ウォン・ウィンツァンさん

2012年06月23日

ウォンさんから「森の休日」へ贈り物!

IMG_6004

<届けられたウォン・ウィンツアンさんのCD>


  ピアニストのウォン・ウィンツアンさんとの交流はもう10年ほどになります。静かなピアノ曲は、NHKの番組などでBGMとしても使われているので、ウォン・ウィンツアンさんのお名前をご存知ない方でも、曲を聞くと「あ!」と思われるかもしれません。

 お会いしたのは2度ほどしかありませんが、いろいろこちらの活動を気にかけてくださって、とりわけ最近はフェイス・ブックで貴重な情報を教えていただくことが増えてきました。

  そのウォンさんから、ご自身のCDを「福島のご家族のために」ということで、たくさん送っていただきました。大好きな「Doh Yoh」シリーズです。静かなピアノが奏でる懐かしい日本の童謡がたくさん収められています。まるで、童謡変奏曲のようでもあります。

  ストレスの多い福島での生活の中で、どんなにか心安らかに受け止められることでしょうか。きっと喜ばれると思います。ありがとうございました。心からの感謝をお伝えいたします。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年01月21日

光の華

5c0ef171.











<ウォン・ウィンツァンさん>


※「葉っぱ塾」では募集中の企画があります。右の「カテゴリー(Categories)」の「只今募集中の企画」というところをクリックしてご覧ください。


  昨年末、ピアニストのウォン・ウィンツアンさんから1枚の新しいCDを送っていただきました。『光の華』という2枚組のCD(¥3000)です。一枚はピアノソロ・バージョンで、もう一枚は、同じ曲の弦楽との協演バージョンでした。静かに流れるピアノの曲を、今は車の中で繰り返し聴いています。

  山に出かけるとき、とりわけガイドで出かけるとき、緊張の度合いが高まって落ち着かないようなときはこれまでもウォンさんのCDを聴くことが多かったのですが、このたびいただいたCDもその仲間に入りました。とても心が落ち着くのです。

「光の華」カバー


  ウォン・ウィンツアンさんのお名前をご存じない方でも、お聞きになってみると、「あれ? どこかで聴いたことがある」と思われるものがあります。よくテレビ番組のBGMで使われることがあるので、たぶんそうしたものをお聴きになっているのだと思います。

  ウォンさんとの交流が始まってもう10年以上になります。最初は葉祥明さんからの紹介でした。以前出された『Moon Talk』というこれまた静かな静かなピアノが流れるCDのカバーに、葉祥明さんの絵が使われていたことから、葉さんが勧めてくださったのだと記憶しています。

  ウォンさんのCDは一般のCDショップで扱われることは少なく、根強いファンの中に静かに広がっているようです。以前、日本の童謡を題材にしたCDシリーズ『Doh Yoh』が販売されたことがあって、老人の施設の職員として働いている女性が購入してくださったことがありました。その施設内でそのCDを流していたら、昔小学校の教員をしておられ、その時点では認知症で、何をするともなく日々を過ごしていた女性が、急に所内のピアノの前に座り、知っている曲を弾きはじめたのです、と伺ったことがあります。

  もし、CDをお求めになりたい方は、「葉っぱ塾」にご連絡をいただきますと手配することが可能ですので、お知らせください。



happajuku at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)