岡山市北区富町
4月1日、
開業8年目の節目ではありますが、
はぴねすの3つ目の分院である、
みらいにつなぐがオープン致しました!!(パチパチ!!)

みらいにつなぐのターゲットは、
はぴねす本院がママさんなのに対して、
メインの顧客は小学生〜高校生までの学生さんです!!

学生は学生で思春期の悩みがありますよね。
スポーツの怪我だとか、
女子の生理痛、生理不順とか、
身長の悩みとか、
病名がつかないまでも、
本人からすれば、深刻な悩みが満載なわけです。

みらいにつなぐでは、
思春期特有の悩みを解決するべく、
専門的なメニューを取り揃えております。

女子の生理の悩みには、生理専門の整体にてお悩みを解決し、

スポーツのパフォーマンスを上げたい選手には、
内臓の機能そのものの機能を回復させる内臓の整体で、

そして、今回、はぴねすでも新しいメニューである、

子供達の身長のお悩みに対応できる、
背伸び〜る整体にて、
いくつかの原因で背の伸びが悪くなってしまった子達に、
もっと背が伸びる事ができるよう、背をもう少し伸ばしたい、
男子、女子のお手伝いをさせて頂きます。


背伸び〜る整体は、
牛乳飲んだら背が伸びるとか、特定のサプリを摂れば背が伸びるといった、
胡散臭い広告とは一線を画します。

まずは、超音波画像診断にて、お子様の骨の状態、
つまり骨端線のチェックをさせて頂き、
身長がまだまだ伸びる余地がある子に対して、
必要な整体術、また日常生活面での指導、栄養指導を
させて頂きます。

当然ですが、骨端線がないのに、身長が伸びるというような無責任な事は、
言いません。

あくまで、科学的に、成長曲線等も利用しながら、
適切な身長が伸びる整体やアドバイスをさせて頂きます。

本院でも、午前中、背伸び〜る整体は受け付けております。
ただし、骨端線の検査は、みらいにつなぐでしか受けられませんので、
まずは、分院で検査を受けてから、
整体の方は、通いやすい方を選んでいただければと思います。

身長の事で悩んでいるお子さんがいるなら、
検査だけでも、
一日も早く来院してください!!

身長だけはリミットがあるので、
時間を大切にして下さいね!!


まずは検査を受けるだけでもOKですよ!!

注)無理な整体の強要、サプリメントの購入等を強制する事は、
一切ありませんので、ご安心を!!































2016年3月31日をもちまして、
(本院である)
はぴねす鍼灸整骨院は、
整骨院の保険の診療を完全に終了致しました。

開業以来、元々自費中心の整体院ではありましたが、
今後は一般の整体院と同様、
自費のみの診療となります。

ひとつ例外として、
交通事故の施術のみ、取り扱いは継続致します。
(健康保険を使った事故の治療はしておりません)


開業して7年間、保険診療にも、
本当にたくさんの患者さまが来院して下さいました。

昨今、社会情勢や健康保険では扱えないような症状の増加により、
今後も保険を使った治療を行う事は、
院にとっても、スタッフにとっても、そして、患者さまにとっても、
将来につながることではないと判断致しました。

賛否両論いろいろあるのは、
もちろん承知の上ですが、
我々も医療者のはしくれである以上、
日本の医療費の削減にも協力する義務もありますし、
また、確かな治療技術を提供する義務もあると考えております。

いろいろふまえた上で、
このたび、
保険診療は終了する運びとなりました。

継続して来院して下さる患者さまが、
70%以上なのには、
僕自身大変驚くとともに、
大変ありがたい事だと思っています。

今後とも、真面目に、真摯に患者さまが求める治療を提供していきます。
今後共、はぴねすグループをご愛顧していただければ、
幸いです。

みなさま、ありがとうございます。























来年春の事業業務拡大のため、
2016年1月以降勤務できる方の求人を再開します。

鍼灸師、柔道整復師、マッサージ師さん等の医療類似行為資格者、

今回は、医療資格者である、
看護師、理学療法士、作業療法士さん等、
医学の知識がある方なら、
どなたでも募集可能です。

また、国家資格のない、
無資格、未経験の女性セラピスト希望の方でも求職は可能です。
(ただし、資格手当がない分、資格者よりはお給料は安くなります)

採用予定は、
今のところ正規職員を1名、
パートさんを1名を予定しています。
(多様な働き方を提案できる職場です)

業務的に、男性ができないものがありますので、
性別を区別するわけではないですが、
20歳〜35歳までの女性の方、限定の募集です。(お子さんおられる方、歓迎します)

勤務地域は、倉敷市茶屋町、岡山市北区内となります。
話し合いの上、決定とします。

給与等は、ハローワークにのせているものに
準じます。

以前のブログにも掲載していますが、
業務のできる、できないは採用に関係ありません。


(以前の仕事の経験は置いておいて)
素直に教えてもらった仕事を受け入れ、憶え、素直に行動される方を
高く評価いたします。

当社に入社して、やりたい事がある方、
将来の目的と当社の理念、当社の仕事が一致されるなら、
ぜひ、チャレンジして頂きたいと考えています!!

良きご縁がありますように!!














今年、2015年は、
いままの自分だったら、
絶対に出会えない(会って頂けない)ほどの、
たくさんの素晴らしい出会いがあり、

また、治療家人生を変えてしまうほどの、
世界最先端の治療方法に出会い、

いままでだったら、
絶対に治療できなかった、
治療しようとも思わなかった、
難病の治療に携わらせていただき、

本当に自分の39年の人生の中でも、
これほど、
変化のあった一年はありませんでした。

また、それと同等に、
会社としても、会社の方向性、スタッフとの向き合い方にも、
開業して7年間で、
最も大きな変化のあった一年だったと思います。

その中でも、
今日という日9月11日は、
スタッフの人生を良くも、悪くも、
今日という短い時間で、
変えてしまうような日になる事がわかっています。

自分の心に、ホンマに我欲はないのか?
平静な自分でいられるのか?
目先の怒りに囚われていないのか?

相手のためを思って、たとえ目先で大きな問題が発生したとしても、
本当の意味で、スタッフに対して、
向き合い方が本気だったのか、
自分のこれまでが試される一日になります。

開業して、最もしんどい一年、最もしんどい日、
であると確信しています。

でも、それ以上に、今までで最も、
自分が成長している時でもあると感じています。

自分の思いに、
自分を裏切らない。

自分に対して誠実に生きようとあらためて、
決意させて頂いた日になります。


試練最高ですね!!


みなさんも、
試練を乗り越えたら、
きっと、一回り成長できる自分に出会えますよ。

それが、重い病気でも、失恋でも、死別でも、倒産でも、
人の裏切りでもね。

全てのアクシデント、不幸と思われる出来事も
自分をさらに成長させてくれる糧となりますね!!










前回に引き続き、
お子さんの
パフォーマンス(成績ですね、学業、スポーツ含め)アップについてです。


みなさんに質問です。

成績のアップ、
スポーツの成績アップ、
良い点数を取りたい、
試合で優勝して県大会に出たい、
県大会で勝って全国大会に出たい等々、
お子さん、親御さんみんな望んでいる事、

今の状態(成績)より、
確実にパフォーマンス(成績)アップするためには、
一体、どうしたら良いと思いますか?


まずは、自分で考える事が大切です。


塾に行く?
勉強時間を増やす?
練習時間を増やす?
筋トレをする??

いろんな答えがあると思います。




僕の正解は、
前回にも書きましたが、
お子さんの身体(≒脳)の状態を
今の身体の状態よりも良くしてあげる事だけだと思います。


当たり前ですよね??

では、身体(≒脳)の状態を良くするには、
どうしたら良いかわかりますか??


また、ここで考えてみてください。

脳を疲労させない、
身体の疲れを取る、
良い食事を、サプリを摂る、
早寝早起き、
いろいろ思いつくかと思います。


どれも正解ではありますが、


身体≒脳(神経伝達と言いますか、ニューロンの状態ともいいますか)
を最高の状態にキープさせるためには、
人の身体の全ての流れを止めない、
すなわち、
体内(正確には体内だけではないですが)の
液体、気体、電気等、
全てスムーズに全身流れる状態をキープする事です。


人間も動物です。

動物の一種である以上、
残念ながら、
留まる動作を続けるような身体の状態には、
もともと構造的に適していません。

筋肉、骨格といった身体の外側の部分のみならず、
体内の臓器、血管、神経、リンパ等全ての器官がです。

身体は疲れてくると、
疲労している部分の回復を図るために、
その部位に血液が集まってきます。

(身体の器官が)元気なうちは、
疲労を回復させた部分が復活すると、
スムーズな流れが自然に再開され、
全身の流れがスムーズに戻っていきます。

しかし、
その人の限界を超えた疲労であったり、
何らかの原因で集まった血液等が全身に戻れなくって
しまうと、
その部位に滞りが発生してしまいます。

血液が集まっている所って、
元気かなっと思うでしょ??

違うんです。

逆なんです。

(血液、リンパ、老廃物いろいろありますが)
滞っている所って、
正常な機能が発揮できなくっているんですよ。


全身で1番、血液を必要としているのは、
脳ですよね!!

ましてや、塾に通うような、
真面目なお子さん達、
常に真剣勝負をしているアスリート達の
脳に至っては、
尋常じゃない量の血液(液体、気体、その他もろもろ)が集中するわけです。


慢性的に血液(物質)が集中した状態で、
滞りも慢性的になってくると、
その部位の状態は、
本来のパフォーマンスを発揮できなくなるのは、
当たり前なんですよ。

脳内の状態が、
オイルで汚れた海で必死に泳ぐ、
魚たちみたいな状態になってしまいます。

流れのない川、湖って(脳の中を想像してください)、
澱んで、臭くって、ドロドロで、
そんな所で取れる魚(脳内の細胞、神経を想像してみて下さい)
の状態はひどいもんですよね。



ですから、
身体全身の流れ、
特に脳内の滞りを無くしてあげさえすれば、
子供たちが持っている、
本来のパフォーマンス、
ひょっとしたら、
本来以上のパフォーマンスを発揮できる事もできる
可能性が充分あるんです。


スポンジが水を含んで一杯になった状態から、
水をさらに無理して含ませるのと、
空のスポンジに水を含ませるのでは、
どちらが早く水を吸わせられるか答えは明確です。


脳の滞りをなくしてあげる整体、
脳から体幹への流れをスムーズにしてあげる整体、
内臓の滞りをなくし、スムーズにしてあげる整体、
(体内、体外にある気の流れをスムーズにしてあげる事も重要)
それらを行う事によって、
全身の状態を回復させてから、
塾に通う、勉強時間を増やす、
試合に出る、トレーニングを増やすべきなんです。

どうしてもわすれがちなんです。
自分たちも動物なんだという事に。

動物は止まる(滞る)ようにはできていない
という事に。

机に座る(筋、骨格をとめる)
血流を一定の所に集中させる
(ひたすら勉強、ひたらすら特定の運動を繰り返す)
という事に、
身体の作りはできていません。


まずは、そこから改善してみませんか??
きっと、
みなさんの望むパフォーマンス、
みなさんの望む結果必ずが出ますよ!!


お子さんが机に向かわない事を叱るより、
まずは、お子さんの身体のケアをして上げてください。

きっと、お子さんも親御さんも
みんな幸せな感じになりますから。

いつでも、相談してくださいね。







































































































最近のお子さんは、
小学生でも塾に通うのが当たり前なんですね。

自分達の子どもの頃には、
考えられないことです。

一体、みんな何を目的として、
小学生くらいの子達が
塾に通っているのか??

学童の延長として、
何か習い事をさせたくて、
まわりがなんとなくやっているから、
中学受験のため、
勉強が全然できないから
等々、
理由はたくさんあると思います。


成績を上げたい、勉強ができない等の
理由すなわち、
学業のパフォーマンス(嫌らしく言えば点数)を上げるために、
塾に通わせているのなら、
まず1番初めにやらなければいけない事は、
お子さんの身体の状態のチェックですよ。

塾は各項目(国語、算数)を効率良く、最短で、
たくさんの量をこなせるようになる方法
を学ぶ所であって、
肝心のお子さんの脳の機能そのものを
上げてくれる所ではないんです。

では、学業のパフォーマンスをあげる、
(ダイレクトに言えば)
お子さんのテストの点数を上げるにはどうしたら良いか?
っと言うと、
身体の状態、
すなわち脳の状態を上げてあげてやる事です。

そんなの当たり前だろ!!
っと思うでしょうが、
じゃあ、お子さんに勉強させる前に、
脳の状態(コンディション)を上げてあげる、
何かしてますか?

お子さんに、勉強をしなさいと言う前に、
集中して勉強ができる、
身体の状態に気をつかってますか??


塾での学習は、
今の中学受験等、テクニックが必要なもの、
(そもそも)知らなければ解けない問題に対処するためには、
今の世の中、
小学生くらいの子でも、
確かに必須のものだとは思います。


ただ、身体の状態(特に脳の状態)が、
勉強に適した状態ではないのに、
塾に行かせても、
お金を払うだけの費用対効果はあるでしょうか??

塾に行くという行為で満足してしまい、
子供は子供で勉強に集中できないから、
余計に勉強ができない、
つまらない、
わからない、
やりたくないになってしまう。

親御さんは、親御さんで
子供のせいにして、子供を叱る、
または塾の教え方が悪いで終わってしまい、
本来の目的である、
お子さんのパフォーマンスアップができずに
終わってしまう。

または、他の塾に行ってはその繰り返し。

こんな悪循環にハマっていませんか?


学業の成績を上げるためには、
遠回りに感じるかもしれませんが、
まずは、お子さんの勉強ができる身体作り、
集中できる脳の環境を整えてあげる事が
ファーストステップですよ。

お子さん、ぼーっとしてませんか?
背骨はゆがんでいませんか??
頭の重さが重たくなっていませんか?
いっつも疲れていませんか?

そんな状態じゃあ、
頑張って勉強しても成果はあがりません。

はぴねすでは、
お子さんのパフォーマンスアップの整体を
やっています。

学業の成績を上げて、目標を達成するために、
まずは、お子さんの身体を整体で整えてあげませんか?
脳の機能、パフォーマンスをあげる整体があるという事を
まずは知って頂ければと思います。

ホントは、最も効果を発揮するのは、
真剣にスポーツをやっている学生なんですけどね。

コンマ何秒の世界ですから。
試合の前には、競技の練習をするより、
脳のコンディションを整えるべきです。

次回は具体的な治療の方法を伝えいこうと思います。
では。


































































今春より、
はぴねすグループでは、
頭の整体(クラニアル)、
内臓の調子を整える内臓テクニック、
と立て続けに新しい治療法を導入してまいりました。

実は4月末より、
クラニアル、内臓に続く、
新しい治療法も取り入れています。

現段階では、
この治療が全てできるのは、
残念ながら、
しゃっちょうさんしかいないので、
本院の院長、黒ちゃん含め、
他のスタッフは部分的に導入している感じです。

治療の効果は
今まで僕が出会った治療の中でも、
最も効果があると確信しているものですが、
若干怪しい感じなので(笑)、
全スタッフが普通に当たり前にできるようになったら、
堂々とお披露目しようと思います。

すでに本院の治療の中では取り入れているので、
あやしい??
変な感じを味わって下さいね!!












アトピー専門の治療について、
整体で良くなるという事は、
まだまだ、
一般的には知られていないし、
とっても胡散臭い、怪しい感じがするかと思います。

岡山では、全く知られていませんし、
業界的にも数年くらい先を行ってる治療だと思います。

アトピーのかゆみ専門治療について、
理論的に、哲学をもって、解剖学的にも、
しっかりとした理由付けを持って治療にあたっています。

っという事を
別のブログでお伝えしていこうと思っています。

アトピーに興味の無い方は見ても面白くないです。

http://ameblo.jp/tamayurado

身内で悩まれている方がおられたら、
何かの参考にして下さいね。




ご飯を他の人と比べても、
そんなに食べていないのに、
下腹部が出ている女性、
いわゆる、
お腹ぽっちゃり体型の方
が多いように感じます。

下腹部が膨らみすぎて、
上に、下にと内圧が高まり、
肋骨も横に開いて、
全然、身体のクビレのない状態です。

当然ですが、骨盤も全開になっています。

内蔵の下垂も起きているので、
呼吸が浅い、便秘、お腹の張り、体調不良も現れてきます。

食事を減らしても、
やせない人の典型的なケースです。

思い当たる方は、
自分の頭を触ってみてください。

いつもより、膨らんでとっても大きくなっていますから。
相当な大頭になっちゃってますよ。

(食事の)ダイエットをする前に、
あたまの整体(クラニアル)を受けて、
お腹の圧を減らしてあげましょう。

本来のお腹に戻してあげてから、
本当に気になる所のダイエットを始めないと、
いくら努力して、
頑張っても、
きれいなからだは、
ならないので、
ご注意下さいませ。


お腹のぽっちゃり体型が気になるから、
お腹にエステをしても、
解剖学的には、
全く意味がないので、
ダイエットであっても、
身体のプロに必ず診てもらいましょうね!!






家内がお世話になっていた方が、
先日、お亡くなりになられました。

一度だけ、治療をさせて頂いた方でしたが、
残念ながら、
二度目が訪れる事はありませんでした。

僕としては、
覚悟を持って治療をさせて頂く気持ちで伺いましたが、
初回の治療のみで、
二度目に来院させて頂く事はありませんでした。


正直、初回の治療から1ヶ月以上経ちましたが、
(その方について)後悔ではないですが、
僕も治療の仕事に携わっている以上、
とても悔いが残りました。

無理にでも、
出向いて治療をするべきではなかったかと。

でも、動けませんでした。
それが今の現実です。

出向いた所で、
完治させられるのかと言われると、
正直、まったく自信はありませんでした。

勘(感覚というか)の鋭い方でしたので、
見透かされたのかもしれませんね。


開業する前に担当していた、
お婆ちゃんが突然亡くなった時も
もちろん、悲しかったですが、
今回は、自分の無力さを痛感しました。


人の生き死にを扱うには、
僕の現在の力では、
まだまだ早かった。


時間って、たくさんあるようで、
本当に大切な時に時間がないものですね。


人の生き死にを扱うために、
治療の先生になったわけではないけど、
この悔しい気持ちは大切にしようと思う。

いつかまた、
大切な人達が本当に困った時に、
必ず救うためにも。


ご冥福をお祈り致します。

大変だったと思います。
ホントにお疲れ様でした。


























このページのトップヘ

見出し画像
×