1月19日(土)のこと。手作り石けんWEB主催の
「愛犬のナチュラルでやさしい石けんづくり講座」へ
参加してきました。
石けん講座

犬のホリステックケアメディカルアロマ
勉強していく内に、手作り石けんに興味が出てきたんです。
私自身も、ちょっと前から、洗顔料とボディーソープをやめて、
石けん1つで洗うように始めたんです。
講座は、実習からスタート。
“ラベンダー&ティートリーのベーシック石けん”を作ります。

step1:アルカリ性水溶液を作る。
ここは、スタッフさんにおまかせ。

step2:オイルを混ぜる。
オイル類をデジタルスケールで計量。
熱に強い順に1種類ずつ溶かす。
オイル計量

湯せんしたり、お水で冷やしたり。最終的には45度に。
湯煎

step3:撹拌・型入れ・保温
オイルにアルカリ性水溶液を注ぎ撹拌します。
みんなで交代して攪拌すること50分。
撹拌

オイル類がもったりしてきて、
パンケーキの生地みたいになりました。
ここでオプション材料(精油等)を入れる。

今回は、ラベンダーとティーツリーの精油。
メディカルアロマをかじっている私は、
どんなラベンダーなのか気になります。
後の講義で、ラベンダーアングスティフォリアを
使用していたことを知りました。

ラベンダーアングスティフォリアは、
鎮静効果のある成分を多く含みます。
肌に刺激が少ないため、スキンケアによく使われますよね。
私もアロマジェルに入れて使うことが多いです

ティーツリーは、抗菌作用を持ってます。
私なら、パルマローザを入れたいな。
香りもバラみたいに甘くていいし、
ゲラニオール成分(抗菌作用)が多く含まれいるため、
抗菌力はティートリーの4倍もあるっていうしね。
こうやって、いつか自分オリジナルの石けんが
作れるようになるといいなぁ。

そして、型に流し込みます。
型入れ

クリーム色のタネはまるでプリンのよう。
美味しそうです。この後、保温箱で保管。
石けん

step4:型出し・カット・熟成(ここからは自宅作業)
型出し、カット、熟成完了に計5週間。
出来上がりが楽しみです。
カット

後半は、講義「石けんつくりのための犬学」です。
皮膚と被毛の役割を勉強し、
犬にとってよい石けんの条件を知りました。
ただ石けんを作るのではなく、
犬の体の構造を踏まえて作るって大切ですよね。

帰りに、先生からオミヤゲを頂きました。
サンプル石けん。早速、試してみたいな。
(左がサンプル。右が購入した廃油を使用したキッチンソープ。)
おみやげ

実際に、初めて石けんを作ってみて・・・
作業は単純でとっても簡単でした。
必要なのは、愛情と時間と根気かな。
わんこ用石けんとして作ったけど、
飼い主も一緒に使えるのもお気に入り!!

石けんの世界、もっと知りたくなりました。