2017年05月01日

☆★残雪、桜、新緑、青空〜週末保養「森の休日2017」第1回報告

IMG_4360

<残雪の上に咲くAsahi自然観の桜>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。



  福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」が今年も始まりました。

  2012年5月に第1回を実施して、今年が6年目。

  「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して取り組んでいます。

  今回は福島からは3家族13名のみなさんがおいでくださいました。

  そのうちの1家族は、今回が初参加でした。

  一番下の女のお子さんがこの春小学校に入学されたというMさんは、震災があったときは、その子が生後まだ1か月ほどで、避難したくともできる状況ではなかったそうです。

  各地で行われている保養情報を探しながらこれまでも各地での保養プログラムに参加しておられたそうです。

  資金やスタッフの確保が難しくなり、保養が少なくなっているので、「山形での保養はとてもありがたいです」とのことでした。

  震災と原発事故から6年以上が経過しています。

  東北の地にあっても震災の記憶が薄れているのですから、遠くに住まわれる人々であればなおさらのことです。

  そうした傾向に抗うように、募金を呼びかけ、保養スタッフへのボランティア参加を呼びかけてきました。

  募金は、個人で繰り返し送金下さる方の数がずいぶん減ってきました。

  また、私の手元の名簿には240名を超えるボランティア参加者のお名前がありますが、その中で昨年一度でも参加くださった方はその4分の一ほど。

  この保養プログラムを実施してゆく条件は、じわじわと厳しくなっているのが実情です。

  今回の参加者のみなさんとお話しをした中で、「参加費を値上げしてもよいから続けてほしい」との声もありました。

  そうしてでも参加したい保養になっているのだということが嬉しい反面、スタッフ参加の先細りということが今後の大きな課題になるかもしれないという不安があります。

  その一方で、新たにボランティア参加してくださった方が今回は3人おられました。

  一人は私が講師を務める大学の2年生。

  私の授業でこの取り組みを知って、初参加してくれました。

  「葉っぱ塾」のこれまでの行事に何度も参加くださっていた保育士のTさんは、保育士らしい細やかな子どもたちへの対応が素晴らしかった!

  岩手県北上市から参加のKさんは、早朝5時半に出発しておいでくださいました。

  一人が「気持ち」を保ち続けることは難しくても、人が入れ替わりながら、全体として参加意欲が保たれて行くということでいいのかもしれません。

  今回は、スタッフが少なく、ほんとうに綱渡りのような二日間だったのですが、新旧のスタッフの連携や、参加者のみなさんのご協力で、無事に終えることができました。

  まだたくさんの雪が残っていました。

  そこに桜が咲き、ブナの瑞々しい緑が芽吹き始め、青空が広がりました。

  この時期ならではの風景の中で過ごした時間の一コマが、子どもたちの心の中に深く記憶されたのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

  ボランティア・スタッフはいつでも募集しています。

  また、この取り組みをはじめとする、「葉っぱ塾」の被災地への応援のための諸活動を支えてくださる募金も、常時呼びかけをしています。


  【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。



IMG_4363

<芽吹き始めたブナの森>


IMG_4373

<雪の斜面を大滑走!>


IMG_4385

<お絵描きも楽しんだ>


IMG_4396

<夕食には旬の山菜!>


IMG_2820

<横浜のTさんからいただいたかわいいお菓子も!>


IMG_4401

<29日は「卯月四日」の月が出た!>


IMG_4415

<エアトップ山へ宝探し!>


IMG_4422

<山の頂上で>


IMG_4390

<駐車場でトッヂボール>




 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:24│Comments(0)TrackBack(0) 週末保養「森の休日」 | 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔