置賜桜回廊

2019年05月12日

☆★小滝の「遅咲き桜」見頃!〜「平均満開日」は5月11日?

IMG_1079
<小滝パーキングの桜(11日)>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!
     (5月11日現在17名受け付け)



  毎年GWを過ぎて満開になる桜が南陽市小滝の国道348号線のパーキングにあります。

  昨日(11日)、山形市に向かうときに満開になっていました!

  まだ花びらが一枚も地面に落ちていない状態です。

  毎年この桜が開花したことをブログにアップしています。

  ブログの記事をたどると、満開を確認したのは以下のようになっています。

  2012年5月15日。

   ※2013年は記録なし。

  2014年5月14日。

  2015年5月 8日。

  2016年5月 9日。

  2017年5月12日。

  2018年5月 7日。

  2019年5月11日。


  この7年分を「平均」すると、10.86、つまりおよそ11日ということになります。


  ヤマザクラなら、花と葉が同時に出るはずなのですが、この桜は花が先です。

  毎年、まわりの木々が新緑になってから咲くので、一際目立ちます。

  雪の影響などで毎年枝の様子が変化していますが、忘れた頃に咲く桜、いいですよ。

  あっという間に散りますから、お早めに。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:45|PermalinkComments(0)

2019年04月25日

☆★名もない桜を探すウォーキングその3〜白鷹町、長井市内の桜

IMG_0706
<タス9階から見た「白つつじ公園」の桜>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!



  24日も気温が上がり、長井市内の桜は風もほとんどないのにはらはらと散り始めました。

  「置賜桜回廊」の今年の桜の特徴は、いつもの年なら開花の時期に差があって全部咲いているのを一日で見られるなどということはないのに、今年はほぼ同じ頃に満開を迎えたことです。

  また、どこの桜も色が濃く鮮やかでした。

  振り返ると、東日本大震災のあった年の桜も美しく咲いていました。

  桜回廊の案内マップに載っていない桜シリーズ、これで最終回とします。


IMG_0608川原沢入り口の桜
<長井市川原沢地区入り口の桜>


IMG_0609蚕桑地区公民館の桜
<白鷹町蚕桑地区公民館の桜>


IMG_0659高円寺の桜
<「高円寺」の桜>


  白鷹町にある「高円寺」という寺院は、1991年から95年まで東京都の副知事を務めた高橋俊龍さんの生家です。


IMG_0656喜三郎桜
<「喜三郎桜」>


  高円寺に近い畑の縁に立っている「喜三郎桜」は、白鷹町が作成した桜マップには載っています。

  この桜の下を通る農道が、かつての街道だったということです。

  「喜三郎」は、ここにあったお家の屋号だそうです。


IMG_0695蚕桑駅前の桜
<フラワー長井線蚕桑駅前の桜>


IMG_0661勧進代総宮神社の枝垂桜
<勧進代「総宮神社」の枝垂れ桜>


IMG_0700長井高校の桜
<長井高校の桜>


  私が在学中、このあたりはまだ「早苗が原」と呼ばれた萱の原でしたが、グランドが拡張され、私の4、5年後輩の方たちがその南の縁に植えた桜が、今見事に花を咲かせています。

  桜を植えることは、未来を見据えることにつながっているような気がします。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:02|PermalinkComments(0)

2019年04月23日

☆★名もない桜を探すウォーキングその2〜長井市街地から致芳地区へ

IMG_0573
<野川堤防沿いの桜>


  22日の早朝、ジョギングを兼ねて、長井市民グランド〜あやめ公園、〜成田〜五十川(いかがわ)〜長井市街地とまわってきたときに出会った桜をアップしてみました。

  この中で「置賜桜回廊」案内マップに掲載されているのは「野川堤防沿いの桜」と「長井小学校の桜」だけです。

  長井の街中は昨日(22日)、きょうあたりが見頃です。

  葉山山麓の桜はあと2、3日で満開のようです。


IMG_0574
<「あやめ公園」高台の桜>


IMG_0576
<成田「福蔵院」門前の枝垂れ桜>


IMG_0577
<羽前成田駅前の桜>


IMG_0581
<長井市立致芳(ちほう)小学校グランドの桜>


IMG_0583
<「蘊安(うんなん)神社」の枝垂れ桜>


IMG_0587
<「ひばり野」の桜>


IMG_0595
<「致芳コミセン」前の桜>


IMG_0605
<旧長井小学校第一校舎の桜>


IMG_0606
<フラワー長井線「長井駅」前の桜>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:12|PermalinkComments(0)

2019年04月22日

☆★名もない桜を探すウォーキング〜最上川右岸を長井市から白鷹町へ

IMG_0530
<旧長井高等女学校跡の桜並木>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!



  21日は月夜の中を葉山に登るつもりで準備万端整えていました。

  午前1時に目覚まし時計のアラームで起床。

  空を見上げたら曇り空。

  前夜なら快晴の夜空に満月があったのですが、一日ずれてしまいました。

  山はあきらめ、明るくなるまで通信の封入や切手貼り作業で時間をつぶし、5時半過ぎに小さなザックをかついでウォーキングに出かけました。

  桜が見頃を迎える中で、あまり知名度のない桜を探す「冒険」のウォーキングでした。

  旧長井高等女学校(1921年創立)の跡地の周りには、いかにも昔の学校らしく古いソメイヨシノがぐるりと植えられています。

  私が桜のツアーのガイドをするときには必ず訪れますが、一般の桜ツアーは訪れることもない場所です。


IMG_0537
<長井橋下流、河川敷の一本桜>


  国道287号線の「長井橋」を右岸に渡り、すぐ川沿いの土手を歩いてゆくと、河川敷に、ユニークな樹形をした桜が一本立っていました。

  増水すれば水をかぶるような場所に、いったいどなたが植えたものでしょうか?

  この先には、「最上川桜回廊」の一部となっている「さくら堤」の桜並木が続いています。

  ここの桜もだいぶ大きくなってきました。


IMG_0555
<原集落、畑の中の桜>


  国道287号線の旧道を、長井市から白鷹町に入ると、「置賜桜回廊」の名木の一つ、「殿入り桜」があります。

  この桜は樹勢もあってちょうど見頃でした。

  さらに北へ進み、白鷹町浅立(あさだち)地内から、原集落へと入ると、まるでケヤキの木のように枝を伸び伸び広げた若い桜が、畑の中に立っていました。

  近づくと、色の濃い桜と、やや色が薄く大きな樹高の2本の桜でした。

  見渡せば、そこはかつて「原の枝垂桜」という銘木があった近くでした。


IMG_0561
<原集落の桜の公園から葉山を望む>


  その銘木は数年前に枯れてしまいましたが、その木の背後の小高い山にたくさんの桜を植えて、公園のようになっていたのは、地元の方々が新たな名所作りに取り組んでおられるのかもしれません。

  その公園に登ってみると、飯豊連峰のすばらしい展望台にもなっていました!

  また、西斜面の桜の背後に、雪をかぶった葉山の峰々が見えて、これまで見たことのない景色に感激しました。

  「原の枝垂桜」は、今の「置賜桜回廊」の案内図からは削除されていますが、このあたり一帯のお宅では、桜を植えておられる家が多く、集落の風景全体が名所のような場所でした。


IMG_0564
<広野観音堂の枝垂桜>


  原集落から広野集落に出て、国道287号線を横断し、県道254号線を最上川方面に向かうとまもなく左側に、「置賜三十三観音」の一つ、「広野観音堂」があります。

  その脇に、見事な枝垂桜が濃い色の花を咲かせて立っていました。

  何度もここを通っていますが、この桜がこんなに見事に咲いているのを初めてみました。

  ここも、観光バスは素通りするところです。


IMG_0567
<頭殿山と睦橋下流の桜>


  県道254号線で最上川を渡る橋は「睦橋」です。

  この東側の袂に立つと、葉山とそれに連なる屏風のような山々の眺めが見事です。

  「睦橋」を渡った河川敷に小さな飛行場がありますが、その縁に植えられている桜も見頃を迎え、最上川の右岸から眺めると、桜の背後に「やまがた百名山」の一つ頭殿山(とうどのさん)が見えるのでした。

  今年の6月に、仙台からのツアーがこの山においでになりますが、私がガイドを務めることになっています。

  この頭殿山からの大朝日岳の展望は、素晴しいものがあります。

  おっと、話題がわき道にそれました。

  最上川右岸の里の桜はほぼ満開といえますが、葉山の麓の桜は来週になるでしょう。

  今年は桜ツアーのガイドがないので、あまり知られていない桜を探しながらもう2、3回歩いてみたいと考えています。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:51|PermalinkComments(0)

2019年04月20日

☆★わが家の庭のオオヤマザクラ、咲く!

IMG_0521
<今年咲いた桜の花>

IMG_9430
<伐採される年の庭の桜>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!



  わが家の庭に大きく育っていたオオヤマザクラの木を伐採せざるを得なくなったのは2015年夏のことでした。

  幹に虫が入り、空洞になり始めていたために、隣家にでも倒れたら大変だということで、泣く泣く伐採したのです。

  その桜の木の切り株から「ひこばえ」が出たのは2016年のことです。

  何本か出てきたその若い幹をそのままにしていましたら、昨年春、ほんの数輪の花を咲かせたのでした。

  そして4年目のこの春、30輪近い花が咲くようになりました。


IMG_0512
<花と、先に出た葉っぱ>


  ソメイヨシノと違って、赤みを帯びた葉のほうが先に出てきて、花はそれを追いかけるように咲きます。

  写真でわかるように、花の色が濃く、特に花弁の縁が濃く染まっています。

  伐採された木と同一の遺伝子を持っているわけですから、花の特徴はそのまま前の木を引き継いでいます。

  インターネットで調べてみると、「優れた美人」という花言葉を持っていました。

  わが家の若木はさながら「美少女」といったところでしょうか。

  ちょうど屋根の雪が落ちる場所にあるために、あと何年かは雪囲いする必要がありそうですが、二階の窓を覆うように花を咲かせる日が楽しみです。

  長井の街中の桜は、例年より数日早く、見頃を迎えようとしています。




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:38|PermalinkComments(0)

2019年04月17日

☆★長井の桜、咲き始めました!

IMG_0434
<白つつじ公園脇の桜>


  16日は朝まで冷たい風が吹き、時折雨粒が風に飛ばされてくるような天候でしたが、朝のジョギングで通った「白つつじ公園」や長井高校南側の桜が、ついに花を開き始めていました。

  やはり例年に比べて早いですね。

  今週末あたり見頃を迎える桜が多くなるのではと期待しています。

  しばらくはどこも桜、桜と話題にのぼるのではないでしょうか?

  「置賜桜回廊」を巡るツアーもすでにこちらに来ているようです。

  私がガイドする予定だったM旅行社のツアーは、4月上旬の段階で催行しないことになり、残念です。

  いちばんいいときに、一人で歩いてみましょうかと考えています。


   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月08日

☆★新緑の中で咲く孤高の桜、満開〜国道348号線小滝パーキング

IMG_1084

<南陽市小滝パーキングの桜(7日)>


  野山が新緑に染まってきた中で咲く一本の桜があります。

  桜のことを人が忘れたころに見ごろを迎えるのは、国道348号線小滝のパーキングエリアにある桜です。

  毎年5月10日前後に満開となりますが、今年は7日に通ったときに「爛熟の桜」を見ることができました。

  パーキングエリア背後の斜面に立ち、大きく枝を広げています。

  もちろん「置賜桜回廊」の案内マップにも載っていない桜です。

  昨年は12日に満開だったのを見ていましたから、やはり数日早いようです。

  このあたりは標高450mほどありますが、それでも周辺の桜はとっくに葉桜になっていますので、おそらく開花の植物生理のメカニズムに突然変異が起こったものではないでしょうか。
  
  パーキングに車を止めて見上げると、風もないのに花びらがはらはらと舞っていました。

  車で通り過ぎるだけだと見過ごされてしまう桜ですが、私は毎年見ていますよ。

  そんな思いでカメラを向けてきました。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:11|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

☆★まだ桜! 遅咲きの「小滝の明神桜」見頃を迎える

IMG_0778

<小滝の「明神桜」(23日)>


  23日、大学の授業を終えた帰り道、南陽市小滝の「明神桜」に立ち寄ってみました。

  小滝は南陽市の最北部にあり、標高も高く積雪も多いところですので、里の桜よりも開花が遅れます。

  この日はほぼ満開に近い状態でした。

  ここの桜に気づいたのは2年前だったと記憶しています。

  ツアーのガイドの際に、何とか盛りの桜を見ていただこうとあちこち回っているときに、小滝集落の小高い丘の上に咲いているのを見つけたのです。

  そのときは、この桜は「置賜桜回廊」の案内マップには載っておらず、紹介されたのは昨年からです。

  ここに立っているのはしだれ桜、ソメイヨシノ、そしてコブシの大木の3本です。

  それぞれに花の色合いが異なって、それがまた独特の風情を持っています。 


IMG_0781

<しだれ桜を仰ぐ>


  初めてここを訪ねたときに、その名前が「明神桜」だとも知らず、勝手に「小滝の滝桜」などと命名していたのですが、それもあながち的外れとは言えない、なかなか見事な枝振りです。

  近づいてみると、しだれ桜はほぼ満開でしたが、ソメイヨシノはまだつぼみがありましたので、七分咲きといったところでした。

  桜の開花が異常に早かったこの春ですが、GWに入ってあちこち回ると、意外なところに遅咲きの桜を発見するチャンスかもしれません。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:05|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

☆★「たねぱす」で桜ウォーキング!

IMG_0607

<「みやび雅子」もあった!>


  20日は以前から「たねぱす桜研修ウォーキング」を予定していました。

  桜回廊のガイドとしての活動を、私だけでなくできるようになっておくことは、長い目でみればとても重要なことだと考えてのことです。

  上々の好天の下、フラワー長井線で「四季の郷」駅まで乗車し、そこから歩きました。

  ルートは、「赤坂の桜」→「後庵桜」→「相応院の桜」→「子守堂の桜」→「スポーツ公園の桜」→「山口奨学桜」→「十二の桜」→「喜三郎桜」→「薬師桜」→「釜の越桜」→「総宮神社の桜」→縄文村の桜→「草岡大明神桜」。

  「釜の越桜」から先は車での移動でしたが、これだけ歩くツアーは、これまで「葉っぱ塾」が受けてきたM旅行社のツアーぐらいではないでしょうか。

  「後庵桜」のある大竹さんのお宅で、大竹さんご自身が説明に出てきてくださって、「まだ若いけれど、雅子様ご成婚記念に植えた桜もある」と見せてくださったのが上の写真の桜です。

  「みやび雅子」という品種の桜なのだそうです。


IMG_0611

<「相応院の桜」の前の道で>


  「置賜桜回廊」の中でも、白鷹町から長井市にかけての「西山」の麓に点在する「古典桜」の数々は、雪が多い分だけ開花が遅いのですが、今年は20日の段階でほどよく満開となっていました!

  5月に入ってからの満開などということもあることを考えれば、例年よりは1週間は早いという気がします。


IMG_0613

<「子守堂の桜」>


  歩くと、桜の名木だけでなく、通過するお宅の庭や路肩に植えられた桜も目に付きます。

  風景の中に、こんなにたくさんの桜を見ながら歩くのって、なかなか贅沢です。

  それに山野草!

  この日見た山野草をいくつか列挙してみましょう。

  一部は、民家のお庭に中にあったのも含まれています。

  イワウチワ、カタクリ、キクザキイチリンソウ、キバナノアマナ、コブシ、ショウジョウバカマ、シラネアオイ、フクジュソウ、フッキソウ、ミズバショウ、ミチノクエンゴサク、ミヤマキケマン、ヤマブキ、リュウキンカ。

  キクザキイチリンソウは道々、いたるところに群落を作っていましたし、カタクリはある場所で大群落の満開を堪能できました。

  「たねぱす」のみなさん、お疲れ様でした。


IMG_0628

<一番遅い「十二の桜」も見頃>


IMG_0643

<チューリップも満開!>


IMG_0659

<「総宮神社のしだれ桜」>


IMG_0667

<「草岡大明神桜」>


IMG_0673

<夕方の「スポーツ公園の桜」>


  「桜研修」を終えて、夕方、週末の「森の休日」の荷物を運んで朝日町に向かう途中、午前中も通った「スポーツ公園」を通りましたら、西に傾きかけた太陽に照らされて、桜が輝いていました。

  「置賜桜回廊」西側の桜は、今日、明日が、まさに見頃といったところです。

  主な桜の名所にはボランティアガイドの方も待機しておられます。

  ぜひお話しをお聞きください。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:18|PermalinkComments(0)

2018年04月19日

☆★桜に合わせカタクリも見頃!

IMG_0555

<満開近いカタクリの丘>


  桜が見頃になる頃に、タイミングを合わせるかのように見頃を迎える花もあります。

  カタクリは、長井の「西山」と呼ばれる山域ではあちこちに群生していますが、里山で、地域の方々が大切に保全してきた群落もあります。

  どんなふうに咲いているか見に行ったのは17日でした。

  見頃にはまだ少し早かったようですが、雪解けが早かったところはもう満開でした!

  『万葉集』には、このカタクリを詠んだ歌はただ1首だけだそうです。

  大伴家持(おおともの やかもち)が、今の福井県に派遣されていたときの歌だということです。



   物部(もののふ)の 八十(やそ)少女(おとめ)らが

   汲(く)みまがふ 

   寺井(てらい)の上の 堅香子(かたかご)の花




  「堅香子」というのがカタクリのことです。

  この歌から察するに、カタクリは里山ばかりでなく、人家の周辺にも普通に生育していた花だと思われます。

  『万葉集』にただ1首だけというのも、あまりにありふれた花だったからということが理由だったかもしれません。

  「初恋」という花言葉があるカタクリが、斜面全体を赤紫に染めるほどに咲いている。

  若い人たちにもこんな風景を見せたいものです。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年04月18日

☆★咲き進む桜回廊の桜、桜、桜

IMG_0542

<「あやめ公園」高台の桜>


  昨日(17日)は、朝の気温が0.4℃まで下がり、霜も降りる冷え込みでした。

  しかし日中は17.1℃まで上昇し、桜の開花が一段と進みました。

  朝のジョギングと、夕方、朝日町からの帰りに立ち寄ってみたいくつかの桜をご覧ください。

  長井市内のソメイヨシノはほぼ満開です。

  桜回廊の、長井葉山の麓のものは、雪が多いところだけにまだ3分から5分咲きといったところです。

  今週末が見頃を迎えるかもしれません。


   ※桜の情報はこちら


IMG_0537

<致芳小学校の桜と葉山>


IMG_0544

<野川右岸の桜と葉山>


IMG_0553

<「釜の越桜」>


IMG_0560

<「古代の丘」の桜>


IMG_0562

<草岡の「大明神桜」>





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:12|PermalinkComments(0)

2018年04月17日

☆★月は「弥生」へ、桜も見頃

IMG_0528

<「称名寺阿弥陀堂の桜」(16日)>


  16日は「月の暦」では「弥生ついたち」でした。

  昔の人たちは、この陽気の中で「桃の節句」を迎えていたのです。

  この日は朝は冷たい小雨、葉山のほうに目を向けると雪雲がかかっていました。

  長井市のこの日の気温は結局最高が11℃ほどで、このところ、低めの日が続いています。

  大学の講義を終えて山形市から帰る途中、桜を見に寄り道してきました。

  フラワー長井線「荒砥駅」に近い「称名寺阿弥陀堂の桜」は、ほぼ満開を迎えていました。

  どちらから眺めてもほぼ対称形をした、姿のよい桜です。


IMG_0533

<「殿入(どのいり)桜」(16日)>


  白鷹町浅立地内にある「殿入桜」は、山裾の斜面に立っている桜です。

  いわゆる「古典桜」と呼ばれている桜の中では、その枝振りがまだ勢いを保っているものです。

  こちらもほぼ満開!

  いずれの桜も、まだ花びらが散っておらず、本当の満開は今日か明日といったところでしょうか。

  4月上旬までは気温の高い日が続きましたが、ここにきて寒気が入り込み、それが桜の咲き方にも影響しているようです。

  咲き始めてから満開になるまで、10日ほどもかかっているのではないでしょうか?

  また、桜の木や種類による開花の時期のばらつきも、例年になく大きいように感じます。

  今週末は、「置賜桜回廊」を巡るのにはよいかもしれません。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年04月14日

☆★伐採から3年、オオヤマザクラのひこばえ開花!

IMG_0498

<二輪咲いたうちの一つ>


  例年よりも10日以上早く桜の開花が進んでいます。

  危惧していたように、毎年引き受けているM旅行社の「置賜桜回廊ツアー」は中止が決定しました。

  予定されていた25日〜26日では、桜は散ってしまっているでしょう。

  わが家の庭に大きなオオヤマザクラの木があったのを、2015年夏に伐採したのでしたが、その翌年切り株から生えてきた「ひこばえ」に、今年2輪だけ花が咲きました!


IMG_0503

<切り株から出た「ひこばえ」の根元>


  根本に空洞ができ、そこに蟻が入って、風で倒れる恐れがあったためのやむをえない伐採でした。


    ※伐採のときのブログ記事


  2016年、その切り株から数本のひこばえが成長してきました。

  冬、ここには、母屋の屋根の2方向から雪が落ちてしまいますので、その後の二冬は、へたくそな雪囲いを施して、雪の重みから守ってきました。
  

IMG_0500

<2m余りに伸びた背丈>


  一昨年と昨年は、その数本のひこばえに葉っぱだけがつきました。

  これが桜の葉かと驚くほどの大きさでしたが、山では若木ほど葉っぱが大きいというのは、他の木でもあることです。

  一番伸びているものは、背丈が2mを超えています。

  昨年、折れた枝先をガムテープでグルグル巻きにしたところは、うまくくっついてくれました!

  植物の生命力には驚かされます。

  雪囲いもされない山中で、大きな木に出会うと、「よくぞここまで成長したものだ!」と感嘆することがよくあります。


IMG_9430

<伐採する直前2015年の庭のオオヤマザクラ>


  伐採前の桜は樹齢およそ50年ほどだったはずですが、2階にある娘の部屋の窓を桜色に染めるほどに枝を張って、色鮮やかに咲いていました。

  再びそのように咲く頃、私はもう生きていないかもしれませんが、せめて雪囲いの必要がなくなるくらいまでは見守っていたいものだと思っています。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。

  
  ☆「木星音楽団」ニューアルバム『鳥たちの詩 海の詩』完成!
鳥たちの詩海の詩ジャケット



  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年01月17日

☆★桜のご縁、嬉しい再会

IMG_9376

<霧氷>


9404125f2e7b57bb03c6.JPG

<桜>


IMG_5420

<紅葉>


  昨年四月、「毎日新聞旅行社」の桜回廊ツアーのガイドとしてご案内した方から嬉しいお便りを頂戴したことは、このブログにアップしました。

  私はすぐにお返事を書き、その頃首都圏で開かれる予定だった弟たちのコンサートのチラシも同封しました。

  そのAさんは、コンサートに足を運んでくださったと、しばらくして弟から連絡がありました。

  そして年明けの先日、Aさんから「蔵王に行きます」とのお便りがあったのです。

  15日日が暮れる頃、蔵王温泉スキー場の小さなホテルにお伺いし、Aさんご夫妻と9か月ぶりに再会しました。

  もう20年以上も、毎年蔵王にお二人でスキーにおいでくださっているそうです。

  こういうお客様、ほんとうにありがたいです。

  今年の「毎日」さんの桜回廊ツアーは4月25日〜26日となっています。

  もしよろしければ、ご参加ください。

  桜の名所は紅葉の名所でもありますが、冬は美しい霧氷の華が咲くときもあります。

  時折ジョギングで通る母校、長井高校の桜並木は、それぞれの季節に見事な姿を見せてくれます。






  ☆「月と季節の暦」(2018年版)完成しました。


  ☆「やまがた冬のあった回廊」ホームページ


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年11月02日

☆★桜並木、見事に紅葉〜県立長井高校

IMG_8207

<県立長井高校の紅葉する桜並木>


  11月最初の日の朝、長井市の最低気温は「0.7℃」。

  この秋一番の冷え込みとなりました。

  朝の深い霧の中、ようやく明るくなり始めた頃にジョギングに出かけます。

  この日は母校でもある県立長井高校の南側の道路を通って伊佐沢方面へ。

  「桜の名所は紅葉の名所」。

  長井高校南側の桜並木の紅葉も今が盛りです。


IMG_8214

<見事に赤い桜の葉>


  9月下旬、高い山々から始まった木々の色づきは、すっかり里まで下りてきました。

  この時期、決まって思い出される一編の詩があります。


     落 葉

        はたちよしこ

   樹は

   つかわなくなったものを

   なぜ

   こんなに 美しくしてから

   手ばなすのだろう

   燃えるように かがやかせて



  ひるがえって、人生の秋を迎えている自分は?

  霧の中を走りながら紅葉を眺め、ふとそんなことを思います。





  ☆やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』発売!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年07月14日

☆★春の桜ツアー参加者から、嬉しいお便り!

IMG_4255

<今年の桜回廊ツアー、南陽市「烏帽子山公園」で>


  猛暑の11日にわが家に届いた郵便の中に、見慣れないお名前の男性からの封書がありました。

  「どなただろう?」と封を切り、読んでみましたら、今年4月に桜回廊をご案内した東京M旅行社のツアーに参加くださった方でした。

  南陽市に友人がおられた(10年ほど前ご逝去)こと、赤湯温泉にも泊まったことがあること、福島の三春や弘前の桜のパンフは目にしたことがあるが、「置賜桜回廊」のものは見たことがなかったことなどがていねいな字で便せんに書かれていました。

  そしてそれに続くお手紙は次のように書かれていたのです。


   ☆我々のグループは、よほど心掛けの良い方が居られた様で、何処も満開のすばらしい櫻が見られ、こんな幸運があるのかと、本当に驚きでした。

    私が今回、お手紙を差し上げましたのは、御説明のすばらしさに対して、お礼が申し上げたかったからです。

    やはり地元を愛する人の話は違うと思いました。何処に行っても、その場所その場所の特長を引き出されて説明されているように思いました。

    本当に良い旅をさせていただきました事を、心よりお礼申し上げます。



IMG_6028

<ちょうだいしたお便り>


  ツアー参加の方からこのようなお便りをいただくことは、そう多くはありません。

  山形にわざわざおいでくださったみなさんに、少しでもいい思い出を作ってお帰りいただきたいというこちらの思いが届いていたことが、なにより嬉しいことでした!

  練馬の光が丘にお住いの方でしたが、「以前弟がお近くに住まっておりました」ということも書き添えて、早速返信を差し上げたところです。

  嬉しいお便りありがとうございました。





  ☆10日の前川さんの証言(一部)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年05月13日

☆★まだ桜!〜小滝の桜やウワミズザクラ

IMG_4731

<小滝パーキングの桜>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。



  12日、蔵王で行われた東北山岳ガイド協会の研修会の帰り道、国道348号線、南陽市小滝地内のパーキング・スペースの桜を見てきました。

  見事に満開でした!

  ここの桜は、毎年5月10日前後に咲きます。

  この場所の標高はおよそ450m。

  その標高を考えても、咲くのが遅い桜です。

  車で通り過ぎてしまえば見過ごしてしまうかもしれないのは、桜がパーキング背後の一段高い場所に立っているからです。

  このパーキングに車を止めて、見上げてみてください。

  まわりの木々がすっかり緑になってから咲く桜は珍しいのではないでしょうか?


IMG_4653

<あちこちで咲き始めたウワミズザクラ>


  桜と思われずに見過ごされているかもしれないのがこのウワミズザクラです。

  近寄って木肌を見れば確かに桜ですが、花はまるで桜のイメージとは程遠いものです。

  この時期、特徴のある筒状に集まった小さな白い花があちこちで見られます。


IMG_4710

<蔵王坊平の桜>


  山の桜前線は標高1000m付近まで上がっています。

  12日朝に蔵王坊平高原を通った際に、エコーライン沿いに色の濃い見事なヤマザクラが咲いていました。

  このあたりの高さではようやく芽吹きが始まったばかり。

  探せば、まだまだ桜は見られますね。




 ☆吉永小百合さんからの復興支援Tシャツ


 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

☆★まだ楽しめる桜、桜

IMG_4356

<長井市立致芳(ちほう)小学校の桜と葉山>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。



  世はGWに入りました。

  私はいつでもGWみたいなものですが、「葉っぱ塾」の行事はそれなりにこの期間に入れ込みました。

  この時期にもなると、人々は桜のことは忘れてしまいがちですが、まだ桜はあちこちに咲いています。

  長井市立致芳小学校のグランドにある桜を校門付近から見ると、背後にちょうど葉山が重なって見えます。


IMG_4357

<長井市五十川(いかがわ)の桜>


  セブンイレブン五十川店の北東の田んぼの中の桜も、県道から引っ込んでいますが、なかなか見栄えのする桜です。


IMG_4359

<白鷹町「あゆ茶屋」の桜>


  週末保養「森の休日」に出かける際、国道287号線と最上川を挟んで走る県道9号線を走ると、道の駅「あゆ茶屋」の川向を通ります。

  今ここには最上川にワイヤーロープを架けてたくさんの鯉のぼりが泳いでいますが、川端の桜も見事でした。


IMG_4360

<Asahi自然観の桜>


  「Asahi自然観」では、「空気神社」入口の駐車場わきの桜が見事でした。

  ブナの新緑も見え始め、そのコントラストが素晴らしい景色をつくり出しています。

  昨年は桜が早かったので、遅い桜を探し歩きましたから、今年もそんな桜を訪ねてみようと思っています。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月27日

☆★満開の桜、桜、桜〜ウォーキングも順調にツアー二日目

IMG_4283

<「最上川千本桜」とホテル>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。





  ツアー二日目(26日)の朝、お客様が泊まられたホテルのすぐそばの「最上川千本桜」は、まさに満開となっていました。

  前日の予報よりも雨の降り出しが遅れ、朝の散歩でこの桜を楽しまれた方もいらっしゃったと聞きました。


IMG_4287

<フラワー長井線では桜列車に乗車!>


  フラワー長井線に乗っていただくために長井駅に着くと、入ってきた列車が「桜列車」でした!

  今、長井線には6両の車両があるそうですが、それぞれが沿線の市町を代表する花をあしらったラッピング列車になっています。

  カメラに収める楽しみも大きくなりました。


IMG_4291

<車窓から風景を楽しむみなさん>


  このツアーを最初に企画し実施したのは2009年のことですが、この頃は桜のツアーに長井線を活用するというものはほとんどありませんでした。

  今では多くのツアーがいろいろな区間を乗車してくださるようになりました。

  とりわけふだんの日中は「空気を運んでいる」などと揶揄されることもある長井線の利用が少しでも増えれば、それに越したことはありません。


IMG_4294

<相応院門前の桜>


  私たちは終点のひとつ前の「四季の郷駅」から歩き始めました。

  鮎貝の商店街の中を通り、「常安寺の桜」、「後庵の桜」、「相応院門前の桜」、「子守堂の桜」と次々と桜の古木が出てきます。

  桜回廊の案内パンフに載っていない桜もありますが、「どうしてこれが載らないの?」と不思議になる桜の一つがこの「相応院門前の桜」です。

  枝振りのよい桜(エドヒガン)だと思います。


IMG_4303

<「十二の桜」も満開!>


  「スポーツ公園の桜」は、旧鮎貝小学校跡地の桜と、1992年に開催された「べにばな国体」のときに整備された球場周辺の桜の総称です。

  古いソメイヨシノと若いシダレザクラが混在し、華やかです。

  こここらは「山口奨学桜」、「十二の桜」とたどります。

  「十二」というのは、近くにある薬師堂を守る「十二神」に由来するこの地の字名です。


IMG_4306

<スイセン屋敷もあった!>


  毎年ここを訪ねるたびに驚くのが、近くにある「スイセン屋敷」です。

  この日はお家の方が外で作業をしておられましたので、「素晴らしいスイセンですね」と声をかけましたら、「うちのばあちゃんが手入れしているんだ」と返してくださいました。

  スイセンってこんなにも種類があるんだと驚かされます。


IMG_4310

<野中の道を歩くお客様>


  ウォーキング・ツアーの魅力の一つは、車が入れないような道も進むことができることです。

  「喜三郎桜」からは、かつて越後へと通じていた街道だった道を歩きますが、今ではここは畑の中の作業道のようになっています。


IMG_4312

<「釜の越桜」は二世の時代へ>


  「薬師桜」、「釜の越桜」と歩いて、ウォーキングはここまで。

  わずかに雨が落ちてきましたが、雨具を着るほどでなかったのは幸いでした。

  これが3回目のツアー参加というお客様がいらっしゃって、「一度も雨に降られていない」という「晴れ女」の方がいてくださったおかげかもしれません。

  「釜の越桜」の古木は今年、全く花芽をつけなかったそうです。

  ついに寿命がきたのでしょうか?

  いまはその背後にある樹齢百年の二世木が主役をとって代わっています。


IMG_4321

<「草岡大明神桜」も満開!>


  昼食は、長井市の「夢蔵」さんにお願いして、地元食材を使ったランチ。

  私が提供した「昆布巻屋浜田」の昆布巻きも添えていただき、おかげで浜田さんの出張販売も好調な売れ行きでした。

  この正月手に入れようとしたら予約でいっぱいだったのですが、11月上旬には申し込まないといけないと教えていただきました。

  このツアー最後の桜は「草岡大明神桜」です。

  私は何度も訪れましたが、これほど見事に咲いていたのは初めて見ました。


IMG_4324

<オキナグサ群生地をご案内>


  バスが長井の街中に戻る途中、少しだけ回り道していただいてご案内したのが秘密の場所のオキナグサ自生地です。

  数日前確認に行きましたら、ようやく咲き始めていましたが、この日は咲いている株数も増えていました。

  地元の方々が大切に保存されているこの花が、いつまでもここで咲いてほしいと願っています。


IMG_4325

<新しい道の駅「川のみなと長井」でお買い物>


  ツアーの最後はお買い物ですね。

  21日にオープンしたばかりの道の駅「川のみなと長井」にご案内しました。

  桜の季節ということもあって、たくさんのお客様で賑わっていました。

  通年の賑わいをどのように創り出してゆくのかが、今後の課題かもしれません。

  午後3時、東京に向けて出発したバスをお見送りしました。

  皆様に差し上げたたくさんのパンフレットの中に、「葉っぱ塾」の紹介チラシも入れておきました。

  今後何かでつながることができたら嬉しい限りです。

  ほとんどすべての桜が満開だった今年のツアー、私自身も大いに楽しみました。

  「置賜桜回廊」に、そして長井においでいただき、ほんとうにありがとうございました。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月26日

☆★置賜桜回廊ツアーをご案内〜地元を見ていただける嬉しさとともに

IMG_4255

<地元ガイドTさんも一緒に回ってくださった!>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。





  東京M旅行社の「置賜桜回廊ツアー」のみなさんを、昨日からご案内しています。

  自分の「地元」を、わざわざ遠くからおいでくださった皆様にご案内できるというのは嬉しいものです。

  昼過ぎに南陽市の烏帽子山公園千本桜から、桜の見学が始まりました。

  この公園は「日本桜の名所百選」に選定されている場所です。

  この時期、地元のボランティアガイドの方々が、お願いすればガイドを務めてくださいますが、バスを下りて待っていてくださったのは、以前葉山にご案内したことがあるTさんでした。

  私が知らないことも説明してくださり、さすがでした。


IMG_4258

<烏帽子山公園、寺坂の桜>


  公園の桜はほぼ満開状態でしたが、枝の上部が花芽を取りに食べられてしまったようで、やや花付きがまばらでした。

  これは他の場所の桜でも感じました。

  この食害を防ぐために消毒をしているところもあるそうですが、人家が近いところだと、それも制約があるのでしょうね。


IMG_4267

<双松公園の「眺陽桜」>


  南陽市宮内の双松(そうしょう)公園は、「眺陽桜」、「慶海桜」の2本のしだれ桜があって、桜回廊のリストに載っている場所です。

  ここは団体のツアーが訪れることがあまりない場所ですが、なかなか眺めの良い場所です。

  古い謂れのある熊野神社の隣ですので、時間があれば、この神社も一緒に回れたらよいのですが、桜ツアーではなかなかその時間が取れません。


IMG_4264

<双松公園のキバナイカリソウ>


  ゆっくり歩いて公園をまわっていると、桜以外の植物にも目が届きます。

  この公園はキバナイカリソウの群生地でもあります。

  イカリソウの花言葉には「旅立ち」というのがあるそうです。

  ツアーの皆さまにぴったりの花言葉ではありませんか?

  「錨を上げて、さあ出航!」ということなのでしょうか?


IMG_4274

<白鷹町の「称名寺の桜」>


  この日は、南陽市から長井の「久保の桜」、そして白鷹町の最上川右岸の桜の名木をまわっていただきました。

  荒砥駅にほど近い「称名寺の桜」は立ち姿が見事な桜です。

  桜を見る時間帯と、どちらの方角から写真を撮ると見栄えがよいかなど、何度か通ってみるとわかってくることがあります。

  
IMG_4243

<母校、長井高校の桜>


  ホテルへの帰り道、バスのドライバーさんにお願いして回り道をしていただきました。

  私の母校でもある県立長井高校の桜が満開を迎えていたので、その前を通るようお願いしたのです。

  私よりも数年後輩にあたる方々が植えてくれたという桜は、ちょうど壮年期を迎えようとしていて、勢いがあります。

  「桜回廊」のリストには載っていませんが、なかなか素晴らしい桜です。


IMG_4280

<地元食材をふんだんに使った夕食>


  この日の夕食は市内の「中央会館」さんにお願いしていました。

  できるだけ地元の季節のものを、というお願いをしていましたが、なんとコゴミのくるみ和えを出してくださいました!

  桜の時期に山菜などはまだ早いかな? と思っていたのですが・・・素晴らしい!!。

  この「中央会館」さんは、「葉っぱ塾ボランティア支援募金」にもご協力をいただいています。

  献杯酒「ゴールデンスランバー」を使っての宴会の際に集めてくださった募金を、「葉っぱ塾」の復興支援のためにお寄せいただいているのです。

  さて、きょうはツアー2日目。

  雨になるとの予報です。

  できれば降らないでほしいのですが・・・。

  神様、仏様、どうかどうか、お願いいたします!



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


  


  
 

  




happajuku at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

☆★好天で一気に満開へ〜置賜桜回廊の桜たち

IMG_4227

<「桜堤」と残雪の葉山>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。




  24日昼前、大学の講義のために山形市に向かいました。

  素晴らしい青空が広がっていました。

  夜明けごろにはー0.1℃まで冷え込みましたが、太陽が高くなるにつれて気温も上がりました。

  長井市内、桜がほぼ満開となっています。

  国道287号線沿いにある「最上川桜堤」(長井市森地内)では、若い桜の並木と残雪の葉山の峰々とが重なり、なかなかのコンビネーションでした。


IMG_4228

<小坂の大カツラ>


  人々の目が桜に奪われている一方で、木々の芽吹きも始まっています。

  白鷹町の小坂の大カツラも、花はすでに終わり、瑞々しい緑の若葉が出始めていました。

  この木を見ていったからでしょうか、大学のキャンパスにも若葉が見え始めた若いカツラの木があるのに気づきました。

  学生たちに、「秋になったらカツラの落ち葉の香りを楽しんで」と話したところです。


IMG_4236

<細野集落から見た飯豊連峰>


  国道348号線沿いの白鷹町細野の集落からは、飯豊連峰の展望が見事でした。

  午前中は霞も少なく、くっきりと白い山並みが見えていました。

  雪解けが進んでいるはずですが、豪雪の飯豊はまだほとんど白く見えます。


IMG_4241

<24日の「殿入り桜」>


  山形市からの帰り道、白鷹町浅立の「殿入り桜」を見てきました。

  きょうこれから首都圏の方々がツアーでおいでになるのをガイドするのですが、咲き具合を確かめておこうと思ったのです。

  ほぼ満開でした!

  一枚の花びらも散ってはおらず、青空に枝を広げて咲き誇っていました。

  白鷹町の「古典桜」と称される桜の中では、樹形も勢いも保たれている桜だと思います。

  24日の好天のおかげで、一気に満開を迎えた桜が多い「置賜桜回廊」です。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」 



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月22日

☆★目立たない桜の名木もあり〜置賜桜回廊

IMG_2815

<旧小池醫院」と十王堂の桜>



 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。



  20日は「二十四節気」の一つ「穀雨」でした。

  この日は、前日のものすごい強風がおさまり、寒気が流れ込んで、葉山の中腹より上には雪雲がかかっていました。

  雨上がりの早朝の街中をジョギングしていましたら、桜がだいぶ咲き始めていました。

  本町通りにある「十王堂」前の桜は、それほど大きくない桜ですが、毎年色の濃い花を咲かせます。

  ちょうどその真向かいに、昭和初期に建設された洋館の「旧小池醫院」があります。

  なかなかユニークな建物です。


IMG_2817

<撞木橋(しゅもくばし)の桜>


  その本町通りをまっすぐ北に400mほど進むと、黒い板塀に囲まれたお屋敷の北東の隅に、見事な桜があります。

  「撞木川」という川(用水)が流れていて、そこに「撞木橋」がかかっています。

  その橋のたもとにこの桜が立っているのです。

  「置賜桜回廊」マップには載っていませんが、歩きながらまわると、「おや、こんなところに見事な桜が!」と驚くことがあるものです。


IMG_9430

<わが家の庭にあったオオヤマザクラ>


  わが家の庭にもオオヤマザクラの見事な木があったのですが、虫の食害で幹が空洞になりかけたために、2015年夏に断腸の思いで伐採しました。

  昨年その切り株から「ひこ生え」が数本出てきました。

  へたくそな雪囲いを設置し、屋根からどどっと落ちる雪から何とか守ったこの冬が終わり、細い幹から葉っぱが出始めました。

  花が咲くのは何年先になるのでしょうか?

  今私たちが目にする様々な桜を、数十年、いや数百年前に植え、育ててきた人たちに思いを馳せる春でもあります。


IMG_2823

<白鷹町「称名寺の桜」(21日)>


  21日は、週末保養「森の休日」の準備で朝日町まで行った帰り道、気になっていた桜を見てきました。

  フラワー長井線「荒砥駅」にほど近い「称名寺」の桜は、ほぼ満開に近い状態になっていました。

  小さな地域の中で、雪の量の多少が、開花の時期に大きな影響を与えています。

  この週末はどこもにぎわいそうですが、著名な桜だけでなく、あまり気づかれずに咲く桜を愛でるのもいいですね。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」 



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

☆★見頃間近い「置賜桜回廊」〜気温上昇、開花進む

IMG_2791

<五十川観音堂入口の桜>


  
 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します! 賛同署名に   ご協力ください。



  4月に入ってもなかなか気温が上がらなかった山形ですが、16日は県内軒並み20℃を超え、この春の最高気温を記録したところが多くありました。

  その暖かさで、山形市内の桜が一気に見ごろを迎えています。

  17日は大学の講義があるために、自宅と山形市内を往復したのですが、山形市内では至る所で満開の桜の木を見ることができました。

  長井市に戻ると、朝は開いていなかった桜がわずかに咲き出しているものもありました。

  山形市と長井市では、冬の雪の量が全く違うこともあり、長井市のほうが桜も1週間ほど遅れます。

  「置賜桜回廊」の看板があちこちに立ち始め、観光バスも行き交うようになりました。

  昨日山形市からの帰り道、白鷹町役場に寄ってパンフレットをもらってきましたが、役場の観光課のカウンターに「釜の越桜 4月21日」との開花予想が貼ってありました。

  この狭い「置賜」の中でも、早いところ、遅いところがあるのです。

  私がガイドをする予定のツアーは25日〜26日と1本だけになりましたが、ちょうどよい頃合いになるのではと期待しています。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月22日

☆★置賜桜回廊ツアー、毎日新聞旅行社さんで募集中!

IMG_5703

<昨年「発見」した小滝の桜>


  21日、東京でソメイヨシノが開花したとのニュースがありました。

  北国山形も、雪解けが進んできています。

  東京の毎日新聞旅行社が毎年企画している「置賜桜回廊ツアー」の参加者募集が始まっています。

  ツアーは2回予定されていて、1回目は4月20日出発2回目は4月25日出発となっています。

  いずれのツアーも「葉っぱ塾」のヤギおじさんがガイドとして同行し、2日間、素晴らしい桜の古木をご案内いたします。

  毎年、ツアーの日程を決めるのには頭を悩ませていますが、咲き具合を調べて申し込まれてもよいかと思います。

  単なるバスツアーではなく、2日目は桜の名所をめぐるウォーキングが入った特別プランです。

  歩いて巡る桜の里は、春の野の花もあちこちに見られ、きっとご満足いただけると思います。

  「食」のほうも、地元の素材を生かした味を楽しんでいただけるようお願いしています。

  たくさんのみなさんのご参加をお待ちしています。




 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します!  賛同署名に   ご協力ください。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月10日

☆★満開だった小滝PAの一本桜〜置賜桜回廊最後の桜?

IMG_5893

<満開の小滝PAの桜>


  毎週月曜日、講師をしている山形市内の大学に向かいます。

  その途中、国道348号線の南陽市小滝にあるパーキングエリアに、他の桜よりずいぶん遅れて咲く桜があります。

  先週2日は全く咲く気配もなかったこの桜ですが、9日はほぼ満開になっていました。

  昨年のブログを見ましたら、8日にほぼ満開だったとありました。

  ますますこの桜は不思議な桜だと思います。


IMG_5900



  昨年の桜はどこもほぼ平年並みに見ごろを迎えました。

  それに対して今年はどこも10日ほども早かったのです。

  にもかかわらずこの桜は昨年と同じ時期に満開となっています。

  他の桜と同じでありたくはないという「思い」が強いのでしょうか。

  この桜に目を止める人がどれだけおられるかわかりませんが、こんな特徴ある一本桜、好きです。

  新緑と競い合って咲くこの桜、もう2、3日もすれば散ってしまいそうです。









    ☆モンベルの「アウトドア義援隊」、熊本への支援活動開始!

「アウトドア義援隊」熊本支援 その1

<熊本で活動する「アウトドア義援隊」のメンバー>


    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月27日

☆★遅咲きの桜満喫いただけた?〜仙台C社のみなさんと歩いた桜回廊

IMG_5741

<この桜が「大トリ」!>


  26日は仙台C社の「桜回廊ツアー」のガイドをお引き受けしていました。

  この春は、どこの桜も例年より10日ほど早く見ごろを迎えていましたから、あわや「葉桜見物か?」と一時は覚悟を決めていたのです。

  しかし、この日の最後の最後に見に行った桜が、ゲストのみなさんの目を楽しませてくれました。

  下見の際に地元の方にお聞きしたのですが、これまでこの桜を団体が見に来たことはないとのことでした。

  それもそのはず、同じ南陽市内の桜の名所「烏帽子山公園」が見ごろの頃は、この桜はまだ咲いてもいないはずなのですから。

  「この桜に名前はないのですか?」と尋ねましたら、「ここは日当たりがよい斜面だから、昔は稲を干していた場所で、“干し場”っていうのだが、特に名前はなあ。」とのことでした。

  勝手に、「干し場の滝桜」などと呼ぶことにしましたが、いかがですか?


IMG_5724

<葉桜になりかけていた「釜の越桜」>


  ゲストのみなさんもおそらくは、「どこも葉桜か」と覚悟はされていたかもしれません。

  それでも、歩いていますと、遅咲きの桜が点々と見えたり、風が吹き抜けてゆくとどこからか桜の花びらが飛んできたりするのは、なかなか風情のあるものでした。


IMG_5731

<フラワー長井線にも乗車(羽前成田駅で)>


  赤字のローカル線「フラワー長井線」にもご乗車いただきました!

  山形鉄道株式会社社長、内谷重治に勝手に成り替わり、心から御礼申し上げます。

  方言ガイドの車掌さんも乗ってくださって、あっという間の30分でした。


IMG_5735

<散り初めの「吉野公園」>


  「吉野公園」は、かつて吉野中学校や宮内高校吉野分校の校舎があった高台です。

  この日のツアーの終わり近くに、咲き誇る桜をご覧いただけて、ほっとしました。


IMG_5737

<「吉野公園」の花びら絨毯>


  もし今回のツアーがキャンセルになっていたら、私はこの地域にある「遅咲きの桜」に気が付かなかったかもしれません。

  人に個性があるように、桜にも個性があります。

  同じ場所にあっても、咲き方に差があることにも気づきました。

  また、「ああ、このあたりには遅咲きが多いな」ということも気づきました。

  桜回廊ツアーのガイドとしての「幅」が広がったのは、みなさんのおかげです。ありがとうございました。

  
IMG_5730

<緑色に咲く「御衣黄」はあちこちで満開!>


  バスの中で、「山形は啓翁桜の日本一の産地で、これを東松島や陸前高田などに届けています」とお話しをしました。

  そうしましたら、ゲストのお一人から「私は東松島から来ました」と声をかけていただきました。

  たくさんのボランティアのみなさんの支援で津波でほぼ全壊となったご自宅をリフォームできたと語ってくださいました。

  私がそのお宅に伺ったわけでもないのに、「ありがたかった!」という言葉をいただきました。

  「熊本のみなさんの大変さ、痛いほどわかる」ともおっしゃっていました。

  学びの多い一日をご一緒できたこと、ほんとうにありがとうございました。

  いつか、満開の桜回廊を歩きましょう!










    ☆モンベルの「アウトドア義援隊」、熊本への支援活動開始!

    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月23日

☆★花も食も楽しんでいただけた?〜桜回廊ツアー2日目

IMG_5595

<姿良い「子守堂の桜」>


  東京のM旅行社の「桜回廊ツアー」2日目(22日)は、いよいよウォーキング!

  この日がこのツアーの目玉でした。

  フラワー長井線に乗っていただき、まずは「四季の里」駅へ。そこからウォーキングが始まりました。

  完全な葉桜にはまだなっていない状況で、時折花びらが舞ってくるのが気持ちよく感じられました。


IMG_5599

<遠くからも眺められる「十二の桜」が好き!>


  路傍の山野草に目を配り、通り過ぎる家々の庭をのぞきこみますと、「おや、まあ!」というような植物を発見したりします。

  桜だけでない楽しみが、このウォーキングの特徴でもあります。

  この日道々見つけた花々は、お庭の花も含め、覚えているところでは以下の通りです。

  イカリソウ、オキナグサ、カタクリ、キクザキイチリンソウ、キケマン、キバナイカリソウ、コブシ、ザゼンソウ、ショウジョウバカマ、シラネアオイ、スミレ、ヒトリシズカ、ミズバショウ、ミチノクエンゴサク、リュウキンカ。

  「十二の桜」は花の盛りを少し過ぎていましたが、そのお隣のソメイヨシノは勢いがあってほぼ満開。

  桜回廊の中で最も咲き始めが遅いこの桜は、見頃も一番遅いのですね。

  待っていてくれてありがとう、と声をかけたくなりました。

  ここでは名物となっている「そばかいもち」の販売があって、みなさんおやつ代わりに注文しておられました。


IMG_5609

<地元の山菜をふんだんに使った昼食>


  昼食は、「ゆめ蔵」の渡辺さんにお願いして3回目になります。

  今回も、地元の山菜などを使った多彩な料理を提供してくださいました。

  私からは朝日町ワインのプレゼント。辛口の赤、甘口の白、いかがだったでしょうか?

  こうした旅における「食」は、極めて大きなウエイトを占めるものです。

  お客様を迎える側としては、しっかりと吟味したい部分です。


IMG_5610

<「草岡大明神桜」でガイドさんの説明を聞くみなさん>


  お腹を満たしたあとは、バスで「草岡大明神桜」へ。

  長井市内で2つある国の天然記念物桜のもう一方です。

  地元のガイドのKさんの案内をみなさん熱心に聞いてくださいました。

  この桜、若き日の伊達政宗初陣のときに、政宗の命を救った桜として歴史に名を残しているのです。


IMG_5615

<長井の産直「菜なぽーと」でお買いものくださるみなさん>


  「大明神桜」から「秘密の花園」へと寄り道しました。

  貴重な山野草が残る場所です。いつまでもたくさんの方々が楽しめるように保全されることを願っています。

  最後の寄り道は「菜なぽーと」。長井市の産直です。

  私が宣伝した浜田昆布巻きもたくさんお買い上げいただきました。

  「こういう旅、いいですねえ」と語ってくださった方もおられます。ガイド冥利に尽きるお言葉でした。

  長井というところなどほとんどご存知なかった方々の心の片隅に、このまちのことが刻まれ、「また行ってみようか」などとつながってくれたら、どんなに嬉しいことでしょう。

  いつか、「葉っぱ塾」のお客様としてお友だちと、ご家族と、またおいでいただける日をお待ちしています。

  おしまいに、途中でご紹介した短歌3首。


    ◆耳あてて、幹にみなぎる音を聴く
         
        芽吹きのブナは一本の河 <清野弘也>


    ◆もののふの八十(やそ)少女(おとめ)らが汲みまがふ

        寺井の上の堅香子の花 <大伴家持>


    ◆翁草咲く丘ありてひとり行く

        想い告げ得ぬ遠き日ありき <鳥海(とりのうみ)昭子>



  私自身も楽しんだ2日間でした。ありがとうございました。










    ☆モンベルの「アウトドア義援隊」、熊本への支援活動開始!

    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月22日

☆★爛熟の桜、満開の桜〜桜回廊ツアー1日目

IMG_5571

<日本桜の名所百選「烏帽子山公園」で>


  桜がいつもの年よりもかなり早く咲き出したこの春でした。
 
  毎年おいでになる東京M旅行社の桜回廊ツアーのみなさんに見頃の桜を見ていただけるかどうか、やきもきしてお待ちしていました。

  南陽市の桜の名所「烏帽子山公園」下で合流し、ここが最初の見学地となりました。

  お客様の中に、一昨年もおいでくださった方がいらっしゃってびっくり!

  再度のご参加、ほんとうにありがたいことです。

  公園の桜は、穏やかな風でもはらはらと桜の花びらが散っていました。

  「爛熟の桜」とでも言えるかもしれません。

  公園の空気には桜の香りが満ちていました。


IMG_5583

<双松公園の「眺陽桜」>


  南陽市宮内の「双松公園(そうしょうこうえん)」では、「慶海桜」は見ごろを過ぎていましたが、「眺陽桜」のほうは、見事な枝振りに花を咲かせていました。

  ここはツアーのバスが訪れることは少ない場所ですが、高台からの眺めと言い、桜の時期に高台の斜面に自生するキバナイカリソウといい、なかなか楽しめると私は思っています。


IMG_5587

<満開だった吉野公園>


  この日は南陽市の吉野地区を経由して白鷹町に入ることにしていました。

  置賜桜回廊の中で最も東端にあり、他の桜とは離れている「吉野公園」をご案内したかったのです。

  この公園がある高台は、かつては吉野中学校、宮内高校吉野分校が建っていた場所だそうです。

  学校があった時代に植えられた桜と、それが閉校になってから植えられたものとが見事に調和している公園です。

  若い桜の木々が、花びら一つ散らすことなく、まさに満開を迎えていました。


IMG_5588

<桜の樹下で見つけたアヅマイチゲ>


  吉野公園の桜の下で、キクザキイチゲによく似た白い花を見つけました。

  しかし葉っぱが違っているので、写真を撮ってきて、帰宅してから図鑑で調べましたら、これはアヅマイチゲのようです。

  桜のこの時期、木々の葉が本格的に生い茂るこの時期に花を咲かせる「春の妖精」たちもいろいろ見つけました。

  民家の庭にも咲いていたりしてびっくりしましたね。

  アヅマイチゲ、オオタチツボスミレ、カキドオシ、カタクリ、キケマン、キバナイカリソウ、ササバエンゴサク、シラネアオイ、ヒトリシズカ、フッキソウ、ミチノクエンゴサク、ムラサキケマン、ヤマエンゴサク。

  主だった花としてはこんなところだったでしょうか?

  「あれもあったよ」などというものがありましたら、お知らせください。


IMG_5594

<長井市の「久保桜」>


  この日の最後の見学地は長井市伊佐沢地内にある「久保桜(くぼのさくら)」。

  長井市に2本ある国指定の天然記念物桜のうちの1つです。

  夕方5時近かったので、ほとんど他の観光客の姿もなく、ゆっくりご覧いただけたのではなかったでしょうか?

  明治28年に撮影された桜と樹下に勢揃いした地元の方々の白黒写真が展示してありましたが、当時と比べると、樹高が半分ほどになっているのでした。

  それでも太い幹回りに、風格を備えた桜です。

  宿に入るころにポツポツと雨が落ちてきて、夜から朝にかけて降っていますが、この雨も、みなさんが桜回廊ウォーキングを始める頃には上がるとの予報です。









    ☆モンベルの「アウトドア義援隊」、熊本への支援活動開始!

    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年04月15日

☆★本日第2信 置賜桜回廊、もう少しもって!〜14日の白鷹町の桜

  置賜桜回廊の白鷹町のいくつかの桜です。

  写真はいずれも14日です。

  15日は弱い冬型の気圧配置で、やや強い風が吹いています。見ごろを過ぎた桜には「花散らし」になったかもしれません。

  「十二の桜」が最も遅く咲き始め、14日は3分咲きほどでした。


IMG_5395

<「殿入桜」>


IMG_5398

<白鷹町畔藤地内の民家の庭先の桜>


IMG_5404

<「称名寺の桜」>


IMG_5421

<「スポーツ公園」南東端の桜>


IMG_5428

<「釜の越桜」>









    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

☆★ええっ! もうこんなに咲いてる!〜置賜桜回廊、長井市、街中の桜たち(14日)

  きょう(15日)から「置賜桜回廊」イベントの始まりとのことですが、もう桜はだいぶ咲き進んでいます。

  14日の長井の街中の桜の様子をお知らせします。

  有名、無名を問わず、桜はいいですね!


IMG_5393

<野川堤防の桜>


IMG_5373

<旧女学校跡(現、置賜総合支庁西庁舎)の桜>


IMG_5376

<最上川堤防千本桜>


IMG_5378

<長井市立長井小学校の桜>


IMG_5380

<十王堂の桜と旧小池医院>


IMG_5382

<裁判所の桜>


IMG_5389

<小桜幼稚園の桜>









    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)