山形県・長井市内名所案内

2019年07月06日

☆★ベニバナ咲く季節到来〜来週は白鷹町で「紅花祭り」

IMG_1910
<咲き始めたベニバナ>


  ベニバナの花は「半夏生(はんげしょう)」の頃に咲き始めると言われています。

  今年は7月2日がその「半夏生」でした。

  一日遅れの3日に、白鷹町の友人Kさんのベニバナ畑に立ち寄ってみましたら、やはり数輪咲き始めていました。

  彼が山形のベニバナの復活のために動き始めてから30年近くになりますが、今では白鷹町は「日本の紅(あか)をつくる町」として名前が知られています。

  来週末13日〜14日は、白鷹町内各所で「紅花祭り」のイベントが開かれるとのことです。

  「葉っぱ塾」ではときどき、お客様をご案内してKさんの工房に「ベニバナ染め体験」に伺っていますが、毎回ベニバナの歴史や染めの伝統の奥深さに感嘆します。

  わが家の畑に植えたベニバナは播種が遅かったので、花はもう少し先になりそうです。




  ☆はが道也公式サイト



  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
     チケット発売を開始しました!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年06月02日

☆★県道252号線、祝瓶山荘まで開通〜林道区間は悪路注意

IMG_1409
<木地山ダム湖畔から見る祝瓶山>


  長井市内から木地山ダムを経て祝瓶山(いわいがめやま)登山口に向かう県道252号線が5月24日に通行止めが解除されたとの情報を聞いて、31日早朝、祝瓶山荘まで行ってきました。

  昨年は、「葉っぱ塾」が計画していた祝瓶山への登山の直前の6月21日から、落石の危険ありとのことで通行止めとなり、結局そのまま冬季通行止めに入っていたものですから、11か月ぶりの開通ということになりました。

  木地山ダム湖の最上流部の県道区間は、開通前にある程度整備もなされたようでしたが、山荘手前3.2kmの林道は、相変わらずの悪路でした。

  「山岳観光を盛んにしたい」と長井市の関係者は口ではいうものの、アクセス道路が車の腹をこするような悪路では、絵に描いた餅でしょう。

  お客様をお連れして行くのはどうも気が引けてしまいます。


IMG_1412
<「不伐の森」付近から見る大朝日岳>


  帰り道、「21世紀不伐の森」の広場付近で車を止めました。

  ここは祝瓶山と大朝日岳をつなぐ稜線が望めるところです。

  大朝日岳の残雪もしだいに縮小し、雪が溶けて黒く見える部分が多くなっています。

  ここで驚いたのは、アカショウビンの鳴き声が周囲の森のあちこちから聞えたことです。

  夏の間だけ日本の深い森のあるところで過ごすというこの鳥は、姿を見ることはなかなかできませんが、鳴き声はとても特徴的です。

  バードリスニングにはなかなか良い場所かもしれません。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:51|PermalinkComments(0)

2019年05月25日

☆★白川橋は飯豊連峰の展望スポット!

IMG_1284
<残雪の飯豊連峰(白川橋から)>


  好天が続いています。

  この季節の朝のジョギングの楽しみは、残雪の山々の眺めですが、長井市内から見る飯豊連峰の姿は最高です。

  私の家からですと、飯豊本山あたりしか見ることができませんが、旧287号線にかかる白川橋付近まで行くと、飯豊連峰のかなりの部分が姿を見せてくれます。

  手前に流れる川が白川です。

  飯豊連峰から流れ出し、この橋の少し下流で最上川に合流しています。

  明日(26日)は、この飯豊連峰を間近に眺める小国町の倉手山への登山の予定です。

  「葉っぱ塾」にしては珍しく、賑やかな登山になりそうです。

  気温が高めの予報なので、注意が必要です。

  まだ体が夏の暑さに慣れていませんから。




  ☆『広い河の岸辺コンサート』第3回!
8.31長井公演チラシ表面



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年05月12日

☆★小滝の「遅咲き桜」見頃!〜「平均満開日」は5月11日?

IMG_1079
<小滝パーキングの桜(11日)>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!
     (5月11日現在17名受け付け)



  毎年GWを過ぎて満開になる桜が南陽市小滝の国道348号線のパーキングにあります。

  昨日(11日)、山形市に向かうときに満開になっていました!

  まだ花びらが一枚も地面に落ちていない状態です。

  毎年この桜が開花したことをブログにアップしています。

  ブログの記事をたどると、満開を確認したのは以下のようになっています。

  2012年5月15日。

   ※2013年は記録なし。

  2014年5月14日。

  2015年5月 8日。

  2016年5月 9日。

  2017年5月12日。

  2018年5月 7日。

  2019年5月11日。


  この7年分を「平均」すると、10.86、つまりおよそ11日ということになります。


  ヤマザクラなら、花と葉が同時に出るはずなのですが、この桜は花が先です。

  毎年、まわりの木々が新緑になってから咲くので、一際目立ちます。

  雪の影響などで毎年枝の様子が変化していますが、忘れた頃に咲く桜、いいですよ。

  あっという間に散りますから、お早めに。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:45|PermalinkComments(0)

2019年05月09日

☆★見事です! 白川ダム湖の水没林!!

IMG_0980
<白川ダム湖の水没林と飯豊連峰>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!



  フェイスブックに、このところ白川ダム湖の水没林の写真が多く投稿されています。

  午前中一杯かかって「葉っぱ塾」のDM発送作業を終え、昼食をとってから飯豊町の白川ダムに向かいました。

  わが家からはダムの堰堤までおよそ20キロほど。

  その上流の湖畔公園や「フォレスト飯豊」までは30キロ弱といったところです。

  ダム湖は一年の中で最も水位が高いのが今の時期です。

  白川ダムの上流は豪雪で名だたる飯豊連峰です。

  湖畔公園の対岸からは、まだたくさんの雪に覆われた飯豊連峰中核部が、真正面にそびえています。


IMG_0997
<群生する木立>


  一年の一時期であっても、根がこのように水に浸り、それでも生きているのは、ヤナギの仲間だからでしょうか。

  立派なカメラや三脚を携えたカメラマンがあちこちにいらっしゃいました。

  正午過ぎの真上からの光でも素晴しい風景ですから、夜明けや夕暮れの、太陽が低い位置にあるときはどんなふうに見えるでしょうか?


IMG_1018
<湖水に立つ孤木>


  群生している木立も見ごたえがありますが、たとえそれほど大きな木ではなくても、私はなぜか一本立ちしている木に惹かれます。

  8日は風が時折強く吹いて、湖面を渡ってゆく風が、水面を波立たせながら通り過ぎてゆきます。


IMG_1021
<サルの歓迎>


  ダム湖畔の道を戻るとき、道路にサルの集団がいました。

  このあたりで見かけたのは初めてです。

  近くに集落はないのですが、あちこち移動して捕獲の対象にならなければよいが、と思いながら通過してきました。


IMG_1027
<春紅葉の山肌>


  ダム湖の周囲やダム堰堤の下流の山肌は、所々に残雪が見え、木々は種類によって異なった色彩を呈しています。

  秋の鮮やかな紅葉とは違いますが、「春紅葉」とよんでいるのは、こんな山肌です。

  もう少し季節が進めば、同じような色合いの緑色に染まる斜面の、春から初夏への短期間だけ見せる何とも言えない色合いが、印象派の絵画を思い起こさせます。

  まもなく水田への水の供給が本格化すれば、水位が下がり、水没林は見られなくなると聞いています。

  お早めに見に行かれてはいかがですか?

  なお、中津川から福島に抜ける大規模林道と、小国方面に抜ける九才峠はまだ通行止めが続いているので、通り抜けることができませんでした。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:21|PermalinkComments(0)

2019年05月01日

☆★版画家、菊地隆知先生作品展示会が、長井市内2か所で開催中!

IMG_9586
<わが家にある菊地先生の作品の一つ>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!



  菊地隆知先生は、長井市が生んだ著名な版画家です。

  わが家にもいくつかの作品がありますが、長井市民の方であれば「わが家にもある!」という方は多いのではないでしょうか。

  白黒の世界でありながら、目をつぶるとその作品に色彩が現れてくるような錯覚を覚えることがあります。

  古い萱葺きの民家を題材にした作品には大作が多いようですが、わが家にあるのはA4サイズぐらいのものです。


IMG_0282
<「丸大扇屋」での展示会チラシ>


  今、長井市内の2か所で菊地先生の作品が展示されています。

  1つは、「丸大扇屋」さんの蔵の展示室です。

  彫刻家、故長沼孝三さんの生家を公開している観光スポットでもあります。


IMG_0850
<「旧長井小学校第一校舎」での展示>


  もう1か所は、4月27日にオープンしたばかりの「旧長井小学校第一校舎」です。

  30日は天候が雨でしたが、帰省している次男と一緒に行ってみました。

  菊地先生の記念館の設立を目指す市民有志のグループがあって、昨年亡くなった先生の作品の常設展示と作品や版木の保管を目指していますが、何年か後には少し方向性が見えてくるかもしれません。


   ※2018年2月8日のブログ記事参照


  せっかくのこうしたスペースを活用して、版画と関連するようなワークショップなどができたらいいのではないでしょうか?




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:42|PermalinkComments(0)

2019年04月13日

☆★旧長井小学校第一校舎、オープン前の内覧会開催中!

IMG_0367
<旧長井小学校正面>


  私の母校の一つ、長井市立長井小学校の「第一校舎」が、このたび新たに文化交流施設として生まれ変わります。

  オープンを前に、4月12日から14日まで、内覧会が開催されていましたので、初日の12日に見せていただいてきました。

  この校舎は昭和8(1933)年に建てられたものでしたが、4年前からリニューアル工事に入り、学校の施設から切り離され、文化施設としての利用のための準備が進められていたものです。


IMG_0369
<床がぴかぴかの長い廊下>


  在学中、児童総出でタワシと洗剤で研いた廊下は、当時の面影をそのままに残しています。

  「廊下は走らない」と決められていましたが、木造校舎を労わるという意味もあったとは、当時は思いも及びませんでした。

  私が小学5年生のときの4組の教室は、この校舎の1階にありましたが、このリニューアルで、「研修室」に生まれ変わっていました。

  当時の担任K先生は、怖いことで有名だったのですが、今思えばまだ30代半ばの若さだったのではないでしょうか。

  ちょうど5年生のときは、東京オリンピックの年で、テレビのある部屋に移動してみんなでオリンピック放送を見た覚えがあります。

  先生たちも見たかったのでしょうね。


IMG_0370
<元の職員室は「交流スペース」>


  元の職員室だったところは「交流スペース」になっていました。

  喫茶室の趣きもありましたが、今後どんなふうに活用されてゆくのでしょうか?


IMG_0375
<内側から見た正面玄関>


  近頃のこうした施設はみな「指定管理者制度」が採られていますが、ここも例外ではありません。

  事務室に雇用されていた人はみな、市内で顔なじみの方が多かったのですが、聞くところによると、東京の企業が管理するとのこと。

  私たち市民は有料で利用するだけになってしまい、運営面に地元の私たちの声が反映されないのではないかという危惧をもちました。

  民営なら民営で、官庁のような堅苦しさとは無縁の運営ができればよいのですが、はたしてそうなってゆくかどうかは未知数です。

  小学校正門付近ではまだ工事が続いていて、不親切な警備員の方が立っていましたが、この人は内覧会とは無関係の方でした。

  内覧会の方の駐車場は、「道の駅」の駐車場か、市役所向かいの市民駐車場とのことでした。



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年04月05日

☆★「清明」のきょうは「弥生ついたち」〜花咲かせるカツラ

IMG_0272
<小坂子守地蔵堂のカツラ>


  きょう4月5日は二十四節季の一つ「清明」です。

  「清浄明潔」を略したものだとのことです。

  そしてきょうは「月の暦」ではようやく「弥生ついたち」です。

  3月下旬から真冬並みの寒気の中に入り、30日から4月4日朝まで毎日雪が降っていましたが、昨日の午後あたりからようやく気温が上がり始めました。

  先日弟が選挙の「応援演奏」で帰省したときに、白鷹町のお蕎麦屋さん「そば切り八寸」に行った帰り道、白鷹町の小坂子守地蔵堂に寄ってみました。

  ここにはひときわ大きなカツラの木があるのです。

  この時期のカツラは遠目にも梢が赤く染まっているのがわかります。

  赤みを帯びた小さな花が咲いているのです。

  カツラは、株立ちするものが多く見られます。

  また、街路樹としてもあちこち植えられていて、秋になると落ち葉が綿飴のような香りを放って楽しませてくれます。

  わが家の庭にも春の花々が咲き始めています。


   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 08:24|PermalinkComments(0)

2019年03月19日

☆★おじさんには無縁な「恋人の聖地」へ〜上山市の花咲山

IMG_0064
<上山市の「恋人の聖地」からの展望>


  18日は「彼岸の入り」でした。

  朝から青空が広がる気持ちよい好天の一日となりました。

  午後は花粉もたくさん飛んで、目がかゆくなったりくしゃみをしたりでしたが・・・。

  午後、非常勤講師を続けることになった山形市内の大学に、授業日程の打ち合わせに行った帰り道、上山市の「恋人の聖地」に寄り道してきました。

  上山市の葉山温泉郷の西側にある小高い山に作られた展望台一帯は、「花咲山」と名づけられ、雑木林を切り開いて、桜の記念植樹がたくさんありました。


IMG_0060
<正面に蔵王と葉山!>


  正面に上山の葉山と蔵王連峰、そして眼下に上山市街が一望できます。

  「きさらぎ十二日」の月が東の蔵王連峰の上に昇ってきていました。

  おじさん一人で来るところじゃないな、と思いながら下って来る途中で、「恋人の聖地」にふさわしい若いカップルが二組、登ってゆきました。

  ちなみに、「恋人の聖地」は山形県内には3か所あるそうです。
 
  山に登る立場から考えると、「聖地」になりそうな素晴しい展望の場所はたくさんありますが、そこに行くのがあまりに大変な場所ではダメなんでしょうね。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:53|PermalinkComments(0)

2018年12月25日

☆★「名月荘」で聴く加登萌々子、近藤阿由良クリスマスコンサート

IMG_9121
<コンサート開演前>


  24日は上山市の「名月荘」で、ヴァイオリニスト・加登萌々子さんとピアニストの近藤阿由良さんの待ちに待ったコンサートでした。

  加登さんと初めてお会いしたのが2年半ほど前ですから、まだそんなに時間は経過していないのですが、長井に何度もおいでくださったり、わが家のはなれを宿舎に利用してくださったりと、濃い時間だったせいか、古くからのお友だちみたいな気がしています。

  名月荘では2年前のこの時期に、弟たちがお招きを受けてコンサートをさせていただいています。

   ※2016年12月のコンサート

  様々なご縁が巡り巡って、この日お二人のコンサートになったのです。


IMG_9129
<“Emotions” 4部作>


  クリスマスの曲を5曲挟んで、私たち素人にはなじみの薄い曲にはわかりやすい解説もしてくださって、最後はヴァイオリンの名曲にして超難度のツィゴイネルワイゼンで締めるというワクワクするような構成でした。

  一緒に聴いてくださった「葉っぱ塾」のお客様Sさんは、「一番前でヴァイオリンの演奏を聴けて感激!」と喜んでくださいました。

  生の演奏は体にびしびしと振動が伝わってきますからね。

  帰り際、お二人がこの3月にリリースしたCD集「喜怒哀楽」を購入してきました。


IMG_9119
<クリスマスバージョンのランチメニュー>


  コンサートに先立って、名月荘の広間でランチをいただきました。

  お腹がびっくりするような上品なお料理が次々と運ばれてきました。


IMG_9120
<これがデザートだ!>


  デザートがまた素晴しかった!

  ケーキにイチゴにシャインマスカットにアイスクリームにラフランスのゼリー。

  こんな素晴しいお料理にコンサート付きで1万円なんて、絶対お得だと思います。


IMG_9126
<ショップの中もクリスマス!>


  終演後、「名月荘」の中にあるショップも見学。

  厳選された品物が並んでいて、見ているだけで楽しくなりました。

  またお会いできる日を楽しみにしています!





  ☆辺野古埋め立て、県民投票まで待って!
     ホワイトハウス宛請願署名


  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年12月14日

☆★白鷹町「あゆーむ」で、長倉洋海写真展開催中!〜中高生に見てほしい!

      ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」



IMG_9021
<会場で求めた長倉さんの作品>


  いま白鷹町の「文化交流センターあゆーむ」で、フォト・ジャーナリスト、長倉洋海(ながくら ひろみ)さんの写真展が開かれています。

  11月24日から始まっており、年明け1月14日までの開催です。

  12月13日午前、会場に足を運んでみました。

  こんな小さな田舎町で長倉さんの写真展が開催されるというのは、考えてみればすごいことです。

  長倉さんは私とほぼ同年代。

  星野道夫さんとは同い年なんですね!

  フリーのフォトジャーナリストになったのが1980年とのことです。

  主な取材先は、エルサルバドル、アフガニスタン、コソボなど、世界各地に及んでいます。

  紛争の中で翻弄される庶民、とりわけ子どもたちに、温かい眼差しを注いだ作品が目につきます。

  誰もいない展示室で写真と向き合いキャプションを読んでいると、胸が詰まって涙がこみあげてきました。

  真っ先に思ったことは、多感な中学生や高校生たちに見てほしいなあということでした。


IMG_9022
<長倉さんのことを書いた「LEAF」71号>


  私は長倉さんの写真との出会いのことを、自分通信「LEAF」第71号に書いていました。

  2003年1月のことです。

  長倉さんの写真集『獅子よ眠れ』を買い求め、仙台で開催された写真展に行ったことなどを書いています。

  拙文の最後に、マスードの言葉を4つ引用してありましたが、その最後の一つは「自分たちのパンや寝床のことより、人々の面倒を見てあげなさい。我々はお腹を満たすために戦っているわけではない。」というのがありました。

  今の日本の政治家たちにも聞かせたい言葉です。

  この写真集に収められていたアフガニスタンの英雄マスードの写真も会場には展示されていました。


IMG_9017
<ギャラリー入り口の風景>

  
  わが家にはすでに何冊もの長倉さんの著書がありますが、この日も長倉さんの写真集やポストカードをいくつか買い求めてきました。

  12月16日(日)午後2時〜4時までは、長倉さんご自身が会場においでになって、ギャラリートークが予定されています。

  直接お話しをお聞きできることを楽しみにしています。

  会期中、ぜひ子どもさんを連れて会場に足を運んでみてください。

  写真を見た子どもたちの心への小さな種まきになるかもしれません。







  ☆「月と季節の暦」のおすすめ


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年11月15日

☆★長井葉山の新たな案内板設置!

IMG_8536
<新たに設置された葉山案内看板>


  11日の田んぼオーナーの収穫祭のとき、葉山山麓でのキノコ・ハイキングに向かう途中、勧進代林道の入り口近くの広場に新しい看板が設置されているのに気づきました。

  土台部分のセメントがまだ完全には固まっていませんでしたから、この前日ぐらいの設置だったかもしれません。

  葉山山頂一帯と、そこの至るいくつかの登山道、そして嘉永堰、昭和堰などの遺構の存在が明示され、葉山の全体像が把握しやすい案内図となっていました。

  私が以前簡易測量して図面化した昭和堰ルートも青色の線で示されていました。

  確認はしていませんが、おそらく他の登山口あたりにも設置してくださったのではないでしょうか。

  この案内図は今後葉山を訪れる人たちに十分活用されることになることでしょう。

  設置に関わってくださったみなさま、ありがとうございました。





  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年11月10日

☆★川西町から見えた飯豊連峰と秋葉山

IMG_8465
<川西町内からみた飯豊連峰>


  9日の午前中は時々日が差し、気温も高めでしたが、夕方に向けて天候が悪くなるとの予報が出ていました。

  昼過ぎ、お隣の川西町に用事があって向かいました。

  西の方角に雪を被った飯豊連峰が見えていました。

  飯豊本山のあたりは雲に覆われていましたが、北股岳あたりをくっきりと見ることができました。

  その上空にレンズ型をした雲がありました。

  この雲は天候悪化の前兆とも言われますが、このあたりでは昨日の天候は大崩れはしませんでした。


IMG_8473
<川西町内から見た南陽市の秋葉山>


  また、東北東の方角に、来週末にツアーのガイドをすることになっている南陽市の秋葉山が見えました。

  以前、この山に登ったことがないときに何度も目にしていたはずなのですが、「あの山は?」などとは思いもせずに過ごしていました。

  一度でも登り、名前を知ることで、山の見え方が違ってくるようです。

  来週17日の予報は現段階では「晴れ」と出ています。

  また、ツアー会社からは、定員いっぱいの申し込みとなったとの連絡がありました。

  どうかこのまま予報が変わりませんように。





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学

 

  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

☆★桜の名所は紅葉の名所でもある!

IMG_8420
<「双松公園」の橙色系の紅葉>


  17日に南陽市の秋葉山ツアーのガイドを控え、6日午前、下見を兼ねて南陽市宮内の「双松(そうしょう)公園」を歩いてみました。

  置き去りにされた子ネコがまだ一匹在宅中となると、3時間以上家をあけられないので、ミルクをやる合間をみての外出となります。

  桜回廊のツアーではこの公園にある「眺陽(ちょうよう)桜」と「慶海(けいかい)桜」を見てまわるのですが、紅葉のこの時期も素晴しいものでした!

  「桜の名所は紅葉の名所」とはよく言ったものです。

  
IMG_8425
<公園の坂道>


  公園なので、野生種ばかりではなく、園芸種なども植栽されているようですし、通常多雪地帯にはあまりないといわれるオオモミジと思えるものもありました。

  まだ緑色の葉もありましたから、紅葉のピークはもう少し先なのかもしれません。

  遊歩道を歩くと、そこがまるで紅葉のトンネルのような場所もありました。

  ツアーまであと10日ありますが、紅葉どうなるでしょうか?





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学

 

  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年11月02日

☆★葉山この秋の初冠雪!

IMG_8233
<この秋初めて雪をかぶった葉山(1日朝)>


  明け方まで冷たい雨が降っていた1日、7時前に空が晴れてきて明るくなってきました。

  西側の窓から葉山の方角を見ると、山頂一帯が白くなっているのが見えました。

  すぐにカメラをポケットに入れて、車を走らせ、見晴らしの良い場所へ。

  今年初めて葉山が雪化粧した姿を見ました!

  この前日(31日)にすでに雪が降っていたという情報もありますから、31日が初冠雪でしょうか。

  昨年は10月30日、2016年は11月4日でしたから、葉山としては早くもなく遅くもない初冠雪といったところです。

  月の暦ではきょう2日は「長月二十五日」ですから、神無月に入るまであと数日。

  いわゆる「小春日和」はあと何度あるでしょうか?

  本気で冬支度しなければなりません。





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学

 

  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

☆★時雨の季節は虹が出る!

IMG_8207
<時雨の季節によく見られる虹(10月29日)>


  きょうから11月です。

  月末30日から降っている雨は、今日の午前中まで降り続けるとの予報です。

  弱いながら冬型の気圧配置が続いていて、高い山では雪になっているもようです。

  蔵王エコーラインは30日から、積雪のための通行止めとのことですし、月山に向かう道路も昨日夕方から通行止めになりました。

  この「時雨(しぐれ)」の季節になると、このあたりでは虹がよく出現します。

  重く垂れ込めた雲が広がるときは太陽が全く出ませんから虹も出ませんが、雲が動き、「天気雨」みたいなときには、太陽と反対方向に虹が出るのです。

  庭の雪囲い、タイヤの交換、除雪用具の準備など、冬の支度を本気で考えなければなりません。





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学

 

  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

☆★里の紅葉進み、きょう母の命日

IMG_8100
<「子子見トンネル」付近の紅葉>


  週末の古道歩きのツアーが近づいてきたので、25日はバスとの合流場所の確認や移動のルートなどの最終確認のために、朝食後すぐに関川村まで車を走らせました。

  確認作業は順調に終わり、あとは当日を迎えるばかりとなって、国道113号線を戻りました。

  小国町の伊佐領から沼沢にかけての国道沿いの山の斜面が、いい色合いに色づいていました。

  以前、勤務先が小国だった頃、5年間毎日通いましたが、そのときもあまりの美しさに車を止めたことが何度もありました。

  「子子見トンネル」付近は、西日を浴びると赤く燃え上がるような斜面だったことは印象に残っています。

  この日は紅葉はまだ半ばといったところでしたが、美しく色づき始めていました。


IMG_8105
<「片洞門」の紅葉>


  「子子見トンネル」から短いトンネルが3つ続きますが、このトンネルと次の「綱取トンネル」の間の橋の上から「片洞門」を見ることができます。

  ここは車が初めて通るようになったときの旧国道で、崖の片側をくり抜くように道路を通したところです。

  この下を流れている「桜川」が、狭い渓谷をしぶきを上げて流れています。

  橋の上で写真を撮っていると、通り過ぎる車の轟音と橋の振動に落ち着かない気持ちになります。

  このあたりの紅葉はあと1週間ほど先が「真っ盛り」となるのではないでしょうか。

  里の紅葉が進み始めた今日10月26日、母の命日です。

  27年前のこの日もよい天気だったことははっきり覚えています。





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学

 

  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:46|PermalinkComments(0)

2018年10月20日

☆★小滝のパーキングに綿飴の匂い満ちて、秋!

IMG_7940
<南陽市小滝パーキングのカツラ>


  19日午前、山形市で用事を済ませ、帰る途中の国道348号線小滝パーキングで車を止めました。

  ドアを開けるとすぐに、綿飴の匂いが満ちているのがわかりました!


  ここに植えられているカツラはもう半分以上落葉していました。

  独特のこの匂いがたまらなく好きです。


IMG_7941
<コケの上に落葉したカツラの葉>


  駐車スペースの外側に庭石のように置かれた石があり、コケが生えたその石の上に、カツラの葉がたくさん落ちていました。

  緑の季節には人目を引くこともなく、黄葉し、やがて落葉して初めて人に気付かれる。

  そんな生き方をしている人もいるのではないか。

  カツラの落葉を見て、ふとそんなことを思いました。





  ☆今年も開講「スクールインタープリター養成講座」 in 山形大学


  ☆「葉祥明言葉カレンダー2019」お分けしています。IMG_7721



  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

☆★雨の中「森の休日」準備〜「朝日町ワイン」買って帰りました!

IMG_6864
<30日の「Asahi自然観」>


  きょうで8月が終わります。

  「月の暦」では「文月弐十壱日」ですので、文月はあと十日ほど続くことになります。

  山形は昨日も、そして今日も秋雨前線の真下にあって、雨が降ったり止んだりです。

  昨日は久しぶりに朝日町の「Asahi自然観」に行ってきました。

  夏の間お休みをしていた週末保養「森の休日」が、今週末から再開するので、その準備でした。

  今週末は福島から3家族がおいでになります。

  往復する道では、土砂降りの雨になったかと思えば、少し先では道路が乾いているなど、雨の降り方が極端でした。

  雨雲の様子を見ると、今朝は山形県の北部の地域に強い雨雲がかかり、警報も出ています。

  これでもかという猛暑が続いた夏でしたが、今度は長雨。

  なかなかうまくゆかないものです。


IMG_6865
<買って帰った「朝日町ワイン」>


  「森の休日」の荷物を運び終えてフロントに鍵を返した際に、ワインを買って帰りました。

  「Asahi自然観」の売店には地元「朝日町ワイン」がずらりと並んでいますが、今年の日本ワインコンクールで、14銘柄が入賞するという輝かしい成績を収めたとのこと。

  お手ごろな値段でおいしいワインが飲めるのは何と嬉しいことでしょうか。

  県外でも「朝日町ワイン」を販売したり提供したりしているお店がありますから、ぜひ探してみてください。

  外からはときどき遠雷が聞えてきます。





  ☆「木星音楽団」長井公演は9月29日!9-29チラシ最終版



  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。
  


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:08|PermalinkComments(0)

2018年07月19日

☆★白鷹町の紅花が今盛り!

IMG_6050
<白鷹町内の紅花畑で>



        「平成30年7月豪雨」
 モンベルの「アウトドア義援隊」への活動支援(お願い)




  今、白鷹町内のあちこちの紅花畑で、花が見頃を迎えています。

  先週末には「紅花祭り」も開かれたようです。

  かつて最上川の舟運が物資輸送の大動脈だった時代、山形の紅花は主要な交易品の一つで、山形県の内陸部ではあちこちで栽培されていたのです。

  それが、明治以降海外から化学染料が入ってくるようになって廃れてゆき、山形県の県花が紅花であるのに、私たちはその花をほとんど見ることもなく育ちました。


88c5137d96b4536d8621.JPG
<福島の子どもたちと紅花染め体験のときに>


  高校時代の同級生の今野正明さんがUターンした30年ほど前にこの紅花の栽培に取り組み始め、今では白鷹町の紅花生産量は日本一となっているそうです。

  白鷹町のあちこちに「日本の紅(あか)をつくる町」という幟旗がはためいています。

  今野さんの工房で、「葉っぱ塾」が呼びかけた紅花染めの体験活動を何度も開いていただいています。

  この体験を通じて、紅花の歴史、染料の化学、皇室との関わりなど、実に多くの学びがありました。

  いつか一緒に体験してみませんか?





  ☆「木星音楽団」長井公演は9月29日!


  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。
  


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年06月27日

☆★長井市の「あやめ公園」見頃です!

IMG_2174
<見頃迎えた「あやめ公園」>


  長井といえばあやめ。

  長井市のマークもあやめというぐらいですから、この花は長井を象徴する花です。

  25日早朝のジョギングで久しぶりに「あやめ公園」に行ってみました。

  例年だと見ごろは7月上旬というところですが、やはりここでも季節が早く進行して、すでに見頃を迎えていました。

  子どもの頃の「あやめ祭り」の記憶は、サーカスやたくさん並んだ屋台のお店。

  おこずかいを握り締めてお店をのぞいて歩いたことのほうが、あやめの花よりも印象に残っています。

  白、紫、青などの多彩な組み合わせの花々が涼しげに揺れています。

  今朝は久しぶりにちょっとだけ雨が降っていますが、雨はあやめに似合います。





  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月26日

☆★熊野神社からの散居集落の日の出の風景〜アカショウビンの鳴き声響く

IMG_1515
<熊野神社前から見る日の出直後の風景>


  23日は飯豊町にある「ふるさと展望台」に早朝出かけ、散居集落の朝の風景を眺めてきたのですが、「熊野山(熊野神社前)から見たら太陽はどのあたりから出るのだろうか?」と考えていました。

  早速25日の未明に起き出して、熊野山に向け家を出たのは午前2時40分ごろでした。

  長井市営の「道照寺平スキー場」の駐車場まで車で上がればそこは標高およそ300m。

  そこから標高590mあまりの熊野神社まで、標高差はざっと300m。

  ヘッドランプを点灯し、ときどきクマ除けの笛を吹き、暗い山道を登って熊野神社に着いたとき、ようやく東の空が明るくなり始めました。

  ジャケットを着ていましたが、じっと待っていると寒さが襟元から忍び込んできます。

  平地での午前4時の気温が9℃ほどでしたから、このあたりでは6〜7℃ぐらいだったと思われます。

  午前4時20分過ぎ、東北東向きの視界のほぼ正面から太陽が顔を出しました!

  「ふるさと展望台」よりも標高が260m以上も高いので、散居集落を「見下ろす」という感じです。


IMG_1530
<日の出後、水田が黄金色に輝く!>


  東の空に雲がなかった分、赤みはそれほどありませんでしたが、思っていた以上の素晴しい風景でした。

  太陽が次第に昇ってゆくにつれ、水田が黄金色に輝き始めました。

  すっかり明るくなった山道を下山し、スキー場に出るあたりで、森の中からアカショウビンの特徴的な鳴き声が聞こえてきました。

  この鳥は冬はジャワ島、ボルネオ島、フィリピンなど南の地域で過ごし、夏になる頃に日本にやって来る鳥です。

  この鳥は深い森を好むと言われています。

  そんな鳥に好まれる熊野山。

  なんだか嬉しくなります。

  熊野山から散居集落を撮影し、アカショウビンの鳴き声を聞くツアーなんてどうですか?





  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月24日

☆★早起きさんへのプレゼント〜散居集落の夜明けの風景

IMG_1456
<5月23日午前4時12分>


  長井市と飯豊町との市町境に近い「ふるさと展望台(ほとけやま展望台)」からの散居集落の夜明け前後の眺めが素晴しい季節を迎えています。

  午前3時30過ぎには家を出て、展望台に着いたのは午前3時45分ごろ。

  東の空は赤みを帯び、もう明るくなり始めていました。

  この展望台の標高は330mあまりありますが、駐車場との標高差は30mほどです。

  ここから東北東の方角の展望が開けています。

  展望台のすぐ下は飯豊町ですが、展望している方向には長井市の市街地があります。


IMG_1479
<5月23日午前4時33分>


  日の出が近づくにつれて、刻々と明るさ、色彩、雲の様子が変化します。

  雲が全くないときよりは、少しは雲があったほうが赤みが強いような気がします。

  私が最先着でしたが、すぐにご夫妻とおぼしき私と同世代ぐらいの二人連れが、それぞれ素晴しいカメラを持っておいでになりました。

  私が帰ろうとする少し前にも男性が一人。

  この方はちょっと遅すぎたような気がします。

  やはり遅くとも4時までにはここに着いて準備したいものです。

  この日の山形市の日の出時刻は4時21分とのことでしたが、これは来月の「夏至」の日までほとんど変化しません。

  早起きさん限定のこの風景は、6月中旬ぐらいまでは見られると思います。

  「中村観音堂」を目指しておいでになるとわかりやすいかもしれません。





  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月18日

☆★散居集落の夜明けの風景、まもなくチャンスがやって来る!

IMG_5010
<ふるさと展望台から見る夜明けの風景(昨年)>


  あちこちの水田で田植えが始まっています。

  日増しに水が入った田んぼが増えて、風が穏やかな朝はその水面に空や山々が映りこむようになりました。

  5月下旬、長井市との市町境に近い飯豊町の「ふるさと展望台」から見る夜明けの散居集落の風景が楽しみな季節になります。

  早起きさん限定のこんな風景を見においでになりませんか?

  上の写真は昨年5月23日の早朝に撮影したものです。

  今年の5月23日の山形市の日の出の時刻は午前4時26分。

  日の出前20分ぐらいから空の色が素晴しくなりますから、この展望台に4時には着いている必要があります。

  展望台のすぐ下まで車で入ることができ、そこから遊歩道を歩いて5分もかかりません。

  天気予報とにらめっこして、ぜひおいでください。

  6月中旬ぐらいまでは大丈夫だと思います。





  ☆「葉っぱ塾」当面の予定


  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

☆★寒気の後の久々の好天に山々輝く!

IMG_1107
<大朝日岳と小朝日岳(山辺町馬牽原より)>


  11日は朝から久々の青空が広がり、日中は気温も上がってきました。

  おまけに前日までの雨で空気中の塵などが除かれたせいか、風景もくっきりと見えました。

  本日の「葉っぱ塾」行事の集合場所や経路の下見を兼ねて山辺町まで出かけた行きと帰り、素晴しい山の風景を眺めました。

  山辺町馬牽原(まひきはら)は、県道17号線で、「県民の森」から白鷹町に向かう途中です。

  駐車スペースが設けられている付近で、大朝日岳・小朝日岳と月山が一望できます。


IMG_1106
<月山(山辺町馬牽原より)>


  大朝日岳も月山も、一度雪が融けた斜面が薄く雪をかぶっていました。

  前日までの冷え込みで、高い山では雪だったということです。


IMG_1102
<蔵王連峰(山形市上平より>


  県道17号線を山形市方面から登ってゆき、「山形市少年自然の家」の入り口を白鷹側に300mほど過ぎると、「ふれあい展望台」のあずま屋があります。

  ここからは蔵王と山形市街地の眺めが素晴しいです。

  月山や大朝日岳と違い、山頂付近までアオモリトドマツの樹林帯になっているために、残雪があまりないように見えますが、それは見かけだけ。

  蔵王エコーラインは壁のような雪の回廊になっているでしょう。


IMG_1098
<飯豊連峰(白鷹町細野より)>


  白鷹町細野集落の最上部、旧道と国道348号線が交わるあたりからは、飯豊連峰の眺めがとてもよいです。

  細野のこのあたりは標高が460mほどありますので、手前の低い山が展望を邪魔しません。

  いつもと違う道を通ると、思いがけない景色に出合うことがあるものです。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月11日

☆★新緑したたる中「白つつじ祭り」始まる

IMG_1089

<長井の「白つつじ公園」咲き始め!>


  桜の時期は気温が高くて半袖姿の人もいたほどだったのですが、ここ数日、異常とも言える低温が続いています。

  長井市は、5月6日の最高気温が24.3℃でしたが、その後7日は15.3℃、8日は12.3℃、9日は9.7℃、そして10日は12.8℃といった具合です。

  きょう11日は久しぶりに好天の予報で、気温が20℃を上回るとのことです。

  昨日、長井市内の「白つつじ公園」に行ってみました。

  この日から「白つつじ祭り」が始まって、園内にはぼんぼりも設置されていました。

  肝心なつつじの花はようやく咲き始めたばかり。

  この寒さで開花も足踏み状態ではなかったでしょうか。


IMG_1091

<園内のケヤキの新緑>


  市民の憩いの場ともなっている公園内は、ケヤキやサクラなど、たくさんの高木もありますが、今はまさにしたたるような新緑が目にしみるようでした。

  今週末19日には「ながい黒獅子祭り」が行われ、たくさんの獅子舞が市内を練り歩きます。

  白つつじが降り積もった雪のように満開となるのは20日前後になるのではないでしょうか?

  農家のみなさんは、低温を気にしながら田植えの準備に忙しい時期となっています。

  「葉っぱ塾田んぼオーナー」の田植えはいつも遅めですが、今年は6月3日に予定しています。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月09日

☆★カタクリ山、水没林、パッチワーク〜母の故郷の風景

IMG_1078

<満開の「カタクリ山」>


  GW最後の6日午後、思い立って小国町の叶水(かのみず)に行ってきました。

  従姉の娘さんが若くして亡くなったのが26年前の5月4日ということで、毎年GWのころに一度は出かけています。

  叶水は母の故郷でもあるのですが、横川ダム建設によって実家は移転し、一年の中で最もダム湖の水位が高いこの季節には、その跡地も水没しています。

  裏山のあちこちにカタクリの自生地があったのですが、それらは今も保たれています。

  地域の方々が、保全策を講じてくださっているのではないでしょうか。

  雪の多い叶水では、今まさにカタクリが見頃を迎えていました。


IMG_1059

<横川ダムの水没林>


  叶水に向かう途中で横川ダムを通り過ぎ、ダム湖を遡ってゆくのですが、途中、市野々集落があったあたりでは、水没林がこの時期だけ見られます。

  水の上に新緑の若葉が茂っている風景は幻想的です。

  朝に行けば、冷たいダムの水と温まった空気との接触で、湖上を霧が漂ったりしていることもあります。


IMG_1069

<従姉が作ったパッチワークの作品>


  従姉の家では得意のパッチワークの作品を見せてもらいました。

  手先の器用さは人の追随を許さないほどですから、その作品も芸術品の風格があります。

  「ログキャビン」という手法で作ってあったベッドカバーは、なんと2300枚以上の小さな布を縫い合わせたものでした!

  今高校3年生のお孫さんのためにということでしたが、一生ものとはまさにこんなもののことを言うのではないでしょうか?

  目の保養をさせてもらい、帰途につきました。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月08日

☆★新緑の中で咲く孤高の桜、満開〜国道348号線小滝パーキング

IMG_1084

<南陽市小滝パーキングの桜(7日)>


  野山が新緑に染まってきた中で咲く一本の桜があります。

  桜のことを人が忘れたころに見ごろを迎えるのは、国道348号線小滝のパーキングエリアにある桜です。

  毎年5月10日前後に満開となりますが、今年は7日に通ったときに「爛熟の桜」を見ることができました。

  パーキングエリア背後の斜面に立ち、大きく枝を広げています。

  もちろん「置賜桜回廊」の案内マップにも載っていない桜です。

  昨年は12日に満開だったのを見ていましたから、やはり数日早いようです。

  このあたりは標高450mほどありますが、それでも周辺の桜はとっくに葉桜になっていますので、おそらく開花の植物生理のメカニズムに突然変異が起こったものではないでしょうか。
  
  パーキングに車を止めて見上げると、風もないのに花びらがはらはらと舞っていました。

  車で通り過ぎるだけだと見過ごされてしまう桜ですが、私は毎年見ていますよ。

  そんな思いでカメラを向けてきました。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:11|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

☆★故郷の、知らなかった場所、知らなかった偉人

IMG_0793

<「石淵渓谷」と虹(27日朝)>


  自分の故郷であっても、まだまだ知らないところは多くあります。

  朝のジョギングは、少し寒気が入って小雨が残る中でのスタート。

  西寄りの風に向かって走り、熊野山の麓にある「石淵渓谷」と看板のあるところで野川の河畔に出てみました。

  すぐ近くの「まなび館」まではよく来るのに、その裏手にあるこの渓谷は知りませんでした。

  野川の両岸から岩盤が露出し、雪解け水がごうごうと音を立てて流れていました。

  見上げると、虹がかかっていました!


IMG_0795

<「青木藤左ェ門」酬恩碑脇の桜>


  「石淵渓谷」から少し上流に向かい、野川を右岸から左岸に渡ると、そこは長井市の寺泉地内です。

  わき道にも入り込みながら少しずつ下流方向に下ってきましたら、遠めにも見事な桜の木が見えました。

  背丈は3mほどで、そう大きくはありませんが、濃い色の花を咲かせるしだれ桜でした。

  下に看板があるので近づいてみると、「青木藤左ェ門墓碑」と説明書きがありました。

  幕末の頃に、私塾を開いて地域の子どもたちに読み書きを教えた方だったそうです。

  その教え子たちが亡き師を偲び、お礼の思いを込めて立てた「酬恩碑」とのことでした。

  「葉っぱ塾」など遠く及ばない偉大な地域の先人がおられたのです!





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

☆★まだ桜! 遅咲きの「小滝の明神桜」見頃を迎える

IMG_0778

<小滝の「明神桜」(23日)>


  23日、大学の授業を終えた帰り道、南陽市小滝の「明神桜」に立ち寄ってみました。

  小滝は南陽市の最北部にあり、標高も高く積雪も多いところですので、里の桜よりも開花が遅れます。

  この日はほぼ満開に近い状態でした。

  ここの桜に気づいたのは2年前だったと記憶しています。

  ツアーのガイドの際に、何とか盛りの桜を見ていただこうとあちこち回っているときに、小滝集落の小高い丘の上に咲いているのを見つけたのです。

  そのときは、この桜は「置賜桜回廊」の案内マップには載っておらず、紹介されたのは昨年からです。

  ここに立っているのはしだれ桜、ソメイヨシノ、そしてコブシの大木の3本です。

  それぞれに花の色合いが異なって、それがまた独特の風情を持っています。 


IMG_0781

<しだれ桜を仰ぐ>


  初めてここを訪ねたときに、その名前が「明神桜」だとも知らず、勝手に「小滝の滝桜」などと命名していたのですが、それもあながち的外れとは言えない、なかなか見事な枝振りです。

  近づいてみると、しだれ桜はほぼ満開でしたが、ソメイヨシノはまだつぼみがありましたので、七分咲きといったところでした。

  桜の開花が異常に早かったこの春ですが、GWに入ってあちこち回ると、意外なところに遅咲きの桜を発見するチャンスかもしれません。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:05|PermalinkComments(0)