2015年08月05日

☆★初めて「走る仙石線」を見た!〜小野駅前に「空の駅」も!

IMG_1701

<建設進む復興住宅>


  久しぶりに東松島の「小野駅前仮設住宅」に行ってきました。

  仮設住宅に近づいての一番の変化は、「復興住宅」の建設が進んでいることでした。

  「朝一番で行きますから」と武田文子さんに連絡していましたら、仮設の集会所を早く開けて待っていてくださいました。

  車に積んでいった旬の野菜とお米を手渡すと、喜んでくださいました。

  「建っていますね。」と申し上げたら、「この2階屋、家族が5人以上じゃないと住めないの」とのこと。

  部屋数は3部屋だそうですから、5人では手狭ではないかと感じます。お役所仕事らしい典型の一つかもしれないと感じました。


IMG_1708

<「陸前小野」駅前にできた「空の駅」>


  5月に仙石線がようやく開通したと聞いていました。それに合わせて「空の駅」を開店させたとも聞いていました。

  武田さんと一緒に駅前に行ってみました。

  整備された駅前広場の端に、プレハブの「空の駅」が建っていlました!
  

IMG_1712

<「空の駅」で売っていた「おのくん」>


  これまでは仮設の集会所がお店を兼ねていたわけです。それは今も変わらないのですが、列車で小野にやって来る人も増えたそうで、駅前のこんなショップはありがたいでしょうね。

  「おのくん」人気は相変わらずのようで、集会所にこの日福岡からの注文の電話が入りましたが、応対した武田さんは、「一年待ちです」と伝えておられました。

  ここまで来てくだされば、こうしてすぐにでも手に入るのですがね。
  

IMG_1720

<「空の駅」前の「おのくんベンチ」>


  広場にはベンチも置かれ、飲料の自動販売機もありました。このベンチに座って、地元の方々といろいろなお話しをするのもいいのではないでしょうか?


IMG_1709

<列車のすれ違い待ち合わせ中>


  折よく、列車がやってきました!

  しかも、上り下りがこの駅ですれ違いの待ち合わせというグッドタイミング。

  あとからやってきた上り列車は、石巻に縁のある漫画家・石ノ森章太郎の漫画が大きく描かれて、何だか見ているだけで楽しくなりました。


IMG_1715

<仙台直通列車もある!>


  「陸前小野」駅の建物に入って、時刻表を見てみましたら、1時間に2本ずつぐらい走っているのです。

  武田さんに「列車走るようになってどう?」と尋ねましたら、にんまり笑って「いいね!」とおっしゃいました。

  仙台駅直通の列車もあって、それに乗れば43分で仙台だそうです! 「松島海岸」駅で代行バスに乗り換えていた頃は、2時間近くかかっていたことを考えれば、やはり列車の力は大きいのですね。

  震災から4年半経とうとしている「小野駅前仮設」では、まだ20世帯もの人々が暮らしておられました。

  「葉っぱ塾ボランティア支援募金」ではときどきこの仮設に、野菜やお米をお届けすることを、これからも続けてゆきたいと思っています。


  【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。




※クミコさんの長井市でのディナーショー

※長井市広報映像『水の都 長井』



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。
 

happajuku at 05:06│Comments(0)TrackBack(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔