2018年07月13日

☆★お待たせ月山、下見と水汲み兼ねて

IMG_6029
<月山リフト乗り場付近のニッコウキスゲ>




           「平成30年7月豪雨」
      モンベルの「アウトドア義援隊」への活動支援




  7月後半に、鳥海山と月山を組み合わせたツアーのガイドが2件入っています。

  今年は月山に行く機会を逃していたので、7月10日に下見を兼ねて歩いてきました。

  この日は「曇り」との予報でしたが、朝のうちは青空も広がってなかなか快適な山日和でした。

  「月山リフト」の乗り場からもう、満開のニッコウキスゲが出迎えてくれました。


IMG_6027
<姥沢からの朝日連峰展望>


  朝のうちは朝日連峰に雲がかかっておらず、くっきりと見えていました。

  姥が岳で一緒になった若い女性は、京都から初めて月山においでになったとのこと。

  周囲の山々の名前も知らないとのことでしたので、いくつか見える山々を教えて差し上げました。


IMG_6033
<姥が岳付近からの鳥海山の展望>


  この日は4日前に登った鳥海山も見えていました。

  ツアーの一つは湯殿山神社方面に下るというルート設定でしたので、この日は月山山頂を目指す代わりに湯殿山方面へと少し下り、雪の状況を確認してきました。

  沢を埋めていた雪もほとんど溶けており、あと1週間もすれば完全に消えてしまいそうと判断してきました。


IMG_6036
<月山でもコバイケイソウが花盛り!>


  「牛首」の分岐からは四ツ谷川沿いの木道を下ってきました。

  窪んだ地形に大量に溜まった雪がようやく溶けたところはまだ春の花々が咲き始めたばかり。

  チングルマもあちこち賑やかな群落を作っていました。

  このルートを下る楽しみは豊富な湧水にあります。

  「お宝清水」では、朝のコーヒー用にPETボトルに水を汲みました。

  温度計で水温を測ると6℃ほど。

  翌朝、この水で淹れたコーヒーの何とまろやかだったことか!

  昼過ぎに帰途について振り返ると、月山山頂には少し雲がかかり始め、時折小雨が降ってきました。






  ☆「木星音楽団」長井公演は9月29日!


  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。
  


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。 

happajuku at 05:00│Comments(0) 山旅の報告 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔