2018年03月29日

☆★多田さん、ありがとう!〜「第76回支援者の集い」に参加して

IMG_0310

<「第76回支援者の集い」>


  28日は山形市内で「第76回支援者の集い」が開かれ、今年になって初めて参加してきました。

  この集まりは大震災直後から、復興支援に関る様々な団体や個人が集い、情報交換や連絡調整の場となってきました。

  「復興ボランティア支援センター」が主催し、行政も社会福祉協議会もNPOも「葉っぱ塾」のような弱小団体も、対等な立場で参加し、それぞれの活動の実践力を高める学びの場でもあります。


IMG_0309

<多田さんによる「葉っぱ塾」報告メモ>


  始めの頃は、津波被災地などでの活動を展開する団体の参加も多く、私も「アウトドア義援隊」から参加していました。

  2012年の5月から福島の子どもたちの週末保養「森の休日」に取り組み始めてからは「葉っぱ塾」として、取り組みの中間報告や課題などについてお話しをするようにしていました。

  行政の方々が、1年あるいは2年で次の担当者と代わるのに対し、民間の団体や個人は、この7年間の活動の推移を、一人の目で見続けてきました。

  この集いの中心に居続けたのが多田さんです。

  「復興ボランティア支援センター」の担当者も交代する中で、多田さんだけはずっと継続して働いてくださいました。

  2011年12月、私を陸前高田のボランティア活動に誘ってくれたのも多田さんでした。

  そのことが今も陸前高田の吉田正子さんたちとつながりを持ち続ける原点となりました。


IMG_0313

<会議が終わってみればこの通り>


  多田さんは実に聡明な方で、「集い」ではいつもホワイトボードを担当してくださいます。

  それぞれの団体の報告を聞きながら、要領よくそれを箇条書きにしてまとめてゆきます。

  話した本人が忘れていても、自分のところを写真に撮ってゆけば、どんなことを話したかが後からでも一目瞭然です。

  会議が終わってみれば、ホワイトボードがほぼ一杯になっています。

  そんな多田さんが、この月末で、今のお仕事にピリオドを打つ決意をされました。

  しばらくはパートで働くかもしれないとのことでした。

  時間的な余裕ができるので、「森の休日」のお手伝いにもいきますよ、とのことでした。

  心強い助っ人と喜んでいます。

  多田さん、お疲れ様でした。

  そしてありがとうございました。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:34│Comments(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 | 週末保養「森の休日」

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔