小さな森の休日(『胡桃閑荘』)

2017年07月13日

☆★『胡桃閑荘(くるみかんそう)』の改修完了!〜福島のみなさんの家族保養に提供中!

IMG_6030

<大きくなった『胡桃閑荘』洋室の窓>


  きょう13日は、日付が替わったころから久々の雨となりました。

  福島の皆さんの保養場所として、Kさんにお願いして整備を進めてきたわが家のはなれ、「胡桃閑荘(くるみかんそう)」の窓の改修が終了しました。

  50年ほど前に建てた建物のために、窓枠がゆがみ、窓や網戸の開閉がスムーズにできませんでした。

  洋室は高さが210センチ以上ある大きな窓になりました。


IMG_6031

<和室も二重窓に改修>


  和室のほうは、これまでの窓をそのまま外側に使い、内側に別の窓を入れていただきました。

  透明なガラスなのに、熱を通しにくい性質があるとのことで、冬場の利用が可能になるかもしれません。


IMG_6032

<玄関に網戸が付きました!>


  また、玄関にはアコーディオン式の網戸を付けていただきました。

  夏場は風の通りがよいと心地よいですからね。

  今週末の3連休から申し込みが入っています。

  夏休みの家族保養にご活用ください。

  申し込みカレンダーで空き状況が確認できます。

  原則的に先着順での受け付けです。





  ☆10日の前川さんの証言(一部)





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終




☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年06月03日

☆★『胡桃閑荘』、「繋ぐ人」から取材を受ける

IMG_5261

<私には珍しく豪華なランチ>



 ☆「葉っぱ塾」では「安倍晋三議員をを国会議員から罷免しよう」というキャンペーンに賛同し、協力を呼びかけます。



  「葉っぱ塾」が東日本大震災以降、様々な復興支援活動に関わるきっかけをつくってくださったキー・パーソンとも呼ぶべきお一人が、現在「復興ボランティア支援センター」にいらっしゃるTさんです。

  「八木さん、陸前高田に行きませんか?」と、偶然お会いしたお蕎麦屋さんで声をかけてくださったことが、私が陸前高田の吉田正子さんとつながる入口でした。

  その後もいろいろな人や活動と「葉っぱ塾」とを繋いでくださったことが、今とても役立っています。

  そのTさんが、福島のみなさんの家族保養にと整備してきたわが家の『胡桃閑荘』を取材したいと長井においでくださいました。

  以前いただいていた、「タス・パークホテル」のお食事券があったので(「おしょくじけん」と入力したら、最初に「汚職事件」と変換されました!)お昼過ぎに、ホテル駐車場で待ち合わせ、一緒にランチとなりました。

  平日は一人で食事するのがほとんどの私にはちょっと豪華なランチでした。、


IMG_5260

<新緑の「白つつじ公園」を見おろす>


  9階のレストランの窓際からは、眼下に長井市の名所の一つ、「白つつじ公園」が見えます。

  つい先日までは、真っ白なつつじがまるで雪が降ったように咲いていたのですが、今はもうすっかり緑色の公園に変わっています。


IMG_5262

<『胡桃閑荘』を取材中のTさん>


  Tさんを『胡桃閑荘』にご案内して、外観や屋内の写真を撮っていただきました。


   ※『胡桃閑荘』の利用状況カレンダー


  「いつまで今のお仕事続けられそうですか?」とお聞きしましたが、それは彼女自身にもわからないことでした。

  「復興ボランティア支援センター」は、現在は福島からの避難者の支援に関わる様々な組織や個人を「つなぐ」役目を果たしていますが、あくまでも臨時雇用です。

  素晴らしい能力を持った彼女のような人材が、安い賃金で働かざるを得ない状況は、何だか社会の損失のような気がしてなりません。

  「『胡桃閑荘』の紹介記事の原稿書いたらメールします!」と言って、Tさんは山形市に帰ってゆかれました。





 ☆高山佳奈子京都大教授の「共謀罪」に関する国会前スピーチ



   ※「共謀罪」法案に反対する署名




 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月01日

☆★『胡桃閑荘(くるみかんそう)』ご利用案内〜福島のみなさんの家族保養に

IMG_2447



           福島のみなさんのための家族保養

  「胡桃閑荘(くるみかんそう)で小さな森の休日」2017


  2012年から福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」に取り組んできた「葉っぱ塾」では、2016年春から、新たな保養の取り組みを開始しています。

   「葉っぱ塾」の敷地内にある8畳2間(洋室1、和室1)、バス、キッチン、トイレ付の15坪の小さなはなれをリフォームし、また並行して荷物の片づけや行き届いていなかった部分の清掃なども、少しずつ進め、2016年4月下旬に運用を開始いたしました。

  初年度は8家族のみなさんにご利用いただき、好評をいただいています。

  50年ほど前、父がこの建物を建てたとき、その南側に大きなクルミ(胡桃)の木がありました。

  よくわが家を訪ねてくださっていた父の恩師、佐藤柊波(しゅうは)先生は、かつて県立長井高校の校長として勤務された方で、俳人であり書家でもありました。

  その佐藤先生が、たいそうここを気に入ってくださって、『胡桃閑荘』と名付け、木の板にこの文字を書いてくださったものが、今も玄関に掲げられています。


IMG_4878

<『胡桃閑荘』の玄関>


  今、クルミの木はありませんが、その周囲にはブナ、ホウノキ、トチなどの木々が育って、春から秋までは、さながら「小さな森」のようになります。

  この建物を、福島の皆さんの家族単位の保養にご活用いただきたいと考え、ご案内を申し上げます。

  「ボランティア支援募金」で取り組んでいる週末保養「森の休日」に対し、こちらは利用者の協力金で運営してゆく方向で考えており、「小さな森の休日」と呼んでおります。


IMG_5197

<8畳の洋室>


  山形県長井市のこの家は、米沢市中心部からは車で40分程度。山形市内まで40キロ余り、車で1時間程度。蔵王温泉までは50キロあまり、車で75分程度、山形蔵王インターまでは45キロ、車で70分程度のところに位置しています。

  500m以内の場所に、コンビニ、スーパーマーケット、コインランドリー、郵便局があります。

  また、車で数分程度のところに「はぎの湯」という温泉があります。


IMG_4881

<8畳の和室>


  厳冬期は利用の受け付けはしておりません。

  おおよそ3月下旬から12月中旬ということでお考えください。

  時折「葉っぱ塾」のお客様のご利用もありますが、福島の方々のご利用を最優先いたします。ぜひご活用ください。

  新年度始まりの今日、早速いわき市からご家族がお見えになります。

   ※予約状況を確認できるカレンダー
 

  ★『胡桃閑荘』の所在地
      993-0053   山形県長井市中道2-16-40
 
  ★連絡先  葉っぱ塾 代表 八木文明
      電話  090-5230-8819  
      メール happa-fy★ewa.or.jp
      (送信の際は★を@に変えてください。)





 ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します!  賛同署名に   ご協力ください。



 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月06日

☆★『胡桃閑荘』で「小さな森の休日」を!〜申し込み随時受け付け中!

IMG_7341

<わが家の庭で遊ぶ気気鵑里寛搬押


  2日からきょう(6日)までの4泊、千葉の気気鵑里寛搬欧わが家のはなれ、『胡桃閑荘』に泊まってくださっています。

  こちらにおいでになる前は長野県で数日過ごされたようですが、きっと山形の暑さがこたえたかもしれません。

  小さなお子さんが二人いらっしゃって、わが家の荒れ放題の庭も遊び場にしてくださっています。

  ご家族でゆっくりお過ごしですので、こちらからは何もおかまいしておりませんが、幼いお子さんたちの思い出の中に、こちらでの風景が刻み込まれるのは嬉しいことです。

  『胡桃閑荘』のこの夏の利用は、この後2件だけ入っています。

  夏以降の週末など、福島の方を優先にご利用いただきますので、ご活用ください。

  申し込み状況は、WEBカレンダーをご覧ください。日付に「X」がある日はすでに申し込みが入っているところです。

  『胡桃閑荘』の紹介記事も参照ください。

  なお、「復興ボランティア支援センターやまがた」のHPでも詳細をご覧いただけます。





2016チラシ表(70%縮小)

<10月21日のリサイタルのチラシ>


  このコンサートチケットは、「葉っぱ塾」でも取り扱いいたします。

  ご連絡をいただきますと、お近くの方にはお届けにもあがりますし、郵送(代金は郵便振替)も可能です。

    【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





    ☆「Happy ハンター」にヤギおじさん登場!






    ☆ウォン・ウィンツァンさん作詞・作曲『光を世界へ』




    
    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)


☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月04日

☆★雑草に混じってたくましく(?)育った野菜たち

IMG_7338

<2日収穫したジャガイモ>


  わが家では畑を少し作っています。

  しかし、「畑」というにはあまりに草が茫々と生えていて気が引けるものですから、あまり畑のことはブログにはアップしていません。

  知らない人がみたら、一面の雑草だらけのところが、実はジャガイモを植えたところでした。

  2日朝、涼しいうちにと畑の除草をしていたら、あまりに草が大きく伸びていて、引っ張りましたら根っこまわりの土が深くえぐれ、隣のジャガイモの顔が見えたのです。

  それで、大汗をかきながら、3畝のジャガイモを一気に掘り出してしまいました。

  その日は昼前から雷雨になったので、土の乾いたうちに収穫できたことはタイミングよかったようです。


IMG_7339

<中玉トマト>


  雑草よりも少しだけ背丈が高いので、中玉トマトは、「ここにある」ということがはっきりします。

  植えてあるのは3株だけですが、1日おきに数個食べられるぐらい実ってくれます。


IMG_7340

<おひたしにしたツルムラサキ>


  ツルムラサキは勢いがあります。これは熱帯起源なのでしょうか?

  艶のある厚手の葉っぱが、摘んでも摘んでも生えてきます。

  ぬるぬるした感じが嫌いでない方にはお勧めです。

  わが家の食卓には動物性タンパクはほとんど上がりません。

  「ヤギは草食動物ですから」などと言えば、笑っていただけるでしょうか?

  とても人にお勧めできるような代物ではないのですが、今、『胡桃閑荘』(わが家のはなれ)に娘の職場の同僚のご家族が滞在されていて、ジャガイモを食べてくださいました。

  お世辞半分とは思いますが、「おいしかったです」と言っていただきました。

  無農薬、そして化学肥料なし。わが家の生ゴミと、庭の落ち葉や草からできたたい肥だけで育てている、というところが唯一胸を張れるところです。





2016チラシ表(70%縮小)

<10月21日のリサイタルのチラシ>


  このコンサートチケットは、「葉っぱ塾」でも取り扱いいたします。

  ご連絡をいただきますと、お近くの方にはお届けにもあがりますし、郵送(代金は郵便振替)も可能です。

    【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





    ☆「Happy ハンター」にヤギおじさん登場!






    ☆ウォン・ウィンツァンさん作詞・作曲『光を世界へ』




    
    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月18日

☆★『胡桃閑荘(くるみかんそう)』で「小さな森の休日」始まる

IMG_5755

<『胡桃閑荘(くるみかんそう)』の外観>


  わが家の「はなれ」を福島のみなさんの家族単位の保養に使ってほしいと整備してきました。

  4月下旬以降、利用可能ですよと広報してきましたが、5月に入ってGWとその翌週の週末に、ご利用いただきました。

  GWにご利用くださったご家族は、週末保養「森の休日」にも参加してくださった方だったので、お子さんとも顔なじみでしたが、もう一方のご家族は全く初めての方でした。

  こちらで作成したチラシをご覧いただいて、申し込んでくださったとのことでした。

  今後、利用されたみなさんからの口コミで、さらに広がって、有効に活用されることを願っています。


IMG_5263

<フローリングの居間>


  ご利用いただいた方に書いていただこうと、ノートを「宿帳」のように置いていますが、その中から、この『胡桃閑荘』の設備などについて書かれた部分を拾ってみます。

   ◆お部屋がとてもきれいで、とても快適にすごせました。

   ◆調味料、食器、おふとんなど何でもそろっていて、とても快適に過ごせた2泊3日でした。

   ◆近くにコンビニ、スーパー、温泉、公園、飲食店、なんでもそろっていて、遠くまで行かなくてもとても楽しく過ごせました。子どもたちも自分の家のようにくつろいでいました。

  
  また、この『胡桃閑荘』を利用するにあたってのお気持ちを書いてくださっている部分は以下の通りです。

   ◆震災後、放射能のこともあり不安ではありましたが、家も仕事も福島なので、離れることもできず現在に至っています。そんな中、今回お世話になることができ、本当に感謝しています。

  
  この『胡桃閑荘』の利用にあたっては、まず、「申込状況カレンダー」で空いているかどうかを確認ください。

  カレンダーの日付の下に「×」がある日は、すでに申し込まれているところです。

  お申し込みは、「葉っぱ塾」にお電話かメールでお願いいたします。

  メールの場合は、必ず住所、お名前、電話番号、希望期間を書いてください。

  多くの皆さまのご利用をお待ちしています。


【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)









    ☆モンベルの「アウトドア義援隊」、熊本への支援活動開始!

「アウトドア義援隊」熊本支援 その1

<熊本で活動する「アウトドア義援隊」のメンバー>


    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月03日

☆★新緑の中の『胡桃閑荘』、福島の皆さんの利用始まる!

IMG_5755

<新緑目立つ「小さな森」の『胡桃閑荘』>


  桜の季節もはや過ぎて、わが家の「小さな森」も新緑の季節を迎えています。

  昨年来整備を進めてきた『胡桃閑荘(くるみかんそう)』も、リフォームがほぼ完了しました。

  きょうは、福島のご家族第一号がここにおいでになることになっています。

  Kさんご家族は週末保養「森の休日」に何度か参加くださったみなさんです。

  お子さんたちの成長ぶりを拝見するのが楽しみです。

  福島のみなさんに、ぜひご活用いただきたいと考えて準備を進めてきましたので、遠慮なくお申し込みください。


IMG_5698

<わが家の庭のブナの新緑>


  申し込み状況は、カレンダーにリンクしていますのでそちらでご確認ください。

  日付の下に「×」があるのは申し込みされている日です。

  お問い合わせなどは下記へお願いいたします。


【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)











    ☆モンベルの「アウトドア義援隊」、熊本への支援活動開始!

「アウトドア義援隊」熊本支援 その1

<熊本で活動する「アウトドア義援隊」のメンバー>


    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月06日

☆★「胡桃閑荘」に申し込み第1号!〜利用の準備も最終盤

IMG_5199

<和室の正面>


  福島のみなさんの家族単位での保養で使っていただこうと整備を進めてきた「葉っぱ塾」の小さな建物「胡桃閑荘(くるみかんそう)」に、昨日、第1号の申し込みが入りました!

  手間暇かけて、どなたからも申し込みがなかったらどうしよう、と不安だったのですが、これで安心しました。

  まだ整っていないものが少しありますが、なかなかいい感じになってきました。

  和室の床の間に、先日、父が保管していた掛け軸を掛けてみました。

  たまたま引っ張りだしたものでしたが、「無為自然」と書いてあります。

  さりげなく、ありのままにという私の思いと重なります。

  床柱の脇には、ステンドグラス作家の武田えり子さんからちょうだいしたランタンを置きました。

  壁に映りこむ陰もなかなか素敵です。


IMG_5197

<チグハグなインテリアですが・・・>


  洋室のほうもほぼ整備が終わりました。

  南向きなので、天候の良い日は、太陽の光がいっぱい入り込んできます。

  茶箪笥など置いてあって、チグハグなのですが、これは、私が生まれたときにはすでにわが家にあったものなので捨てるにしのびなく、やむを得ずここに置きました。


IMG_5200

<食器棚はこんなふう>


  食器類は、ほとんどがわが家のどこかにしまわれていたもので間に合いました。

  引き出物としていただいたり、お祝いにいただいたりしたものなど、十分使用できるものが、たくさん出てきました。

  こうした食器にとっても、ただ仕舞い込まれているよりは、使ってもらったほうが嬉しいに決まっています。

  週末保養「森の休日」に昨年、一昨年に参加された福島のみなさんにはご案内をお送りしていますが、もし初めてこの施設について知ったという方は、下記にご連絡いただきますと、利用のご案内を郵送する用意があります。

  ご遠慮なくお申しつけください。

   ☆申し込み受付状況カレンダー


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)





    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)


☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。
   

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月27日

☆★「小さな森の休日」カレンダーを準備しました!〜家族での保養にご活用を!

IMG_4881

<「小さな森の休日」で使う「胡桃閑荘(くるみかんそう)」和室>


  先日、このブログで、わが家の離れ「胡桃閑荘(くるみかんそう)」のことをご紹介しました。

  一人で掃除したり、片付けたりしておりますので、なかなか一気にきれいにはなりませんが、およそ1か月後の4月25日以降から利用できるようにと考えています。

  期日を外に向けて明言しないと、ずるずる先延ばしになりそうですから。

  その申し込み状況をどなたでもチェックできるように、「小さな森の休日カレンダー」を作り、それをブログの「Links」の一番上に貼り付けました。

  ブログをスクロールしてゆくと右側に「Links」がでてきます。お探しになれましたか?

  クリックしていただくと、カレンダー画面が出てきます。

  小さなカレンダー画面の「閉じる」をクリックすると、大きな画面だけご覧になれるはずです。

  カレンダー上部に並んでいる「月」から希望の月を選択すると、その月の申し込み状況がわかります。

  どなたかから申し込みをいただいた日には「×」印を付けるようにしています。

  4月25日のところには「利用開始日」と入れてあります。

  それ以前の日には「×」が入っているのがご覧いただけるでしょうか?

  4月25日以降はこの段階では無印になっています。

  お申し込みをいただいて、そのご家族が泊まられる日に「×」を入れておきます。

  つまり「×」は、申し込みの先約があるか、こちらの都合で利用はできない日ということです。

  こういう機能を使うのが初めてなので、まだ十分使い方がわかっていませんので、こんな対応しかできませんが、ご容赦ください。

  この「胡桃閑荘」の利用については、先着順での受け付けとなります。

  すでに申し込みはお受けしています。ご家族での週末保養にご活用ください。


    【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)



    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月21日

☆★福島のみなさん、「胡桃閑荘(くるみかんそう)」で、“小さな森の休日”いかがですか?

IMG_4878

<「胡桃閑荘」の玄関(古い箒がそのまま!)>



          福島のみなさんのための家族保養

    「胡桃閑荘(くるみかんそう)で小さな森の休日」


  2012年から福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」に取り組んできた「葉っぱ塾」では、2016年春から、新たな保養の取り組みを行う準備を進めてきました。

  「葉っぱ塾」の敷地内にある8畳2間(洋室1、和室1)、バス、キッチン、トイレ付の15坪の小さなはなれをリフォームし、ようやく使える状況に近づいています。

  完成は2016年4月中ごろをめどにしています。
 
  かつて、父がこの建物を建てたとき、その南側に大きなクルミ(胡桃)の木がありました。

  よくわが家を訪ねてくださっていた父の恩師、佐藤柊波(しゅうは)先生は、かつて県立長井高校の校長として勤務された方で、俳人であり書家でもありました。

  その佐藤先生が、たいそうここを気に入ってくださって、『胡桃閑荘』と名付け、木の板にこの文字を書いてくださったものが、今も玄関に掲げられています。

  クルミの木は今はありませんが、その周囲にはブナ、ホウノキ、トチなどの木々が育って、春から秋までは、さながら「小さな森」のようになります。


IMG_4880

<部屋は明るい南向き(まだ片付け途中)>


  この建物を、福島の皆さんの家族単位の保養にご活用いただけたらと、ご案内を申し上げます。

  山形県長井市のこの家は、米沢市中心部からは車で40分程度。

  山形市内まで40キロ余り、車で1時間程度。

  蔵王温泉までは50キロあまり、車で75分程度、山形蔵王インターまでは45キロ、車で70分程度のところに位置しています。

  500m以内の場所に、コンビニ、スーパーマーケット、コインランドリー、郵便局があります。また、車で10分程度のところに「はぎの湯」という温泉があります。

  詳しい利用のご案内を準備していますので、必要な方はご連絡いただけましたらお送りすることが可能です。

  メールの場合は必ず、送り先を明記してください。

  なお、このブログ記事の右側の欄の「Links」に、「小さな森の休日」のカレンダーをリンクしました。

  申し込み状況を見ることができます。


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)



    ☆「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」飯豊、寒河江公演

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)