2014年11月

お待たせいたしました!年長です!!


 大変大変お待たせしました!
 
 年長組のブログです!

 最近の年長組は、ごっこ遊びでテーマパークを作ったり

 
IMG_1478IMG_1525

IMG_1551

IMG_1593IMG_1632

作品展に向けて個人製作や

 
IMG_1642IMG_1667

IMG_1700



 クラスカラーの共同製作をしたり、

 
IMG_1514IMG_1612


 楽しくものづくりを行っていました

 ひと段落終え、ちえのみやもじを行ったり、

 
IMG_1733IMG_1743


IMG_1727
 お友だちと十分に遊んでいた年長組のみんなでした


 年長組担任

作品展を終えて…

作品展では、多くの方々に

ご来園いただきまして、ありがとうございました

子どもたちが作った作品はいかがでしたか?

頑張って作った作品を

大好きなお父さんやお母さんにみてもらうことで

子どもたちはとても嬉しそうにしていましたね

個人製作のお城は

積み木を選んだり、色を塗ったり、組み立てたり、

絵の具やボンドを使って一生懸命作りました

共同製作では、クラスの個性が出ていましたね

ドラえもんやはやぶさ、暖炉は

子どもたちが協力し、案を出し合いながら

できあがったものです
IMG_1102
年中になり、子どもたちの力で

様々なことができるようになったと感じています


作品展を終え、今週は

ちえのみやクリスマスの製作をしています

かわいらしいクリスマスツリーができていますよ
IMG_1522


また、チューリップの球根を植えました

春になったらきれいなお花が咲きますように…
IMG_1199

年中組担任

色んなの作ったよ☆


 日曜日の作品展は、ご来園いただきありがとうございました!(・∀・)

 ご家族の皆様に、頑張って作った作品を見てもらっている

 子ども達は、少し恥ずかしがっていたり、嬉しそうにニコニコと笑っていたりと

 様々な表情が見られましたね

 さあ今週は

 お家から持ってきて頂いた廃材を使って、廃材遊びを行いました。(●´ω`●)

 好きな箱やカップを自ら選びテープやボンドを使って

 ロボットや車など様々な物に見立てて思い思いの

 作品を作っていましたよ

 IMG_1444

 








  IMG_1366
 









 IMG_0587 

 








  持ち帰った作品を見てどんなものを作ったのか

 子ども達に是非来聞いてみて下さいね('▽'*)♪

  年少組担任

 

作品展~カラー~


【カラー】

この意味には「色 彩り 絵の具」があります。

白いキャンパスに創造性を働かせ描く時・・・

純粋な気持ちで初めて触れる【色】

子どもたちはどんな色を使うのでしょうか。

成長するに従い、色の関心が増し、正しい色彩感がついてきます。

今年の作品展は・・・

一人一人またクラスごとに個性豊かな色を付けてみました。

P1140329P1140330
P1140332P1140331
P1140333P1140334


子ども達の創造性は、水が湧き出るように

色々な発見と出没を繰り返しクラスの【彩】ができたようです。

さて、【どんな色=カラー】
になったでしょうか。

皆さんで見つけてください。

P1140339P1140340
P1140336P1140335
P1140350P1140351


ご家庭では、【子ども達のカラー】は、でていますか?

どうぞ【お子さんのカラー】を見つけて下さい。


毎日の遊びを通して体験した子どもの感覚

教師の指導を合わせて、一人一人表現しています


P1140354P1140355
P1140358P1140357


園長 竹内勘次

作品展~絵画展にようこそ~

作品展~絵画展にようこそ~

3歳児は4月に初めての集団生活に入り、戸惑い、周りが見えなく、自分の居場所が見つからない等、生活の安定に時間がかかりました。年中組は慣れた園生活でそのしぐさには「なるほど!」と感性がいつも漂っています。年長組は、手慣れたものです。「私たち、ここにいるよ~!」と、自己主張をいつも発信し続けていました。その姿が作品や絵に表れています。

P1140361P1140360


 さて皆さんは、
子どもは、いつも誰かに【サイン】【シグナル】を発信していることをご存知ですか。子どもは、この世に生命を授かり、育つ権利を持っていることは当然のことです。最近報道等で【当然のこと】が無くなりつつあります。その原因には、乳幼児期・幼児期・児童期とそれぞれ自分を認めてほしい時に子どもの行動に気付いてない方が多すぎるからだと思われます。子どもたちは言葉で示さず体を通して表現する時があります。そのサインは次のようの行動があります。

吐き気 おもらし 腹痛 夜尿 頭痛 赤ちゃん返り めまい など


P1140349P1140359
 
 幼児期になり集団生活を始めると、自分の欲求を求める行動が出始め、自分を保護する行動・言いたい事を主張します。その時、親の望むことと合わないときに衝突が起きます。この時期には、幼児にとって色々な経験、新しい発見などをし、回りから認め、褒められることで自信が身についていきます。

P1140345P1140348
 
 しかし親にとってまず子どもを理想通りにしたり、躾を感情的に押し付けたりしがちです。これは子どもの立場を考えてないことになります。子どもは、年齢に応じて、甘え・依存・自立・褒めてほしいなど、親にいつも一人ひとり異なる【シグナル】【サイン】を出しています。

P1140347P1140346
 近年、教育改革がなされ「自主性を!」をとされましたが、子どもの自主性は家庭の躾でなく、子どもにとって、無理な要求を求めず、子どもの立場を考えることが本来の自主性であります。【子は親の背を見て育つ】ように、幼児期に家庭の中から【自主性は身につくもの】と思います。子どもの【シグナル】【サイン】を見逃さないようにしてあげてください。

園長 竹内勘次

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ