大雪

2018年01月28日

☆★緩まぬ寒気、落ちない屋根の雪

IMG_9261

<1月4日のわが家の軒下>


  22日夕方から降り始めた雪がなかなか降り止まず、27日午前4時には積雪が114センチに達しました。

  屋根に雪止めをしていないわが家では、気温が上がると、雪はひとりでに落ちてくれるのですが、今回の寒波は、日中の最高気温もー3℃前後でしたので、なかなか落ちてきません。

  屋根を見上げると、積雪が50センチ近くになっており、これが一度にドドッと落ちたりすれば、窓が壊れてしまう恐れがあります。

  27日は午前6時ごろから、朝食を挟んで普段の家の周りに除雪に加え、母屋の南側の軒下の排雪作業を行いました。


IMG_9484

<落雪に備え、排雪した軒下(27日)>


  落ちてしばらく経つと、雪は締まり、重くなります。

  屋根の上で氷になっていたものも混じったりしています。

  機械力を使わずに軒下の排雪をするのはなかなかの重労働です。

  ようやく軒下から1メートル余りの排雪を終えました。

  これで年があけてから3回目の排雪です。

  これだけ広げても、屋根の雪が落ちてくれば、一度に埋まってしまいます。

  一見無駄な作業のようですが、家が破損することを防ぐということでは、雪下ろし同様、重要な作業です。

  朝食を挟んでの3時間半ほどの作業と、何度かの玄関前の除雪やはなれの雪下ろしなどで、夕方までの歩数は24000歩を超えていました。





  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422

    ※配布にお力添えください。


  ☆「月と季節の暦」(2018年版)完成しました。


  ☆「やまがた冬のあった回廊」ホームページ


  ☆好評、重版! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!

『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙


 
  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年02月13日

☆★立春過ぎての最高積雪〜長井市内

IMG_1754

<中庭と『胡桃閑荘』>


  11日未明から本格的に降り始めた雪は、12日朝まで続きました。

  12日朝、3時半ぐらいに除雪車が通ってゆきましたが、5時過ぎに外に出てみると、さらにそこに新雪が積もっており、なおも激しく降り続いていました。

  12日午前8時段階の長井市の積雪は94cmとなり、この冬の最高値を記録していました(山形気象台データ)。

  結局朝食前に2回の除雪をしましたが、それでおよそ8400歩の歩数でした。

  12日の除雪はそれで終わりませんでした。

  比較的気温が高かったために、午前10時を過ぎたあたりから、屋根の雪がどんどん落ち始めました。

  はなれの『胡桃閑荘(くるみかんそう)』は、この時期は使用していませんから、もちろん暖房もしていないのですが、南に大きな窓があることで室内が暖まり、屋根の雪が滑りやすくなるようです。

  午前中のうちに東側の雪が、午後には西側の雪が、ドドッと一気に落ちました。


IMG_1755

<『胡桃閑荘』の東側>


  西側には窓がないので何もする必要はありませんが、東側は、窓や、池のポンプを設置している小さなスペースの屋根があって、ほぼ完全に埋まりました。

  落ちた雪と屋根の雪とが繋がってしまうと、軒先の破損が起きてしまう恐れがあって、今日のうちに少しだけ軒下の雪を崩しました。

  落雪の処理を何度か行い、夕方の万歩計の数値は17000歩余りを示していました。

  気象台のデータでは、長井市の2月12日までの「累積降雪量」は、468cmで、平年値521cmの90%となっています。

  大雪と思っていますが、まずは平年並みといったところなのでしょうか。

  ただ、大雪の受け止め方は、人によって異なる面があります。

  年齢を重ね、除雪の大変さが身に滲みるようになると、感覚的には「大雪」ということも十分にあり得ることです。

  中国地方の日本海側では記録的な大雪だったそうですが、雪に不慣れな地域では災害にすらなっているようでお気の毒です。

  立春からもう一週間以上たつのに、「きょうもきのうも雪の空」の山形ですが、寒波が長続きしないことはよしとしなければなりません。




 ☆村上信夫さん『ひらがなの生き方』
    CD発売されました!
IMG_0923



 ☆ケーナ奏者やぎりん、コンサート情報 


 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

☆★大雪の中、東京へ!

IMG_1676

<大宮付近から見えた富士山>


  2月1日には50センチを下回っていたここ長井市の積雪は、1日夜から降り出した雪で、また70センチを超えています。

  2日は東京に日帰りしたのですが、朝は吹雪模様で、列車が動くのかも心配されるほどでした。

  フラワー長井線の一番列車が、今泉駅の手前でストップしたときには、一時東京行きをあきらめかけました。

  が、なんとか予定通り東京へ。

  福島市までは真っ白でしたが、郡山あたりからは青空が広がっていました。

  大宮の手前では、真っ白な富士山!


IMG_1685

<展示会のパンフレット>


  この日は、アウトドアメーカーのモンベルから私たち山岳ガイドに、新商品展示会のご案内をいただいていました。

  毎年開催されているこの展示会は、販売業者などに向けたものなのですが、2013年から、山のガイドも参加できるようになりました。

  2013年に次いで2度目の参加でした。

  私は、新商品よりも、天童で一緒に活動した懐かしい顔に会いたい気持ちで上京しました。

  何と、同じ新幹線にモンベル山形店のスタッフもその会場に向かうために乗っておられ、会場に連れていっていただきました!

  東日本大震災直後、天童に置かれた「アウトドア義援隊」の本部で一緒に活動した、辰野会長さんはじめ、何人ものみなさんと言葉を交わすことができました。

  びっくりしたのは、あのとき天童の「アウトドア義援隊」に一般のボランティアで何度か来て下さった女性と再会したことです。

  あの後、ボランティアがきっかけでモンベルの社員になったとはその方のお友だちから聞いていました。

  盛岡のお店に勤務した後、今は大阪の本社にお勤めとのことでした。

  私のことも覚えていてくださり、会場でていねいに案内していただきました。

  楽しみな新商品がいくつかありました!


IMG_1678

<え?! 「つばさ」が仙台行き?>


  昼過ぎに東京駅で弟と待ち合わせていました。

  快晴の東京の空を見ている限りは、その日の帰り道の大変さなど想像できませんでした。

  二人でビールを飲みながら遅めのランチ。

  弟が出版の準備を進めている絵本の協力金は、ようやく目標の半分に達したところと聞きました。

  その後東京駅の新幹線ホームに出て列車の入線を待っていたら、「山形新幹線は大雪のため福島・新庄間で終日運休」とのアナウンス!

  ホームに入ってきた「つばさ」は、無情にも「仙台行き」となっていました。

  しかたない、とりあえず仙台まで、と列車に乗り込み、仙台駅からは高速バスで山形へ。そして山形駅から米沢行きの普通列車に乗って、予定より2時間半余り遅れて帰宅しました。


IMG_1681

<赤湯駅に置かれた誰かの車>


  東京を出たのが20分遅れ、仙台で高速バスに乗ったらすぐに発車、遅れたバスを待つかのように、遅れて出発した米沢行きの列車。

  ほとんどロスタイムなしで帰ることができたのは、奇跡的です!

  赤湯駅に朝から置かれていた誰かの車は、すっぽりと雪に埋もれており、掘り出すのが大変そうでした。

  明けて「節分」2月3日の朝は、だいぶ降雪は穏やかにはなってきましたが、起きてすぐに家のまわりを除雪し、ようやく少し前に家の中に戻ったところです。




 ☆村上信夫さん『ひらがなの生き方』
    CD発売されました!
IMG_0923



 ☆ケーナ奏者やぎりん、コンサート情報 


 ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月21日

☆★やっぱり雪はやって来る〜積雪ほぼ平年並みの長井市

IMG_4316

<1月20日朝のわが家の庭>


  記憶にないほどの暖冬で、1月中旬までほとんど積雪のなかったここ長井市でしたが、やはり来るときは来るものです。

  第一級の寒気団が南下し、冬型の気圧配置が強まり、19日朝から雪が降り続きました。

  20日朝までの降雪量は40センチ近くあって、積雪もほぼ平年並みになりました。

  ふだんはあまり雪の積もらない地域でまとまった雪となっているところもあって、様々なトラブルが発生していますが、このあたりはかえってほっとしている皆さんが多いのかもしれません。

  昨日(20日)は朝3時過ぎにわが家の前を除雪車が通ってゆきました。

  これがいつもの冬の除雪態勢。冬場のお仕事が除雪作業という方も決して少なくありません。

  スキー場もまずはひと安心でしょうね。「森の休日」でお世話になっているAsahi自然観は、20日朝の積雪が160センチとのことでした。これでも少な目でしょうが、当面の雪不足はないでしょう。

  24日に予定している葉っぱ塾の「縄文村スノーシュー・ハイキング」の第1回目も、この雪で、条件に不足なしといったところです。

  雪で混乱している地域のみなさん、足元にどうぞお気をつけて!



    ☆「葉っぱ塾」・モンベルのコラボイベント

    ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」
           (Yamagata1)



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月01日

☆★本日第2信 長井市は大雪です!

IMG_8228

<玄関脇から“はなれ”のほうを見ています(午前9時ごろ)>


  2月1日の長井市内は午前6時前から、雪の降り方が激しくなり、除雪が追いつかないほどになっています。

  山形地方気象台のデータによれば、午前8時までの24時間降雪量は42cm、積雪は142cmで、この冬最高となっています。

  累積降雪量は597cmで、平年の約1.5倍ほどです。

  除雪車は午前4時前に通っていったのですが、その跡もすっかりわからぬほどの雪で、「埋もれる」という感じです。

  きょう予定していた「縄文村スノーシューハイキング」は、残念ながら中止としました。

  山形市内からおいでのお客様でしたが、途中の交通の不安もありましたし、なにより、縄文村に入れたとしても、今度は車が埋もれて出せなくなる可能性がありました。

  まだまだ降り続く気配です。



※長井市広報映像『水の都 長井』



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月27日

☆★大雪にもめげず、元気な子どもたち〜子どもキャンプ第2陣1日目

IMG_3774

<武田さんのガラス工房で>


  冬休み2回目の「子どもキャンプ」に、昨日は福島から5人の男の子たちがやってきました。

  赤湯駅に迎えたときには晴れ間の出た空でしたが、その後は本降りとなりました。

  この日は昼食後、山形市の武田えり子さんのガラス工房でご指導をいただきました。お母さんへのプレゼントは必ず作ることにして、あとはお好みで自分のキーホルダーなどを。

  年末のお忙しいところ、丁寧にご指導いただきました。


IMG_3777

<お母さんへの贈り物を作りました。>


  作品は、年明けに窯に入れて、金具をつけて、受け取るのが8日ごろになりそうです。お母様方、しばらくお待ちください。

  武田さんにはほんとうにお世話になりっぱなしです。ガラスを切る体験など、なかなかできないことです。

  様々な道具を使って、心に残る作品が出来るのですが、そういうものを自分で作って、大切な人にあげることがどんなに素晴らしいことであるか、わかっているのかどうか・・・。


IMG_3785

<「復興ボランティア支援センター」でお手伝い>


  予定より少し早目に終えたので、帰り道にある「復興ボランティア支援センター」に寄ってみました。

  東日本大震災に関わる様々な復興支援活動の拠点です。「葉っぱ塾」も、「森の休日」の実施や避難者へのお手伝いのための情報の拡散にお力をお借りしています。

  ちょうど年末の大掃除中でした! ネコの手も借りたい様子でしたので、みんなで床磨きのお手伝い。

  いつも福島のことを考えてくださって動いてくれるスタッフの皆さんにも喜んでいただきました。


IMG_3787

<夕食はカレーライス!>


  帰り道は大雪で大変でした。時々前が見えなくなるくらいの吹雪もありました。温泉経由で「葉っぱ塾」に戻りましたら、積もった雪や屋根から落ちた雪で大変な状況でした。

  夕食もその後も賑やかで、わが家のネコたちはすっかり度肝を抜かれて、引っ込んでしまいました。

  雪に不足はありません。今日はこれからAsahi自然観に向かい、いやと言うほど遊んでもらいましょう。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年12月18日

☆★吹雪です!

IMG_3649

<雪が張り付いた窓>


  昨夜から吹雪です。

  朝、1時間半ほどかかって、周囲の除雪をしてきました。雪が軽いのがまだ救いです。

  気象台のデータでは長井市内の積雪は53センチとのこと。吹雪ですので、場所によってはもっと吹き溜まっているところがあると思います。

  今日の通勤通学は大変です。フラワー長井線は運転見合わせ中とのこと。

  車通勤の方は、万が一に備えて、ガソリン満タン、食料や水を車に積んで出発してください。

  市内でも、道路がつるつるのところがあるでしょうから、どうぞお気をつけて。

  風の強い状態は夕方まで続きそうです。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 06:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年12月07日

☆★雪景色の中の秋の名残り

IMG_3594

<雪景色の中の柿の実>


  「雪景色は水墨画のよう」とよく言われます。山形は12月上旬というのにもうすっかり冬の景色になりつつあります。

  しかし、かすかな秋の名残りをところどころで目にします。

  最近あまり収穫もされることなく枝先に実ったままの柿の実が、雪景色の中の鮮やかなアクセントになっています。

  この実はやがて鳥たちが冬場の餌にしてゆきます。


IMG_3595

<サクランボの幹と、黄色い葉>


  黄色で目立っているのがサクランボの木です。黄葉した葉っぱが、まだ枝に残っています。

  もう光合成の役目は終えたのでしょうが、モノトーンになりかけた風景の中で、「私もサクランボ」とでもいうように鮮やかです。

  果実だけが注目されますが、葉っぱがなければ実りもないことを忘れがちです。

  もうしばらくしすれば、こうしたわずかな秋の名残りも見えなくなる、そんな季節です。

  今日7日は二十四節気の一つ「大雪」です。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年02月19日

☆★大雪の後の福島

  昨日から福島に来ており、今朝は福島駅近くのホテルで目を覚ましました。

  昨日は午前中は二本松の仮設住宅で浪江町から避難しておられる方々と久々に再会しました。

  午後は郡山市、そして夜は福島市で、「森の休日」に参加してくださっているお母さんたちにお会いし、原発事故後の生活や子どもさんたちのことなどをお聞きしました。

  今日は午前中、伊達市に伺うことにしています。

  いたるところ先日の大雪がたくさん残り、洗濯板の上を運転するようなところもありました。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 06:47|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014年02月17日

☆★深刻な大雪災害、少ない報道

IMG_6690



  大雪の被害が各地で起こっています。ただならない状況に、なんだか落ち着きません。

  山梨県の情報(NHKまとめ)

  富士河口湖周辺の状況

  私もちょうど20年前の2月14日、勤務先の小国町から帰る途中で猛吹雪に巻き込まれ、普段なら50分で帰るところを6時間半かかって家にたどりついたことがありました。その日のうちに帰ることができたのはまだよいほうでした。

  その吹雪の中で、車の中に待機していた方2人が亡くなるという事故が発生しました。エンジンをかけたまま雪に埋もれ、排気ガス中の一酸化炭素による中毒でした。

  携帯電話もなかったあの頃、ほんとうに心細い思いをしました。

  車中の方は、十分な注意が必要です。また、屋内におられる方も、積雪の重みによる家屋の倒壊や、屋根からの落雪の危険があります。

  自衛隊の災害派遣がようやく決まったところもあるようですが、状況すらつかめていないところもあるようです。

  18日にまた太平洋側で雪の予報もあります。対応を急いでいただきたい!

  青梅のみなさん、その後の状況はいかがですか?



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:51|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2014年02月16日

☆★雪景色は美しいけれど・・・

IMG_6689

<雪景色は美しいけれど・・・>


  先週末に続き、この週末も南岸低気圧の通過で、ふだんは雪がそれほど降らない太平洋側の地域で、記録的な積雪になっています。

  今月上旬にお邪魔した東京の青梅市では、本来であれば今日「青梅マラソン」の開催日だったのですが、中止が決まったそうです。

  お世話になったKさんからは、先週は70センチ、今回は80センチもの雪だったと連絡がありました。私の家の周りで80センチほどですから、ほとんど変わりません。

  雪の少ない地域では、除雪の道具の備えがあまりないでしょうし、そもそも家のつくりが、積雪に備えてはいないわけですから、被害を大きくすることにつながってゆくのでしょう。

  交通の混乱も続き、ニュースでは、渋滞の高速道路や、雪の中に閉じ込められるように停車する列車、そして鉄道の事故などが報じられています。これはもう立派な災害です。

  大変な中で過ごしておられる方々の安全を願っています。

  低気圧が三陸沖に移動すれば、今度は雪は東北に来ます。ここ長井市では今はそれほどの雪は降っていませんが、午前4時の段階で、木々がざわめき始めています。風が強まる予報です。

  今日予定していた「縄文村スノーシュー・ハイキング」は、残念ですが中止としました。



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 04:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2013年02月28日

☆★雪片付けもまた楽し

IMG_0559

<作業始めの段階>


  26日に屋根の雪がどどっと落ちました。その後片付けを「楽しんだ」一日でした。

  南の縁側の外は前夜のうちに排雪のための通路だけ確保しておきましたが、今朝の作業始めはこのような状態。


IMG_0563

<通路貫通>


  まずは軒下を奥へ奥へと進み、貫通させます。その後、幅を広げてゆきます。ここから排雪溝までは30mほど。そこをこの「スノーダンプ」で行ったり来たり。午前中だけで16000歩を記録しました。


IMG_0564

<本日の作業終了!>


  雪の山の最高点はそのままにして、今後の推移を見守ることにしました。動かした雪の総量はおそらく3トンほどになったと思います。われながら見事な雪の壁ができました。ここにキャンドルを灯したらいいかもしれません。

  大雪が去って、2日連続で穏やかな天候でした。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 04:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年02月27日

☆★Asahi自然観でスノーシュー

IMG_0554

<蔵王を遠望する26日のAsahi自然観>


  先週後半からの強い寒波で、2月の下旬としては珍しい大雪となりました。連日の鉄道運休、高速道路の通行止め、スリップ事故など、大変な数日でした。

  26日はそんな大変さを労うような穏やかな天候となり、気温も2℃ぐらいまで上がりました。

  今週末Asahi自然観でのスノーシューの依頼を受けているので、下見に午後出かけてきました。

  もともと豪雪地帯の朝日町の大雪は長井市の比ではなく、Asahi自然観に向かって登る道路はさながら狭いハーフパイプのようでした。

  高気圧が通過しているため、どんどん空は晴れてゆき、現地に着いたころには、上空に青空が広がりました。蔵王連峰も眺めることができました。スノーシューの本番でもこんな眺望に恵まれるといいのですが・・・。


IMG_0558

<雪に埋もれたワイン館>


  福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」で「たまり場兼食堂」としてお借りしている「ワイン館」はごらんの通り雪で半分埋もれています。1階部分にトイレやシャワー室があって、高床式になっているのですが、そこは完全に雪の下です。たぶん積雪は3mを超えています。

  ワイン館前に立っているウダイカンバの枝に、たくさんのヤドリギが育っているのがわかるでしょうか? 鳥の巣のように見えています。夏場は葉っぱが茂って気づくこともないのですが、この季節はとても目立ちます。


IMG_0555

<新雪の斜面をスノーシューで下る>


  「葉っぱ塾」で新たに備品として購入したスノーシューと、自分用に購入した冬の登山靴の様子を確認するのもこの日の目的でしたが、上々でした。とりわけ靴はこのところぴったりのものになかなか出会えないでいたので、安心しました。

  平日とあってスキー場は閑散としていました。ゲレンデの中にも圧雪車が通っていない斜面が残っていて、もふもふとしたその斜面をスノーシューで下るのは最高に気持ちがいいものです。

  今年の「森の休日」は4月中旬から始める予定でいますが、その頃もまだ豊富な残雪が見られることでしょう。
 

※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。 



happajuku at 06:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年01月28日

☆★吹雪から一転、除雪日和〜「おのくん」は雪で遊ぶ

IMG_0076

<落雪が私道をふさぐ>


  土曜日(26日)の吹雪から一転、日曜日は穏やかな天候になりました。高い山にはまだ雪雲がかかっていましたが、里では気温も少し上がりました。

  気温が上がると、雪止めをしていないわが家の屋根の雪が落ちます。敷地の中に落ちる分にはいいのですが、ここは、奥に住む人の家に通ずる私道です。昨日の落雪で、いっきに埋まりました。

  屋根からの雪は、締まった雪ですので、降ったばかりの雪に比べると遥かに重いものです。先のウォーター・インタープリター養成講座で雪の密度を調べる実習がありましたが、降ったばかりの軽い雪が0.1g/立法センチ程度の密度であるのに対し、しっかり締まった雪は0.5前後もあり、同じ体積で5倍にもなるということです。


IMG_0077

<除雪完了!>


  昼ごはんを食べようかというときの落雪を除雪するのに、小一時間。この日は、ここで2回、そして別の場所も時間を変えてあちこち落ちました。朝から夕方まで、ほとんど除雪作業だけで、歩数は23000歩にもなりました。除雪から解放される家というものを考えないといけません。「トレーニングだ」などと言っていられるのはあと何年でしょうか。


IMG_0107

<雪穴で遊ぶ「おのくん」>


  今回の雪は、太平洋側の石巻や東松島でもかなり降ったということで、友人に電話で尋ねてみたら、30センチほどあったそうです。向こうでは、さらっと降ることはあっても、30センチも積もることは極めて珍しいそうです。

  フェイスブックに、雪遊びする「おのくん」が紹介されていましたが、それを見たわが家の「おのくん」も、遊びたいと言い出しました。屋根から落ちてうずたかくなった雪に穴を掘って、蜜ろうそくを灯してあげました。君も今度は除雪を手伝ってほしいな。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年02月05日

積雪記録更新〜災害です!

IMG_3527

<雪でつぶれた作業小屋>


  4日も雪は降り止まず積雪が増えた、と思ったら、今朝の新聞では「長井市で記録更新、166センチ」と出ていました。ほとんどの家は1階が埋まっているような感じです。

  きのうは、このブログにまめにコメントをくださる「きよこさん」が、わざわざ宝塚からおいでくださったので、赤湯の駅まで出迎えに行ったのですが、その途中、雪で崩壊した作業小屋がありました。雪下ろしはどうしても住居優先になりますので、構造の弱い建物から被害が出始めるわけです。これは「大雪」の範疇を超えて、もはや災害です。


IMG_3526

<埋もれかけた郵便ポスト>


  赤湯駅前では、郵便ポストが埋もれかけていました。こちらはまだ愛嬌があるかもしれません。熱いラブレターも冷めてしまいそうです。でも、いまどきラブレターを出す若い人なんかいないから影響はないでしょうか?


IMG_3524

<わが家の屋根からの大量の落雪>


  気温が低かったためになかなか落ちなかったわが家の屋根の雪は、一昨日の夕方から落ち始めました。気温が微妙に上がり始めていたのです。

  自宅の敷地内に落ちる分にはいいのですが、この写真では、奥にある I さんの家に通ずる私道をふさいでしまって、これを除くのに2時間かかりました。

  各地で雪の事故も相次いでいます。屋根から落ちた雪に埋没、屋根から転落、除雪機で大怪我など、犠牲者も連日です。昨日、私は屋根の一部の雪下ろしをしましたが、クライミング用のハーネスを取り出し、ロープで確保しながらの作業でした。「命綱を」といわれるけれど、一般の家庭では、その支点をとるのに苦労するのではないでしょうか。ともかく、ご安全に。

  火曜日あたりからまた雪の予報です。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年02月03日

稀にみる降雪〜2月2日

IMG_3520

<これは何でしょう?>


  朝起きたときにはさほどでなかった新しい雪。それでも除雪車が通ったあとの片付けなどして、朝食を終えたころから雪が降り出しました。10時ぐらいからは、尋常ではない降り方になりました。

  宅急便のトラックがわが家の前で動けなくなって、運転手がスコップを借りにきたので外に出てびっくり。朝除雪された道が完全に埋もれ、深い轍ができあがっていました。

  お向かいの家の前に置かれた軽乗用車はごらんの通り。雪は午後12時半ごろまで続き、その後は何事もなかったかのような平穏な空に変わりました。結局、朝から昼すぎまでに50センチほど降ったようです。


IMG_3521

<背丈に届きそうな積雪>

  
  スキー授業のお手伝いの準備をして出かけたのでしたが、途中で「今日は中止です」との電話があり、家に戻っていたのが幸いしました。もしあのまま出かけていたら、帰宅後、家が埋もれて掘り出すのが大変だったかもしれません。

  早朝、午前、昼過ぎ、夕方、夜と何度も除雪を行い、昨日は結局歩数は30000歩を超えました。屋根の雪が事前に落ちるように、わが家の屋根には「雪止め」がついていません。しかし、気温が緩まないので、なかなか落ちてくれません。

  道路に面した車庫の上の雪を何とかしたくて、ふだんは使っていない部屋のストーブを焚き、屋根を温めましたら、昨夜11時ごろ、ついにドドッと落雪。大きな音で目を覚まし、深夜も除雪となりました。

  4日の「立春」を前に、今日は「節分」。雪国の春はまだ遠い感じがします。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年02月02日

立春直前、この寒波

IMG_3483

<雪下ろし作業中>


  強い寒波がやってきています。昨日は早朝、昼過ぎ、午後と3回の除雪や雪下ろし。それだけで15000歩以上歩きました。とても「よい」運動です。

  昨日の朝、このあたりは−10℃ぐらいでしたが、米沢市では−17℃を記録したとのこと。かなりの冷え込みでした。

  もちろん日中も氷点下の「真冬日」。寒波は明日まで。天気図を見ると、4日あたりから冬型がゆるみ、気温も上がりそうです。

  今朝もだいぶ雪が積もっていますので、これから除雪。そしてなんと、今日はスキー授業のお手伝いで蔵王ライザへ行く日です。こんな雪で、生徒たちが登校できるのかが心配です。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年12月06日

初冬の色彩〜モノトーンの季節を前に

IMG_2631

<枝に残る柿の実>


  日曜日に吹いた強風で、庭のイチョウの葉がすっかり落ちて、わが家の今年の落葉はほぼ完了しました。庭の隅に積んで堆肥にするにも多すぎて、10月末ごろから何回か、ポリ袋に入れて廃棄物処分場に捨てに行きました。昨日はちらちらと雪が舞う中、落ち葉の片づけをしていましたが、もう少しでほぼ終わります。

  ジョギングで通る風景の中からも落葉とともに自然の色彩がなくなっています。今目立つのは柿の実と、ナナカマドの実です。以前は干し柿を作る家が多く、軒先に「柿すだれ」のように下がっていたものですが、最近そうした光景は少なくなりました。かかる手間が敬遠されているのでしょう。

  そのことが、こうして実の残る柿の木が目立つ原因になっています。木に実ったまま、まもなく鳥たちのエサになって自然に還ってゆきます。


IMG_2630

<植え込みの白つつじの黄葉>


  この長井市には「白つつじ公園」がありますが、市内のあちこちに、白つつじの植え込みがあります。花が終わってしまえばそこにあるとも気づかないでいるのですが、なかなか落葉せずに、鮮やかな色彩を放っているのに気づきました。一枚一枚の葉は小さいのに、たくさん集まることで何かを主張でもするようです。

  今週末は雪のマークが連続していますので、もしかしたら積もるほどの雪になるのかもしれません。雪景色の中に色を探すのもまた楽しいものです。早いもので明日は二十四節気の「大雪」です。



※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 05:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年02月01日

1月を振り返る〜ずっと雪

IMG_7489


  1月が終わりました。今日2月1日も雪が降っていますので、年末の12月23日以来の連続降雪の日数は41日目となりました。つい今しがた、屋根の雪がどどっと落ちたところをみると、気温が少し上がってきたのでしょう。

  それにしても、この1か月で降った雪の多かったこと。上の写真は妻の実家の玄関付近ですが、屋根から下ろした雪もあるので、ほとんど埋もれています。

IMG_7490


  軒先まで雪が届きそうになり、南側の縁側の窓をふさぎそうでしたので、先日ようやく除去しました。

  地下水をくみ上げて融雪につかっているのですが、この近辺の井戸はほとんど水が出なくなったそうです。それもそうでしょう。連日地下水を出しっぱなしにしていなければならなかったのですから。わが家の地下水も、やや水量が減っています。

  雪下ろし中の事故が多発しています。怪我こそしませんでしたが、私も妻の実家の屋根に登っていたとき、母屋の屋根と小屋の屋根との隙間に落下してしまいました。とはいっても、積雪が多かったので1mほど落ちて足が雪に埋まっただけでしたが・・・。

  雪下ろしを依頼しても、なかなか来てくれないそうです。そんな状況に乗じて、法外な値段で請け負うところも出てきたという昨夜のニュースでした。年金で暮らしておられるお年寄りの中には、すでに10万円も支払った人もいるとのこと。こんなときにボランティアが活躍できないかな、と思うのですが、それぞれの雪下ろしや雪かきに追われ、ボランティアも集まらないそうです。

  街路樹の枝からの落雪で車のフロントガラスが割れる事故も増えているとのこと。重い雪の塊が直撃したら、命も危ない可能性大です。

  灯油の消費量は増える中で、価格がじりじり上がっています。円高じゃあなかったのか、と言いたくなるのですが、どうなっているのでしょうか。

  大変なことばかり書きましたが、この雪のおかげでこの地域は水不足ということがまずありません。そのような恩恵と引き換えと思うしかないようです。

  さて今朝も雪かき隊出動です!



※「葉っぱ塾」では2011年前半のおおまかな予定を作りました。こちらをごらんいただき、ぜひご参加を検討ください。


■「葉っぱ塾」では現在、デュオ・ケーナルパのCD『広い河の岸辺』を発売しています。こちらをご覧ください。お申し込みお待ちしています。


☆クリックしてくださると、読む人が少し増えるかもしれません。
人気ブログランキングへ


happajuku at 05:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月26日

大雪続く

IMG_7446

<平井さんのリンゴ畑>

  雪が降り続いています。昨日(25日)は、朝と午後と2回、除雪車が通ってゆきました。

  久しぶりにリンゴでお世話になっている平井さんのお宅にお邪魔しました。1月末に、とお願いしていた自家用のリンゴを受け取りに行ってきたたのです。気になっていたリンゴの木は、深い雪に幹の途中まで埋もれてはいるものの、「矮化」といって、背丈を大きくしないような栽培方法ですので、枝にはあまり雪が積もらず、「大丈夫です」とのことでした。

IMG_7397

<スノーダンプ>

  連日の除雪作業で、除雪の必需品の「スノーダンプ」が壊れてきて、新しいものを買いに行ったのですが、どの店も「品切れ」です。いつ入荷するかわからないとのこと。最近の製品は、みかけはカラフルでいいのですが、耐久性に問題ありです。といっても、この大雪で酷使したのも原因かもしれません。

IMG_7438

<雪の中に立つ郵便ポスト>

  今年最初の自分通信「LEAF」を一昨日から投函しましたが、いつものポストが、雪景色の中でやけに目立ちました。毎日水墨画のような風景を眺めているものですから、こんな色をみると嬉しくなってしまいます。

IMG_7448

<「白つつじ公園の雪景色>

  私の「LEAF」を保存していてくださる長井の市立図書館に届けに行きました。「白つつじ公園」の一角に建っているのですが、公園はつつじの木はほぼ雪に埋もれ、雪囲いが見えていました。桜の季節のあと、緑が多くなる季節に、雪のように真っ白なつつじが咲くのですが、その白さはこの雪から受け継いででもいるのかもしれません。

  昨日、2月1日までの週間予報が出ましたが、まだずっと雪のマークが並んでいます。うーん、春はまだ遠いのか。

  ちょっと暖かくなる出来事もありました。2月26日のデュオ・ケーナルパの千葉公演に、星野直子さんがおいでいただけそうだ、と連絡をいただきました。お贈りしたCDも、楽しんで聴いてくださっているとのこと。3月にアラスカに行かれるときに、アンカレッジの知人にも持っていってくださるとのことでした。

  埼玉在住の知人のブログには、「庭にギョウジャニンニクの芽が出てきました!」とありました。私もかすかな春の気配に耳を澄ませてみましょう。



※「葉っぱ塾」では2011年前半のおおまかな予定を作りました。こちらをごらんいただき、ぜひご参加を検討ください。


■「葉っぱ塾」では現在、デュオ・ケーナルパのCD『広い河の岸辺』を発売しています。こちらをご覧ください。お申し込みお待ちしています。


☆クリックしてくださると、読む人が少し増えるかもしれません。
人気ブログランキングへ




happajuku at 05:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月28日

真央さん復活の笑顔を見て

IMG_7187


  おとといの夜から昨日(27日)の朝までに降った雪には意表を突かれたという人が多かったようです。風もなく静かに湿った雪が降り積もり、除雪も間に合わず、JR米坂線は終日運休。フラワー長井線も夕方ようやく運転を開始するといった状況でした。夕方のニュースで、長井市の積雪が63センチと放送していました。年明け前に50センチを超える雪が降るのは珍しいことでした。

  そんな雪が外で降ってこようとは思いもせずに、めったに見ないテレビの画面に釘付けになったのは、フィギュアの浅田真央さんの「復活」の演技でした。

  今年の初めにオリンピックで銀メダル。そして引き続き世界選手権での優勝と、順風満帆に見えていた彼女のスケート人生に、大きな試練が待ち受けていようとは、あの時は想像できないことでした。

  ある解説者が語っていましたが、コーチが交代して以降ずっと取り組んできている基礎的なことの修正というのは、「右手でつかっていた箸を左手に持ち替えて習熟するようなこと」と表現していました。登山に例えてみれば、山頂を目前にして、いったん下山し、全く別のルートから登りなおすというところでしょうか。

  シーズン始めの2つの大会は惨憺たる結果に終わり、今シーズンの復活はないのではと誰もが考えていたかもしれないのですが、ラストチャンスに私たちはあの笑顔を見ることができました。

  今回トップになった安藤さんも、一時は引退を口にするほどの不振にあえいだ時期がありました。しかし見事にそこから這い上がってきました。そうした状況の中で彼女たちがどんな精神状態になるのか、素人の私にはわかりませんが、重圧に耐えて復活してくるたくましさに、励まされる人は多いのではないでしょうか。

  こんなおじさんでも励まされるのですから、子どもたちに夢を与えるという影響も大きいようで、日本のフィギュアスケートのレベルがどんどん上がってきていることも感じました。ティーンエイジャーの村上さんも世界選手権に出場するとのこと。3月の東京で、3人そろっての活躍を心から願っています。

  世界の子どもたち若者たちが「夢」というものに向かってはばたくことができる環境をつくることは、私たち先に去り行く者の務めではないでしょうか。



※「葉っぱ塾」では2011年前半のおおまかな予定を作りました。こちらをごらんいただき、ぜひご参加を検討ください。


■「葉っぱ塾」では現在、デュオ・ケーナルパのCD『広い河の岸辺』を発売しています。こちらをご覧ください。お申し込みお待ちしています。


☆クリックしてくださると、読む人が少し増えるかもしれません。
人気ブログランキングへ


  

happajuku at 05:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月27日

本日第2報 大雪情報!

IMG_7186

<お向かいさんの屋外駐車の車>

  今朝のブログを更新して、外に出てみてびっくり! 夜の間に静かに大雪になっていました!

  除雪も追いつかず、フラワー長井線も運転見合わせ。国道、県道も大渋滞。一昨日福島県の会津で雪に閉じ込められたニュースを見ていましたが、こっちにくるとは!

  家の周りの雪かき、妻の実家の雪かきに追われました。10時ぐらいから雪がやんで、日が差していますが、どっしり重い、湿った雪です。木々の枝折れが心配です。大雪警報がまだ続いています(午前10時45分現在)。


happajuku at 10:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月26日

大雪の気配

IMG_7176

<予報はずっと雪マーク!>

  24日から雪になっています。冬型の気圧配置が当分続くという予報です。県内は大雪警報や注意報が出ていて、多いところでは1m近くも積もったというニュースです。

IMG_7178

<クリスマスの朝の庭>

  25日の朝起きてみましたらご覧のように雪景色。この冬初めて除雪車が出動した朝でした。除雪は行政が民間の建設会社などに委託していますので、降らなければ仕事にならないという人も雪国にはおられます。

IMG_7180

<道路も圧雪>

  昨日は土曜日でしたので、朝の通勤で渋滞という風景はほとんどなかったのですが、ひさしぶりにこんな圧雪の道を走りました。雪道は下り坂が怖いものです。この冬、事故に会わないように気をつけたいものです。

IMG_7182

<雪囲いのある風景>

  雪囲いもこれまでは「無駄だった?」と思うような日が続いていましたが、やはりそうはいきません。

  昨夜は浅田真央さんの笑顔を久しぶりに見ました。技術的なところを修正している最中ということで、今シーズンは出遅れていましたが、何とか間に合うでしょうか? このシーズンだけで結果を求めるのではなく、長い目で周囲の人たちも見守っていきたいものです。寒い冬に、こんな話題があることで、ずいぶん励まされます。



※「葉っぱ塾」では2011年前半のおおまかな予定を作りました。こちらをごらんいただき、ぜひご参加を検討ください。


■「葉っぱ塾」では現在、デュオ・ケーナルパのCD『広い河の岸辺』を発売しています。こちらをご覧ください。お申し込みお待ちしています。


☆クリックしてくださると、読む人が少し増えるかもしれません。
人気ブログランキングへ


happajuku at 04:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)