2015年04月21日

☆★東日本大震災への山形からの支援〜活動の記録まとまる!

☆本日(21日)正午からの『徹子の部屋』に、クミコさんと一緒に弟のやぎりんが出演します! ご覧いただける方、録画可能な方、お忘れなく。



IMG_9202

<パンフレット表紙>


  今月始め、「山形県復興ボランティアセンター」から『東日本大震災における山形県の協働、支援活動の記録』と題するパンフレットが届きました。

  あの震災での揺れはかなりあったものの、深刻な被害を受けなかったここ山形は、太平洋岸の被災地への支援基地のような役割を果たすとともに、多くのボランティアが被災地にかけつけ、被災直後から現在に至るまで、多彩な支援活動が展開されてきました。

  震災から4年がたって、民間レベルでこうした資料がまとめられたことの意義は大きいと思います。

  多くの団体や個人と連絡をとり、資料や文章を集め、割り付けをして「形」にするという作業は大変だったと思います。

  その作業を担ってくださった「復興ボランティアセンター」のスタッフの皆さまに感謝申し上げます。


IMG_9203

<「葉っぱ塾」が紹介されたページ>


  「葉っぱ塾」も紹介していただきました。当初からこのようなまとめがなされるなどとは想像もしていませんでしたので、「のべ活動回数」などは大ざっぱでした。

  いったいどこを「1回」と数えるのかさえもなかなかわからないような活動だったということもあります。

  ただ一つだけ、方針として間違っていなかったと思うのは、助成金に頼らず、「ボランティア支援募金」という形で、「葉っぱ塾」が関わる活動への資金提供を広く呼びかけてきたことです。

  多くの方々の「なにかしたい」という思いを、「支援、お手伝い」ということで形にしてゆく。そして、定期的に中間報告ということでお知らせすることで、「思い」の継続を図る。

  目立たないところでのそうした積み上げが、4年経ってもまだ活動を続けていられる土台を作ってきたことは間違いないと思います。

  福島の子どもたちのための週末保養「森の休日」が、現在は最大の活動になっていますが、東松島、陸前高田、二本松などとの関わりも細く長く続けてゆくつもりです。

  このブログをご覧の皆さまにはこれまでのご支援に感謝を申し上げるとともに、引き続きお力添えを賜りたいとお願いを申し上げます。


【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。




※長井市広報映像『水の都 長井』



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:05│Comments(2)TrackBack(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 | 週末保養「森の休日」

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きよこ   2015年04月22日 05:14
ボランティア支援募金はとても画期的なものではないかな・・・と思います。何かしたい、でもできないでいる、という気持ちの受け皿になっているようにも思います。皆さんの思いをしっかり受け止め、そして、地道で確実なことに使ってくださるヤギおじさん。本当にありがたいです。募金ができることが心から嬉しく感じる私なのです。
2. Posted by 葉っぱ塾より   2015年04月22日 06:11
 東松島の「空の駅」へのお手伝いも考えています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔