れですね。
 「葉っぱ塾」の秋の行事は23日の「白いブナの森でいも煮会」です。天候が良くないような予報で心配ですが、4ファミリーが申し込んでくださっています。にぎやかに山形の秋の風物詩である「いも煮会」を楽しめそうです。


happajuku at 04:10│Comments(0)TrackBack(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔