2014年04月29日

☆★桜回廊ツアー無事終了!〜ツアーを支えてくださった皆さまにも感謝

IMG_8154

<「フラワー長井線」に乗って>


  東京M旅行社の「置賜桜回廊ウォーキングツアー」第2班の2日目の29日も、朝から素晴らしい天候でした。

  フラワー長井線の「長井駅」から「四季の郷駅」までを乗っていただくというのも、ツアーのポイントになっています。

  首都圏では見ることのできない風景の中を小さなディーゼルの車両が走ります。前方ばかりでなく、右にも左にも、田舎の風景が広がり、お客様は楽しんでご乗車くださっていました。


IMG_8156

<青空に映える「子守堂の桜」>


  桜は少しだけ散り始めていましたが、素晴らしい咲き具合でした。

  下見、第1回ツアー、そしてこの日と、同じ桜を私は3回みましたが、色合い、花の咲き方、光の当たり方がみな違っていて、それぞれに素晴らしいものでした。


IMG_8160

<「ゆめ蔵」さんによる郷土料理>


  2日目の昼食は長井市内の「ゆめ蔵」さんにお願いしていました。今回初めてお願いしたのですが、このつながりも大切にしたいと思いました。

  この日はコシアブラの天ぷらも提供されたのですが、夕方荷物を回収に伺いましたら、その日の朝、山に採りに行ってこられたものだとのことでした。

  遠くから来られたお客様を、目いっぱいおもてなししたいというそのお気持ちが、私の思いと重なりました。


IMG_8164

<見事に咲いた「草岡大明神桜」>


  ツアーの最後の桜は「草岡大明神桜」でした。この桜は、9年前に国の天然記念物に指定されました。私も何度か訪れていますが、こんなに見事に咲いている姿を見たのは初めてでした。

  お客様に「大明神」と呼ばれるのはなぜか、と尋ねられ、「草岡大明神桜」とつなげて一言のように語っていた自分がそれに答えられないことに気づきました。

  しかし、人のつながりは私を見捨てませんでした。

  お客様をお送りした後で、夕食の際に届けていただいたお酒の精算に、寺泉の寺嶋酒造さんにお伺いしたのです。

  「草岡の大明神桜が素晴らしい咲きっぷりでした」と私が申しましたら、「昨日、保存会の総会があったのだ」とおっしゃるのです。なんとここの社長さんは「草岡大明神桜保存会」の副会長さんだったのです!

  そこで先の質問をぶつけてみました。

  この地がまだ伊達政宗の領地だったとき、政宗は白鷹町鮎貝での合戦で初陣を飾るのですが、この桜の影に身を隠して難を逃れたことがあった、ここまでは知っていました。

  政宗は家臣の横山勘解由(かげゆ)を、桜の守り人としてそこに常駐させ、その際桜の木の下に祠が置かれたというのです。祠は今も木の下にあるそうですが、それが「大明神」の由来ではないかと語ってくださいました。初めてお聞きしました!


IMG_8166

<こんなお酒もあったんだ!>


  さらに社長さんは、「こんなラベルを貼った酒もあるよ」と見せてくださいました。

  これを知っていたら、このラベルのお酒を準備するんだった、と思ったのは言うまでもありません。

  来年もしツアーが実現するようだったら、また一工夫してお客様をお待ちしたいと思いました。

  自分の故郷を歩いて、楽しんでいただく。こんな嬉しいことはありません。このツアーを陰で支えてくださったたくさんの地元の皆さまにも感謝です。

  お客様は無事にお着きになりましたか? 一晩明けた30日、長井市は小雨の朝になっています。ほんとうに天候に恵まれた二日間、私も楽しみました。おいでいただいてありがとうございました。

  今度は「葉っぱ塾」のお客様としてぜひ別の季節にもおいでください。心からお待ち申し上げます。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 20:50│Comments(2)TrackBack(0) 山形県・長井市内名所案内 | 置賜桜回廊

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きよこ   2014年04月30日 05:20
お客様たちは、気づかぬところまで心配りされたおもてなしに、楽しまれたことと思います。
山形を訪れると、その風景とともに、人の温かさにとても感動するのですが、お客様方もそうだったのではないでしょうか。
草岡大明神桜、そんな由来があったのですね。昨年ここでみなさんとお別れしたな・・・と懐かしく思い返しています。
季節は変わりなくめぐってくるのですが、その時咲く桜は昨年と同じ様でありながらそうではなく、桜も、それを観る人にとってもこれが一期一会なのだな、と感慨深いです。
2. Posted by 葉っぱ塾より   2014年04月30日 07:47
 私が交流する方々の多くは、もうけ第一とは無縁の方々です。そういうところが「おもてなし」の基本としては大切なことなのかな、と感じています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔