メッセージ

園長だより

早いもので平成30年度の園便り最終号となりました。毎月お便りを書く時期になると、園児たちの毎日園で過ごした【笑い顔】【泣いている顔】【悔しい顔】【さびしそうな顔】などなど、心の葛藤が【顔】の七変化として浮かんできます。4月ごろ幼い中にも【どこで遊ぼうかな?!】から、9月ごろ【誰と、どんな遊びして、遊ぼうかな?】と変わり、特に運動会、おゆうぎ会、音楽会とご家族の方が来園する時期の【顔】の変化に一人一人の成長がはっきりと見られていました。

P1200752

3歳児から5歳児の遊ぶ姿は、日増しに生活習慣が身に付き、心身ともに生き生きとし、4月頃よりすっかり逞しくなりさらに一歩ずつ歩んでいっています。入園当初、子どもの姿に幼さが見られ、園内・園外と遊びの範囲が広がり、遊び心が見つかり、色々な顔があちこちで見られていました。あそびの姿は、1人あそびからグループあそび、集団あそび、群れあそびと広がり、お互いの居場所を確かめ合い、生活習慣やあそびのルールを守りながら自ら判断できる人間性が備わってきました。ここまでの途中には失敗や挑戦が繰り返され、園内には、いたるところに子ども達の足跡が残され、いたるところに『子どもの宝箱』が、積み重ねられてきました。

みつわのコピー

保育部では、遊びの範囲が、午前中の散歩、午睡後の園庭砂場などの遊びへと、日増しに広がり、食事についても一歩ずつ食欲旺盛になってきました。今年は平成27年度の幼保連携の幼稚園として改築し、第1号の4年保育の園児が卒園します。保育園、幼稚園とそれぞれ生活習慣は同じテーブルで過ごし、日々の活動に自信が育まれてきました。[平成]の元号があたらしく変わります。また第二新座幼稚園が創立50年を迎えます。この祝される年は、子ども達にとって更に一歩、二歩と前進できるチャンスになると思います。

P1200748

子ども達には遊びの資質が身に付き、自ら何事にもチャレンジし続けることと信じております。

さて、無限の可能性を秘めた子ども達の未来に応援歌を歌い続けませんか!!


 言葉の魔力:「そ の 一 言」

その一言で励まされ その一言で夢を持ち 
 その一言で腹が立ち その一言でがっかりし
  その一言で泣かされる ほんのわずかな一言が
   大きな不思議な力を持つ ほんのちょっとの一言で


~ぜひ、「そ の 一 言」を皆さんで進めてください~

P1200733


人は誰でも、誉められれば気持ちが大きく変わります。未経験な子供たちは、成長のプロセスで誉められるたびに自信が付き、一つ一つの体験に喜びを感じ、一つずつ自信を持ち、新しい発見をし続けます。いよいよ4月から、進学、進級と新しい世界に出発です。保育部の皆さん、教育部の皆さん、クラス役員さんには園活動に多大なるご理解、ご協力を頂きありがとう御座いました。又、おやじの会の推進力を忘れてはいけません。陰ながら応援していただいた、お父さん方・ご家族の方に御礼申し上げます。『自然の異常気象』が進み、諸行事への天候が大変気になりました。世界中で自然の驚異を感じ、子ども達の行く末に不安を感じられます。皆さんで子ども達の行く末を安堵できるよう見守って下さい。今後ともご支援、ご後援をお願いして園だより最終号のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


園長 竹内勘次


双子の太陽

おゆうぎ会までの道のり…

おゆうぎ会までの道のりを紹介します
本日は普段中々お見せできない幼稚園の裏側を
写真でご紹介します

■□■□■□■□1月中旬【さぁ~衣装を出しましょう】□■□■□■□■

お遊戯室の舞台の下に57年の歴史がつまっています
さぁ~どの衣装を選ぼうかな・・・
先生達は頭の中がぐるぐるぐる・・・ぐ~るぐる・・・
おゆうぎ、劇
子どもたちが どんな衣装をみにまとうのか・・・
お楽しみに・・・衣装を身に付けると
かわいいですよ~
P1200713P1200710

■□■□■□■□1月下旬【大道具を作りましょう】□■□■□■□■

子どもたちが演技するそばにある大道具
先生たちが作った物を
運転手さんが枠組みを作り裏打ち等をします
さて舞台の上でどんな演出があるのか・・・
子どもたち自身が動かす大道具もあります。
お楽しみに・・・
P1200751P1200729

■□■□■□2月上旬【バックを作りましょう】□■□■□■

子どもたちが遊戯をする時
舞台の後ろにかかっている絵を・・
バックと呼んでいます

ラシャ紙9枚~12枚を組み合わせて作ります
さて今年は3枚バックが新しくなりました
さて、それはどのバックでしょう・・・
分かるでしょうか?
P1200732

■□■□■□■□2月中旬【舞台】□■□■□■□■

舞台の上の背景の幕と袖幕が新しくなりました。
きっと子どもたちの顔も引き立つでしょう。
P1200744

■□■□■□■□2月中旬【予行の反省会をしましょう】□■□■□■□■

ビデオを見ながら確認・・・協議・・・確認・・・改善・・・
次へ活かす
子どもたちのために!
P1200747

■□■□■□おゆうぎ会まであと3、4日【プログラム】□■□■□■

今年も
めくりのプログラムと立て看板
園長先生が書きました
達筆ですね~
P1200755

■□■□■□■□【さぁ~もうすぐおゆうぎ会】□■□■□■□■

準備は万端
本番をお楽しみに・・・
子どもたちは、一生懸命練習に取り組んできました
沢山のあたたかい声援や拍手をお願いいたします

職員室より

園長だより

今年の【大寒】は、1月20日でした。

にもかかわらず天候は今年になって雨がほとんど降らず、寒波をもたらす寒気団が日本を覆い、北海道では猛吹雪・大雪が日本海側の各地を襲っています。温暖化のためか気象予報が読みにくくなり、雨がほしいと願っています。昨年11月頃から『インフルエンザ、おたふくの流行は、例年になく早そうです』とされましたが、暮れに入ってもその気配はありませんでした。


ところが、第一新座幼稚園、第二新座幼稚園(教育の部)ともに1月25日(金):卒園遠足を契機に翌週より「ドット!!」月曜日、朝から電話が鳴り響き、一気に『インフルエンザアA型でお休みです』の園児が増えました。保育部では少しずつ発熱は出ていましたが、現在は大丈夫です。


その後、ご家庭から【お父さんがインフルエンザにかかっちゃった】との声が聞こえ、学校でも【家族みんなインフルエンザです】とあちこちからありました。園医に聞いたところ【予防には、特にインフルエンザワクチンの接種が、欠かせません。後は消毒剤での手洗い、うがい、マスクをする】ことだそうです。今年のインフルエンザの薬は『タミフル』のようですが、子どもは投薬しないで熱が下がったり、熱が出ないで治癒したり、一方、大人は高熱が出て投薬しないと下がらない等、医師によると4種類のインフルがあるとも言っていました。


2月は如月、節分、立春と

3月は弥生、節句、卒業【卒園】と季節の行事や儀式が行われます。それぞれの中には、【無病息災】【子孫繁栄】【五穀豊穣】【温故知新】を願い、家族の安定、安心や、心に係る目に見えないものへの畏敬の念、喜び、感謝の思いが凝縮され、子どもが成長する節目の時期を迎えます。


子ども達の様相で、0・1・2歳とも身長が伸び、体重も増え、自分で何とかしようとする動き、物まね大好き、言葉の語彙数が増え、挨拶ができ、一人一人の課題を乗り越えて、生活リズムがついてきました。

・年少児は入園当時の姿とは見違えるほど生活に自信がつき、一つ一つの言葉に重みができ

・年中児は生活習慣、日々の行動に自信の力強さが漂い

・年長児は小学生として巣立つ資質を身に付けた姿が見られています

さて、今月は第一新座幼稚園:第57回おゆうぎ会、第二新座幼稚園:第2回音楽会、保育部では全員の保育参観と一人一人の子ども達の成長した姿を見ていただきます。子ども達の姿と一言の言葉の隅々に子どもの心の繋がりを捉えてください。進級、進学する子ども達から皆さんへの言葉をしっかり受け止め、子ども達には温かい応援の言葉で返してください。よろしくお願いします。いよいよあと二か月で最終です。

園長 竹内勘次

IMG_4959P1200670


合職~新年の集い~


皆さん年末年始はどのように過ごしましたか?

新しい年が始まりました・・・
平成も最後となります
明日から3学期が始まります・・・

学校法人竹内学園スタッフ集合
合同職員会議を行いました
もうお馴染みですね・・・そう
通称【合職】です

気持ちを揃えるために・・・
職員同士が学び合うために・・・
様々な確認をするために・・・
学期が始まる前に必ず行っています(年3回)

冒頭:園長先生の話
「平成も最後 あらためて地域に根差した園作りをしてゆこう
子どもたち一人ひとりを大切にしてゆこう」

P1200637P1200634

次に・・・毎年恒例となりました
【今年の抱負】を発表
今年は🐗年なので、年男年女から発表しました

P1200632

全教職員が発表しました
さぁ抱負を達成するために進んでゆきましょう~

途中
外部の講師の先生を招いて園内研修を行いました
P1200648P1200649
P1200652P1200655
テーマを決めてグループディスカッションをしたり
立ち居振る舞いや姿勢を確認したり、実践も交えて研修しました。

新学期の用品を選んだり
新しい年を迎え気持ちを新たに進んでゆきます
今後も、学園の教育活動にご理解・ご協力をお願い致します

職員室より

新年を迎えました

あけましておめでとうございます

年末年始はどのようにお過ごししましたか…


さて今年はどんな一年になる事でしょう…


今年一年皆様にとって幸せな年になりますよう願っています


今年も宜しくお願い致します

1月10日始業式に子どもたちに


会えるのを楽しみにしています



 園長 竹内勘次

Children’s Happiness is My Happiness

子どもたちの幸せは 私たちの幸せです


P1200626P1200630


記事検索
プロフィール

happiness213

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ