園長の想い

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます


P1190980


毎日蒸し暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。先生たちへ沢山の葉書をお送り頂き、ありがとうございました。


今年の夏は暑い!酷暑です。熱中症が心配になります。皆様のご家庭では大丈夫でしたか。
まだまだ暑い日は続くのでしょうか。皆様気を付けてください。


P1190981P1190986


さて、第一新座幼稚園では8月4日(土)・第二新座幼稚園では7月29日(日)にそれぞれおやじの会のBBQが開催されました。両園とも大盛況でした。どうもありがとうございました。


P1190974


園内は毎日預り保育の子どもたちの声が園舎内に響き、元気に過ごしています。

夏のカレンダーはすすんでいますか。子どもたちも、夏ならではの体験をたっぷりと味わっているのではないでしょうか。終業式に持ち帰った【なつのせいかつ】にも書いてありますが、休み前に子どもたちと約束した防犯用語「いか・の・お・す・し」を最後まで守れるようお願いします。
 2学期始業式には、一回りも二回りも大きくなった元気な子どもたちに会えるのをとても楽しみにしています。


園長 竹内勘次


P1190985P1190987












園長だより

 本日をもって一学期の終業となります。今年は、小学校、幼稚園の学校教育の指導内容が10年ぶりに改訂され、子ども・子育て支援新制度も4年目を迎えています。教育の内容で一番変わったことは、就学年齢に近い歳児の生活・教育習慣を小学校教育へと連携することで、子どもが身に付けた一人一人の育つ力を小学校でも継続して続けられる指導内容でした。子ども達は各家庭で乳幼児期~幼児期~小学生時期と一歩ずつ保育から教育へと環境に応じて成長習得して行きます。子どもの姿を早く見つけ応援し続けることが必要です。


P1190811

園では、【子どもの幸せは、私たちの幸せです】=Children`s Happiness is My Happiness を基本とし、第一新座幼稚園、第二新座幼稚園(保育の部、教育の部)とも今学期は一歩ずつ進んできました。まずは『挨拶をしよう』を目指し、子どもたちの遊びの広さは、一つ一つの遊びにしっかりと根付き徐々に子どもの姿が見えてきています。


P1190819

4月から新入園児が各園の保育部、教育部入園し、0歳児から5歳児まで、幅広い子どもの活動が始まりました。日々の成長を見ていると、子どもの世界、大きな気持、純粋な姿を子ども達の活動に一つづつ感じられます。学園のシンボル【双子の太陽】のように明るい笑顔、新生児の姿が日々変化し、大きな気持を持った子どもに成長していると実感しています。


P1190835P1190833

今年の梅雨は短く、猛暑が数日続き、あっという間に天候が悪化し、【各地に平成の大災害】の大水害をもたらしました。各地の復旧は、時間がかかるそうです。痛ましい限りです。早い復旧を願っています。いよいよ夏です。天気予報では猛暑も各地で真っ盛りのようです。学期終了前には、今年は夏風邪等が流行り、子どもたちの健康管理に配慮が大切のようです。今年も既に【熱中症】の情報が駆けめぐり、特に、高齢者、室内での活動中に多く発生しています。みなさんも気を付けてください。


P1190824

一学期の生活習慣を夏休みの間、続けてほしいため、教育の部には『平成30年度版、なつのせいかつ』(ぬり絵式)を発行しますので、休み中大いに参考にし、また、教育の部では、各学年の『夏のカレンダー』には、園生活と家庭生活の共通点があります。【なつのせいかつ】の中に記載した、色々な言葉を実行してみて下さい。防犯の言葉【いか・の・お・す・し】は、お子さんが良く知っています。再確認してください。保育の部では、保護者の方のより一層の【愛情】を注いでください。


P1190804

一学期では、両園の『PTA、父母の会会長』を始め、役員さんの方々には、先日の夏祭り、又、卒対準備委員の方々にも、今学期の園児活動にご協力を頂き有難うございました。おやじの会の方々にも御礼申し上げます。2学期にはご家族揃って、元気に会えることを願っています。

おやじの会;第一幼稚園・8月4日  

第二幼稚園・7月29日に行います

恒例の夏祭りが第一新座幼稚園で6月30日(土)、第二新座幼稚園で7月7日(土)の両日にわたり行われました。各園それぞれと大勢のお客様を迎え行うことができました。お手伝いただいたおやじの会、保護者様に御礼申し上げます。登園手段にはできるだけ利便さを考慮しましたが、狭い会場のため大変混雑しました。でも、園児たちの楽しそうな姿で会場は溢れんばかりの大盛況でした。ブログをご覧ください。ありがとうございました。


園長 竹内勘次

園長だより

今年も半月が過ぎ、子ども達の遊びを Children`s Happiness is My Happiness 『子ども達の幸せは、わたし達の幸せです』を念頭に進めています。4月から【あいさつ】を学園で、人と会った時の合言葉として【おはようございます】、【こんにちは】、【さようなら】を進めています。


P1190751

第一幼稚園、第二幼稚園の園児たちの所へ4月の昼食が始まった頃より、月水金曜日は、給食時に第一幼稚園で、火木曜日は、第二幼稚園で給食時にそれぞれ「箸」「マグカップ」を持参し、昼食訪問をしています。時には、この時間に都合がつかず約束の保育室に行かないと、翌日必ず『○○日には行くからね』と、伝えると「絶対だよ!」と、くぎを打たれます。約束を破ることは、園児にとって許されないことと信じられ、一度は許してくれますが、2度目は何が何でも都合を付けて行くようにしています。我々は十分気遣いをしなければならないと思います。


P1190749

さて、幼稚園生活が一人一人の園児たちにとって、また各ご家庭にとってそろそろ軌道に乗り始め、また軌道修正がきく、修正の出来る充実期には入っていました。この時期ご家庭のご協力もあり、【おはようございます】を、こちらから声を掛けるより先に、少しずつできてきて【自分から先にあいさつをする】をしようと目標に向かって進んでいます。


6月には、教育実習生、新座総合技術高校生、新座市新座中学校の生徒等大勢のお兄さん、お姉さん先生が来園し、普段経験できない遊び、話ができたようです。生徒達からは「元気な子ども達ばかりで驚いた」、「走るのが大好きみたい」、「しっかりと話を聞いてくれる」、「年少さんが、色々なことができるなんて、すごい!」等々、驚きの声が出ていました。


海、山と夏の声が聞こえた頃『痛ましい事故』の記事がではじめます。皆様も気をつけてください。学期末には、『なつのせいかつ』を発行しますので、休み中参考にしてください。この7月~8月にかけての休みの間、幼稚園で培った日々の生活習慣を是非続けてください。2月期の9月には、一回り、二回り心身とも大きくなった姿を見たいと思いますので、よろしくお願いいたします。


園長 竹内勘次


P1190748

園長だより

5月に入り、子どもたちの声、姿、しぐさが日増しに色々な形に出てきています。昼食時間には各幼稚園のクラスに昼食を園児と一緒に食べています。時間になるとその日の当番が『お昼の用意ができました。◯◯組に来て下さい』と、職員室に迎えに来てくれます。5月初めから第一幼稚園:年少組、第二幼稚園:年少組と順番にまわり始め、まだ年長組まで到達していません。「今度、僕たちのクラスに来てね!」と、再々言われています。食事の様子は、家での様子と違うと思います。でも園と同じことをしていますか?

P1190738

第一幼稚園のお昼は、『昼食の時間です、お昼の用意をしてください。』と、先生が伝え

ると、まず、テーブルを拭き、カバンからランチョンマット、お弁当箱、箸、カップ、デザートとほぼみんな順番に出し、ランチョンマットにしっかりと並べています。

P1190723

 第二幼稚園では、昼食時間;給食の園児、お弁当の園児と一緒に始まります。こども園開始ころとは違って、お互いに自分の食事メニューはしっかりと把握しているようです。毎年、このころになると、給食の日は、おかわりするお子さんが多くなり、おかわりも順番に相談して進めているようです。4月から「給食」が始まり、初めの頃はお昼時間になると「先生、お腹すいた~!」と、幼稚園では声が聞こえていました。食も進むのか、厨房の方々も最近は、少し多めに準備をしているようで、各クラス担任も厨房にお願いをしています。


P1190710P1190713

さて、

第一幼稚園では

 年少組、年中組が、【朝顔】

 年長組;【きゅうり】【なす】【トマト】


第二幼稚園では

 年少組、年中組が、【朝顔】

 年長組;【きゅうり】【なす】【トマト】【枝豆】

 保育部では;【枝豆】【朝顔】

 【ゴーヤ】はグリーンカーテンを今年も始めてみました。


P1190725

さて、実るでしょうか、朝顔に大輪の花が咲くでしょうか。どんな色の花々が咲くのかな?色々な栽培、水やりの世話、育ちを観察する等々、子どもたちの遊びの広がりを進めて行きます。実ったら持ち帰り、朝顔咲いたら種をとり、また来年咲きますようにと、自然の美しさを感じてほしいです。


『美しく感じる』気持ちは、お母さん方が送迎してくれる笑顔を見て美しく感じていると思います。


美しく感じるものは・・・・・、

朝 登園の時のお母さんたちの楽しそうな 話し声と笑顔、お世話をしている達成感、

三々五々と仲間に集まる園児たちの和やかな笑い声

夢中になって遊ぶ園児たちの喜びの笑顔


園長 竹内勘次

園長だより

 今年の桜開花が例年より早く、桜の花見は季節外れの感がありました。保育部では、4月2日に、教育部=幼稚園では4月7日に入園式を行い、新入園児、保護者様を迎え新しい息吹を感じ、始業式・進級式を4月11日に行い、子ども達の姿をしっかりと受け止められる、楽しみがスタートしました。
P1190575

 いよいよ園児の声が園内に響き渡り、さ~て、元気な園生活の始まり、始まり~!子ども達の遊びの始まりは、初めて感じる≪ごちゃ ごちゃ≫、粘土の柔らかく、力の入れ具合で変わる空間、あちこちにリボンのついた帽子が動き、ちょっと大きめな制服姿の子どもの遊びの姿が見え、『にぎやか』です。子でも達の瞳の奥には、さてどんな世界が見えているのかな?自分の居場所を一日でしっかり覚え、【愛らしく】【笑顔が素敵】の一言につきます。

 幼稚園の入園式には、もう一人のお友達≪よっちゃん≫(腹話術の人形)が、昨年に引き続き登場し、会場は一瞬静かになりました。今年でさて、よっちゃんは何歳になったのでしょうか。私がよっちゃんの入園式に登場したのが、◯◯年前でした。昨年は、「よっちゃん、嫌い!」と泣かれましたが、今年は、一瞬≪し~~ん!≫と静まり返って、保護者の声のみ聞こえました。

P1190466

 さて、これからどんな遊び姿見えるのか、楽しみですね。園内見学、園庭見学と新入園児は、初めて見る物ばかり、進級児はさすが、堂々としたもので、特に昨年までの幼い姿が消え【一回り、二回り】もこの短期間にお兄さん、お姉さんの行動、言葉が出ている事の感心と子どもの成長、環境への対応の素早さを感じずにはいられませんでした。

P1190485

 保育の部は乳幼児教育で、幼児教育は就学前の教育です。その内容は、0歳~6歳までの長い期間で、0歳から人として生きる基本を触る、食べる、感じるなどの五感を身に付け、2年~3年の教育期間で
 イ、自然に関すること  ロ、言葉に関すること ハ、表現に関すること ニ、人間関係に関すること ホ、健康に関すること

を毎日の遊びの中から習得していきます。 子どものあそびは、【星の数ほどある】と言われています。幼児の頃の遊びは、昼間の星のように心の中や体の中に見え隠れしながら見えてきます。園生活は、まだまだ始まったばかりですが、さて、園児たちは、どこで、どんな思いで遊びこみ始めるのでしょうか。
P1190562

 これから、園では、【楽しい】けど、【我慢を覚え】、家に帰ると安心感が働き【ただいま~!】の気持ちから少し【甘えが】出るかもしれませんが 【うなずきの心】で『そう!』、 『よかったね~!』 、『先生にお話ししてみよう!』等と安心感が持てるお話しをして下さい。

P1190565

《家 庭 の 五 則》
家庭の三声
【 笑 い 声 話 し 声 歌 い 声】
【 親 子 の 遊 び】
【 家 庭 の 躾 】

 
この「家庭の五則」は、家庭の中がいつも明るさを保ち、どこまで自分でできるか、また家族の協力で、最高の【絆】を自然と作り上げられる方法です。幼児期の家庭生活こそ、子どもの未来を築く礎です。
P1190474

園長 竹内勘次
プロフィール

happiness213

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ