ソプラノ梅津碧さん

2019年04月28日

☆★「地域の宝物」96歳のスタィンウエイ・ピアノ〜今年3年に一度のコンサート開催!

IMG_4078
<長井高校のスタィンウエイピアノの製造番号>



   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!



  1923年にドイツはハンブルグで製造されたスタィンウエイ社のピアノが、96年の時を越えてわが母校、県立長井高校に置かれている奇跡。

  廃棄寸前の状況にあったこのピアノを救うことになったのは、そのピアノに記されていた製造番号でした。

  当時の音楽教員Sさんが、スタィンウエイ・ジャパン社(以下、ス社)に問い合わせたことから、このピアノが、1923(大正12)年7月、ハンブルグから日本に向けて出荷された数台のピアノのうちの一台だと判明したのです。

  ス社ではこれをハンブルグに空輸し、1年近くかけて完全にリニューアルし、再び日本へと空輸しました。

  中古市場でも大変人気のあるこの会社のピアノが母校に戻るように配慮してくださったのは当時のス社の鈴木社長さんでした。

  前途ある若者たちの音楽教育に再び役立たせてほしいとの鈴木さんの思いを母校の同窓会が受け止め、このピアノを買い取ったのは2003年のことでした。

  このピアノ復活の感動的な話題は、2004年に『Asahi Evening News』の記事にもなり、世界に配信されました。


scan31
<日本に戻ったばかりのピアノ(ス社の倉庫で)>


  同窓会ではこのピアノを活用するために「ピアノ委員会」を作り、3年に一度、このピアノでのコンサートを開催してきたのですが、今年がその6回目の開催年にあたっています。

  3年に1回であれば、今の長井高校生も在学中に一度はその音色を聴けるという配慮からです。

  「若いうちに本物に触れる」。

  どんな世界でも大切なことです。

  前回のコンサートの準備のときに、嬉しいお話しを耳にしました。

  数年前の長井高校卒業生の一人が山形大学を受験し、面接試験を受けた際に「あなたの高校で自慢できることは何ですか?」と質問されたのに対して「古いスタィンウエイのピアノです。」と答えたということを、面接官を務めた山大の先生から伺いました。

  私たちピアの委員会のメンバーの思いが若者たちに伝わっていたことを心から喜んだことは言うまでもありません。

  これとは別に、長井高校の入試の面接で「この高校にあるスタィンウエイのピアノを弾きたいから」と志望の動機を語った受験生がいたことも聞いたことがありました。


IMG_8708
<市民文化会館ステージに置かれたピアノ>


  1923年といえば大正12年です。

  この時代のピアノで日本に残っているものが極めて少ないのは、多くが大都市圏にあり、そのほとんどが戦災で失われたからであることを、ス社の鈴木前社長さんがお話しくださいました。

  このピアノのことを聞きつけて、わざわざ遠方から長井高校まで見に来られた方をご案内したこともあります。

  こんな小さな町に当時のお金で4600円もするピアノ。

  立派な木造住宅が4、5軒も建つほどの価格だったそうです。

  当時の地域の方々が、都市部に負けない教育のためにと善意のお金を集めてくださったのではなかったでしょうか。

  私たちピアノ委員会では、ピアノを「地域の宝物」ととらえ、コンサートを一般の方々にもお聴きいただく努力を重ねてきました。

  その「復活の奇跡」のドラマに端役として加われることの何と幸せなことでしょう。


梅津碧さん
<出演される梅津碧さん>


  今年のコンサートは、母校の卒業生でもあるソプラノの梅津碧さんにお願いすることになり、昨年から交渉を進めてきました。


    ※梅津碧さんのYou Tube 映像の一つ


  そしてこのピアノを演奏くださるのは、地元で活躍しておられる齋藤友佳さんです。

  梅津さんからお話しを伺ったら、何とこのピアノ復活の第1回目のコンサートのときに、現役の高校生として市民文化会館で聴いてくださっていたというではありませんか!

  私たちが準備を進めている今年のコンサートを聴いてくれる若者たちの中にも、何年か経ってから、懐かしくこのことを思い出してくれる人がいるかもしれません。

  私たちと一緒にこのピアノによるコンサートを創り上げてくださる協力者を求めています。

  大正、昭和、平成、令和と4つの時代を生きてきたピアノ、今回はどんなふうに音を鳴らしてくれるでしょうか?

  コンサートは9月20日(金)の開催です。


   【連絡先】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:05|PermalinkComments(0)

2017年08月30日

☆★天使の歌声、梅津碧ソプラノ・リサイタルを聴いて

IMG_6606

<梅津碧さんリサイタルのチラシ>


  8月25日、長井市民文化会館で行われた梅津碧さんのソプラノリサイタルを聴いてきました。

  天使の声は聴いたことがありませんが、もしかしたら、あれが天使の声だったか、と思わせるような歌声にすっかり魅了されてきました。

  オペラで主役を演ずる活躍をしておられる碧さんですが、この日の前半は日本の歌で始まりました。

  そのことが、私のような音楽無知な人間には入り込みやすかったのだと思います。

  3曲目はなんと、中島みゆきの『糸』!

  大好きな曲です。

  碧さんは、たくさんの人との出会いに恵まれてきたので、そのことへの感謝をこめてこの曲を選びました、と語っておられました。

  You Tube 影像でもこの『糸』は多くのシンガーによって歌われていますが、ソプラノ歌手が歌うのはあまりないのではないでしょうか?

  それ以降は、ご自身がこれまで出演したオペラから、解説と字幕つきで、ハイライトで歌われました。

  「オペラ入門編」というようなご配慮があって、とてもありがたい構成でした。


IMG_6676

<当日、開演前のステージ>


  ピアノ伴奏の齋藤友佳さんの演奏も素晴しいものでした。

  歌い手を引き立たせる謙虚さと、支える力強さのバランスとでもいうのでしょうか。

  また、「おらんだラジオ」でクラシックの番組を持たれているだけあって、解説も落ち着いて聞きやすいことも効果があったのではないでしょうか。

  長井市の出身者で、世界で活躍する若手の演奏家がいる!

  これは市民にとって素晴しい財産でもあります。

  You Tube で「梅津碧」で検索すると、いくつもの映像が出てきますので、みなさんもお試しください。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。
  

happajuku at 04:44|PermalinkComments(0)

2017年08月18日

☆★梅津碧さんリサイタル、長井市民文化会館で!〜長井高校の「大後輩」活躍!

IMG_6606

<梅津碧さんリサイタルのチラシ>


  梅津碧(みどり)さんのお名前は数年前からお聞きしていました。

  母校長井高校の「大後輩」にあたります。

  25日(金)、長井市民文化会館において、彼女のソプラノ・リサイタルが開かれます。

  16日、リハーサルを行うときに会館にお邪魔して、初めて直接お会いしてきました。

  リハーサル風景も少しの間見学させていただきましたが、素晴しい声の持ち主でいらっしゃることがすぐに伝わってきました。

  私たちが、母校に戻ってきたスタィンウエイのピアノを活用して3年に一度のコンサートを開くようになった最初の回に、現役の高校生としてそのコンサートを聴いてくださっていました。

  その時点では声楽のほうに進むということは考えてはおられなかったそうです。

  高校卒業後彼女は、青山学院大学の文学部英米文学科に進まれます。

  在学中に長井市で開催されたオペラを観劇したことがきっかけで声楽の道に進むことを決意され、青山学院卒業後に東京音楽大学に入りなおされるのです。

  しかもそこを首席で卒業されたという逸材です。

  今はウィーンに拠点を置いてご活躍中です。

  地元出身の素晴しいアーティストの演奏、ぜひ多くのみなさんに聴いていただきたいと願っています。

  こうした機会を実際に体験することで、彼女のように、その後の人生が大きく動き出すということもあるかもしれません。





  ☆「木星音楽団長井公演」は10月14日!
木星長井公演2017チラシ最終


   【チケットのお申し込み】 葉っぱ塾 八木
           電話090-5230-8819
           happa-fy★dewa.or.jp
        (送信の際は★を@に変えてください。)


  ☆佐川国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める署名


  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:14|PermalinkComments(0)