災害支援ボランティア

2019年10月20日

☆★「七色学舎」支援物資、今朝いわき市に向け出発!

IMG_6076
<多くの皆様からの支援物資>


  長井市で学習塾「七色学舎」を経営しておられる村田さんが、震災前までお住まいだった故郷のいわき市の台風被災地に向けた支援物資の提供を呼びかけました。

  短期間で、多くの皆様からの支援物資が届けられました。

  19日夕方、集まった物資を、村田さんのワゴン車に積み込む作業をお手伝いしました。

  衣服、長靴、古いタオル、新しいタオル、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、お菓子、飲料水、お米、ホッカイロ、電池などなど。

  「葉っぱ塾ボランティア支援募金」からは、ゴム手袋、ウェットティッシュ、マスク、ポリ袋を提供しました。


IMG_6077
<もう積めない!>


  ワゴン車の後部の座席を押し上げてできたスペースに、隙間なく物資を詰め込んで、村田さんたちはきょう(20日)朝、いわき市に向けて出発します。

  現地で情報を集め、さらに第二次、第三次の支援も考えてゆきましょうと確認しました。

  物資の提供にあたってお願いがあります。

  特に衣服や履物ですが、使用済みのものについては、しっかりと洗濯し、できれば一つずつ透明な袋に入れてサイズや性別などを「男児、130cm」などと書いていただけたら、現地の方にはありがたいと思います。

  今回のものということではありませんが、ご自分の押入れの在庫一掃のように出されるのは、正直迷惑なのです。

  東日本大震災の際の緊急物資支援活動で、そうした物資を大量に処分せざるをえなかったことを思い出したのです。

  「自分が受け取って気持のよいように」、というのが基本です。



  ☆無料整理券配布中!
市民講座チラシ2018速報版



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆やぎりん、当面の首都圏コンサート


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年10月19日

☆★いわき市への緊急物資支援にお手伝い〜「ボランティア支援募金」から

IMG_3767
<「七色学舎」に集まった支援物資>


  このたびの台風19号は12都県に被害が及んでいるとのことです。

  長井市で学習塾「七色学舎」をやっておられる村田さんから、いわき市への支援の呼びかけがありました。

  いわき市では浄水場が被災して、水道が止まっている地域があるとのことです。

  いわき市にお住まいだった村田さんが、当時勤務されていた学習塾の教え子さんから支援の要請を受けて、私たちに声をかけてくださいました。

  「葉っぱ塾」では、皆様からいただいている「ボランティア支援募金」の一部を使わせていただくことにし、不足が予想される物品を調達します。

  20日、村田さんがこれらの物資を現地に直接届けに向かわれます。

  被災地で必要な物品は継続的に必要なもの、日ごとに変わるものがあります。

  現地に直接つながるこうしたお手伝いがとても有効なはずです。

  昨夜(18日夜)から雨になり、被災地では被害の拡大が懸念されます。

  どうかこれ以上被害が広がらないことを願うばかりです。



  ☆無料整理券配布中!
市民講座チラシ2018速報版



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆やぎりん、当面の首都圏コンサート


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:18|PermalinkComments(0)

2019年10月18日

☆★広域に及ぶ台風被害、支援のためのアンテナ高く!

IMG_3745
<川西町ボラセン、2日目の朝の打ち合わせ>


  10月17日、川西町に設置された災害ボランティア・センター2日目の活動に参加してきました。

  2日目の活動に入ったのは葬祭社のグループ5人と、私たち個人での参加が7人でした。

  ボランティアを要請している町民の方々のニーズが前日よりも少し増えていました。

  それらの中で、日常生活の場を確保しなければならないという緊急性の高いものと、空き家や、農家の納屋などの片付けなど、緊急性の低いものとがあります。


IMG_3748
<もとは魚屋さんだったお宅>


  この写真のお宅は以前は魚屋さんだったところです。

  住居としては使われていませんでしたが、生活に必要な物品の保管に使われていました。

  驚いたのは、家の中に深さ1.5mほどの池が設置されていたことです。

  魚屋さんで使う鯉などを泳がせていたものでしょうか。

  すでに池としては使われておらず、不要物品が収納されていたのですが、ここに溜まった泥水をかき出す作業がなかなか大変でした。


IMG_3751
<流れてきた大量の藁くず>


  お隣の農家のお宅には午後から行きましたが、こちらは立派な母屋は土台が高かったために浸水を免れていました。

  1967年の「羽越水害」の教訓が生きたということでしょうか。

  広い庭に大量の藁くずが散乱していました。

  周囲の水田にコンバインが入って稲刈りをした際に出る藁くずが、増水した水に浮いて移動してきたものです。

  町の廃棄物置き場には「被災藁置き場」が設置されてあり、いかにも農村地帯らしい配慮だと感じました。

  完全に取り除くのは困難ですが、集めては袋に詰めて運びました。


IMG_3750
<お米も一部被災>


  このお宅ではすでに新米の出荷の準備が整っていましたが、納屋に置いてあったお米の一部が水でだめになったそうです。

  川西町の被害は、全体としては重大なものとはいえないかもしれません。

  全国的に見れば、宮城や福島などには、物資の困窮によって生命に関わる重大な局面に立たされている地域もあるようです。

  いわき市から長井市に移住してきた村田さんが、ご自分の故郷でもあるいわき市に緊急支援物資を運ぶということで協力を呼びかけています。

  「葉っぱ塾」としては当面、こうした活動にどう関わってゆくかも検討したいと思います。

  アウトドアメーカーのモンベルでは、「アウトドア義援隊」の活動が長野県飯山市で開始されたとのことです。

  みなさんも、アンテナを高くして、ご自身にできる支援の方法をご検討いただけたらと願っています。



  ☆無料整理券配布中!
市民講座チラシ2018速報版



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆やぎりん、当面の首都圏コンサート


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:15|PermalinkComments(2)

2019年10月17日

☆★川西町にボラセン設置〜初日の活動参加報告

IMG_3743
<川西町内の被災家財置き場>


  先週末通過した台風19号は、広い範囲に大きな被害をもたらしました。

  亡くなられた方々は12都県で77人(16日段階)にのぼっています。

  心からご冥福をお祈り申し上げます。

  長井市の隣の川西町では16日からボランティア・センターが設置されました。

  遠くまでは行けないけれど隣町ならと、朝から参加してきました。

  この日朝集まったボランティアは、私を含め11名。

  募集人数は20名とのことでしたが、平日参加できる方はそう多くはないということでしょうか。

  グループ参加の7名と別個に、私たち個人参加の4名がチームとなって、ご高齢の女性が一人住まいの住宅の清掃に出向きました。


IMG_3740
<浸水した室内の清掃作業>


  置賜盆地のほぼ中央に広がる水田地帯の真ん中にあるこの集落は、西から東に向けゆるやかに傾斜しているそうです。

  帰宅して地形図を広げてみても、等高線を探せないほどの極めてゆるい傾斜です。

  そして北東側で2つの河川が合流し、その河川の堤防が小さな水路から溢れた水を堰き止めることとなって浸水したのです。

  堤防の決壊とは異なり、「静かに」水かさが増したようです。

  蔵が住居の一部として使われていることから、古くからあるお宅のようでした。

  30センチほど床上浸水した家の一部の家財を運び出し、床を水拭きしていくのですが、薄く泥の張り付いた床の掃除はなかなか大変な作業でした。


IMG_3744
<捨てないでよかった!>


  ご高齢の女性は町内の介護施設に短期滞在しておられましたが、午後、ご自宅に着替えなどを取りに戻られました。

  「これらは捨ててよい」とされていた浸水家財の中に、ケースに入ったメガネがあったのが気になって、玄関の靴箱の上に取り置きしていました。

  女性は、着替えの他にやはりメガネを探しておられました。

  東日本大震災のときの「アウトドア義援隊」の活動の中で、被災後1週間ほどしてたくさんの老眼鏡が提供され、それを避難所に持ち込んだらとても喜ばれたことを覚えていたからです。

  メガネを手渡しましたら、涙を流して喜んでくださいました。

  きっと、濡れた家財の運び出し作業のどさくさの中で、「捨てる」ほうに紛れ込んでいたのでしょう。

  清掃や被災家財の撤去はしたけれど、水がしみ込んだ床がこれから再び生活に耐えられるのかはわかりません。

  息子さんは首都圏在住とのことで、果たしてこの家そのものが今後どうなるのか。

  他の被災地でももしかしたらそうしたお宅はたくさんあるのかもしれません。

  一緒に参加くださったみなさん、お疲れ様でした。



  ☆無料整理券配布中!
市民講座チラシ2018速報版



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆やぎりん、当面の首都圏コンサート


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:46|PermalinkComments(0)

2019年10月14日

☆★軍備より自然災害への備えが大事!

IMG_3692
<最上川堤防の泥水>


  この週末は福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」を予定していましたが、9日の段階で中止を決めていました。

  福島県内に大きな被害が出たことを考えると、中止は大正解でした。

  私が住む長井市でも「避難勧告」が出た地域があって、年配の方々は「羽越水害以来だ」と口々におっしゃっていました。

  1967年8月末の大雨で、長井市内でも1mもの冠水があった地域が出たのです。

  長井市は、市の東部を南から北へ最上川が流れていますが、その流域が最も低くなっています。

  私の家はそのあたりと比べ標高で10m前後高いので、そうした被害の心配はまずありません。

  上の写真は「さくら大橋」付近の最上川の堤防ですが、水が少し引き始めた頃で、最高水位のときの線が堤防に残っています。

  河川敷を農地として借りている市民の方々は、畑はほぼ全滅でしょう。


IMG_3693
<堤防の外へ排水中>


  街中から最上川に流れ出る小さな水路は、通常は最上川の水位が低いことで、そちらに向かって流れてゆきます。

  しかし最上川の水位が高いと、その流れが逆流し、水路から水があふれてしまうのです。

  その水をポンプで排水している様子が上の写真です。

  お隣の川西町では堤防から溢れた水で家屋に浸水という地域もあったそうです。

  長井市はこれでもまだよかったほうです。

  毎年のように各地で繰り返される自然災害に対して、私たちの国はもっともっとしっかりした備えをしなければなりません。

  13日の朝お手伝いに行った避難所は、みなさんの滞在時間がせいぜい4時間ほどだったのであまり不便は感じませんでしたが、あれが一晩過ごすなどという場合には、お粗末な物資だったと思います。

  軍備に何兆円も使ったり、外国にばらまいたり、「桜を見る会」に何千万円も使ったりしている場合ではありません。



  ☆無料整理券配布中!
市民講座チラシ2018速報版



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆やぎりん、当面の首都圏コンサート


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年10月13日

☆★長井市に「避難指示」出るも、大災害は免れる

IMG_3688
<体育館入り口>


  台風19号が各地に大きな災害をもたらして通過してゆきました。

  みなさんのところはどんな状況でしょうか?

  私が住む長井市では13日午前5時過ぎに、最上川に近い市の中心部に「避難勧告」が出されました。

  最上川の水位が氾濫危険の目安を超えたことによるものでした。

  わが家はその地域とは標高で10m近く高いものですから、危険は感じなかったので、準備を整えて、避難所の一つ、長井高校体育館のお手伝いに行って、先ほど帰りました。

  避難所は、この他に市内に十数か所設けられていたので、市の職員だけでは対応しきれないだろうと考えてのことでした。

  案の定、人手は足りていませんでしたので、お役に立てたような気がします。


IMG_3686
<水、食糧などの配布受け付け>


  毛布や水、パンなどが次々と運び込まれ、希望者に配られました。

  配布にあたっての混乱はなく、みなさん落ち着いて行動されていました。

  一つ気になったのは、「避難勧告」が解除されないうちに、体調の良くない年配の女性が帰宅されたのを皮切りに、次々と避難所から帰られる方が出たことでした。

  もし万が一、その後で堤防が決壊、などということになれば、大きな被害が出たかもしれません。

  市の担当者から、もう少し頻度高く情報が提供され、避難者が見通しを持てるようにしなければならなかったのではないかと振り返っています。

  町内会の防災担当の方と、市の職員の連携は取れていたと思います。

  避難所が自分の母校でもありましたし、管理職の先生とは顔見知りでもあったので、学校の設備を利用させていただくコーディネートができたことは、私が勝手に行ってよかった点かもしれません。

  久々に恩師のお元気なお顔も見られたことも、よかったことです。

  大災害になっている地域に比べれば、この程度だったことは幸いでした。

  福島の皆さん、大丈夫だったでしょうか?



  ☆無料整理券配布中!
市民講座チラシ2018速報版



  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆やぎりん、当面の首都圏コンサート


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 09:02|PermalinkComments(0)