犬達のSOS☆元レディース.マグナムエミ編

~~~~~☆ミニスカアニマルポリスが犬猫の動物虐待ゼロ、殺処分ゼロ目指す☆~~~~~

犬達のSOS☆②2023年9月中旬、松山市古川地区の住宅玄関に、へその緒がついた赤ちゃん猫が!。。。記事をアップします☆

犬達のSOS☆②2023年9月中旬、松山市古川地区の住宅玄関に、へその緒がついた赤ちゃん猫が!住人が松山市保健所に相談すると「弱るまで放っておいて」と見殺しのような指示!その後、職員が赤ちゃん猫と、近所の住宅内で保護していた子猫まで連れ帰る!赤ちゃん猫たちは殺処分されたのか?松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当に問い合わせ&嘆願2024年3月30日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位獲得通算2123日(2014年7月~2024年3月) 

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位獲得通算631日(2015年12月~2024年3月)


菜の花畑②
【菜の花畑の向こうは、海のそばの塩分のある槌でも育つ玉ねぎ畑が広大に続きます(ミーママ撮影)】

前記事①purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1882.htmlの続きです。

2024/03/08 愛をまといたい美和さんコメントです。
②松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当に問い合わせしました☆松山市古川地区編

松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当(089-911-1862)に問い合わせしました。
2月22日(14:31)

リーダーを指名しましたが、協議中とのことで、スズキ女性獣医に対応して頂きました。
(数年、生活衛生課・動物愛護担当に在籍)
挨拶を済ませて質問に入りました。

(私)
昨年9月中旬に松山市古川地区の住宅の玄関に、へその緒がついた赤ちゃん猫がいたそうで、その住人の方はペットがいるので保護することもできず、松山市保健所さんに相談したら、「母猫の育児放棄かも?弱るまで放っておいて」と見殺しにするような指示があったそうです。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
その後、保健所の職員さんが来て、へその緒のついた赤ちゃん猫と、別で近所の人が室内で保護してくれていた子猫も、わざわざインターフォンを鳴らして引き取り連れて帰ったそうなんです。

(スズキ獣医)
はい…。

(私)
近所の方は室内で保護してくれていたから、自宅で飼うなり、里親探しをするつもりでいたのだと思いますから、わざわざインターフォンを鳴らしてまで引き取る必要はなかったはずです。

(スズキ獣医)
はい。

菜の花畑の向こうは、海のそばの塩分のある槌でも育つ玉ねぎ畑が広大に続きます
【菜の花畑の向こうは、海のそばの塩分のある槌でも育つ玉ねぎ畑が広大に続きます(ミーママ撮影)】

(私)
保健所は最初に「弱るまで放っておいて」と見殺し発言をしたのに、なぜか引き取りの際には「2~3時間おきにミルクを飲ませて、ある程度大きくなったら、愛護(殺処分)センターか、民間保護団体へ連れて行き、里親探しをする」と住人に伝えたそうですが、それは通報した住人を安心させるために適当なことを言ったのですか?
それとも、その引き取られた子猫たちは、ちゃんと里親探しをして現在、幸せに暮らしているのですか?

(スズキ獣医)
9月中旬の古川地区ですよね…。まず保健所の方で収容した動物については、できる限りの対応になりますが、ミルクをちょっと飲ませたりしまして、その後、里親探しをするということに間違いはないのですが、その場で産まれている猫に関しては、駆除目的で連絡する方も中にはいますので、「いるから引き取ってくれ」というような話には、基本的には対応できないようになっていますので。

(私)
それは産まれたての子猫もですか?

(スズキ獣医)
はい。
親猫が育児放棄したのも判定がつかないものになりますので見守ってもらうんですが、ただ明らかに衰弱しているという形であれば一旦、現地に行かせて頂いた上での判断ということになりますので。

(私)
う~ん…。

(スズキ獣医)
基本的には子猫がいますので引き取ってくださいという時点で、すぐ引き取るというのを行っていないというのが現状なので、恐らくそういった形で受け取られたのではないかなと思います。

(私)
わざわざ室内で保護してくれているお宅のインターフォンを鳴らしてまで引き取りするというのは、どうなんでしょうか?

(スズキ獣医)
そういった対応は基本的にはしていないと思うんです。

(私)
でも事実、引き取りしていますよね。

(スズキ獣医)
こちらで現地で対応した職員に確認するのですが、一時的に衰弱している子を連れて帰っているという可能性はありますので、その時の判断になろうかと思うんです。

(私)
一時的に?
衰弱している子を連れて帰って、ちゃんとミルクを与えて治療もして、室内で保護してくれていた方に返したということですか?

(スズキ獣医)
いや、あの~、訪問して回収したということが、本当にあったかどうかわからないですが、その方が本当に自分で最後まで保護しますというのを我々が無理矢理、引き取るということはないということです。

菜の花畑
【菜の花畑の向こうは、海のそばの塩分のある槌でも育つ玉ねぎ畑が広大に続きます。歩いていると、ワンちゃんの声と、何かを教えているような人の声が聞こえてきました。菜の花畑を挟んだ小道の右側にドッグトレーニング場があり、飼い主さんとワンちゃんが訓練士さんの合図の元ハードルを超える訓練中でしたU^ェ^U
こんなところに?とびっくりしながらも邪魔をしたらいけないから写真は撮らなかったけど、街のような騒音はなく空気もきれいで菜の花の香りが広がり、ここなら動物嫌いの人からの苦情もなく、のびのび訓練もできて良いなと感心しました。(ミーママ撮影)】

(私)
では、殺処分にはなっていないんですね?

(スズキ獣医)
そうですね。
令和2年度からは(殺処分数)0にはなっているんですが。

(私)
その言われている殺処分数0というのは、毒ガスや注射による殺処分が0ということで、自然死などはカウントされていないというなことでしょう?

(スズキ獣医)
統計上は自然に亡くなった数もいるんですが、そういった能動的なものについては0というお話になります。

(私)
それは本当の意味での殺処分0ではないですよね。
ミルクも与えずに放置して見殺しにした数は殺処分に入れてないですよね?

(スズキ獣医)
えーと、見殺しにするという表現ですが、ミルクは基本的にどの子についても平等に飲めるだけは飲ませてあげるようにしていますので。

(私)
それはボランティアさんですか?職員さんですか?

(スズキ獣医)
こちらで委託している業者になります。
(業者名は回答してもらえませんでした)

海の近くの集落で、放し飼いの人馴れしたまん丸の銀色の猫ちゃんに会いました
【海の近くの集落で、放し飼いの人馴れしたまん丸の銀色の猫ちゃんに会いました(*^^*)警戒心なく、ニャンちゃん♪と呼ぶと寄ってきてスリスリ(ミーママ撮影)】

20240327_133137_20240402112245.jpg
【猫嫌いや虐待住民が、ゼロの様で松山の住民街の怯えた猫達と全然違って安全な毎日のようです(ミーママ撮影)】

(私)
赤ちゃん猫だったら2~3時間おきにミルクが必要ですが、業者さんは業務時間外の夜間は対応していないということですよね?

(スズキ獣医)
そうですね。
こちらでは、そういった対応は難しいということになります。

(私)
朝、出勤したら子猫が亡くなっているということも大いにあるということですよね?

(スズキ獣医)
そういったこともやっぱりありますので、それについては譲渡が早めにできるような形での制度ができるよう長期間にはなりますが、工夫しているところではありますので。
現状として業者も含めて職員が夜間も対応するというのは難しいところになります。

(私)

柔軟に夜間はボランティアさんを募って対応することはできないですか?

(スズキ獣医)
今後も含めて検討させて頂くようにはなるのですが、この時点で「検討した結果、できます」などという形で、お約束はできないということになります。

(私)
よく「検討する」というのは、実際にはしませんという意味になりがちなので、具体的に職員さんの間で話し合いや会議をするというのはできますか?

(スズキ獣医)
そちらについては、お答え致しかねます。

(私)
話し合いはしないということですね?

(スズキ獣医)
そういう風に捉えられるとしても、言い方に困ってしまうんですが…。
ただ状況としても、夜間は対応が難しいものに変わりはありませんので、代わりにできることがないかというのは、今後も対策を考えていくようにはなります。



(私)
市民の中には夜間ボランティアをしたいという人もいますから、柔軟に広く募っていく必要があると思うんです。

(スズキ獣医)
はい。



(私)
今の現状では、殺処分0とするのは相応しくないので、衰弱死◯匹とか公表する必要があると思います。
何も知らない一般市民は「松山市は殺処分0で凄い!」と勘違いしますので、目眩ましのように見えます。

(スズキ獣医)
はい。貴重なご意見として受け止めさせて頂きます。
表現の仕方をちょっと変えた方が良いということですね。

(私)
よろしくお願いします。

集落を抜けると、家は無く海にまっすぐ向かう道の左側には菜の花と玉ねぎ畑が広大な土地に続き水色の空と海の稜線が続きます。
【集落を抜けると、家は無く海にまっすぐ向かう道の左側には菜の花と玉ねぎ畑が広大な土地に続き水色の空と海の稜線が続きます(ミーママ撮影)】


同日(16時47分)、再度松山市保健所に問い合わせしました。

(私)
先ほど問い合わせさせて頂いた松山市古川地区の住宅玄関で引き取られた子猫の件ですが、どうでしたか?

(スズキ獣医)

そちらの詳細については誰が対応したかというのが、現状わからないので、具体的にどのような対応をしたかという回答が難しい状態にはなるんですが。

(私)
先ほどスズキさんが話した内容で、中には駆除目的で連絡してくる人もいて、そういう問い合わせには、基本的に対応できないことになっているということでしたが、「ただそこにいるというだけなら引き取り不可能だけど、そのまま放置して衰弱したら引き取りする」という解釈でいいですか?

(スズキ獣医)
言い方のニュアンスというのもあるとは思うんですけど、やっぱり中途半端に手を出して人の匂いがついてしまうと、育児放棄とかにもなってしまう部分もありますので。

(私)
中途半端ですか?

(スズキ獣医)
触るだけ触ってミルクをあげようとして、ダメだったから元の場所に戻すとなると、人の匂いがついているので、それだけで親猫が警戒して近寄らなくなるということも考えられますので、そういった意味でも、自信がないのであれば、最初から関わらないようにしてくださいねという言い方になっていると思うんです。

(私)
話を聞いていると、ただいるというだけなら保健所から引き取りに行けないけど、衰弱した猫なら引き取りに行けるので、じゃあ放置しておいて、衰弱したら連絡くださいねと受け取れます。

(スズキ獣医)
まあ、保健所の方はやっぱり殺処分のリスクがどうしてもある場所になりますので、親猫が迎えに来てくれるかもしれないという希望も込めて、様子を見てくださいという形ですね。

(私)
そうですか?あまり希望を込めているような言い方じゃないように聞こえましたけど。

(スズキ獣医)
受け取り方にもよるかと思いますけど、我々も積極的にそれが保護になっているのかというのがありますので。

20240327_131546_20240402112400.jpg
【集落を抜けると、家は無く海にまっすぐ向かう道の左側には菜の花と玉ねぎ畑が広大な土地に続き水色の空と海の稜線が続きます(ミーママ撮影)】

(私)
多分、現地で子猫が命を落とすことで、殺処分数にカウントされないですしね。

(スズキ獣医)
うがった見方になるかと思いますけど。まあ、どのように受け止めるかは、◯◯さん(美和)次第にはなりますが、そのように受け止められるということですね。

(私)
動物愛護担当として、それでいいのかなと疑問に思います。
一応、表向きは殺処分数0となっていますけど、裏では殺処分数にカウントされていない衰弱死した多数の子猫たちがいるっていうことですよね。
今後はその数も公表して頂きたいです。

(スズキ獣医)
積極的に引き取って、自然死したものについても全てということですね。

(私)
積極的に引き取るとか、弱るまで放っておくなどの発言ではなく、動物愛護担当であるなら、命を繋いであげる方向で市民からの引き取りの問い合わせに対応して頂きたいと思います。

(スズキ獣医)
貴重なご意見として承ります。ちょっとそこについては同じことをしても見方によって、捉え方も変わってきますので、そういう見方もありますということで、ご意見として承ります。

対応へのお礼を伝えて電話を置きました。

スズキ獣医と話していると、動物愛護業務に真摯に向き合っている様子は感じ取れず、受話器の向こうで嘲笑い、松山総合公園や松山市内で頻繁に起きる動物虐待・虐殺のことなど、軽く流しているのがよくわかりました。
スズキ獣医は本当に動物が好きで「弱い立場の命を救ってあげたい!」と純粋な気持ちで獣医を目指したのではなく、公務員獣医にありがちな殺処分に麻痺しているタイプの獣医さんだなと感じました。

いつになれば愛媛県や松山市保健所は弱い立場の動物の命に真摯に向き合うようになるのでしょうか。。。

菜の花畑③

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト004

犬達のSOS☆①猫の虐待虐殺が頻発する愛媛県松山市の松山総合公園(松山市公園緑地課管理)は、2017年に地域猫モデル地区に指定されても。。。記事をアップします☆

犬達のSOS☆①猫の虐待虐殺が頻発する愛媛県松山市の松山総合公園(松山市公園緑地課管理)は、2017年に地域猫モデル地区に指定されてもなお、卑劣な猫の虐待虐殺が続いている!1~2年前には子猫の首切り事件があり、松山市保健所が調査のため、首を持ち帰ったとの情報が!松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当に問い合わせ&嘆願☆2024年3月25日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位獲得通算2123日(2014年7月~2024年3月) 

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位獲得通算631日(2015年12月~2024年3月)


三つ葉のクローバーの種類の黄色の花が実家の庭で満開です。
【三つ葉のクローバーの種類の黄色の花が実家の庭で満開です(ミーママ撮影)】

2024/03/08 愛をまといたい美和さんコメントです。
①松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当に問い合わせしました☆松山総合公園編
皆さん、お疲れさまです。
いつもブログ活動や犬猫ちゃんパトロールをしてくださり、ありがとうございますm(*-ω-)m

昨年末、松山総合公園のパトロール中、数年ぶりにお会いした年配女性ボランティアさんから、また園内で発生した不気味な猫虐殺事件の話を聞きました。

1~2年前、第二駐車場の東側の斜面の茂みで胴体のない子猫の首が発見されたそうです…。
切断面がスパッと切れていたので、明らかに野生動物によるものではなかったそうで、動物虐殺の可能性があったため、警察を呼んで松山市保健所も来て、保健所が詳しく調べるということで、子猫の頭部を持ち帰ったそうですが、その結果、どうだったのかわからないということでした。

通報したのは、年配女性ボランティアさんではなく、年配男性ボランティアさんらしいですが、
「多分、男性も聞いてないんじゃない?」と、話してくれました。

この件と他にも確認したいことがありましたので、
松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当(089-911-1862)に問い合わせしました。

帰省当初はつぼみだった房別れの水仙達も数日続いた雨のあと、一斉に開き甘酸っぱい香りが広がり、数日前に満開を終えた甘い香りの沈丁花の後任をしています花桃が、二輪咲きましたが、私が松山に戻ったあと、満開になるくらいでしょう
【帰省当初はつぼみだった房別れの水仙達も数日続いた雨のあと、一斉に開き甘酸っぱい香りが広がり、数日前に満開を終えた甘い香りの沈丁花の後任をしています。(ミーママ撮影)】

2月22日(14:31)
リーダーを指名しましたが、協議中とのことで、スズキ女性獣医に対応して頂きました。
(数年、生活衛生課・動物愛護担当に在籍)

挨拶を済ませて質問に入りました。

(私)
松山総合公園の女性ボランティアさんから聞いたのですが、約1~2年前に第2駐車場の東側斜面の茂みで胴体のない子猫の首が発見されたそうです。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
切断面がスパッと切れていたので、明らかに野生動物によるものではなかったそうで、動物虐待の可能性があったため、警察を呼んで松山市保健所も来て、保健所が詳しく調べるということで、子猫の頭部を持ち帰ったそうです。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
ただその結果がどうだったのかわらないそうで、通報したのは、年配男性ボランティアさんらしいですが、「多分、その男性も結果を聞いてないんじゃない?」と、その女性ボランティアさんは話をしてくれました。その結果はどうでしたか?

(スズキ獣医)
用件としては1~2年前の動物虐待の結果がどうなったかということですね。

(私)
そうです。
動物虐待なら、今後の対策をどうするかなどの話し合いをしたのか、詳しく確認したいと思います。

(スズキ獣医)
かしこまりました。
ちょっと記録を多分、いろんな所からになりますので。

★スズキ獣医は記録を遡るということだったので、こちらから再度連絡する旨伝え、一旦電話を置きました。
(事件当時、スズキ獣医は生活衛生課に在籍していたそうですが、記憶の中でこれかなというものはあるが、松山総合公園と断定できないので、一旦確認してみますとのことでした)

ピンクのボケの花も咲きました。秋になると毎年、レモンとそっくりの色と大きさのボケの実がなります。
【ピンクのボケの花も咲きました。秋になると毎年、レモンとそっくりの色と大きさのボケの実がなります。レモンより重くて、甘い爽やかな香りがし、バスタブに輪切りで入れるととろけるような上品で甘い香りが広がります(ミーママ撮影)】

同日(16時47分)、再度松山市保健所に問い合わせしました。

(私)
松山総合公園の事件はどうでしたか?

(スズキ獣医)
総合公園の方は記録を見させて頂いて、警察署の方から連絡があって、保健所が現地の方でも対応させて頂いたというものにはなるんですが、恐れ入りますが、一案件の詳細についてお答えすることは難しいものになりますので、そこのところを踏まえた上でのご回答にはなるんですが。

(私)
はい。

(スズキ獣医)
今、動物の死体を回収したというお話があったと思うんですが、保健所が基本的に回収するのは調べるためではなくて、死体の処分という形になりますので。

(私)
処分?

(スズキ獣医)
基本的に虐待を調べる捜査権があるのは警察なので、保健所が詳細を調べるということにはならないんです。

(私)
保健所は獣医さんがいるのに、虐待の可能性があるかどうかの検査をしないのですか?

(スズキ獣医)
検査ができる施設ではないんです。
ですので、あくまで警察が捜査をする上で、獣医師だったりとか保健所の立場から一意見というか、参考に助言をさせて頂くという形になります。

(私)
虐待の可能性はあったのでしょうか?

(スズキ獣医)
それについては警察の方に問い合わせして頂いたらと思います。こちらからは、わからないとしかお答えできないですね。

(私)
そうなんですね。

(スズキ獣医)
可能性があるとかないとかを、うちが言っていいものではないので、どういった判断になったかというのは、警察に問い合わせして頂けたらと思うんです。

ピンクのボケの花も咲きました。秋になると毎年、レモンとそっくりの色と大きさのボケの実がなります。①
【ピンクのボケの花(ミーママ撮影)】

(私)
警察は捜査をしてないんですね。

(スズキ獣医)
少なくとも保健所には続報という形では入っていないです。

(私)
保健所は死体処理のためだけに出向いたということですね。

(スズキ獣医)
そのためにという、最初の目的というのは、ちょっとお答えしかねますので。
少なくとも保健所は死体を引き取るという件に関して、最終的には清掃課になるんですけども、処分を承ったという形になります。

(私)
通報したボランティアの方にも結果は伝えていないということですね。

(スズキ獣医)
当時、どこまで伝えているかというのは、それもお答えしかねるものになります。

三つ葉のクローバーの種類の黄色の花が実家の庭で満開です。
【三つ葉のクローバーの種類の黄色の花が実家の庭で満開です(ミーママ撮影)】

(私)
ご存知のとおり、松山総合公園は2017年から地域猫活動モデル地区に指定されているはずなのですが、かなり前から頻繁に猫の虐待虐殺が繰り返されている場所なんです。

(スズキ獣医)
そうですね。
(虐待)かもしれないという通報の方は承っています。

(私)
2011年には両耳を削がれて脇腹を切られた怯えた猫がいたり、石を投げつけられて頭から血を流して死んだ猫もいますし、2012年には展望塔付近で1匹の成猫が首を切られて殺害され、同時期に子猫3匹も不審死した事件がありました。

(スズキ)
はい。

(私)
当時の松山総合公園の土手内所長や前田氏ら職員さんたちは、警察が来る前に首を切り落とされた猫は気持ち悪いからと、ゴミ回収する職員がゴミと一緒に捨てて、残る子猫3匹は穴を掘って埋めて隠蔽しました。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
当時、捜査に当たった警察から、勝手に埋めず必ず通報するよう、職員さんたちは厳しく注意を受けましたが、その後も度々、猫の虐待虐殺が繰り返されています。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
毎日散歩に来る年配男性たちによる虐待が多くて、最近では2021年1月に園内でノルディックウォークをしていた70代くらいの年配男性が猫とすれ違いざまに杖で数回叩いて虐待するのを目撃したので追いかけて行って、「動物虐待は動物愛護法違反で500万円以下の罰金ですよ!」と抗議したら、5日後くらいに叩かれていた同じ猫が耳から血を流して頭部が酷く腫れる瀕死の重症を負う事件がありました。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
その猫を発見したボランティアさんが保護して治療をしてくれたことで、奇跡的に命をとりとめましたが、片耳を切断しました。

(スズキ獣医)
はい。

(私)
ほとぼりが冷めたら、猫の虐待虐殺が繰り返される場所ですから、管轄の松山市保健所さんはどういった対策をされますか?

(スズキ獣医)
やはり通報がありましたら、その都度、状況を確認させて頂くものになりますので、保健所としては起こる前に具体的にこれをするという話しに今はなってないものになりますので。

(私)
度々起こっているのだから、松山市保健所さんが定期的に園内をパトロールするとか、そういうことはできないんですか?

(スズキ獣医)
この電話で検討するとか回答しかねるんですが、もちろんそういった通報を◯◯さん(美和)から聞いているというのは、一つの情報として受け止めさせて頂くんですが。必ずしも虐待かどうか断定できているものでもありませんので。

(私)
これだけ不自然な大怪我をしたり、不審死している猫たちがいますので。だから言っているんです。

(スズキ獣医)
はい。

帰省当初はつぼみだった房別れの水仙達も数日続いた雨のあと、一斉に開き甘酸っぱい香りが広がり、数日前に満開を終えた甘い香りの沈丁花の後任をしています花桃が、二輪咲きましたが、私が松山に戻ったあと、満開になるくらいでしょう①
【帰省当初はつぼみだった房別れの水仙達も数日続いた雨のあと、一斉に開き甘酸っぱい香りが広がり、数日前に満開を終えた甘い香りの沈丁花の後任をしています。花桃が、二輪咲きましたが、私が松山に戻ったあと、満開になるくらいでしょう。松山の車の騒音と違い鳥達の鳴き声がたくさんし、鳥達も巣作りをしたり家族を増やす季節のようです(ミーママ撮影)】

(私)
保健所さんとして、わかりやすくワッペンとかをつけて園内をパトロールするとか、不審者の聞き込みをするとか、「動物を大切にしましょう」とかの看板を立てるなどで、少しは抑止力になるかと思います。

(スズキ獣医)
なるほど。そうですね、対応の参考にはさせて頂けたらと思います。

(私)
保健所の職員の皆さんで、しっかり話し合いをして頂きたいと思います。

(スズキ獣医)
意見として承ります。ありがとうございます。

(私)
よろしくお願いします。

スズキ獣医は動物愛護担当の獣医であるにも関わらず、地域猫モデル地区になってからも頻発する松山総合公園の猫虐待や虐殺に無関心で、こちらの提案や嘆願も全く響いておらず、「余計な業務を増やしたくない」という本音が伝わってきました。

続きは②purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1883.htmlをご覧ください。

イラスト0001

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

島の恵さん、マグナムエミさんへ
フードを送ってくださりありがとうございました。

島のまぐみさん
【島の恵さんからのフード】

エミちゃん11111

エミちゃん1
【マグナムエミさんからのフード】

イラスト11



犬達のSOS☆ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんへ☆春先の季節の移り変わり目はペットの異変に要注意・体調管理は万全に!!☆。。。記事をアップします☆

犬達のSOS☆ワンちゃん、猫ちゃんの飼い主さんへ☆春先の季節の移り変わり目はペットの異変に要注意・体調管理は万全に!!☆大阪の子だくさんママチャリ・アグネスより2024年3月17日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


575010.jpg

FC2 社会部門ランキング
1位獲得通算2123日(2014年7月~2024年3月) 

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位獲得通算631日(2015年12月~2024年3月)


こんばんは、アグネスです。皆さん、ワンにゃんパトロールやSOS活動をありがとうございますm(_ _)m✨
春のお彼岸に入り、梅の花が開き、桜のつぼみも膨らんできました。朝夕、日ごとの寒暖差の激しさに体調を崩された方も多かったのではないでしょうか?季節の変わり目のこの時期は、人間だけでなくワンちゃん、猫ちゃんも注意が必要なので気を付けてあげたいですね

大切な家族であるワンちゃんや猫ちゃんの『季節の変わり目対策』について紹介させていただきたいと思います。

2024年3月アグネス家のみけこちゃん毛繕い中
【アグネス家のみけこちゃん毛繕い中

【快適温度と湿度】

犬や猫は、人間より低い位置で生活しているので、地面からの冷気や熱の影響を受けやすいため注意が必要です。感染症の予防のためには、湿度管理も重要です。

pet_omocha_neko.png

《猫編😺》

快適温度→18~26度
快適湿度→50~60%

老猫の場合はそれより2~3度プラスが目安

生後間もない子猫→母猫の体温と同じ温度が必要
(動きまわらないので、湯たんぽで保温、段ボールなどで冷気が当たらないようにする)

子猫(活発に動くようになったら)
成猫と同様の環境で可

若くて筋肉量や活動量が多い猫は代謝が活発なためそれほど寒がらない。筋肉量の少ない子猫や老猫、痩せた猫、運動が嫌いであまり動かない猫は寒さに敏感。

寒さに強い種→ペルシャやヒマラヤンなどの長毛種

寒さに弱い種→アメリカン・ショートヘアやマンチカンなどの短毛種

pet_omocha_inu.png


《犬編🐶》
犬は長毛種、短毛種の違いだけでなく、被毛がオーバーコート、トップコートの2種類生えて、季節によって生えかわりがあるダブルコートと、生えかわりの無い1種類の被毛のみのシングルコートがおり、それぞれで適温が異なる。

快適温度

長毛犬種の適温が15~20℃、
短毛犬種の適温が20~25℃
(ダブルコート、シングルコート別の注意も必要)

ダブルコート→19~23℃

チワワ、ダックスフント
ポメラニアン、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、キャバリア、ボーダーコリー、柴犬、秋田犬、ウェルシュ・コーギー
シベリアンハスキーなど

4629.png

シングルコート→20~25℃

パピヨン、プードル(トイプードルマルチーズ、ボクサーなど

70579.jpg

【感染症】

ウイルスや細菌が体内に侵入することで引き起こされる病気のこと。

冬から春にかけては乾燥や気温差によって免疫力が落ちるため、感染症にかかりやすい。


《犬・猫共通》

256022.jpg


結膜炎

症状→「涙」や「目ヤニ」が大量に出る。
まぶたの裏にある粘膜(結膜)が炎症を起こす。

結膜炎を放置すると大量に出た「目ヤニ」のせいで目が開かなくなってしまうこともある。

原因→ウイルスや細菌感染

対応→目ヤニに湿らせたコットンをあてて数秒ふやかし、優しく取り除く。皮膚や眼球を傷つけるので、こすったり、強い力で取ろうとするのは厳禁。

鼻炎

症状→鼻水。悪化すると膿のような黄色い鼻水が出てくる

原因→病原菌や花粉などのアレルギー。鼻の粘膜が炎症を起こして発症。

対応→鼻水の状態を確認し、できるだけ早く動物病院を受診する。
黄色の鼻水、膿状の鼻水の場合は、すぐ受診する。

《猫編😺》

猫カゼ 

症状→鼻水・喉・発熱など

原因→カリシウイルスやヘルペスウイルスなどに感染して引き起こされる。

対応→くしゃみや鼻水が出ていたら動物病院を受診する。
重症化すると最悪死に至ることもある。

口内炎

症状→よだれが普段よりたくさん出る、猫の口が臭い

原因→猫カゼを起こすカリシウイルスなどに感染したり、口内の細菌が増えたりしたこと

対応→口内がただれて痛むようになると食事を拒否するようになるので、口臭だけでなく食事をきちんと取るかも注意する。食事拒否が続くと体力が落ちるので、すぐ動物病院を受診する。液状の総合栄養食を与えるなどの臨機応変さも必要。

冬から春への変わり目に気をつけたいことに絞ってまとめました。
『寒暖差』や『ヒートショック』『感染症』は、人間より体の小さい犬や猫には命取りになることもあるので十分気をつけてあげたいですね✨

ホームレスのワンちゃん、猫ちゃんが体を休める場所とご飯をいただけますように。

24/3 アグネス家のモルちゃん
【アグネス家のモルちゃん】

猫ちゃんを保護された方や、飼っておられる方はこちらの記事も参考にしてください。
↓↓↓

『犬達のSOS☆体にうじがわき死にかけていた子猫をレスキュー☆衰弱が激しく自力で餌を食べることが出来ない子猫を助ける方法☆犬達のSOSの大阪の子だくさんアグネスより2016年12月1日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1029.html

『犬達のSOS☆子猫が白目をむき心臓が動いていなければ、迷わず心肺蘇生を!子猫の人工呼吸と心臓マッサージの方法&一晩に2回も心臓停止状態になった茶トラ君の危機を救ったアグネスから、保護した猫の脱水症状・低血糖・低体温への応急処置アドバイス☆2017年2月20日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1085.html

『犬達のSOS ☆猫を保護した時、脱水症状、栄養失調、ケガの対処が最優先ですが、ノミダニ対策も重要!家庭での対処法と動物病院の受診ポイントアドバイス☆殺虫成分を含まない防虫スプレーの作り方。大阪の子だくさんアグネスより2017年3月31日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1096.html

『犬達のSOS☆飼い主さんが悩む子猫・成猫の爪の切り方や注意点をアドバイス☆怖がって暴れたり、噛んだりと嫌がる猫にストレスを与えず爪を切る方法とは?!大阪の子だくさんのアグネスより 2017年4月29日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1101.html

『犬達のSOS☆飼い猫が吐いた時『猫は吐くもの』とそのままにしないで!!毛玉を吐くような日常的なものから、通院が必要なものまで原因は様々。吐く原因と対処法について大阪の子だくさんアグネスより 2017年5月30日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1111.html

『犬達のSOS☆猫下部尿路疾患とは?膀胱炎や尿石症は放置すると腎不全(尿毒症)になる危険が!大切な猫ちゃんのおしっこが出ないは大事なサイン。飲み水やトイレチェックをまめにしていつまでも元気でいられるように気をつけてあげて☆大阪の子だくさんアグネスより 2017年7月12日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1118.html

『犬達のSOS☆犬猫に噛まれ出血だけじゃなく、腫れひどい痛みで傷口が、しびれた時の早期の除菌と民間療法☆大阪の子だくさんママチャリ・アグネスより2017年8月26日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1145.html

『犬達のSOS☆飼い主さん必見!!猫が食べると危険な植物・大丈夫な植物☆大阪の子だくさんママチャリ・アグネスより2017年10月26日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1157.html

『犬達のSOS☆飼い主さん必見!!猫が食べると危険な食べ物をピックアップ☆大阪の子だくさんママチャリ・アグネスより2017年11月28日』
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1181.html

24/3 アグネス家の欽ちゃんは甘えん坊
【アグネス家のきんちゃんは甘えん坊


野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより

こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。


24/3 アグネス家のフード宅配食堂を待っていたにゃん
【アグネス家のフード宅配食堂を待っていたにゃん】


プロフィール

マグナムエミ

日本ブログ村に参加中です
読んで下さりありがとうございます 日本ブログ村に参加中です。下のボタンをクリックお願いします↓
日本ブログ村
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ