フルーツの缶詰って
昔からけっこう好きで
子供の頃はよく食べてましたが
大人になってからは
食べる機会がグッと減りました。
というかここ数年
ほとんど食べてません。

やや甘すぎということもありますし
やっぱりヘルシーさに関しては
フレッシュなフルーツに敵わないので。

が、ベビーのお世話をしていると
自分でフルーツをむいて食べるという
心の余裕がなくなりました。
毎日のように食べてたキウィを
パタッと買わなくなり
代わりに野菜生活のスムージーが
冷蔵庫に鎮座するようになりました。

以前は高ッ!って思ってた
この野菜生活スムージーも

今は躊躇なくガンガン買えちゃいます。
ヨーグルトもブルガリアとかの
大容器のをお皿に移して食べてたけど
最近はお手軽さに惹かれて
すっかり飲むヨーグルトにチェンジ。

ですがたまには
固形物が食べたくなります。
それでふと缶詰のことを思い出し
近所のスーパーに買いに出かけました。

しかーし。
国産のフルーツの缶詰って高いんですね〜。
中国産のものより3〜4倍高いです(゚д゚)!
そもそも国産ものの缶詰を
置いてないスーパーもあったりして‥。
にんにくと同じレベル‥。
国産優先がポリシーの私も
あまりの価格差に迷いが生じました。

そんななか
カレのご実家に新年のご挨拶に行ったとき
「コレおいしいから持ってって。
 ふつうの缶詰と違って
 シロップまで飲めちゃうの。」
と義両親が帰り際に持たせてくれたのが
コチラのミカンの缶詰。

21-01-14-08-02-28-417_deco

いつも高級フルーツとか
高級シーチキンとか
高級レトルト食品とか
とにかくふつうじゃないものを
おすそ分けしてくれるお義母さん。
もちろんこのミカン缶も
そんじょそこらのものじゃないらしい。
そして当然のように国産ミカンです。
というか国産ってレベルじゃなくて
"山口県周防大島町産ミカン"、です。

21-01-14-08-01-26-452_deco

「このミカン缶、農家さんが
 自分たち用に少量だけ作ってて
 一般には販売してないものなんだけど
 友人のご実家が知り合いで
 毎年取り寄せてもらってるの。
 すごくこだわって
 いいものを作ってるから
 ほんとうにおいしいミカン缶よ。
 シロップも甘ったるくなくて
 ふつうのミカン缶とは全然違うから
 飲んじゃって大丈夫。」
とのことでした。
こーゆうものが
世の中にはあるんですね。
ふつうに生きてたら私は
存在すら知らなかっただろうなぁ。

難点は、イマドキの缶詰にしては珍しく
缶切りで開けるタイプだということ。
「あなたたち、開けられる?」
とお義母さんに心配されましたが
大丈夫、その世代です、ワタシたち。

しかし久々に見ましたよ、このタイプ。
懐かしというかなんというか。
やや錆びついた缶切りを探し出し
キコキコと開封。
そして早速実食〜♪

21-01-14-08-03-10-061_deco

ほんと、シロップがサラサラ!
もちろん甘いのですが
飲んでも罪悪感ないレベル。
ミカンの粒も大きくて
(中粒と書いてありますが
ミカン自体の味がしっかりしてて
おいしいです~

以前『家事ヤロウ』で紹介してた
ミカン缶にゼラチンを投入して
缶ごとゼリーにするってヤツ
めちゃくちゃ惹かれたんですけど
シロップをそのまま食べることになるので
ちょっとなー、と思ってたのですが
コレだったらできるじゃないか♪

というのも私、子供の頃から缶詰の汁は
飲んではいけないと言われて育ったのです。
(決してダメなものではないと思いますが
 ウチの風習として、です。あしからず。)
母は缶詰のフルーツをシロップから取り出し
ガラスのボウルに三ツ矢サイダーを入れ
その中に取り出したフルーツを投入するという
今思うとちょっと面倒なことをしていました。
シロップは糖分が多すぎるとかで
子供の健康を思ってのことなんでしょう。
その習慣が染み付いていて
私は未だに缶詰のシロップを飲めません。
三つ子の魂百まで、です。

将来ベビーが大きくなったら
これでオヤツを作ろう‥なんて思いました。

スーパーではなかなか買えない
国産のフルーツ缶詰も
こーゆうのだと買えちゃう。
「いいもの」って思って食べると
それだけで体にいい気がしますので。
(ナントカ効果ってヤツですね。)
来年はウチの分も注文してもらおうっと♪

そして他のフルーツ缶詰も
明治屋とかに買いに行ってこようかな
イイやつがありそうな気がする。
義両親のおかげでワタクシ
缶詰ですらグルメになっちゃうぞ(*´艸`*)