2016年03月04日

☆★「甦るプロジェクト」から今年も募金届く!〜まだまだ続けるお手伝い

IMG_4685

<わが家のお雛様。あれ?>


  きのうは3月3日。「ひな祭り」の日でした。

  もっとも、昔使われていた月の暦では、今はまだ「睦月」で、ひな祭りは、太陽暦では4月9日になっています。

  娘が生まれたときに、まだ存命だった母が少しずつ買い集めてくれたお雛様が、今年もその一部だけ、座敷に飾ってあります。

  先ごろ訪問した東松島の「小野仮設」で生まれた「おのくん」二人が、「お雛様になってみたい」というものですから、ひな壇に座らせてあげました。


IMG_4688

<甦るプロジェクトから届けられた募金>


  お昼過ぎ、「甦るプロジェクト」に関わっておられる村田さんからお電話があって、これから伺いますとのこと。

  「甦るプロジェクト」からの募金をお届けにわざわざおいでくださいました。

  長井市にある鈴木酒造長井蔵は、もともとは福島県の浪江で酒造りを営んでおられました。

  震災と大津波で全てを失って、今は長井市で酒造りに励んでおおられます。

  その酒蔵で「甦る」というお酒が造られ(3月11日発売)、そのときに出る酒粕を様々に活用した商品が作られ、市内のいくつかのお店で販売されています。

  そうした商品の売上金の一部を、「葉っぱ塾ボランティア支援募金」に贈ってくださっているのです。

  福島と山形との連携が、こうした「形」になっていること、素晴らしいと感じています。

  関係者の皆様に、心から御礼を申し上げます。

  4年目に入ろうとしている福島の子どもたちのための週末保養「森の休日」は、今のところ、夏休み前まで5回の開催までしか見通せない状況ですが、少しずつ、夏休み以降への展望も持てるのかな、といった蓄えができつつあります。

  2012年5月から呼びかけてきたこの「ボランティア支援募金」は、先日、累計募金額が1000万円を超えました。

  この小さな活動にお寄せくださっている皆様のお気持ち、本当にありがたく感じています。

  「葉っぱ塾」はまだまだ呼びかけを続けます。

  どうぞお力添えください。


   【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。




    ☆「葉っぱ塾」・モンベルのコラボイベント

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00│Comments(2)TrackBack(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミニイカワ   2016年03月10日 23:03
葉っぱ塾様

福島の菅野美奈子さんのご紹介で
葉っぱ塾ボランティア支援募金いたしました。
今後とも 活動の継続をお願いいたします。

2. Posted by 葉っぱ塾より   2016年03月11日 08:58
 コメント嬉しく拝読いたしました。遠く北の大地からのメッセージ、心強く受け止めています。「葉っぱ塾」の取り組みはほんとうに小さなものですが、何とか継続をと考えています。これからもどうぞよろしくお力添えください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔