2017年09月23日

☆★紅葉見ごろを迎える大朝日岳古寺ルート報告(9月22日)

IMG_7127

<古寺山から見た22日朝の大朝日岳>


  22日朝、3時過ぎに家を出て、古寺鉱泉駐車場4時半出発で大朝日岳に向かいました。

  8月4日に登って以来、1か月半ぶりです。

  来週末の「葉っぱ塾」の大朝日岳登山の下見を兼ねていました。

  古寺に向かう途中の国道の温度計が「8℃」を示していました。

  それでもジャケットは羽織らずに登り始めると、ほどよく体が温まってきました。

  頭上にはまだオリオン座が輝いていた時刻の出発でしたが、古寺山まで着くと、くっきりと晴れ上がり、以東岳までの大展望が広がっていました。

  大朝日岳の山頂付近が赤くなっているのがわかりました!


IMG_7136

<雪がなくなった「y字雪渓」を望む>


IMG_7155

<紅葉見ごろの大朝日小屋周辺>


  「銀玉水」上の急斜面を登りきり、山頂草原に出ると、そのあたりでは最盛期はまだといったところでしたが、大朝日小屋周辺はほどよく色づいていました。

IMG_7170

<中岳とその手前の斜面の紅葉>


IMG_7162

<山頂独り占め>


  山頂で写真を撮っていると、さすがにこのシャツ姿では寒さを感じるほどでした。

  下のほうから次々と登って来る人たちが見えました。


IMG_7174

<完成間近の「ペルシャ絨毯」>


  小屋番で入っておられたTさんと倒木などの情報交換をし、インスタントラーメンを食べてから下山にかかりました。

  「銀玉水」上の斜面から見下ろすと、北側の斜面の「ペルシャ絨毯」が間もなく完成といったところ。

  このあたりはどうやら、来週末に紅葉が見ごろを迎えそうな気がしました。


IMG_7189

<倒木の処理に向かう木村さん>


  この1週間で台風や低気圧の影響で強風が吹き、倒木が登山道をふさいでいる場所が3か所ありました。

  すでにその情報は地元山岳会に伝わっていたようで、古寺鉱泉の駐車場で、倒木処理に向かうという木村さんにお会いしました。

  チェーンソウを背負って足早に歩いてゆかれました。

  こうした方々のご尽力で登山道が保全されていること、忘れないようにしたいものです。

  古寺ルート上の3か所の水場はいずれも採水可能です。

  また、古寺鉱泉へのアクセスも、大井沢から、柳川から、木川ダムから、いずれも道は確保されています。

  大規模林道のブナ峠付近にカラマツの倒木があって、朝はその下をかいくぐるように通過したのですが、帰るときには処理が終わっていました。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00│Comments(0) 山旅の報告 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔