2019年02月14日

☆★原発事故、疫学的調査必要〜池江さんの白血病発症で思ったこと

IMG_9614
<蔵王の樹氷原で>


  天才スウィーマーの一つのツィートに世界が衝撃を受けています。

  2月12日、白血病と診断されたことを池江璃花子さん自ら公表したのです。

  一人の若者が受けた心の衝撃を想像しようとしても、その大きさは測り知ることができません。

  彼女が一日も早く回復されることを心から願ってやみません。

  このニュースを知ったとき、改めて白血病について調べてみました。

  日本では年に1万人以上の方々がこの病気を発症しておられるそうです。

  そしてふと思ったのは、福島の原発事故が原因の一つということはないだろうかということでした。

  池江さんは東京都の江戸川区出身で、2000年生まれです。

  東日本大震災を経験したのはおそらく小学校4年生のときだったと思います。

  気になったのは、東京都内の放射能汚染もかなりひどいと聞いたことがあったからです。

  試みに江戸川区のホームページを検索してみましたら、2011年9月に測定された結果が公表されていました。

  その時点での西小岩小学校の線量は0.12μSv/h。

  また、その2年後彼女が通うことになる小岩第四中学校では同時期に0.20μSv/hが観測されていました。

  いずれも池江さんが在籍していた学校です。

  私が住んでいる長井市では0.05μSv/h前後で推移していることを考えると、やや高めであったことがうかがわれます。

  このことが池江さんの発症につながったかどうかは知る術がありませんが、年間に1万人以上もの発症があるのであれば、どこに住んでいる方が発症し、被曝量がどれぐらいであったのかというような疫学的な調査があってしかるべきではないのでしょうか。

  多くの方が心配し、応援している池江さんのむこうに、たくさんの白血病患者のみなさんがいらっしゃることを忘れてはならないと思います。

  池江さんのその後のツィートの中に、「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。」とありました。

  癌との闘病を5年半続けた私の母が、入院中に同じような言葉を語っていたことを思い出しました。

  厳しい寒さの中に立ち、烈風に曝されながらも春には瑞々しい若葉を茂らせる雪国の木々に、病に向き合う人々のことが重なりました。




  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
   (21万筆を超えました!)
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:20│Comments(0) 葉っぱ塾からのメッセージ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔