2018年02月12日

☆★啓翁桜を東松島へ! 東松島からは「おのくん」が!

IMG_9665

<11日連れ帰った「おのくん」たち>


  11日、今年になって初めて東松島に行ってきました。

  「おのくん」を3人お連れしましたので、もしご希望の方はご連絡ください。

  早い者勝ちです。

  里親になるために、1000円かかります。

  手渡しまたは宅配便でお送りすることになりますが、送料はご負担ください。

     【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話 090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  この日の目的は、山形の啓翁桜をお届けすることでした。

  「ボランティア支援募金」を活用して2012年からお届けを始めて今回で7回目となります。

  陸前高田には、今回は宅配でお送りしました。

  東松島では「おのくん」や関連グッズを販売している陸前小野駅前の「空の駅」や、ボランティア活動の際にお世話になった宮戸島の美容院のOさん宅、海苔を生産しているみなさんの加工販売所、そして「森の休日」にお菓子を届けてくださっている洋菓子屋さんなどに毎年お届けしています。

  個人のお宅でなく、こうしたところにお持ちしているのは、できるだけ多くの方々に春を感じていただきたいからです。


IMG_9662

<「空の駅」前での武田さん、今泉さん>


  10日夕方、山形県高畠町で啓翁桜を栽培しておられるNさん宅に受け取りに行き、11日朝、天候が荒れないうちにと、家を朝6時半には出発。

  渋滞にも悪天候にも遭わず、無事に全てのところにお届け完了しました!

  きょう運んだ啓翁桜は、つぼみが赤みを帯びてかなり膨らんでいました。

  車の温度が高いと咲き進んでしまう恐れもあったために、暖房を控えめに設定し、ダウンジャケットを着込んで車を走らせました。

  めったに雪が降らない東松島ですが、先月末の大雪がまだあちこちに消えずに残っていました。

  もう1か月で、7年目の3月11日です。

  山形の啓翁桜が、みなさんの心にも春を感じさせてくれますように、と願っています。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。


  ☆「月と季節の暦」(2018年版)完成しました。


  ☆「やまがた冬のあった回廊」ホームページ


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00│Comments(1) 東日本大地震関連 

この記事へのコメント

1. Posted by 押切 ひでおき。秀興   2018年03月11日 14:14
5 おのくん 可愛い 愛されて10万体 本当によかった
知ってる人でないと くつろげない。良く判ります
上野からJRで19分 千葉県松戸市はもう、都会。
隣の家の 玄関さえ入ったことは、ありません。
私も 別の 便にて 1体 注文させていただきます。
福島県伊達郡にお寺があります。先祖の墓 石垣がこわれました。おじいちゃんはそこで田舎医師でした。
70代の老夫婦です。
松島の旅 手から海鳥が、えさを、食べに群がって
きた。忘れません。
 おのくんの作業の為に 集まっておしゃべり
 長いこと、続きますように、祈ります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔