清明

2019年04月05日

☆★「清明」のきょうは「弥生ついたち」〜花咲かせるカツラ

IMG_0272
<小坂子守地蔵堂のカツラ>


  きょう4月5日は二十四節季の一つ「清明」です。

  「清浄明潔」を略したものだとのことです。

  そしてきょうは「月の暦」ではようやく「弥生ついたち」です。

  3月下旬から真冬並みの寒気の中に入り、30日から4月4日朝まで毎日雪が降っていましたが、昨日の午後あたりからようやく気温が上がり始めました。

  先日弟が選挙の「応援演奏」で帰省したときに、白鷹町のお蕎麦屋さん「そば切り八寸」に行った帰り道、白鷹町の小坂子守地蔵堂に寄ってみました。

  ここにはひときわ大きなカツラの木があるのです。

  この時期のカツラは遠目にも梢が赤く染まっているのがわかります。

  赤みを帯びた小さな花が咲いているのです。

  カツラは、株立ちするものが多く見られます。

  また、街路樹としてもあちこち植えられていて、秋になると落ち葉が綿飴のような香りを放って楽しませてくれます。

  わが家の庭にも春の花々が咲き始めています。


   ◆「安全登山入門編2019」参加者募集中!




  ☆「葉っぱ塾こんなことできます2019」


  ☆週末保養「森の休日」ボランティア募集


  ☆好評、三刷! やぎりんの新著『わくわくオーケストラ楽器物語』!『わくわくオーケストラ音楽物語』表紙



  ☆「葉っぱ塾」のリーフレットできました!
IMG_9422
  ※配布にお力添えください。

  ☆「葉っぱ塾の被災地支援活動中間報告」


  ☆このブログの 
History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 08:24|PermalinkComments(0)

2015年04月05日

☆★もりだくさんな「きさらぎ十六日」〜皆既月食も!

IMG_9150

<最上川河川敷の木々の芽吹き>


  昨日4月4日は、「きさらぎ十六日」。盛り沢山な一日でした。

  朝、ジョギングで最上川の右岸を走っていたら、河川敷のヤナギの仲間が芽吹き始めていました。

  秋に葉を落とし、厳しい冬をじっと耐えてきた植物たちの生命が躍動する時期を迎えようとしています。

  もう少しすれば山の木々も芽吹き始め、「春紅葉」と言われる、淡い多彩な色彩を見せてくれることでしょう。


IMG_9152

<山形市内から見た4日の月山>


  午前中は山形市内で「村山ネイチャーゲームの会」の総会。

  会場の「霞城セントラル」22階の部屋からは、村山葉山、月山、朝日連峰がくっきりと見えていました。

  先日長井葉山で出会った若者のロングトレイルが、いかに長いものであるか、ここから眺めるとつくづく感じられます。

  月山は、11日にようやく今シーズンのスキー場開きとのことです。


IMG_9161

<もらってきた整理棚>


  午後は、自分の部屋の掃除に取りかかったついでに、いいただけることになった整理棚の運び込みを、Sさんに軽トラックを出してもらって行いました。

  これは先ごろ新装開店したU呉服店の旧店舗で商品陳列に使われていたものです。別の方にもらわれたのですが、あまりに大きくて入らなかったのです。

  高さ214センチ、幅180センチの分解できないこの棚を、Sさんと二人で、狭い入口から何とか運び込みました。

  きょうはこの棚を使って、部屋の片づけ。おそらく一日仕事です。


IMG_9158

<欠け始めた満月>


  「十六夜」でしたが「望」の昨夜は、皆既月食が見られるということでした。

  午後7時半ごろ外に出てみましたら、ちょうど満月の下の方から地球の陰によって欠け始めていました。

  しかし、しばらくすると雲が一面に空を覆い、「皆既」は見ることができなくなりました。

  次に見られる皆既月食は、2018年1月31日とのことです。これは寒そうな時期です。

  きょう4月5日は、二十四節気の一つ「清明」です。「清浄明潔」の略だということですが、昨夜から弱い雨が降り、空気がしっとりと濡れています。



※長井市広報映像『水の都 長井』



☆このブログの History View はこちら

※コメントの書き込みは下の↓Commentsをクリックください。


happajuku at 05:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年04月04日

一進一退の春

IMG_4429

<小さな緑の太陽>


  きょう4日は二十四節気の「清明」です。「清浄明潔」。すべてがきよらかでけがれがなく明らかなこと、からきているそうです。「光の春」という言葉もありますが、春を迎える浮き立つような響きがこの言葉にこめられているような気がします。

  昨日の朝のジョギングでは、放射冷却で少し霜をかぶったフキノトウを見つけ、思わず立ち止まって写真を撮りました。まだ雪に覆われている地面のほうが多い景色の中で、この小さな「緑」は、まるで地中から現れた太陽のように感じられるのです。


IMG_4435

<雪解け進む水田>


  水田のところどころ、水が流れ始めたところでは、周りよりも早く雪解けが進み、その水が春の朝の太陽を反射していました。

  春の穏やかな天候も午前中だけで、午後からは曇り始め、夕方からは雨と風が強まりました。夕方のうちはまだ生暖かい風だったのですが、寒冷前線が通過し、昨夜は家をも揺るがすような強風が吹き荒れ、気温が一気に下がりました。そして今朝はまた雪になっています。

  このあたりの家の庭や道路脇の花壇によく植えられているスイセンは、もう花芽がかなりふくらんできているというのに、戻った寒さと雪の中でこごえているかもしれません。

  山形市での桜の開花が16日あたりとの予想だと聞きましたが、そうなると、このへんはそれから1週間後あたりが開花。例年より少し遅くなるような気がします。

  4月になっても春は一進一退です。


※コメント書き込みは下の↓Commentsをクリックください。

happajuku at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)