時が過ぎるのは早く1月も終わります。今年は各地で「何十年ぶりのマイナス気温」の日が続き、交通渋滞、生鮮食料品の遅延、積雪事故等が発生し、1月26日()には「さいたま市で、気温観察開始以来の-9.2度」の大寒波が到来し、この寒波が少し伸びる模様です。

 約25年前に卒園遠足を関越高速が開通したため動物園へ行っていたのを雪国遠足として群馬県沼田市で行い、10年前より長野県へ移り、今年は2月2日に両園:年長児合同で【お別れ遠足(雪国遠足)】を行います。

P1190167P1190184
P1190192P1190183


 今学期はいよいよ進級、進学ができる資質が身に付き、一歩、二歩と前進する姿がいたるところで見られます。頼もしいですね。0・1・2歳とも心身とも大きく伸び、毎朝抱っこする時、体が【重た~~いです】言葉の語彙数が増え、笑顔がいつも見られ、一人一人の課題を乗り越えています。年少児は見違えるほど遊びに自信が付き、年中児は生活活動に自信が付き、年長児は小学生として巣立つ資質を身に付けた姿が見られます。 

さて、最終章のまとめとして、第一新座幼稚園:第56回おゆうぎ会、第二新座幼稚園:第1回音楽会、保育部では保育参観とお子さんの成長の姿をご覧いただきます。年間集団生活を過ぎ子ども一人一人の到達点は違いますが、自らの力で過ごしてきた生活プロセス、周りの人・物を取り込む力は誰にも真似のできない【子どもの姿】です。進級・卒園まで、あとカ月。

さ~、みなさん、園児一人一人の持っている心、意欲をもう一度振り返り、それにふさわしい環境を整えていってください。お子さんが発している気持ちは、言葉だけではなく、日々の行動、生活習慣に表れています。しっかりと受け止め続けましょう。

 

家庭の三声;イ、笑い声   ロ、歌い声、   ハ、話し声

ニ、家庭の躾  ホ、親子の遊び

家庭の五則を忘れずに


園長 竹内勘次