2018年11月12日

☆★猛暑・台風乗り越えて、今年の田んぼ無事終了〜11回目の田んぼオーナー収穫祭

IMG_8551
<受け取った「私たちのコシヒカリ」!>


  今年6月3日に田植えをした「田んぼオーナー」のコシヒカリがついに私たちの手元に届く日がやってきました!

  11月11日に、収穫祭を行いました。

  朝方少し雨も落ちましたが、天候は次第に回復し、気温も高めの小春日和となりました。


IMG_8538
<午前中はキノコ・ハイキング>


  午前中は、キノコに詳しい地元の方に案内していただいて、葉山の中腹まで恒例のキノコ・ハイキングです。

  葉山一帯は今年はあまり出ていないというお話しも聞いていましたが、枯葉をさくさくと踏みながら山の中へ分け入って行くと・・・・


IMG_8544
<お! ナメコだ!>


  ない所にはないわけですが、ある所にはあるのですね。

  ムキタケはあちこちで見かけました。

  数年前のように、枯れ木の下から上までずずっとムキタケ、というわけにはいきませんでしたが、まずまずの収穫だったのではないでしょうか。

  子どもたちが目を輝かせて山の中を歩き回る姿は頼もしく見えました。


IMG_8545
<山から帰ってお餅つき>


  山から公民館に戻ると、お餅つきです。

  朝のうち、わが家にあるケヤキ製の臼を公民館に運んでおきました。

  つき上がる直前に子どもたちもそれぞれ杵を持ち、ついてくれました。

  餅をつかず、臼の縁をついていた人もいましたね。


IMG_8549
<いただきます! 2種類のお餅>


  山歩きして、おなかはぺこぺこだったでしょう。

  あんこ餅とお雑煮の2種類、いかがだったでしょうか?


IMG_8550
<振り返りの挨拶される遠藤さん>


  「田んぼオーナー」に取り組み始めて11回目の収穫でしたが、今年は稲刈りが台風で私たちの手で行うことができませんでした。

  ご自宅が「葉っぱ塾の田んぼ」にいちばん近いHさんは、お孫さんを連れて訪ねてくださったそうですが、田んぼにはいろいろな生き物たちがいて、お孫さんたちは大興奮だったそうです。

  田植えの2か月以上前の3月下旬に種籾の温湯処理から米作りは始まっていました。

  猛暑の夏と、雨の多かった9月を乗り切り、台風にも倒れることなく育ったコシヒカリは、反当り収量は7俵あまりだったそうですから、けっして豊作とはいえません。

  遠藤さんが気を利かせてくださって、オーナーのみなさんにはそれぞれ60kgのお米が手渡されました。

  来年の予定も話し合いました。

  田植えは6月2日(日)、稲刈りは10月6日(日)、収穫祭は11月10日(日)となりました。

  今回おいでになれなかったオーナーさんには、遠藤さんが送ってくださいます。

  新米の感想をぜひ遠藤さんにお届けくださいね!

  来年また田んぼでお会いしましょう。





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学

 

  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00│Comments(2) 葉っぱ塾田んぼオーナー | 葉っぱ塾行事レポート

この記事へのコメント

1. Posted by 笹林陽子   2018年11月13日 22:39
収穫祭では、大変お世話になりました。
早速写真もお送りいただき、ありがとうございます。
久しぶりのブナの森の山歩き。運動不足が響きましたが、キノコ見つけの目的があったおかげで、先へ先へと目が行き、いつの間にか歩き通していました。
稲子さんのお手製のあんこを使ったあんこ餅。キノコたっぷりのお雑煮。平さんの奥様の差し入れ。イチジクのパウンドケーキもありました。手がかけられた素朴なおいしさに、体が喜びました。11年目の収穫祭。月日は流れ、大人になった娘が運転する車に乗って、参加する日が来るとは!!田んぼのオーナー制度を継続してくださっている皆様に心より感謝申し上げます。
2. Posted by 葉っぱ塾より   2018年11月14日 05:12
 ずっと継続して参加くださっていることに大いに励まされながらの11年でした。「自分で植えたお米を食べたい!」という思いと、農家の遠藤さんの米作りへの思いが重なっていることも継続の鍵だったと振り返っています。これからもよろしくお願い申し上げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔