2020年02月10日

☆★山形の啓翁桜を陸前高田と東松島にお届けに

IMG_7484
<お届け前の啓翁桜>


  東日本大震災の被災地陸前高田と東松島に山形の啓翁桜をお届けしてきました。

  2012年が最初でしたから、今回で9回目になります。

  2011年の震災の直後の春、桜の見ごろの季節は、被災地はまだ大変な混乱の中にありました。

  「おはなみ」どころではなかったのです。

  今思い出すと不思議なことですが、あの年の桜はどこも美しく咲いていました。

  翌年の春、少し落ち着きを取り戻した被災地の方に、早めの桜を見ていただけたらと考えて、「ボランティア支援募金」で桜を購入し、陸前高田と東松島の方々に桜をお届けしたのでした。


IMG_7486奇跡の一本松
<陸前高田「奇跡の一本松」>


  陸前高田を初めて訪ねたのは2012年12月でした。

  山形からのボランティア・バスに乗せていただき、被災地のお手伝いに何度か通ったのです。

  当時は「奇跡の一本松」はかろうじてまだ「生きて」いました。

  今はレプリカの一本松と被災した建物の一部が保存されています。


IMG_7495津波伝承館
<新設された「津波伝承館」の広場>


  景勝地だった「高田松原」があったあたりには、新たに「津波伝承館」が建てられていました。

  この中に、犠牲者の追悼の施設が置かれ、また岩手県内各地の被災の記録が展示されています。

  「道の駅」も併設されていて、訪問する人も多くおられました。  


IMG_7489根付いた啓翁桜
<「花っこ畑」で根付いていた啓翁桜>


  久しぶりに訪ねた吉田正子さんの「花っこ畑」では、懐かしい方々が集まってくださっていました。

  この日は冬型の天候で、冷たい季節風が吹いていましたが、「花っこ畑」のハウスの中は暖かでした。

  暖かくなったら植えられる花々の苗が大切に育てられていました。

  嬉しかったのは、以前運んだ啓翁桜の一本が根付いて露地植えされていたことです。

  「切り花」のように飾られる啓翁桜ですが、花が終わったものを地面に挿しておくと、たまに根が再生するのです。

  以前、東松島の方の中にも「根が出て庭に植えましたよ」と教えてくれた方がおられました。

  啓翁桜は、「花っこ畑」の他、お菓子屋さん、美容院、海苔の販売店など、人が集まるところに置いていただいて、訪れるたくさんの方にちょっと早い春を楽しんでいただくことになっています。

  山形道、東北道、三陸道を経由しての陸前高田、東松島への「桜配達の旅」は、往復で527kmでした。
  



  ☆葉っぱ塾こんなことできます2020


  ☆やぎりん当面のコンサート

2020.1.18チラシ



  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:04│Comments(0) 東日本大地震・「アウトドア義援隊」関連 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔