2017年09月02日

☆★きょうから再開「森の休日2017」!〜秋も出会いいっぱい!

IMG_5470

<「古寺の大カツラ」で>


  福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日2017」の今年後半の5回がきょうからスタートします。

  大震災と原発事故からすでに6年以上が経過し、少しずつ人々の記憶からこのことが消えつつあることを感じないわけにはいきません。

  それでも、「森の休日」に参加くださる福島のみなさんや、自分のことをさておいてもボランティア参加くださるスタッフの皆さんとお会いしますと、いろいろな意味で原発事故は現在進行中なのだということを感じます。

  先日、栃木県内で販売されていたキノコから、基準値を上回る放射能が検出されたという報道がありました。

  キノコの原産地は山形県の小国町だったそうです。

  キノコが放射性物質を集めやすい生き物であることを割り引いて考えても、事故が確実に影響を及ぼし続けていることを無視することはできません。

  「葉っぱ塾」が主催する週末保養「森の休日」は、厳密な意味での放射能対策ということにおいては、それほど効果があると思ってはいません。

  たかだか24時間の山形滞在の限界ということは当然あるでしょう。

  しかし、子どもたちが思う存分遊べることと、それを見守る親御さんたちの心のありようを考えてみると、それなりの「効果」はあるものだという確信が私にはあります。

  今回は、山形市に避難しておられるご家族が、スタッフを兼ねて参加くださいます。

  福島からおいでになる方々の中にも、避難の経験がある方たちが多くおられます。

  そういう状況を踏まえての交流や情報交換も、無意味ではないはずです。

  この秋は5回の「森の休日」に、あわせて22家族が参加予定です。

  なお、この取り組みは、「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して展開しています。

  来年以降も継続開催できるよう、多くのみなさんからのご支援をお願いいたします。


    【葉っぱ塾ボランティア支援募金】

      ■郵便振替口座    02420−5− 19722

      ■加入者名       八木文明

       ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。



  また、ボランティア・スタッフも随時募集しています。

  下記にご連絡ください。

    【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00│Comments(0) 週末保養「森の休日」 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔