2015年08月07日

Windows10で完全にシャットダウンができない場合の解決方法

Windows10の標準設定では高速スタートアップになっているので、スタートボタンからシャットダウンを行ってもマウスを動かすと再起動してしまいます。そこで、完全にシャットダウンするために設定の変更をしましょう。

スタートボタン→設定→システム→電源とスリープ→関連設定・電源の追加設定→電源ボタンの動作を選択する→現在利用可能でない設定を変更します→高速スタートアップを有効にする(チェックをはずす)→変更の保存


happinesshide at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Windows10の無償アップグレードで「読み込んでいます...」の画面から先に進まない場合

Windows10の無償アップグレードを行ったところ、「読み込んでいます...」の画面から先に進まなくなってしまった場合の対処法です。

パソコンを起動直後にWindows7や8.1のデスクトップ画面で、下部タスクバーの右上に「Window10へのアップグレードが可能になりました」の通知が出ますが、直ぐに「続行」を押さずに暫くはブラウザーでサイト閲覧を行って待った方が良いです。

少し待つと「Windows Update画面」に無償アップグレードが可能になった旨の表示が出ます。
しかし、起動直後に「Windows10の入手」画面で「続行」を押してしまうと「読み込んでいます...」のまま進行しない状態になりやすいです。

そこで、パソコンの起動後は数分から10分ほどの後に、「アップグレード予約画面」ではなく「Windows Update画面」から無償アップグレードを行うとスムーズにアップグレードが開始されます。

私の場合は1台につき約2時間ほどでアップグレードが終了しました。途中でプロダクトキーの入力やアカウント入力の画面は無く、凄くスムーズに行きました。

7月初めに4台のWindows7のPCで予約を行い、昨日までに4台ともアップグレードが出来ました。夜間だと込み合うので、なるべく早朝にアップグレードを行いました。

Windows7ユーザーはWindows10へアップグレードしても8や8.1よりも操作面で違和感が少ないと感じますのでオススメです。

新しいブラウザのEdgeも今までのIE11よりも軽快で使いやすいです。Google Chromeよりも起動が少し早くて、更に動画視聴時のCPU使用率が少ないので
Edgeをメインで使うブラウザーにしています。

※使用マザーボードおよびプロセッサー
GIGABYTE H61M DS2 LGA1155 Celeron G550
GIGABYTE B75 HD3 LGA1155 Core i3 3220
ASRock H61M VG3 LGA1155 Celeron G1620
ASRock B75 Pro3 LGA1155 Core i3 2100



happinesshide at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月22日

FMV ESPRIMO PCI-Express x16 グラフィックボード取り付け

勤務先の古いデスクトップPCの延命をいたしました。実は、チップセット内臓グラフィックの具合が悪く画面が「チラついて波うって」おり、春ごろから使用を停止していたPCです。

これでPCを買い替える事無く今まで通りに使用できますので社長も大喜びでした。
これはD5260という機種でOSはVista 32bitです。

このFMVの拡張スロットはPCIしかありませんので、玄人志向 インターフェースカード キワモノシリーズ PCIEX1-PCI を購入して装着しました。人柱求む!!と書かれてあり、凄くキワモノ感がある商品です。


CA320073


























箱から取り出して平型ヤスリで加工します。Windows98のパソコンで使っていたジャンクマザーのPCIへ取り付けて加工を行いましたので作業が容易でした。写真がピンボケしていますね。

CA320072



















エッジフリーの形状に加工後にライザーカードに取り付け。この段階でマザーボードに挿して電源を入れてWindowsを起動させて、キワモノのデバイスドライバーをインストールします。

CA320074





















グラフィックボードはアマゾンで3,018円の玄人志向 RADEON HD5450です。

CA320075





















Windowsをシャットダウンしてから、グラフィックボードをキワモノに挿してネジで固定します。

CA320076





















とりあえず、こんな感じに装着。

CA320077





















再びマザーボードにグラフィックボードを取り付けたライザーカードを挿します。

CA320078





















D-Sub端子を使用するので、このように変更しました。D-Sub端子が干渉してケーブルを取り付けできないので、やむを得ずD-Sub端子がブラブラする仕様にしました。

CA320079





















再びオンボードのD-Sub端子にケーブルを接続して電源を入れます。しかし、このチップセット内臓グラフィックのPCからはAMDのサイトから直接ダウンロードができなかったので、付属のドライバーCDを使用してRADEONドライバーをインストールするか他のPCでダウンロードしたドライバーをUSBメモリにコピーしてからインストールしてください。

そしてWindowsを再起動させます。F2を押してBIOSに入り、プライマリーディスプレイをPCI に変更してSAVE&EXITします。

ケーブルをグラフィックボード側に取り付けます。Windowsが立ち上がった後に、デバイスマネージャーを見ると、ディスプレイアダプタがAMD RADEON HD5450だけになっており、チップセット内臓オンボードグラフィックが無効になっています。

d-adapter

Vista エクスペリエンスインデックスを計測。

wei-1






オンボード

wei-2






RADEON HD5450

他の DELL OptiPlex745 Vista 32bit(PCI-Express x16)スロットに取り付けた 玄人志向RADEON HD5450と同等のスコアです。やはり、PCI-Express x16ソケットで使用した方が表示が少し速いです。PCIブリッジなので、画面の表示が僅かに遅れるのは仕方ない感じがします。

オンボードのチップセット内臓グラフィックとグラフィックスのスコアは同じですが、3Dグラフィックスが上がりました。もっと高性能なグラフィックボードを使えばスコアも上がると思います。

とりえあず解像度は1280 x 768に設定。IE9でYouTubeを視聴しましたが720pでも問題なく、CPU使用率はオンボードよりも半分以下になりました。しかし、何故かニコニコ動画ではCPU使用率は同レベルでしたので、ニコニコ動画はグラフィックスの性能が影響するのかもしれません。

PCIブリッジのPCI-Express x1へ接続しているので通信データ量は少なく、1Gb/s以下のスループットですから、高解像度で高画質動画は控えたいと思います。

あと、グラフィックボードが熱を持ちますのでスリムなPCケースが熱くなりますから、夏場はエアコンの効いた室内での使用が望ましいです。

この玄人志向キワモノカードのおかげで富士通のノーマル仕様のデスクトップが今後も使用できますし、仕事などで2画面にしたい人にも適しています。どうやら、来年あたりWindows8.1にアップグレードしても使えそうです。

1か月ほど動作面などの様子を見て、特に異常が無ければ社内に有る他のFMV ESPRIMO D5260も改造する予定です。


happinesshide at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)