2019年09月15日

☆★「安全登山入門編2019」最終回は好天の月山で地図読み実践

IMG_3032
<月山に青空広がる>


  5月に開講し、毎月1回の机上講座と2回の実践登山を組み合わせての「安全登山入門編2019」は、9月14日、最終の実践登山を月山で行いました。

  朝から秋らしい素晴しい好天になりました。

  前々日の12日、下見で訪れたときには強風で小雨がぱらついていたのが嘘のようでした。


IMG_3037
<休憩中も地図を読む参加者のみなさん>


  今回の登山のテーマは「地図読みとコンパスの使い方」でした。

  12日の机上講座で、その基本について学んでいました。

  それを実際に山で使ってみようというわけです。

  この日の参加者16名の中には、「日本百名山」を踏破し終えたというベテランの方もおられたのですが、そんな方でも、地図読みはほとんどやったことがないとのことでした。

  地図が読めなくても山には登れる!

  ツアーに参加するだけであればそれでよいかもしれませんが・・・。


IMG_3033
<黄金色の庄内平野>


  コンパスと地図を併用してできることに「山座同定」というのがあります。

  遠くに見えている山が何と言う山であるのか、ということです。

  何度も登った月山で、この日私は初めて金峯山と摩耶山がどれであるのかを皆さんと一緒に確かめることができました。

  その他に、この日参加者のみなさんと確かめた遠くの山々は、磐梯山、蔵王、鳥海山、大朝日岳、栗駒山などがありました。

  それらがかつて自分が登ったことがある山ですとなおのこと、「ああ、あれが!」と納得がゆくものです。


IMG_3039
<まもなく山頂!>


  好天の月山は、大勢のみなさんが登っておられました。

  しかし、私たちのように地図とコンパスを見ながらという方はまずおられません。

  地図が活用できるようになると、登山は格段に面白さが深まってゆきます。

  何十回も通った道でさえも、新たな発見をすることがあります。

  受講者のみなさんにお勧めしているのは、自分の家が含まれている地図をまずは購入して眺めてみましょう、ということです。

  そこから親しみが湧いてくるのではないかと考えるからです。


IMG_3061
<下山後のお別れの集い>


  今回の実践登山には、今年の講座の受講者だけでなく、昨年、一昨年の受講者も何人か参加してくださいました。

  「3回参加してようやくわかってきました」と語ってくださった方がおられました。

  また、この講座が新たな友人を得る場にもなっていると語ってくださった方もおられます。

  「来年の鳥海山、一緒に参加しようね!」と話が決まり、まだ山小屋の予約もしていないのに、6名も集まってしまいました!

  最後に、今年の受講者の皆さんの中で「皆勤賞」だった5名の方々に、「葉っぱ塾」から慎ましやかな記念の品を贈りました。

  これからも安全な登山をお楽しみください。

  「葉っぱ塾」では来年もこの講座を開講するつもりです。




  ☆<9月20日は「スタインウェイ・コンサート」!>2019コンサートチラシ(縮小版)




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:14│Comments(0) 山旅の報告 | 体験活動、講演、講義など

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔