2015年04月09日

☆★原発、不穏な現象進行していないか!?〜線量増加が記録されている!

汚染地図(地名入り)

<チェルノブイリ基準での避難区域地図>


  先月の新聞記事に、宇宙線を透視することで福島の原発の内部を「見た」ら、原子炉内には解けた核燃料は「ない」ということがはっきりしたということが掲載されていました。

  つまり、完全にメルトダウンして、土壌を融かしながら地下に潜り込んでいるということです。

  そんなふうになった核燃料がいったいどうなるのか気になっていたのですが、4月に入ってからのツイッターやフェイスブックの記事の中に、急に線量が上がっているという情報が目立つようになっています。

  それで確認のために、山形県の公式ホ−ムページの中の空間線量の測定記録を見てみましたら、やはり4月6日深夜から7日未明にかけて、6つの観測地点全てで線量の増加が記録されていました。

  福島県内では、30台のモニタリングポストが一斉に「高い」数値を示したことが報道されていますが、「不具合」として処理されていたとの報道もあります。

  30台が一斉に不具合というよりも、実際に線量が高まったからではないのでしょうか?

  何か原発で不穏な現象が進行しているのではないか、とても気がかりです。

  東電や政府のこれまでの対応からすると、情報が正確には伝えられない、あるいは隠される危険性も十分ありますので、私たちが連携して真実を探ることも大事になってきます。



※長井市広報映像『水の都 長井』



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:14│Comments(2)TrackBack(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きよこ   2015年04月10日 04:05
核燃料が地中に入り込んでしまったという事態がどのような現象を起こすのか、誰もわからないという事実に愕然とします。これはもう地球の問題だと思うのに・・・。日本のトップが他の国の顔色ばかりうかがって、国民の真の幸せを考えないことも憤りとむなしさを感じます。そんななか、皆で知恵を出し合って生きていかなくてはと思う私です。
2. Posted by 葉っぱ塾より   2015年04月10日 11:28
 何か起こっているのは確実です。あちこちで高い数値が観測されています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔