2018年12月20日

☆★山形になお2000人を超える避難者の方々が〜許されない自主避難者の切り捨て

       辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
        (ホワイトハウス宛請願署名)



IMG_9075
<「第80回支援者の集い」>


  12月17日午後、山形市内で「第80回支援者の集い」が開かれ、久しぶりに参加してきました。

  「葉っぱ塾」からは、「森の休日2018」のまとめを報告することで、資料を準備してゆきました。

  この日はゲストとして、東北文教大学のボランティア部の学生5人が参加していました。

  そのうちの4人が「森の休日」にスタッフとして参加してくれた学生たちでした!

  ボランティア活動の中心になっているのは現在3年生のYさんです。

  熊本や岡山などの災害にも連れ立ってボランティア活動に赴いたり、学生たちをバスで宮城・岩手の津波被災地へと連れていったりと、かなり多彩な活動を展開している様子を報告してくれました。

  「森の休日」への参加もかなり重要なウエイトを占めている様子でした。


IMG_9078
<山形県内の避難者数>


  山形県の避難者支援室の方からは、県内の最新の避難者数の報告がありましたが、12月6日の段階で2000名を超えるみなさんが山形県内に避難しておられます。

  多くの方々がいわゆる「自主避難」の方々です。

  国や福島県は、こうした「自主避難者」への住宅支援などを次々と打ち切ってきました。

  12月18日の「河北新報」に、福島県知事が「自主避難者の実態調査は不要」という県としての対応を発表していると報道されていましたが、これはまさに避難者の切り捨てに他ならないと思います。

  避難者を切り捨てての真の復興などありえないのではないでしょうか。





  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00│Comments(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔