2015年05月26日

☆★鈴木酒造長井蔵田植えイベントお手伝い〜長井葉山山麓逍遥

IMG_0373

<葉山山麓を歩く参加者のみなさん>


  津波被災を受けた福島県浪江町からこの長井市に移って酒造りを続けることになった「鈴木酒造長井蔵」さんの酒米の田植えが24日行われました。

  その前日が長井の「黒獅子祭り」だったこともあって、全国各地から「田植え応援団」の方々が駆けつけたとのことです。

  そのおよそ半数のみなさんが、25日まで残ってくださって、私が長井葉山山麓をご案内しました。

  前夜は田植えを終えた解放感もあってだいぶ遅くまで長井の夜を楽しんだみなさん、ちょっとお疲れかな? とお見受けする方もおられましたが、田沢沿いの管理道をゆっくり歩いていただきました。

  雪解けの遅かったところにわずかですがまだ春の山菜もあって、ちょっとだけわけていただきました。


IMG_0377

<「土偶広場」で遊ぶ>


  登りはあまりペースが上がらなかったみなさんも、「さあ、ここから戻ります」となったら、カモシカのようにすいすいと下ってゆかれました。

  少し時間がありましたので、「古代の丘」に寄ってみました。

  「土偶広場」は、素敵な憩いの場所だと改めて感じました。


IMG_0380

<初めて体験する「木の鼓動」>


  中里堤のほとりにブナの木があって、みなさんに聴診器でブナの幹の中からどんな音が聞こえるのか、体験していただきました。

  どんな「音」が聞こえましたか? 樹木の「生命」を感じていただけたでしょうか?


IMG_0383

<これから蕎麦打ち!>


  お昼前に、市内の「伊佐沢公民館」に移動し、昼食は蕎麦打ちでした。

  「蔵高宿」の金子さん、佐藤さんが準備してくださったそば粉をこねて、グループごとに蕎麦を打ってゆきました。

  その間私は、山で少しだけ採ってきた山菜を調理していました。


IMG_0387

<山菜天ぷらとお蕎麦で昼食!>


  山菜は産直で仕入れたものが多かったのですが、コゴミ、ヤマウド、タラノメ、コシアブラ、アザミ、イワダラ、フキノトウ、ワラビ、ゼンマイなどを召し上がっていただくことができました。

  福島県浪江の酒蔵が、長井の米と水を使って酒造り。そしてその収益の一部が、「葉っぱ塾」が取り組む福島の子どもたちのための週末保養「森の休日」のために寄せられています!

  新たな挑戦が続き、それを応援する人の輪が広がり、人々が次々とつながっています。

  私は「飲む」ことで応援ですね。



※長井市広報映像『水の都 長井』



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:30│Comments(2)TrackBack(0) グリーンツーリズム | 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きよこ   2015年05月27日 04:04
自然の中で楽しみ、山菜など自然の恵みをいただいての昼食、普通に過ごしていると出会えないようなことで、皆さんお喜びになったのではと感じています。(「カモシカのようにすいすい下る」という表現に笑顔になってしまいました)
様々な形での葉っぱ塾の「森の休日」への応援、真摯に取り組んでおられるヤギおじさんの姿が、少しずつ浸透していかれているようで嬉しいです。
2. Posted by 葉っぱ塾より   2015年05月27日 06:18
 鈴木酒造さんを介してまた新たなつがなりができたような気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔