2018年02月08日

☆★「菊地隆知版画記念館」の設立呼びかける色摩武愛さんの投稿を読む

IMG_9584

<子どものころの記憶の中にもある「はにわ」>


  長井市およびその周辺の市町にお住まいの方であれば、一度は菊地隆知先生の作品をどこかで目にしたことはおありではないでしょうか?

  菊地先生は長井市生まれの版画家でいらっしゃいます。

  どなたかのお宅にお招きを受けたりすると、お家の中に菊地先生の作品が飾ってあるのを見ることも多いものです。

  私の記憶の中で最も古い作品が上の写真の『はにわ』です。

  作品の下のほうに「1956」とありますので、昭和31年の制作であったことがわかります。


IMG_9583

<はがき大の作品「祝瓶山」>


  1月31日付けの山形新聞に、長井市在住の色摩武愛(しかま・たけちか)さんが「提言」というコラムに菊地先生のことを投稿されていました。

  その記事は、今は車椅子生活で、しかも施設に入所されている菊地先生の作品を一堂に集めた「菊地隆知版画記念館」を市内につくりたいという内容でした。

  その記事を読んで、家の中を探してみましたら、とりあえず5つの作品が見つかりました。

  『祝瓶山』という作品ははがきサイズのものです。
  

IMG_9587

<色摩さんの投稿記事>


  色摩さんは、「芸術文化、特に絵画に対する意識が10年前と比べて大きく減退してはいないか」という懸念を述べておられます。

  ご自身も絵画を得意とされるだけあって、鋭いご指摘だと思います。

  音楽、絵画など、直接的にはその価値や役割が分かりにくいようなものに対して、今の日本の社会はとても冷めているように思えます。

  色摩さんはこの投稿で、長井市生まれの稀有の芸術家の作品を大切に保存し、後世に伝えてゆくことが心豊かな街づくりにも大切だという持論を展開しておられます。

  市民の一人として、大いにその趣旨に大いに賛同するところです。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。


  ☆「月と季節の暦」(2018年版)完成しました。


  ☆「やまがた冬のあった回廊」ホームページ


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00│Comments(0) 山形県・長井市内名所案内 | 葉っぱ塾からのメッセージ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔