2018年07月10日

☆★人命を救わぬ政治、豪雨の夜に酒宴

IMG_8425
<散居集落の夜明け>


  九州地方から東海地方にかけての広い範囲での大雨の被害は、天候が回復した9日も、被害の全容がつかめないほどの大災害になっています。

  多くの人々が着の身着のままで避難を強いられている7月5日夜、衆議院議員会館で、自民党の一部の議員たちが酒宴を繰り広げていたと、参加者の議員自身がツイッターで写真をアップしていました。

  この中にはなんと首相と、翌日に7名の死刑執行を控えていた法務大臣もいたというのですから、開いた口がふさがりません。

  首相が、予定されていた「外遊」を取りやめると発表したのはようやく9日になってからのことでした。

  そしてようやくこの日になって、「激甚災害法」が適用されることも決まりました。

  人の命を奪うための兵器には何千億円も使うこの国が、人の命を救うための手間隙を惜しみ、政治家たちが人々の困難をよそに酒宴を繰り広げる。

  こんな政党を40%もの人々が「支持」してきたことがまったく理解できません。

  多くの国民が被災地のために、被災された方々のために何かしたいと願っています。

  その思いを汲むように、政治が先手を打って支援の行動をとるべきなのに、ポーズだけで実態が伴ってはいません。

  「葉っぱ塾」に「ボランティア支援募金」を届けてくださっている中に、被害の大きかった岡山県倉敷市の方がおられたので、9日朝メールしてみました。

  ご家族はご無事とのことでしたが、ご自宅が床上浸水だったとのことでした。

  「葉っぱ塾」ではこの募金を活用して被災地のお役に立てないかと考え、倉敷の方とやりとりをしています。

  極めて深刻な被害を受けている倉敷市真備町はすぐお近くのようです。

  東日本大震災のとき「アウトドア義援隊」で大活躍された大阪のYさんは、居ても立ってもいられず、この真備町にボランティアで入られたとフェイスブックで報告されていました。

  安否の確認ができない方々がまだたくさんおられる現状では、ボランティアが入ることが難しいという面はあるでしょうが、何かしらお手伝いをしてゆこうと考えています。

  個人が思いつきで物品を送ったり、現地に入ることが、かえって混乱を招くこともあるようですので、慎重に動いてゆきたいと思います。





  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」長井公演は9月29日!


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。 

happajuku at 05:00│Comments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔