2009年09月20日

巨木の森コンサートへ

  「ダメ元でお誘いなんですが 明日19日に真室川である巨木の森コンサートに行くのですが、一緒に行くはずの方が 急用でいけなくなり 誰かいける人を捜しています。」とメールがあったのは18日の早朝。夜勤をしている米沢のWさんでした。5連休のシルバーウイークというのにガイドの仕事が入っていなかった私は、二つ返事でOK。遠足気分のWさんと友人のTさんを乗せて出かけてきました。

  会場の真室川町は山形県と秋田県の境にある町。当日距離を測りながら行ってみたら130kmあまりありました。会場は女甑山(めごしきやま)山麓のブナの森。林道途中の広場に車を置いて、主催者が準備したシャトルバスで会場に着くと、気持ちよいブナの二次林の中にステージが作られていました。

IMG_1423

<背景もブナの森のステージ風景>

  屋外ですからマイクやスピーカーを使っての演奏会ではありましたが、チェロとピアノとソプラノのアンサンブルはとてもすばらしいものでした。チェロを演奏した増川大輔さんは、映画『おくりびと』で主演した俳優の本木雅弘さんにチェロの演奏指導をした方ということで、プログラムの中にも映画のテーマ曲が入っていました。

  時おり風がブナの葉をくすぐってゆき、鳥たちのさえずりも聞こえる中でのコンサート。あっというまの90分でした。

IMG_1436

<女甑山の大カツラ>

  会場の近くには「日本巨木百選」にも選ばれているという“女甑山の大カツラ”があると聞いていました。コンサートの後、地元の方に案内していただきました。会場から10分あまり歩いたところにその木は立っていました。幹の周囲が13m以上もある巨木でした。推定樹齢が千年というのも納得するようなその堂々とした姿に感服しました。このあたり一帯は修験者たちの修行の場であったそうですが、昔から多くの人々に見上げられ、畏敬の対象にもなってきたのではないでしょうか。

  帰ってくるともうすっかり夜になっていましたが、すばらしい連休(私はほぼいつでも連休のような日々ですが・・・)初日でした。おさそいありがとうございました。



happajuku at 05:02│Comments(4)TrackBack(0) 葉っぱ塾行事レポート 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 巨木の森コンサート事務局   2009年09月20日 15:29
こんにちは。巨木の森コンサートへ参加いただきありがとうございました。天候に恵まれた、森の中へ来ていただくには最高のコンディションだったと思います。

参加者の方々のおかげで、このコンサートは今年8回目を開催することができました。実行委員会では、今回初めての歌声を選らんだのですが、参加者の方の感想を知りたいなあと思っておりました。個人的には、歌声もよかったと思っているのですが…ご一緒の方々の感想などもお寄せいただければありがたく思います。

また、来年もこのコンサートが開催できるときは、今回申し込みの方へ、お知らせしますので、真室川町へお越しくださいね。昨日は本当にありがとうございました。
2. Posted by 葉っぱ塾より   2009年09月20日 17:33
 主催者の方からのコメント、ありがとうございました。たいへん楽しませていただきました。毎年、出演者探しは苦労されているのではありませんか?これまではどのようなジャンルだったのでしょうか。私は県内での日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会の企画も20年以上行ってきましたり、弟が音楽活動をしていたりですので、こうした企画の裏側の大変さがかなりわかります。続けることは、本当に難しいことですのに、8回もやってこられたことに敬意を表します。
 すばらしい森でした。そのご案内もありがたかったのですが、引率者に対してお客様の人数が多すぎて、説明が十分に行き届いていなかったようです。
 アンケート用紙をいれたらよかったのではないでしょうか。といっても、たいてい「すばらしかった」というようなものしか集まらないものですが・・・。主催者にとって知りたいのは「このへんをこうしてほしかった」などですよね。
 今度は登山も兼ねてお伺いしようと思っております。
3. Posted by ぶなの木   2009年09月20日 23:50
ヤギおじさん!
 突然の誘いにもかかわらず“巨木の森コンサート”に行って頂きありがとうございました。
それに、長い時間の運転もほんとにお疲れ様でした。後ろの私達はのんびり、パクパクピクニック気分で、楽しかったで〜す。emoji:face_happy>…すみません…

でも行って良かったでしょう?
  

以下は感想です。

 野外のコンサートは湿気や乾燥の具合でも微妙な弦の感触、音色が変わると聞いていたのでどうなるのだろうと思ってましたが、ブナの木々に囲まれて音色も優しく心に響きました。曲の構成も知っている曲ばかりで、童謡などは一緒に口ずさみ、“おくりびと”“倉本聰 富良野三部作”に至っては、すべてその場面が浮かんできて、目頭が熱くなりました。
 他の曲もチェロとピアノが会話しているように掛け合う所や、ソプラノの歌がまるでコロコロと情景を想像させるように聴こえてきて最後までとても楽しく聴くことが出来ました。

初めて行った“巨木の森”ブナの森はやっぱり優しかったですね。



実は今日も隣の伯父ちゃんにせがんで、近くのブナ林を歩いてきたところです。

ヤギおじさん、又、こんな機会があったらご一緒して下さいね。
4. Posted by 葉っぱ塾より   2009年09月21日 04:36
 ぶなの木さん、今回はお誘いくださってありがとうございました。美女お二人とのドライブも楽しかったです。天候に恵まれてよかったですね。

 主催者の方が感想を聞きたいとのことでしたので、コメントも参考になると思います。また遊んでください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔