2009年09月12日

収穫まであと2か月〜葉っぱ塾のリンゴの木

DSCF4332

<6月8日>

IMG_0951

<8月20日>

IMG_1304

<9月11日>

  雨が降るとその後は気温がぐっと低くなり、朝晩の気温差が大きくなりました。リンゴの果実にとってはこのような気候が必要らしいです。早稲種の出荷はすでに終えたものもあり、またまもなく始まるものもありますが、「葉っぱ塾のリンゴの木」はいちばん晩生の品種「ふじ」です。収穫まであと2か月ほどあります。

  昨日、平井さんのお宅に桃を買いに行ったとき、リンゴの木を見てきました。大きさは野球のボールより一回り大きいぐらい。色もだいぶ目立ってきました。こうして前の写真と比較してみると、その成長ぶりがわかります。

  今日は夕方から雨になるとの予報ですが、週明けには晴れマークが並んでいます。秋の好天に恵まれて、順調に収穫を迎えられますように。

  昨日の夕食は、わが家ではこの秋初めて「いも煮」でした。先週は山形市内で日本一の大鍋でつくる「いも煮会」が行われ、いも煮が足りずにチケット払い戻しという「事件」がおこりました。川原での「いも煮会」は、山形の秋の風物詩でもあります。この秋、「いも煮」を食べに、「葉っぱ塾」においでください。

  ついでにひとつお知らせ。私が所属する「東北山岳ガイド協会山形支部」のHPができました。6名の所属ガイドの紹介をご覧いただけます。今後いろいろ内容を工夫していきたいと思います。このブログの「Links」に付け加えましたので、一度ご覧ください。



happajuku at 04:42│Comments(0)TrackBack(0) 葉っぱ塾のリンゴの木 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔